小林麻央

市川海老蔵、麻央さんの「お別れの会」を検討 「感謝伝えたい」と切望の声

今年6月に乳がん闘病の末、34歳という若さでこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵は20日に投稿したブログ記事の中で、麻央さんを偲ぶ「お別れの会」の実施を検討していることを明かし、ファンから様々な声が寄せられている。

 

■麻央さん偲ぶ「お別れの会」来年の実施を検討

海老蔵は、昨年の12月に投稿された麻央さんのブログ記事を引用。イチョウの葉から高校時代の友人らを思い出し「同級生が励ましのビデオレターを送ってくれた」というエピソードが綴られたものだ。

麻央さんはこの記事に黄色く色づいたイチョウの葉を拾う麗禾ちゃんと勧玄くんの画像を添付。同級生からのビデオレターに「涙が止まらなかった」とも明かしている。

海老蔵は、20日の夜更新した記事の中で

「来年あたりにお別れの会をやれたらなぁ~と思っています。まだ何も決めていませんが、麻央が生前お世話になった方々ときちんとお別れをしなくてはと思っています」

 

と、麻央さんを偲ぶ「お別れの会」の実施を検討していることを明かした。

 

■「一般人の参列」切望するファンも

こちらのブログ記事には、海老蔵のブログ読者や麻央さんのファンから「一般人の参列」に関するコメントが殺到。

「現実的には難しいとは思いますが…」と、主催側の事情を察した上で「麻央さんに御礼をお伝えしたい」と参列を切望する声が多く寄せられている。

・海老蔵様、お願いがあります。一般の窓口も、できるのであれば作っていただきたいです。まおちゃんには、ブログを通してですが本当にお世話になりました。まおちゃんに、お礼を伝えたいです。闘病は、辛くて悲しくて、痛くて、でもまおちゃんがいてくださったから、頑張れました、勇気をもらえました。考え方もかわりました。お願いいたします

 

・私も麻央さんのブログから沢山の元気や勇気、希望をいただいた1人として、お礼を伝えられる場所があれば是非伺いたいと思います。でも、沢山の方々がいらっしゃって大変になっちゃうかな…

 

・お別れ会…涙がでてきてしまいました。悲しいけれどそのような機会があれば…一般人の参列がもしもできたら 麻央さんにひと目お会いして御礼できたらと思いました

 

がんなどの大病と闘病する最中、「麻央さんの存在が大きな励みになった」という声が改めて海老蔵の元へ寄せられている。中には、海老蔵の気持ちを察して涙したというファンも。

 

■4割の人が「麻央さんにたくさんの勇気をもらった」

辛い闘病中もブログを通じて多くの人を励まし続けた麻央さん。しらべぇが以前行った調査では、およそ4割の人が「麻央さんにたくさんの勇気をもらった」と回答。

麻央さんが発信した言葉は、年齢・性別問わず多くの人へ影響を与えたことが伺える。中でも、同じ女性たちからの反響はとくに大きい。

また、麻央さんの葬儀は家族で厳かに営まれたことを海老蔵はブログでつづっている。

海老蔵、麻央さんへの後悔を告白 「妻が病なのに」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が7日、自身のブログを更新。34歳という若さでこの世を去った妻・小林麻央さんへの思いを語った。

 

■家にいられなかったことを後悔

「主人が地方公演から帰り、久しぶりに家族皆で過ごし」とつづった昨年11月26日の麻央さんのブログについて触れた海老蔵。「旅から帰ると家族団欒」と昨年と同じく家族の時間を過ごしたことを明かした。

そして、「なかなか家にいられなかった事 少し後悔もあります」と過去を振り返る。仕事とはいえ、長い時は3ヶ月ほど家から離れている時期があったことについて、「もちろん普通の状態ならそれでも良いと思う」としながらも「しかし妻が病なのにそのスケジュール、今思うとそう感じます」と過去の自分の行動を悔やんでいることを告白した。

 

■子供たちと離れないスケジュール

最愛の妻である麻央さんが亡くなり、周りの協力は得ながらも父ひとりの子育てになった海老蔵。

「今後はなるべく子供達のためにもなるべく離れないスケジュールにしていこうと思っています」と子供たちとの時間を大切にすることを明かした。

海老蔵、恋人報道をバッサリ 「そんな気持ちになれないよ、ひどい」と胸中語る

6月に乳がんの闘病の末に亡くなった、フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)。

31日発売の『女性自身』に恋人がいることを報じられたが、このことについて同日更新のブログでコメントした。

 

