容姿

元NMB48・山田菜々が「ブス扱い」に不満 「美人ではない」と厳しい声も

©AbemaTV

自分では美人と思っていても、周りから「ブス」と言われたことで容姿を自覚する人は少なくない。

2日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で元・NMB48の山田菜々(25)が明かした、ブス扱いされたエピソードが話題になっている。

 

■マネージャーからブス扱いの山田

番組に出演した山田に、MCのおぎやはぎは「かわいいよね」とコメント。

しかし、ブスを自覚する「ブス枠」の女性たちは「まぁまぁ」「ボチボチ」と厳しい評価が。「私たちに感謝してほしい。山田だけを見ても『美人』とはならない」と、引き立て役がいるからこそ美人に見えると主張した。

山田は自分の容姿について「ブスだとは思っていなかった」と自信満々な様子。しかし、2年半前にNMB48を卒業してからは周りの態度も変わったようで、「マネージャーからすごいブスと言われる」と悩みを明かした。

 

■ブス枠女性からもバッサリ

また、「泊まりにきたブス」というトークテーマでは、矢作兼(46)から「ブスとか泊まりに来るの?」と聞かれた山田は「(ブスは)来ないです。家に上げない」とバッサリ。

ブス枠の女性からは「ひどい」と声があがるも、山田は「リアルな話、ブスの友達がいないんですよ」と発言。「類は友を呼ぶ」と、自分が美人だから友人も美人だと主張した。

しかし、ブス枠の女性からは「山田さんがブスって可能性ありません? 自分が一番下だから気付いていない」と猛反論が。この意見を聞いた山田は「じゃあ友達になりません?」とブス枠の女性に訴えるも、「なりません」と否定され、スタジオは笑いに包まれた。

 

■ブスを自覚している女性は約半数

自らの容姿に自信満々な山田だが、周りからは厳しい声が相次いでいた。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、「ブスだと思う」と自覚しているのはおよそ半数との結果に。

半数以上は自らをブスだとは思っていないようだ。もしかすると、山田のように自らのルックスには自信がありながらも、周りからは否定的な目で見られている女性も多いのかもしれない。

 

けっしてブスではないし、かといって絶賛するほど美人でもないと評判の山田。バラエティ番組でも活躍している要因のひとつは、彼女のこうした「イジりやすさ」なのかも。

・合わせて読みたい→天木じゅん、ブス扱いされ号泣した過去を告白 母に泣きついた結果…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)

天木じゅん、ブス扱いされ号泣した過去を告白 母に泣きついた結果…

©AbemaTV

148cmと小柄な身長で95cmでIカップという豊満バスト誇る、「二次元ボディ」のグラドル・天木じゅん(21)。童顔なのにダイナマイトボディという組み合わせから男性の支持も多い彼女だが、ときには悪口を言われることもあるようだ。

29日放送の『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)で明かされた暴言が話題になっている。

 

■顔には自信がない?

あまりにもたわわな天木の胸に、MCのバカリズム(41)も「見ないようしなきゃというプレッシャーがある」と本音をポロリ。すると天木は、「私、胸までが顔なので見ていただけると…」とアピール。2次元ボディを生かしたトークに、バカリズムもタジタジのようだった。

また、番組中に「頑張っているブスと頑張っていないブスを一緒にするな」という街頭インタビューの悩みが紹介されると、天木は「私もブスって割りと言われますよ」と悩みを訴えた。

どうやら、アゴが出ていることをたびたび指摘されるようで、「顔には自信がないんですよ、胸には自信があるんですけど」と告白した。

 

■ブスいじりで母親に泣きつく

芸能界に入りたての頃は顔にも自信をもっていたという天木だったが、とある番組でブス扱いをされて、ブスいじりがはじまったことから自信を失くしてしまったようだ。

しかし、今ではその経験もバネにして「ブスいじりOKになりました」と開き直れるようになったそう。「言われた日の晩はヘコまなかった?」と言うバカリズムに、天木は「言われた日はめっちゃ泣きました」とコメント。さらに、母親にも電話したといい、「ママから生まれたのにゴメン」と泣きついたようだ。

そこから強くなり、今では「美少女キャラで売ってないし」との気持ちで頑張れているという。

 

■約半数がブスを自覚

自らブスを受け入れた天木だが、世の女性たちは自らの容姿についてどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、およそ半数が「ブスだと思う」と回答。

ブスを自覚している女性の中には、天木と同じように他人から言われて気づく場合もあるのかもしれない。

 

一度はブスいじりに涙した天木だが、そこから這い上がれたのも、二次元ボディという武器があるからなのかも。

・合わせて読みたい→天木じゅんの中3金髪ギャル時代に騒然 ヤンキー彼氏にドン引きの声も…

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)

自分の見た目気にしない? アンダーヘアツルツル派では5割に迫る謎

(©ぱくたそ)

見た目は、他人からの印象を大きく左右するもの。しかし、そんな重要な見た目に無頓着な人も多いのも事実だ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「見た目について」の調査を実施。

その結果、全体で37.1%もの人が「自分の見た目はあまり気にしない」と答えたのだ。

 

■男性は年を重ねるほど気にしなくなる

性年代別は、どの年代でも女性よりも男性が多くなっている。

やはり女性のほうが、美意識が高い人が多いようだ。

「年齢を重ねるほど、気にするようになった。若さでカバーできていたものが、どんどん失われていくからかも」(40代・女性)

 

加齢とともにシミやシワなど、見た目には嬉しくないものがたくさん発生する。しかしこれは、男性も同じことだ。

「若い頃はそれなりにおしゃれもしてたけど、かなり太ったから洋服も似合わない。最近の服選びの基準は『入るかどうか』だけ」(40代・男性)

 

男性は年齢を重ねるとともに、諦める人も多いようだ。

 

