小学生

増え続ける「キッズ脱毛」に真矢ミキがコメント 「すばらしい」と称賛の声

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

おもに女性たちの悩みのタネである「脱毛」問題だが、近年では子供たちの脱毛も増えているという。

20日放送の『ビビット』(TBS系)で特集された「キッズ脱毛」が話題を呼んでいる。

 

■脱毛サロンに通う小学生たち

番組では、脱毛サロンに通う小学生たちを特集。サロンによれば、小学低学年から中学年にかけての子供たちが増えているといい、最年少では2歳10ヶ月の子供もサロンに来たことがあったという。

サロンに通う7歳の娘の母によれば、サロンに通うきっかけは娘の「半袖になりたくない」の一言だったよう。娘は手の毛深さを周りから指摘され、憂鬱になったとのこと。

そこで「悩むきっかけがなくなるのなら」とサロンに通うことに。娘も、毛が生えてこなくなったことに「うれしい」と満足しているようだ。

 

■真矢ミキの一言にスタジオが感心

子供たちが脱毛する理由について、サロンのスタッフは「親世代の意識の変化」を挙げる。脱毛が流行した世代の人たちが親になったことで、脱毛に対する理解が深まったのでは、と分析。

その他にも、SNSの普及で自撮りが増えたこと、キッズモデルが増加したこと、スイミングなど習い事をする小学生が増えたことも理由ではないかと推測した。

子供たちの脱毛について、真矢ミキ(53)は、体毛が濃いことや、胸が発達してくること、身長が他の子よりも高いことなど、コンプレックスに感じる時期にその悩みを解決できるのならばアリ、と主張した。

しかしその一方で、「女性ってキレイになっていく段階の楽しみってあるから、あんまり小さいうちに全部を体験しちゃうと。夢も残してあげたいな」ともコメント。この意見に、スタジオからは「なるほど!」と声があがった。

人生100年時代の到来にマツコ「アッという間」 102歳女性は「長い」

(Nayomiee/iStock/Thinkstock)

厚生労働省の簡易生命表によると、男性の平均寿命は80.98歳、女性は87.14歳。2007年生まれの日本人は半数が107歳、2014年生まれは109歳まで生きる見込みが立っているという。

18日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「人生100年は短いか長いか」を調査。実際に人生100年を体験する102歳女性の重い言葉に、マツコ・デラックス(44)も言葉を失った。

 

■マツコは「アッという間」

株式トレーダー・若林史江(39)は、「出産してから身体が痛くて、日々の生活が辛い。これが年老いて続くのは厳しい」ため、人生100年は長いと回答した。

マツコは「100年という時の長さでいえば長く感じるが」と前置きし、持論を展開する。

「感覚的に言えば、人生は短い。年を取ってからの1年は一瞬で終わる。80歳で死ぬとして、あと35回、1年を過ごすと考えればアッという間」

 

小学生の頃と現在、体感している時間の流れの違いを踏まえながら、100年でさえ短いと総括した。

 

■102歳女性「長い」

老人ホームに中継がつながるとマツコは「先輩方の前で偉そうなこと言っちゃった」と発言を後悔。

その中で御年102歳の女性は、自身の経験から「人生100年は長いと思いました、100年は長いんです」と重みのある言葉。

マツコらも一瞬言葉を失ったが、「この1票は重みがある。そりゃそうですよ」と賛同を示した。

人生100年時代の到来にマツコ「アッという間」 102歳女性は「長い」

(Nayomiee/iStock/Thinkstock)

厚生労働省の簡易生命表によると、男性の平均寿命は80.98歳、女性は87.14歳。2007年生まれの日本人は半数が107歳、2014年生まれは109歳まで生きる見込みが立っているという。

18日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「人生100年は短いか長いか」を調査。実際に人生100年を体験する102歳女性の重い言葉に、マツコ・デラックス(44)も言葉を失った。

 

■マツコは「アッという間」

株式トレーダー・若林史江(39)は、「出産してから身体が痛くて、日々の生活が辛い。これが年老いて続くのは厳しい」ため、人生100年は長いと回答した。

マツコは「100年という時の長さでいえば長く感じるが」と前置きし、持論を展開する。

「感覚的に言えば、人生は短い。年を取ってからの1年は一瞬で終わる。80歳で死ぬとして、あと35回、1年を過ごすと考えればアッという間」

 

小学生の頃と現在、体感している時間の流れの違いを踏まえながら、100年でさえ短いと総括した。

 

■102歳女性「長い」

老人ホームに中継がつながるとマツコは「先輩方の前で偉そうなこと言っちゃった」と発言を後悔。

その中で御年102歳の女性は、自身の経験から「人生100年は長いと思いました、100年は長いんです」と重みのある言葉。

マツコらも一瞬言葉を失ったが、「この1票は重みがある。そりゃそうですよ」と賛同を示した。