山道

奇妙な写真を撮った後に

 

去年の夏、温泉地での出来事です。

 

私が所属する研究室の先輩と二人で、学会参加を兼ねた二泊三日の温泉旅行に行きました。

 

初日は学会を適当に切り上げ、温泉を堪能しました。

 

二日目、朝からブラブラと気の向くまま車を走らせ、途中寄った観光地として有名な滝で先輩が写真を撮ったところ、変なものが写り込んでいました。

 

画面中央、大きく写した滝のあちこちに『顔』のようなものが・・・。

 

お互いこんなものを撮ったのは初めてで、とても不快になり、すぐにデータを消去しました。

 

「そんなことはすぐ忘れよう」と、楽しく旅行を続けました。

 

途中、知り合った三人組の大学生の男の子たちとご飯を食べ、夜9時くらいに宿へ戻るため車で出発しました。

 

先輩は運転の為にお酒は飲みませんでしたが、私は少し酔ってしまい、助手席で寝てしまいました。

 

宿に着き、先輩に起こされるまでの二時間ほど熟睡してしまったようでした。

 

しかし、私を起こした先輩は、顔面蒼白でわんわん泣き始めました。

以下、先輩の話

私が寝てしまった後、先輩は一人で車を運転していました。

 

ナビによると宿までもう少しというところで赤信号につかまったのをきっかけに、タバコを吸って休憩しました。

 

ほとんど山道のような道路で、他に走る車も無く、信号手前の道のド真ん中で停車してタバコを吸っていたそうです。

 

すると、サイドミラーに後方から歩いてくる妙な集団が映りました。

 

それらが近づいて来た時、はっきりと見えました。

 

十数人ほどの、銃や重そうな荷物を抱えた『軍人』でした。

 

どう考えても普通じゃない、逃げなきゃ、と本能的に察した先輩は、急いで発車しようとするも突然エンジンかかからなくなってしまいました。

 

集団はどんどん近づいて来るが、焦る先輩をよそにエンジンは全くかかってくれない。

 

やがて集団は車に接近し、ぐるりと周りを取り囲むと、中を覗き込んできました。

 

真っ暗闇の中、ヘッドライトに照らされて、彼らの顔立ちがはっきりと見えました。

 

日本人。

 

なんとなく今風の感じではない。

 

みんな泥にまみれ、血糊が付いている人や怪我人もいる。

 

先輩はもう気が気ではなく、目を瞑って念仏を唱えました。

 

しかし念仏は「ナミアムダブツ」までしか分からず、これじゃダメだと、ミラーに掛けていたお守り(安全運転のもの)を握り締め、「助けてください、助けてください・・・」と祈りました。

 

ふと、誰かが何か話しかけてきたのが聞こえました。

 

なんと言っているのか分からず、思わず目を開けると、運転席を覗き込む一人の男がもう一度言いました。

 

今度は、はっきりと聞こえました。

 

「おい女、何をしてるんだ。ふざけるなよ!」

 

まるで耳元で囁かれたかのような感覚でした。

 

先輩は叫び出したい衝動を堪え、もう一度エンジンをかけると、今度はしっかりと起動しました。

 

跳ねても轢いても構わないという勢いで急発進し、猛スピードで立ち去りました。

 

不思議なことに、フロントガラスの前にいた人達に衝突した感触は無かったとか。

 

その後、宿まで辿り着き、一息ついたところで私を起こしたそうです。

 

私は泣き喚く先輩から話を聞き、現実味が湧かなかったものの、先輩の様子から「これはただ事じゃないのかも知れない」と感じました。

 

車には何の異常も無く、一体何だったのかは不明です。

 

彼らは誰だったのか?

 

滝で撮った奇妙な写真と関係があるのか?

 

なぜ彼らは怒ったのか?

 

私には全く想像が付きません。

 

しかし先輩は、「あなたを起こさないように必死で我慢した・・・」と。

 

「泣いて叫んで助けを呼びたかった・・・」と。

 

「でも、あんなものを見たらきっと正気ではいられない。先輩として、あなたを巻き込むのだけはダメだと思った」と帰りの車内で話してくれました。

 

結局は謎だらで私は何も見ていませんが、先輩とは今でも仲良くさせてもらっています。

 

(終)

The post 奇妙な写真を撮った後に appeared first on 怖いもん通信.

山道で迷っている時に見つけたラーメン屋

 

2年前、北陸地方のとある山中でのこと。

 

深夜に彼女とドライブ中、山道で道に迷ってしまった。

 

ナビは上手く位置を拾ってくれない。

 

どうにもならず困っていると、パッと明かりが見えた。

 

そこは『ラーメン屋』だった。

 

(こんな山奥に?しかも、もう真夜中だぞ?)

 

何か違和感を感じたが、彼女が「道を訊いてみれば?」と言うので駐車場に車を止めた。

 

やたら大きい駐車場だが、車は一台も止まっていない。

 

が、店に入ると驚いた。

 

かなり広い店内が満席だった。

 

しかし、よく見ると誰もラーメンに手をつけていない。

 

ただ座っているだけ。

 

会話も聞こえない。

 

シーンと静まり返る店内に、ラーメンの湯気だけがもうもうと舞っている。

 

怖くなってすぐ店を出て、急いで車を走らせた。

 

結局、朝方に近くなる頃、通りかかった族車の兄ちゃんが親切にも先導してくれて、ようやく県道まで出られた。

 

その兄ちゃんにラーメン屋の話をすると・・・

 

「ああ、知ってるよ。ここらじゃ有名だ。でも、よそ者しか見られないんだ。俺たち地元の人間は、話を聞いたことしかない」

 

「俺だって、あんたみたくラーメン屋から逃げ出してきて道に迷った人を連れて帰るのは一度や二度じゃねぇもんな」

 

「ああ、それから、女連れだったなら女店員に話しかけられなかったよな?ああ、そうか。それなら良かったな」

 

(・・・女店員?)

 

見なかったが、「話しかけられるとどうなるのかは知らない方がいい」と言って教えてくれなかった。

 

別れ際、「それから、もうここには来ない方がいいよ。二度目は酷いらしいから」と言い、族車の兄ちゃんは爆音で去っていった。

 

(終)

The post 山道で迷っている時に見つけたラーメン屋 appeared first on 怖いもん通信.