山本美月

見逃せない『刑事ゆがみ』上司・稲森いずみと裏バディ・山本美月の魅力

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

今夜10時に、第6話を迎える『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

うきよ署強行犯係の刑事である主人公・弓神適当(浅野忠信)と、バディを組む上昇志向と正義感が強い若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)がメインキャラクターだが、弓神を支えているのは、バディの羽生だけではない。

繊細な弓神・羽生よりも、強さを感じさせることもある二人の美しい女性たちが、この作品をさらに魅力的にしていると感じる人も多いだろう。

そこで今回は、弓神を支える美女二人の魅力を改めて、チェックしてみたい。

■頼れる上司の存在感

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

一人目は弓神と羽生の上司、うきよ署刑事課強行犯係 係長・菅能理香(稲森いずみ)。相関図のプロフィールを見ると…

「男社会の警察の中でも力強く生き残り、強行犯係長まで出世した女刑事。弓神とは警察学校時代からの同期だが、今では上司と部下の関係。適当で自分勝手な弓神にいつもイライラしているが、弓神の刑事としての優秀さは信頼しており、いざという時には盾となって弓神の味方をする存在」

 

原作では弓神の元部下の設定なので、やや“頼っている”ニュアンスもあるのだが、ドラマの中では同期の設定で、気安さだけでなく、弓神への信頼の強さが引き立つ。

また、羽生のキャラクターも原作より“熱い”ところがあり、そんな二人を御する「菅能姉さん」としてのカッコイイ上司っぷりが人気だ。

 

■敏腕ハッカーの裏バディ

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして、もうひとりが弓神の裏バディとして活躍する敏腕ハッカー・ヒズミこと氷川和美(山本美月)。

「豊富なサイバー知識を生かしたリサーチ能力などで弓神の捜査をサポート。警察組織には属せずに弓神の独自捜査にも同行する彼女は、“裏のバディ”ともいえる存在。彼女が過去に巻き込まれた大きな事件により声を失っており、実は弓神と深い因縁がある…というミステリアスな存在」

 

となっているが、第5話で「ロイコ事件」で生き残った少女が、ヒズミであると仄めかす要素が多く、「過去に巻き込まれた大きな事件=ロイコ事件」と見て間違いなさそう。

ちなみに、原作にはないオリジナルキャラクターであり、ヒズミが弓神と行動を共にしている理由までは明かされていないため、これからどんな過去が語られるのかも気になるところ。

山本美月演じるヒズミの過去とは? 今からでも遅くない『刑事ゆがみ』

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

今夜10時に、第5話を迎える『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

原作でも人気の高い「ロイコ事件」がベースとなるようだが、オリジナル要素も大きいだけに、どんな展開になるのか気になる人も多いだろう。

また、しらべぇドラマ班の評価はもちろんのこと、多くのメディアで高評価を受ける本作だけに、「観てなかったけど、今からじゃどうかな…」と思っている人も、少なくないのでは?

刑事ドラマで1話完結のため、いつから観てもきっと楽しめるが、「今夜の第5話は必見!」のポイントがある。

原作にはないオリジナルキャラクターというだけでなく、声が出せない設定で、表情やしぐさの演技だけで多くのファンを魅了している、山本美月演じるヒズミこと氷川和美――主人公・弓神適当(浅野忠信)の裏バディであるハッカーの背景が、ようやく明かされそうなのだ。

そんな第5話の前に、これまでの『刑事ゆがみ』を少しおさらいしたい。

■魅力的なメインキャラの二人

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者。しかし、ひとたび事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める、うきよ署強行犯係の刑事・弓神が主人公。

ヘラヘラと勝手な行動をしているように見えて、洞察力に富み、事件を解決する推理力だけではなく、犯人や関係者の心理を深く汲み取り、繊細な対応を見せる弓神の人間性が本作の大きな魅力になっている。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして、バディを組む若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)は、上昇志向と正義感が強く、違法捜査もお構いなしの弓神を厄介に思いながらも、すごさを認めている分、振り回されてしまう状態だ。

