小島瑠璃子

関ジャニ・村上信五、「小島瑠璃子との交際」を否定 「ゾッとした」の声も

10月27日発売の『FRIDAY』(講談社)に、タレントの小島瑠璃子が関ジャニ∞・村上信五の自宅に「お泊り」していたことが写真付きで報じられた。

6日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、村上が小島との関係について言及し話題となっている。

 

■村上、小島との交際を否定

番組冒頭から、マツコ・デラックスが広島カープのバックと英字新聞を持ってスクープされた時の村上の様子を再現。攻める演出に焦りながらも、冷静に対応する村上。

マツコから「なぜ英字新聞なんて取っているのか?」と聞かれると、『27時間テレビ』(フジテレビ系)でビートたけしから勧められたことがきっかけであると明かした。

その後、マツコは問題となっている記事を朗読し「で、どうなの?」と直球を投げる。村上はこれに対し「お付き合いはしてま……せん!」と小島との交際をキッパリと否定。

「乳ぐらい揉んだの?」というマツコからの追求については「ずっと対面だった、隣にも座ってくれなかった」と、室内でのお互いの距離感について明かし、終始「男女の関係」には至っていないことを訴えた。

 

■ファンからは否定的な意見も

小島とは男女の関係には至っておらず、あくまで「友人」であることを訴えた村上。「村上には幸せになってほしい」といった書き込みもみられる中、「お泊りしたのに男女の関係ではない」ということに否定的な声もあげられている。

フライデーされたときのこじるり、結構なきわどいミニスカートだったしょ、、村上宅でふたりきり、隣にも座ってもらえなかったとか、もしもそれが事実だとしたら小悪魔通り越してとんでもない悪魔(男目線)全国のヒナ担はどんな思いなのでしょうか(´д`|||)#月曜から夜ふかし

— のりこ@艦娘 (@nori_kuma66) November 6, 2017

ヒナとこじるり何もなかったとしてそれはそれでいいんやけど、じゃあ逆にこじるりは気持ちもないような男の家にホイホイ上がれるってこと?っていうオチになってゾッとした

— なっさん (@eit_sn) November 6, 2017

マジ村上とこじるり気持ち悪いな。友達関係でお泊まりか。交際否定するより気持ち悪いわ。#小島瑠璃子#村上信五

— MSK (@RICHEM_13) November 6, 2017

番組を見守っていた村上のファンからは、「事務所の発表ではなく、本人の言葉がきけてよかった」という声も多くあげられている。しかしながら、村上が明かした2人の関係性や不思議な距離感に、疑問を抱く人は少なくないようだ。

 

■20代女子には「異性の友達」がいる?

男女関係に発展していないものの、部屋に頻繁に通い二人きりで夜を明かすという村上と小島。

しかし、しらべぇ編集部が以前「異性の友人」に関する調査を行った結果、小島が該当する20代女性の52.2%が「異性の友達がいる」と回答した。

女性が半数を超えているのに対し、同じ20代の男性の割合が20%近くも下回っていることも興味深い。

多忙を極めるジャニーズ事務所のアイドルと人気女性タレント。芸能界で切磋琢磨する者同士だから分かり合える、「男女の友情友情」があるのだろうか。

中尾彬「小島瑠璃子が嫌い」発言 その理由に視聴者も賛同? 

29日放送『サンデージャポン』(TBS系)に俳優・中尾彬(75)が出演。

関ジャニ∞・村上信五(35)との熱愛が報じられた「こじるり」こと小島瑠璃子(25)を「嫌い」と語ったその理由に、視聴者から賛同が寄せられている。

 

■中尾が嫌う理由

小島についてコメントを求められ、杉村太蔵(38)は「大好き、芸能界で一番好き。彼女から告白されたらすべてを捨てて失楽園したいぐらい」とべた褒め。

それに対し、中尾は「関係ねえよ、そんなこと」と一喝。「俺は嫌いだな。嫌いっていうか、何やっても『私、上手いだろ』って顔するだろ。役者目線で見ると」と、小島のそつない仕事ぶりと「ドヤ顔」がその理由と明かした。

 

■爆笑問題・太田も暴露

中尾の発言にスタジオは盛り上がり、太田光(52)のコメントも冴えわたる。

「こじるりはね、たぶん、ロビンっていう奴と付き合ってる」、過去の熱愛を引き合いに出し、「昔は好きなタイプは田中と言っていた」と暴露。「でも、その直後にロビンと付き合った」と笑いを誘った。

小島瑠璃子も思わずあんぐり…ピコ太郎の衣装の「秘密」とは

16日に行われた、2017年「いい買物の日」キックオフイベントにピコ太郎と小島瑠璃子が登場。その中で、驚きの告白が飛び出した。

 

■自慢の腕時計のお値段は…

「いい買い物の日」ということで、最近買ったものを問われたピコ太郎は、自慢の腕時計を披露。

キラッキラで、いったいいくらなの!? と言いたくなる見た目なのだが、なんとお値段は2万2千円。

しかし、電波時計にも関わらず、親善大使を務めるウガンダに行った際は「ウガンダでは(針が)ずーっとぐるぐる。途中から逆回り」していたそう。

ちなみに、首にかけているネックレスは、ウガンダのインド人店長のお店で7千円で購入したもの。

今欲しいのは、純金のヒョウ柄のシャワーノズルや風呂桶といった、「キンキラキンで高価なんだけど、みんなが持っていない」ものだという。

 

■実は…ヒョウ柄じゃない!?

イベント中には、ピコ太郎から小島に「ガチで選んだ」ヒョウ柄のバッグをプレゼント。

ホワイトデニムに白シャツを着て、オールホワイトの中にこのカバンを持ちたい! と小島が話し、ピコ太郎が「映えすぎじゃないですか!」と突っ込む場面も。

「ピコ太郎さんからヒョウ柄のものがもらえて嬉しい」と喜ぶ小島だが、なんとピコ太郎から衝撃の告白が。

「実はこれ(首に巻いているストール)パンサーで、こっち(洋服)はパイソンなんです。ヒョウ柄はどこにも入ってないんです」

 

初めて告白したそうだが、小島も取材陣もびっくり。

 

■ジャスティンに…

「ヒョウ柄じゃない」衣装だが、PPAPブームの火付け役である、ジャスティン・ビーバーのチームにプレゼント済み。

プロデューサーは着てくれたそうだが、ジャスティン本人は「さまざまな壁がございまして」着用は叶わなかったそう。

そんなジャスティンに「ソリ(ソーリー)を送りたい!」と話すピコ太郎。このコスチュームを着て、ソリに乗ったジャスティン・ビーバー…見てみたい気もする。

・合わせて読みたい→「年末までには消えてそうな芸能人」ランキング ガチすぎる声にカンニング竹山もフォロー

 

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