岡田結実

イケメンだらけ30人! オスカー初の男劇団『青山表参道X』お披露目

(「男劇団 青山表参道X」お披露目記者発表会)

米倉涼子(42)、上戸彩(32)らが所属する芸能事務所・オスカープロモーションが14日、都内でエンターテイメント集団『男劇団 青山表参道X』の結成を発表。

栗山航(26)、塩野瑛久(22)、飯島寛騎(21)、西銘駿(19)ら男性メンバー30名が、お披露目記者発表会に出席した。

 

■男劇団はオスカー初の男性推し

『男劇団 青山表参道X』は1970年のオスカープロモーション創業以来初となる、男性によるエンターテインメント集団。

芝居はもちろん、歌やダンスを始めとするさまざまなジャンルのエンターテイメントに挑戦していく予定で、今は全員で30名だが、これから公募して40名、50名と増えることもあれば、逆に減ることもあるそうだ。

(飯島寛騎)

『仮面ライダーエグゼイド』で主役を演じた飯島は、生き残るためにどう闘うかと聞かれ「自分なりの決め技を見つけてフィニッシュを決めたい」と意気込む。

 

■楽屋裏は男子校のノリ

(西銘駿)

『仮面ライダーゴースト』の主演を務めていた西銘は、劇団イチのムードメーカー。

「楽屋裏は男子校のノリです。みんな明るくハシャイでます。ぼくは盛り上げ役ですね」と語る。

さらに「初めて会ったメンバーもいます。でも、同世代の同性なので、レッスンなんかで顔を合わせていると、すぐに仲良しです」と楽しそうだ。

岡田結実 両親について問われ「離婚しても大好きな両親」

1日、東京・赤坂で「雪印コーヒー発売55周年記念式典」が行われ、雪印コーヒーのファン代表・岡田結実と、シークレットゲストとしてローリーが登場。

 

■ローリー&岡田結実…なぜ?

CMに出演しているわけでもないため、「なぜこの2人?」と思ってしまう人選だが…実は「55」にちなんで選ばれているのだ。

ローリーはなんと、雪印コーヒーと同い年の55歳。いやいや、見えない…。さらにデビュー当時から体重55.5kgをキープしているとか。

「昔、占いで55歳のときにとてもいい仕事がきますよ、と出まして。この仕事のことだったんだな、と」語るローリーは、なんと車のナンバーも「55」に変えてしまったそう。

 

一方の岡田は、ウエストが55cm! フラフープや腹筋を毎日して、しっかり絞ってきたというくびれが美しすぎる。実際、この場で測定すると…

ぴったり55cmを記録!

本人曰く「中1か、中2以来の細さ」。無事に目標を達成し、これをキープしたい、と笑顔に。

 

■かわいがられることが大切

ローリーは岡田の父親であるますだおかだ・岡田圭祐と共演していたことがあり、「お父様に似てらっしゃる部分がありますね。目のぱっちりしているところというか、吸い込まれそうな…」と岡田を絶賛。

そんなローリーは、岡田に

「常に感謝の気持ちを忘れずに。『実れば実るほど頭を垂れる稲穂かな』の気持ちを忘れないこと。言葉遣いとか、みなさまからかわいがられることが一番大切です!」

 

と芸能界で生き残るためのコツをアドバイス。

 

■大好きな父親と…

父親が大好き! と公言している岡田だが、両親は離婚騒動真っ最中だ。

「離婚してもしなくても、両親には変わりないので。普通に大好きな両親です。

 

(別居について問われ)

報道に出た通りというか…。父がメディアに出てるので、見かける回数は多くて。元気にやってるんだなってわかるので安心できます。(父と)LINEでは結構話しますよ。日常会話とか」

 

大学には行きなさい、と両親から言われ続けていたそうで、

「これをやりたいから大学に行く、っていう夢を見つけたので。(両親からの)心配もありがたいんですが、自分は自分でがんばるんで、大丈夫だよって思います」

 

と、力強く宣言。

中学受験の時に、両親の次に雪印コーヒーに支えられた…と語る岡田。大学受験も、両親の支え&雪印コーヒーで乗り切れることに期待したい。

・合わせて読みたい→今年の納豆クイーンは岡田結実!「おいしくな〜れ、って混ぜてます」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