■恋人報道をバッサリ

報道によれば、麻央さんの姉である麻耶(38)との再婚後援者に対し、海老蔵が「じつは付き合っている人がいます」と明かしたという。

しかしこの恋人報道について海老蔵は、同日更新のブログで「私は私に彼女がいるらしい事を週刊誌を通して知りました。海老蔵に彼女いるらしい…」とキッパリと否定。さらには「そんな気持ちになれないよ、酷いと思いました」と報道に傷ついていることも明かした。

「とりあえず笑っとこ」とたっぷりの絵文字で笑いを表現したものの、その胸中は穏やかではないだろう。

 

■ファンからは同情の声

長きにわたり海老蔵、麻央さんを応援してきたファンにとっては悲しい報道だったのだろう。海老蔵に同情する声や、中には怒りをぶつけるファンも見られた。

・大切な人を亡くした経験ない人が勝手に言うのだと思います。元気出してください。応援しています

 

・海老蔵さんの事、みんな分かってますから!

 

・私達はわかってますから 海老蔵さんのブログで一緒に喜び一緒に悲しみ一緒に淋しく思い…側に居ます

 

■半数以上が「有名税だからしかたない」

しらべぇ既報によれば、こういった熱愛報道を信じる人の割合は約2割であることが判明。5人に1人は信じているようだ。

また芸能人といえば、こういった熱愛や不倫などのゴシップが報じられることについて、「有名税」といわれることも多いだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,348名に「芸能人のゴシップ」について調査したところ、半数以上が「有名税だから仕方ない」と回答した。

年代が上がるにつれ、その意識は強いようだ。

 

ファンたちを含め、数多くの人が恋人報道に反応するということは、やはりそれだけ国民が海老蔵の恋愛事情に関心があるということだろうか。

・合わせて読みたい→闘病中の小林麻央さんが「あるタクシー運転手にお願いしていたこと」とは

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

闘病中の小林麻央さんが「あるタクシー運転手にお願いしていたこと」とは

(Scander/iStock/Thinkstock)

乳がん闘病の末に亡くなった、市川海老蔵の妻・小林麻央さんに代わり、献身的に甥と姪の世話をする様子が度々報じられている、フリーアナウンサーの小林麻耶。

そんな彼女が、たまたま乗車したタクシーの車内で、生前の「麻央さんの思い」を知ることとなり、そのエピーソドが綴られたブログ記事が多くの反響を呼んでいる。

 

■麻央さんが利用したタクシーに偶然乗車

25日、麻耶は病院へ向かうタクシーの車内で起こった出来事をブログにつづった。

風邪を引いてしまった麻耶は、病院へ向かうためタクシーに乗車。すると、運転手から「麻央さん、お姉さんのことすごく心配されていましたよ」と切り出されたという。戸惑いを隠せずにいた麻耶に、その運転手は…

「ちょうど麻耶さんがCDを出されたころかな。麻央さんをタクシーに乗せたんだけどね、相当、顔色が悪くて…。具合い悪いのかなと思ったんだけど、麻耶さんの献血のラジオを聴いてる話をしたら、ぜひ、姉のCD買ってあげてくださいって。いい妹さんだね…本当にお姉さんのこと心配してたよ」

 

と、話してくれたのだそう。麻耶は2016年1月に『ブリカマぶるーす』という曲でCDデビューを果たしている。思わぬかたちで生前の妹の思いを知った麻耶は、涙が止まらなくなってしまったという。

 

■「献血の曲を作りたい」麻央さんに明かした夢

とても体調が悪かったにも関わらず、姉の仕事を心配し、タクシーの運転手にも「CDを買ってあげてください」とお願いしていた麻央さん。

麻央さんがそこまで麻耶のデビューシングルを気にかけていたのには、麻耶が「献血に行きたくなるような歌を作りたい。だから今回のCDを売りたい」と麻央さんに話していたからだと、麻耶はブログで説明している。

「わたしの夢を本当に一緒になって、実現しようとしてくれてたんだ。まおちゃん、ありがとう」

 