回を重ねながら弓神に愛称を増やされているのだが、まずは「童貞くん」(第1話)とからかわれ、レンタルショップで迷っているところを盗撮されて「AVくん」(第2話)呼ばわりされたり、上昇志向との相乗効果が有り余る「腹黒くん」(第3話)ぶりを揶揄されたり、過去の対応の失敗から「しくじりくん」(第4話)と称されるなど、いじられ放題。

しかし、この「振り回す」弓神と「振り回される」羽生の姿が、刑事ドラマに新たなバディの形を提示している――といった評価に繋がっている。

 

■絶対的な信頼があるから

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

羽生にとっては、自分をからかい、盗撮までして弱みを握り、勝手を押し付けてくる弓神。上昇志向の強い羽生にしてみれば、一緒に行動することで始末書ものの逸脱捜査に巻き込まれる可能性は高いし、先輩とはいえ、本来であれば距離を置きたくなるような困った存在のはず。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,336名を対象に「困った上司・先輩がいた」人の割合を調査したところ、60.6%が「困った上司・先輩がいた」と回答している。

性別・年代別では、羽生が該当する20代男性は最も低いが、これからの長いキャリアの中で、出会ってしまう人も多いのかも。

とはいえ羽生の場合は、弓神に対して悪態をつき、舌打ちしながらも、影では「すごい人」と口にしていたり、なんだかんだ指示に従ったり、自分から提案して二人で実証実験するなど、「絶対的な信頼があるからこそ」の振り回されっぷりに、バディとしての高いクオリティを感じている人が多い。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

また、二人の上司である強行犯係係長・菅能理香(稲森いずみ)も、弓神の勝手な行動に怒ったり、困らされたりしながら、着眼や推理・捜査に対して、高い信頼を寄せていることが言動の端々に出ている。

第4話ではストレスの原因を弓神だけでなく、「羽生も急上昇」と言い捨てるように口にしているが、カッコイイ上司・菅能姉さんのセリフだと、羽生への信頼や成長への評価も「急上昇しているのね」と感じられて、ニヤリとした人も少なくないはずだ。

山本美月、トリンドル玲奈とハロウィンコスを披露 「天使レベル」とファン大興奮

(画像はInstagramのスクリーンショット)

ハロウィンが近づき、芸能人たちもさまざまなコスチュームを披露している。女優・山本美月(26)もそのひとり。

20日に自身のインスタグラムに投稿した、トリンドル玲奈(25)とのツーショット写真が話題になっている。

 

■アリス、白雪姫のツーショット

「ハロウィン2ショット」のコメントとともに、トリンドルとのツーショット写真をアップした山本。

ハロウィン2ショット 最後はみずほ姫♡ 『東京アリス』10話配信中です♪♪ 菊地監督回でーす( ¨̮ ) みずほちゃん、10話も色々あります… 見守ってあげてください( ¨̮ ) そして今回は柳くん演じる香椎さんも登場♪ これは何かが起こりそうな予感… だって、奥薗さんたら無神経なんだもんなぁ… #東京アリス #amazonprimevideo #パリ行きたい #木曜日は刑事ゆがみ金曜日は東京アリス

A post shared by MIZUKI YAMAMOTO (@mizuki_yamamoto_official) on Oct 19, 2017 at 10:58pm PDT

写真は山本が出演する『東京アリス』(Amazonプライムビデオ)のオフショット。山本は『不思議の国のアリス』のアリス、トリンドルは白雪姫に扮して、笑顔いっぱいだ。

別の写真ではビックリしたふたりの表情もアップされており、ふたりの姫っぷりを堪能できるだろう。

 

■「天使レベル」とファンから歓喜の声

まるで、作品からそのまま飛び出してきたかのような完成度の高さに、ファンからは喜びの声があがっている。

・ディズニーがとっても似合う2人…絵になるなー さすがトップモデル

 

・2人とも可愛すぎる天使すぎる 癒されます!

 

・最強の可愛い二人

 

・天使レベル

 

・かわいいなぁ、美月ちゃんで実写版作れませんかね

 

■20代女性の4割がコスプレ願望アリ?