■見た目にお金を使わない

自分の見た目をあまり気にしない男性は、容姿に関するものにお金をかけない。

「昔は芸能人がたくさん利用する美容院に行ってみたこともあったけど、今は1,000円カットで十分。むしろ、あまり差を感じてない」(30代・男性)

 

「ファストファッションの服を、数年間着ている。よほどなことがない限り、洋服にお金を回そうと思わない」(40代・男性)

 

女性からは、化粧について意見が出た。

「『メイクをしないと、人前に出られない』って女性が多いけど、私はノーメイクでどこでも行く」(30代・女性)

 

■アンダーヘアの処理は…

アンダーヘアがツルツルな人は、半数近くが自分の見た目をあまり気にしないと回答している。

アンダーヘアをツルツルにする人は、美意識が高いように思える。しかしむしろ、見た目を気にしない人がツルツルにしているとは驚きだ。

ツルツルではないが、アンダーヘアをサロンで処理している女性は次のように語る。

「処理をする一番の動機は見た目だけど、ムレ防止などの効果も期待している」(20代・女性)

 

ツルツルの人たちも、見た目のためだけではなく、快適さを望んだ結果なのかも。

TPOや社会性の観点から、あまりにも無頓着なのは良くないが、過剰なメイクやおしゃれに着飾るのを止めたら、楽になる人も多いのかも…。

・合わせて読みたい→「私はイケてる!」は少数派? 見た目の悩みが恋愛にまで影響

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

男女ともに美人が好き! 高収入では半数以上が大好きと回答

(©ぱくたそ)

美人を見れば、男性は誰もが鼻の下を伸ばすと思われているが、そもそも事実なのだろうか。そして、女性は美人に対して、どのような気持ちを持っているのかも気になるところ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,343名に「美人な女性をどう思うか」の意識調査を実施。

その結果「大好き」と「まあまあ好き」と答えた人を合わせると81.9%と、高い割合になった。やはり美人は、多くの人から愛されるようだ。

 

■男女ともに美人が好き

男女別でみると、美人は男性だけでなく女性からも好かれていることがわかる。

同性から見て、美人はどのような存在なのだろうか。

「無理だろうけど、『あんな風になれたらいいな』と思う憧れの存在」(20代・女性)

 

「美人は、同性から見ても目の保養になる。ずっと、鑑賞していたい感じ」(30代・女性)

 

■お金持ちは美人が大好き

年収別では、年収1,000万円以上の人では半数以上が美人のことが「大好き」と回答している。

確かにお金持ちは、美人を引き連れている印象がある。容姿やスタイルのいい女性と一緒にいることが、一種のステータスなのかもしれない。

一方で年収300万円未満では、「大好き」と答えた人は2割程度に。

「あまりの美人には、気後れしてしまう。『自分と不釣り合いじゃないかな?』って」(20代・男性)

 

■美人を好まない人の意見

少ない割合だが、美人を好まない人がいる。どのような理由なのか、気になるところだ。

「職場にいる美人が上司に気に入られて、優遇されまくっている。そのツケの仕事が私に回ってくるのが、とても腹が立つ」(30代・女性)

 

「とっつきやすい美人はいいけど、冷たい感じの人はちょっと…。結局、性格なんだと思う」(30代・男性)

 

一部に苦手な人はいても、やはり美人が多くの人から愛されるのは確かなようだ。

・合わせて読みたい→ブスのほうがマシ!「残念すぎる美人」強烈エピソード3選

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,343名 (有効回答数)

星野源はぶっちゃけイケメン? リアルすぎる結果に驚愕…

(画像はTwitterのスクリーンショット)

昨年に大ヒットしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でブレイクし、俳優やミュージシャンなどさまざまな分野で活躍する星野源(36)。

人気とは裏腹にルックスについては賛否両論分かれているが、世間の評価はどのようになっているのか。

しらべぇ編集部は全国20〜60代の星野源を知っている男女1,023名に「ルックス」について調査した。

 

■イケメン評価は1割未満

星野について「イケメン」と回答した人は1割未満という結果に。男性では11.3%とかろうじて1割を超えているが、女性では1割を切っている。

また、「普通」と回答したのは男性のおよそ6割、女性のおよそ5割で、その差は約11ポイント。

そして、「かっこよくない」と評価したのは男性が3割、女性が4割以上という結果に。意外なことに、女性のほうが星野のルックスに厳しいようだ。

 

■20代男女は意見が異なる結果に

意外なことに辛口ジャッジを下されている星野。そこで、「かっこよくない」との回答に絞ったところ…

年代別・性別で比較したところ、4、50代男女から厳しい評価がされていることがわかった。

また、20代では男女で意見が異なっている。男性は2割ほどにも関わらず、女性は4割が星野の容姿に否定的のようだ。

 

■イケメンじゃないからこそ応援しやすい?

星野のルックスについて、しらべぇ取材班は実際に話を聞くことに。

「芸能人の中で特別カッコイイわけじゃないけど、それでもカッコイイです。自信満々なところを見てると『イケメンって言ってもいいんだよね?』と、ファンとしても安心して応援できるというか…。

 

『逃げ恥』ではナヨナヨした役柄でしたが、ライブとかMVでは超イケメンですよ!」(30代・女性)

 

「かっこよくはないでしょう。でも、彼の魅力はそこじゃないですし、イケメンじゃないからこそ支持されるのでは?」(20代・女性)

 

今後ますます活躍が期待される星野。好みが分かれるルックスにも関わらず、世間から人気ということは、それだけ才能や内なるイケメン度が評価されているといえるだろう。

・合わせて読みたい→安室ちゃんに星野源 同性芸能人を応援するファンの心理とは

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の星野源を知っている男女1023名(有効回答数)