と、麻耶は改めて麻央さんへの感謝の気持ちをつづった。

 

■「ご縁って素晴らしい」ブログに反響

麻耶も「不思議なご縁」とつづった今回の出来事。彼女のブログ読者からは、姉を思う生前の麻央さんの様子に多くの反響寄せられている。

・私も涙が 止まらないよ……

 

・ご縁ってすごい、素晴らしい。出会うべくして、このタクシーに乗ったんでしょうね。麻央ちゃんの愛が巡り巡って今、こうして大好きな麻耶ちゃんに伝わるなんて…。麻央ちゃんの大きな愛、麻耶ちゃんの麻央ちゃんを想う優しい愛、いつも絶対繋がっていますね

 

・すごいね。偶然か、必然か…神様からのプレゼントとしか思えないよ

 

麻央さんが利用したタクシーに偶然乗車したこと、運転手が麻央さんのことを話してくれたこと…縁と偶然と、大切な人を思う尊い気持ちが紡いだ出来事に、多くの人が心を打たれた。

「献血に行きたくなるような歌を作りたい」という、麻耶の夢が実現されることを信じたい。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、「麻央さんからの手紙」を発見 「ずっと宇宙一愛してる」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

小林麻耶が甥と姪の運動会へ 献身的すぎる様子に「懸念の声」も相次ぐ

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

今年6月に乳癌闘病の末に亡くなった、フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)。

麻央さん亡き後、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵と共に「母親代わり」のように、2人の子供たちの世話をしているのが、姉の小林麻耶だ。

そんな麻耶が甥と姪の運動会へ出かけた様子をブログで報告。その内容にネット民からある懸念の声があげられている。

 

■妹に代わり「見届けてきました」

8日、麻耶は昨年10月に更新された麻央さんのブログを引用しつつ、甥と姪の運動会が無事に終えられたことを報告。

「妹が楽しみにしていた年長組さんの旗体操。しっかり見届けてきました」

姪の立ち位置の目の前の席を確保することもでき、一生懸命旗体操をする様子をしっかり見届けることができたという。

さらに、翌日のブログには応援とビデオ撮影に力が入りすぎて声が枯れ、筋肉痛になってしまったことも明かしている。

「何ごとも ◯◯すぎは良くないのに、分かっているのにやめられないっ」

 

と、姪と甥に対する深い愛情を覗かせる部分も。

疲労感から朝はなかなか起きられなかったそうだが、麻央さんが見ることが叶わなかった運動会を無事に見届ける、という使命を無事に果たせたことで「安堵感に包まれています」とコメントも添えている。

 

■「自分の幸せも考えて」との声も

彼女の家族愛に溢れた様子に感銘を受けた、と言った声が続出。

一方で、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』には、「自分の幸せをかんがえても良いと思う」と麻耶自身の女性としての幸せを願う声も見られる。

・小林麻耶は優しいよね

 

・去年は麻央ちゃんも運動会参加してたよね 。去年のブログ見て、泣いてしまったよ…

 

・もっと自分の人生を優先していいよ

 

・包容力のある優しい男性と一緒に生きていってほしい

 

・この人大丈夫かな。 妹の子供に不憫な思いをさせない! って自分の使命みたいに思ってない?  それに海老蔵がうまく頼ってるというか 、こんなこと続けてたらどんどん自分の婚期逃すし幸せになれないよ

 

日頃から、幼稚園の送迎など献身的に甥と姪の世話をする様子がブログなどから伺える麻耶。

麻央さんや残された子供たちを思い、尽くしている優しい彼女だからこそ、「幸せになってほしい」と願っているファンは少なくないようだ。

 

■海老蔵も麻央さん思い「涙出る」

海老蔵も、昨年の麻央さんのブログ記事を振り返り「涙出る」とコメント。8日に更新された『運動会中』という記事では

「たくさん蝶々飛んできます。みてるんだなーって感じます」

 

と、飛んできた蝶々に亡き妻・麻央さんの存在を重ね、改めて思いを馳せた様子を綴っている。

麻耶は、愛しい姪と甥と接する時間の中で、最愛の妹を亡くした悲しみや寂しさを埋めているのかもしれない。麻耶の結婚しかり、残された家族が良いかたちで幸せになれることを願いたい。