ふたりの見事なコスプレぶりに、「私もやってみたい」とコスプレ欲が出てきた人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,400名を対象に「コスプレへの願望」について調査を実施したところ、20代女性では4割ほどが「願望アリ」と回答。

60代男性をのぞけば、どの年代でも女性のほうがコスプレ願望があることが判明した。

 

山本やトリンドルに感化されて、「今年はアリスか白雪姫のコスプレをしようかな」と考えている女性たちも増えただろう。

・合わせて読みたい→山本美月にトリンドル…美人女優4人の集合写真が美しすぎた

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日対象:全国20代~60代の男女1400名 (有効回答数)

山本美月がドラマ初主演 漆黒のレーシングスーツ姿が凛々しすぎる

(撮影:江森康之)

女優・モデルとして活躍する山本美月(26)が、NHK・BSプレミアムで放送されるドラマ『真夜中のスーパーカー』に主演することが発表された。

山本は、草彅剛が主演したドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)でも、主人公の婚約者役を名演したが、主役への抜擢は初となる。

 

■往年の名車『2000GT』がテーマ

今回のドラマは、1960年代に一世を風靡した国産スポーツカーの名車『トヨタ2000GT』をめぐる物語だ(ドラマでは『ナゴヤ2000GT』と表現される)。

2000GTは、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同で開発した。試作を含めて337台しか作られていないが、漫画などにも登場したため、人気が沸騰。近年はオークションで1億円以上で落札されている。

 

■衣装のレーシングスーツに感激

(撮影:江森康之)

漆黒のレーシングスーツに身を包んだ山本は、これまでのふんわりしたヒロインイメージから一変。凛々しく美しい一面を魅せた。

2000GTに憧れるカーデザイナーを演じるが、

山本:初めてテレビドラマで主役を演じさせていただきます。アニメの世界のようなファンタジックな要素が満載の作品です。

 

私が大ファンのアニメ 『鋼の錬金術師』を書かれた會川昇さんが今作の脚本家と伺い、納得しました! 難しい自動車用語も一から勉強して頑張ります! 

 

衣装のレーシングスーツは オーダーメイド! サイズぴったりで私だけのもの、という印象を受けました。2000GT の姿は思ったよりレトロで丸っこくてかわいかったです!

 

と、気合いあふれるコメント。

 

■2000GTオーナーの唐沢寿明も共演

また、貴重な2000GTを実際に愛車としている唐沢寿明(54)も共演。白いレーシングスーツに身を包む「謎の男」を演じる唐沢は、

唐沢:2000GT を題材にしたドラマと聞いて、ぜひ出演したいと思いました。 漫画「サーキットの狼」で 2000GT が日本車と知ったのは小学生の時。外車に負けない個性が衝撃的でした。

 

オーナーになった今は、走っていると皆が笑顔で声をかけてくれます。この車を愛する者として嬉しいですね。日本人の誇りを強く意識させられる日本の文化遺産なので、これからも大事に乗って次の世代に 残していきたいです。

とコメントした。

放送は、NHK・BSプレミアムで2018年3月28日(水)午後10時より。リアルとファンタジーが織りなす物語が、今から楽しみだ。

・あわせて読みたい→女優・久松郁実が4つのスポコスに挑戦 白い水着で楽しんだのは…

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

「#○○と結婚する」山本美月が“恋した”ことを告白!気になるその相手とは?

モデル、女優として活躍中の山本美月さん。女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルは惜しまれながらも今年9月号で卒業されましたが、現在もドラマやバラエティなど様々な場面で活躍され、注目を集めています。現在はフジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」(木曜22時)の出演が発表されており、これからもドラマ・映

山本美月もびっくり! 池松壮亮の秘密は「便器に落としたスマホを…」

28日、東京・品川にて「BIGLOBEモバイル 新CM発表会」が行われ、新CMに出演する俳優の染谷将太、池松壮亮、山本美月が登場。

 

■静かすぎる2人…

今回のCMが初共演だという3人。

走るシーンも多く、撮影を振り返っての感想は揃って「たくさん走った」。

大変だったのかと思いきや、池松にとってはいい現場だったそう。

「毎回『すみません、もう1本』ってみなさんが言ってくださって。普段(ドラマや映画などの撮影)は、わりと平気で何本も走らされるところが多いので、みんな優しいな、CMはいいなって」

 

染谷と池松はイメージ通り普段から寡黙で、山本は「あえて沈黙を楽しんでいた」と驚きの発言。

そんな山本の印象を、2人は「自分のリズムを持った人」(染谷)、「優しい人」(池松)と語っていた。

 

