寿司

大阪『ぶっち切り寿司魚心』ネタのデカさが異常 海老がほぼiPhoneサイズ

食い倒れの街・大阪。

タコ焼きにお好み焼き、串かつにラーメン、焼き肉など…グルメならなんでもあるこの街に、衝撃的な寿司屋がある。

その名は「元祖ぶっち切り寿司魚心 本店」だ。

 

■客で賑わう店内

JR大阪駅から徒歩7分。阪急東通り商店街入口すぐそばの同店は、カウンター席のほかファミリーサイズのテーブルもあり、計40席ほど。

カウンター内では、職人が活気にあふれながら寿司を握っている。

メニューには、まぐろの赤身に海老、帆立、タコにサーモンなど、スタンダートな寿司ネタが並ぶ。

ここまで、通常の寿司屋となにも変わらない。

しかしメニューをよく見ると、それぞれのネタの下に「垂れ」や「こぼれ」「巴」といった見慣れない言葉が。疑問に思いつつ、注文を進めることに。

 

■海老

海老(垂れ/1貫300円/税別)を注文したところ、出てきたのは巨大海老。通常のネタの大きさの3倍はある。

サイズ感を分かりやすくするため、少々お行儀が悪いが、iPhone 6sを近づけてみたところ

右側の海老は、尻尾まで含めるとiPhoneとほぼ同じ大きさだということが判明。

ネタだけ持ち上げて顔に近づけても、半分以上の大きさだ。

あまりに大きすぎて、シャリに醤油をつけることが困難。

刷毛で、ネタの上から醤油をドバっと塗りつける。

醤油で表面がツヤツヤになった海老に、ガブッとかぶりつく。

全然噛み切れねぇぇぇ!!!! あまりのデカさに一瞬パニックに。

冷静さを取り戻し、ゆっくり噛みちぎってから味わうと、鮮度の良さに驚く。よく身が締まっており、海老特有の甘さが舌の上に広がる。

プリプリというよりブリンブリンという言葉がピッタリくるが、大きいからといって決して大味ではなく、繊細な味わいで、非常にキメが細かい。

う、うまい…。

 

■イクラ

お次は、イクラ(こぼれ/1貫450円/税別)に挑戦。

軍艦に盛り付けられたイクラはオレンジ色に艶めき、一粒一粒が丸々としており張りがある。

こぼれ落ちてしまった粒も、大切にスプーンですくいとって口に入れると、ピュッとおいしい汁が舌を打つ。

あとはもう流れに身を任せ、丸ごとバクっといただく。口元からこぼれ落ちていくイクラを眺めるほど幸福なことは、この世にない…。(確信)

 

■穴子

お次は、人気ナンバー1だという穴子の巴にぎり(巴/1貫340円/税別)。

丸々1本の穴子が、酢飯をぐるりと包んでいる。横から見ると、こんな感じ。

あまりに穴子が長いため、握りを開いて長さを確認してみたところ、皿からはみ出てしまった。

手持ちの定規をあててみたところ、あ、ダメだ! 10センチ定規では全然足りない。

口に含むと、ふわりとトロける煮上がり。小さめに握られた酢飯と濃厚なタレが、豊かなハーモニーを奏でて絶品だ。

 

■サーモン

最後は、サーモン(1貫320円/税別)。

もはや説明は不要だと思うが、やはりデカい…。もう、刷毛で塗るのが楽しくなってきた。

たっぷりと醤油をつけて、ガブっといく。

程良い脂ののり具合が絶妙で、とくに女性に好まれそうな味だった。

 

■気になるお会計は

海老、イクラ、穴子、サーモンと4種類を2貫ずつ計8貫食べて、会計は2,820円(税別)だった。

ランチにしては少々お高いかもしれないが、ネタの大きさも味も、これだけの満足感を味わうことが出来るのであれば、決して高い金額ではないだろう。

ちなみに1皿2貫で、メニューの表記価格は1貫の値段になっているので、そこはご注意を。

我こそは挑戦したい! というチャレンジャーは、ぜひ行ってみては? 

【元祖ぶっち切り寿司 魚心 本店】住所:大阪府大阪市北区堂山町5-4営業時間:月~日11:00~翌1:00

・合わせて読みたい→京都・大阪へ行ったらウマすぎ和菓子『阿闍梨餅』をお土産にすると最高

(文/しらべぇ編集部・大木亜希子

福島県の水族館『アクアマリンふくしま』 魚を見ながら寿司を食べられる?

福島県いわき市にある水族館『アクアマリンふくしま』は、“環境水族館”ともいわれ、めずらしい人工授精のサンマを見ることができる。

近くには有名なスパリゾートハワイアンズもあることから、休日には県内外をとわず、多くの観光客が訪れる施設だ。

 

■アクアマリンふくしまの見どころ

そんなアクアマリンふくしま、サンマ以外にも釣堀など多くの見どころがあるが、中でも面白いのが『魚を見ながら食べられる寿司屋』。

魚と言っても売られている魚ではなく、大型の水槽で泳いでいるサンマを見ながら、寿司を食べることができるのだ!

 

■アジとマグロが美味!

寿司は8貫がセットになっており、品質は寿司種によりバラバラではあるものの、一般的な回転寿司と同レベル。

とくにマグロとアジの炙りは切り身も大きく、美味しかった。

福島県の水族館『アクアマリンふくしま』 魚を見ながら寿司を食べられる?

福島県いわき市にある水族館『アクアマリンふくしま』は、“環境水族館”ともいわれ、めずらしい人工授精のサンマを見ることができる。

近くには有名なスパリゾートハワイアンズもあることから、休日には県内外をとわず、多くの観光客が訪れる施設だ。

 

■アクアマリンふくしまの見どころ

そんなアクアマリンふくしま、サンマ以外にも釣堀など多くの見どころがあるが、中でも面白いのが『魚を見ながら食べられる寿司屋』。

魚と言っても売られている魚ではなく、大型の水槽で泳いでいるサンマを見ながら、寿司を食べることができるのだ!

 

■アジとマグロが美味!

寿司は8貫がセットになっており、品質は寿司種によりバラバラではあるものの、一般的な回転寿司と同レベル。

とくにマグロとアジの炙りは切り身も大きく、美味しかった。

大阪の『玉出』もビビるコスパ! 激安スーパー『マルサン』は弁当も250円

大阪を代表する激安スーパーマーケットといえば、『スーパー玉出』。

巻きずしが150円、オムライスも200円を切るとんでもない安さのスーパーだが、関東にもそれに負けない激安店が存在する。

 

■その激安スーパーとは…

それは、埼玉県にあるスーパーマーケット『マルサン』。あまりに安すぎるため平日でも客足が途切れないほど人気の店だ。

一般的なスーパーと異なり、賞品が段ボールに入ってそのままドドンと大量に置いてある。中には、ポテトチップスが39円とビビるほどの安さのものもあった。

 

■生鮮食品も激安

しかし、驚くのはまだはやい。マルサンで販売しているもので激安なのはお菓子類や保存のきく食品だけでなく、生鮮食品や弁当も激安なのだ。

たとえば超巨大なハンバーグやエビフライがはいった『まる弁特大弁当』は1パック500円。他にも、激安弁当が山ほどある。