・合わせて読みたい→市川海老蔵が思わず「まお」と呼び掛けた相手は… ハプニングにほっこり

(文/しらべぇ編集部・もやこ

市川海老蔵が日焼け姿をアップ 「激ヤセ」を心配する声も…

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が6日、自身のインスタグラムを更新した。アップされた写真にファンから心配の声があがっている。

 

■日焼け姿をアップ

海老蔵は「日に焼けて、顔の皮が剥けました」と、黒くなった自身の顔を写真でアップ。そして、「剥ける」という言葉から、かつて海老蔵襲名の口上のときのエピソードをつづった。

「三津五郎の兄貴が海老という生き物は何回も何回も脱皮を繰り返して大きくなるそうで御座います。タカトシも何回も何回も脱皮をしてゆくゆくは立派な海老にいや、海老蔵になってもらえるものと信じています。と仰ってくださいました」

と当時を振り返り、「あの時泣いたな…兄貴の言葉の様にいつか俺もデカイ海老蔵になりたい!」と思ったことを明かし、「何事も無駄にすることなく脱皮を繰り返して大きな海老蔵になりたいと今も思ってます」と、今後の抱負についても語った。

* I got suntan and the skin of the face peeled off. LOL With the word, ‘peeled’, I remembered what the brother Mitsugoro told me at the ceremony of succeeding the name of Ebizo saying, “Shrimps keep casting off the skin to grow in size. I believe Takatoshi will continue to cast off the skin over and over, and become a great shrimp, well not a shrimp but Ebizo.” The moment was so moving and I shed tears… The day I wished to be great Ebizo as the brother told me, can be recalled as if it was yesterday. Anyway the skin peeled off in different way… LOL I still keep in mind to work toward to be a great one. So, I sincerely beg your continuous support on me. 日に焼けて、顔の皮が剥けました笑 剝けるで思い出しましたが、 時さかのぼり 私の海老蔵襲名披露の口上で 三津五郎の兄貴が 海老という生き物は 何回も何回も脱皮を繰り返して 大きくなるそうで御座います。 タカトシも何回も何回も脱皮をして ゆくゆくは立派な海老に いや、 海老蔵になってもらえるものと信じています。 と仰ってくださいました。 あの時 泣いたな… 兄貴の言葉の様に いつか俺もデカイ海老蔵になりたい! と思った事が ついこのあいだのことの様です、、 違う意味で皮むけましたが、 笑、 何事も無駄にすることなく 脱皮を繰り返して 大きな海老蔵になりたいと今も思ってます。 いついつまでもお見捨てなく、 宜しくお願い申し上げます。 #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #坂東三津五郎 #口上 #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #theater #theaterarts #actor #japan #classic #instagram

A post shared by Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵 (@ebizoichikawa.ebizoichikawa) on Oct 5, 2017 at 7:11pm PDT

「違う意味で皮むけましたが」とジョークを交えて当時を振り返った海老蔵。ファンからも「三津五郎さんの愛情 溢れる名言ですね!」「凄くありがたい言葉ですね」との声があがった。

 

■激ヤセ疑惑も…

しかし、中には海老蔵の顔の痩せ具合を心配する声も。6月に最愛の妻である小林麻央さん(享年34)が亡くなってからというもの、海老蔵のブログでアップしている写真に「痩せてきましたか?」といったコメントが寄せられるようになっていた。

それら指摘を受けた海老蔵は、7月18日のブログで「顔は多分色々経験し引き締まった。そういう風に考えていただければ幸いです」とつづり、痩せ疑惑を否定していた。また、9月にはジムでハードなトレーニングしていることも明かしており、肉体の引き締まりがより一層強く感じられる。

市川海老蔵が思わず「まお」と呼び掛けた相手は… ハプニングにほっこり

(画像はブログのスクリーンショット)

乳癌闘病の末に34歳という若さでこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

彼女の訃報に、多くの人々が涙した日からおよそ2カ月半。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵が、夕食を共にした女性に、うっかり「まお」と呼び掛けてしまったことをブログで明かし、話題となっている。

 