■7時間のウォーキング

休みがもらえたら? と聞かれた染谷は、驚きの「7時間ウォーキング」。

「休みがもらえたら、好きなだけひたすら歩きます。7時間とか。あるところまで行くと、足が止まらなくなるんですよね。

 

“無”になれるから好きなんですけど…はあはあ言いながら、汗かきながら、殺気立った目で歩いてるらしくて」

 

この発言に、池松が「僕も歩くの大好きなんですよ、修行僧みたいな気分になってくるでしょ」と同意するも、山本は思わず「へぇ…」とぽつり。

 

■アニオタ 山本は…

CMにちなんで、スマホの普段の使い方トークに。

アニオタとしても有名な山本は、スキマ時間のアニメ鑑賞がやめられないそう。

「abemaTVで、24時間アニメやってるチャンネルがあるんですよ。新作や、懐かしのアニメや…。

 

いいのを探して、メイク中とかに、ずっと流してます」

 

■携帯落下事件を披露!

池松は、「いつかやりそうと思っていたけど…」と衝撃の事件を初告白。。

「半年前くらいに外(田舎の公衆トイレ)で用を足してましたら、携帯が便器に落ちましたね。

救ってあげて、アルコールでたくさん拭いて、今も使ってるんで。あんまり言いたくないんですよね…」

 

この事件を超えるエピソードありますか? とMCにきかれた染谷と山本は、「さすがに超えられない…」と苦笑い。

 

役者としても個性的な3人。プライベートも、かなり独特なようだ。

・合わせて読みたい→山本美月にトリンドル…美人女優4人の集合写真が美しすぎた

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

山本美月もびっくり! 池松壮亮の秘密は「便器に落としたスマホを…」

28日、東京・品川にて「BIGLOBEモバイル 新CM発表会」が行われ、新CMに出演する俳優の染谷将太、池松壮亮、山本美月が登場。

 

■静かすぎる2人…

今回のCMが初共演だという3人。

走るシーンも多く、撮影を振り返っての感想は揃って「たくさん走った」。

大変だったのかと思いきや、池松にとってはいい現場だったそう。

「毎回『すみません、もう1本』ってみなさんが言ってくださって。普段(ドラマや映画などの撮影)は、わりと平気で何本も走らされるところが多いので、みんな優しいな、CMはいいなって」

 

染谷と池松はイメージ通り普段から寡黙で、山本は「あえて沈黙を楽しんでいた」と驚きの発言。

そんな山本の印象を、2人は「自分のリズムを持った人」(染谷)、「優しい人」(池松)と語っていた。

 

■7時間のウォーキング

休みがもらえたら? と聞かれた染谷は、驚きの「7時間ウォーキング」。

「休みがもらえたら、好きなだけひたすら歩きます。7時間とか。あるところまで行くと、足が止まらなくなるんですよね。

 

“無”になれるから好きなんですけど…はあはあ言いながら、汗かきながら、殺気立った目で歩いてるらしくて」

 

この発言に、池松が「僕も歩くの大好きなんですよ、修行僧みたいな気分になってくるでしょ」と同意するも、山本は思わず「へぇ…」とぽつり。

 

■アニオタ 山本は…

CMにちなんで、スマホの普段の使い方トークに。

アニオタとしても有名な山本は、スキマ時間のアニメ鑑賞がやめられないそう。

「abemaTVで、24時間アニメやってるチャンネルがあるんですよ。新作や、懐かしのアニメや…。

 

いいのを探して、メイク中とかに、ずっと流してます」

 

■携帯落下事件を披露!

池松は、「いつかやりそうと思っていたけど…」と衝撃の事件を初告白。。

「半年前くらいに外(田舎の公衆トイレ)で用を足してましたら、携帯が便器に落ちましたね。

救ってあげて、アルコールでたくさん拭いて、今も使ってるんで。あんまり言いたくないんですよね…」

 

この事件を超えるエピソードありますか? とMCにきかれた染谷と山本は、「さすがに超えられない…」と苦笑い。

 

役者としても個性的な3人。プライベートも、かなり独特なようだ。

・合わせて読みたい→山本美月にトリンドル…美人女優4人の集合写真が美しすぎた

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