■「まお」と呼び掛けた相手は…

12日更新の『晩御飯』と題した海老蔵のブログには、娘の麗禾ちゃんと以前から気になっていたというお店に、夕食を食べに出掛けた様子が綴られている。

海老蔵は料理を注文する際、麗禾ちゃんにメニューを訪ねようとしたところ、ごくごく自然に「まおはー?」と言ってしまったそうで、麗禾ちゃんから「まおじゃないよ。麗禾だよ!」と、注意されてしまったという。

「ごめーん」と、麗禾ちゃんへの謝罪の言葉も綴った海老蔵。5日に麻央さんの納骨を済ませたばかりということも、影響していたのだろうか。

 

■うっかりハプニングにほっこり

こちらのブログ記事には、ブログ読者から多くのコメントが寄せられており、中には「麻央さんが隣にいたのかもしれない」といった声もみられる。

・きっと麻央ちゃんも隣に居たんですね。ほっこり

 

・それは麗禾ちゃんの中に麻央ちゃんがいるから。麻央ちゃんがいつもそばにいる証拠。3人のお食事、楽しかったでしょうね

 

・何だか涙がでてきた。ますますファンになります。正直すぎる海老蔵さん

 

・愛する人のカテゴリーが一緒なのですね。よく子供が、先生とお母さんを言い見違える感覚と一緒かな? 素敵な日常のヒトコマをありがとう

 

「先生とお母さんを言い間違えることと似た感覚なのでは?」といったコメントが、多くの共感を得ている。

また、海老蔵と同じく大切な人を亡くした経験のある読者から「自分も似たような呼び間違えをした」といった体験談も。

 

■先生を親と呼び間違えた経験は?

娘を亡き妻の名前で呼んでしまった海老蔵。コメントにもあったように、それは学校の先生を「お母さん」や「お父さん」と呼び間違えてしまう感覚と似ているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,345名を対象に「学校の先生を『お母さん』や『お父さん』と呼んだことがある」人の割合について調査を行ったところ、全体では13.9%という結果に。

全体としては1割弱という割合だったものの、性年代別に見てみると、30代女性と40代男性ではおよそ4人に1人という割合であることが判明。

思わず笑みが溢れるようなうっかりハプニング。海老蔵の心の中にいる「麻央さん」の存在の大きさが伺える。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、「麻央さんからの手紙」を発見 「ずっと宇宙一愛してる」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日対象:20代~60代の男女1345名

小林麻耶、妹・麻央さんの納骨を終えたと報告 「いつも一緒だよ、大丈夫」

(画像はオフィシャルブログのスクリーンショット)

今年の6月22日、乳癌闘病の末に34歳という若さでこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

5日、姉でフリーアナウンサーの小林麻央と、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵が、麻央さんの納骨を終えたことをそれぞれブログで報告した。

 

■麻耶「妹がみんなを優しく包んでいる」

麻央さんが亡くなった後、献身的に姪や甥の世話をする様子が印象的な麻耶。

そんな彼女は、『2017/09/05』と題したブログの中で、9月の暑い日差しの中、時折吹く心地よい風や、ちょっとした出来事などから、麻央さんの存在を感じたという。

「今日は汗ばむ陽気でしたが、時より吹く風が心地よく、妹がみんなを優しく包んでいるのかなと思えました。また、今日、暗い気持ちになりそうなとき、クスッと笑える出来事があったり、いつでも一緒だよ、大丈夫。と、言ってくれているようでした」

 

また、6日更新のブログ記事では、麻央さんが一番最初に投稿したブログ記事を読み返し、「力をもらいました」と亡き妹に思いを馳せ、彼女が遺した言葉が原動力になっていることを綴っている。

 

■海老蔵「人の生涯はわからない」

海老蔵は、タイムリーに複数回に分けてブログを更新。5日の夕方5時頃に更新されたブログでは、シンプルに麻央さんの納骨と七十五日を無事に終えたことを報告。

夫として、父として、胸にこみ上げる様々な思いを、必死に堪えていたのかもしれない。次に更新されたブログ記事には、夕焼け空の写真と共に、このように心境を綴っている。

「人の生涯はわからない、わからない事が多いです。切り開くものなのか? 最初から決まっているものなのか? 様々な想いの中、ロマンに生きてみたい、そう感じています」

 

最愛の人の死と向き合わなくてはならない大きな節目。こちらの文章からは、彼が漠然とした疑問を、大空に投げかけているような場面が目に浮かぶ。