「茨城県のご当地グルメってなに?」と聞かれても、悲しいことにきっと多くの人が『水戸納豆』ぐらいしか思いつかないだろう。

だが、茨城県はメロンの生産量が日本一だったり、甘さバツグンのさつまいも『紅天使』の生産地だったりと、美味しいものが他にもいっぱいある。

 

■茨城県全域で食べられるソウルフード

そんな茨城県のソウルフードで、茨城マニアの記者がイチオシしたいのが『けんちんそば』。

名前のとおり濃いめのけんちん汁に、そばを入れたシンプルな料理なのだが…コレがめちゃくちゃうまいのだ!

 

■けんちんそばは茨城県全域で食べられる

けんちんそばは茨城県全域に提供するそば店があるが、とくに店舗が多いのが、そばの名産地でもある常陸太田市周辺の県北地域。

県北ではけんちんそば以外にもわかめや青とさか、赤のりなどの海藻を入れた『海藻そば』も有名で、多くの種類のそばを食べることができる。

 

■提供する店により具のバリエーションも

けんちんそばの具材は基本的にけんちん汁に入っている根菜を中心とした野菜がほとんどだが、場所により地元で獲れるキノコが入ったり、近所で作られる豆腐が入ったりとバリエーションが違って楽しい。

さらにそばだけだと炭水化物に栄養が偏りがちだが、野菜が大量に入っているため栄養バランスも自然によくなる。満腹になれるのに罪悪感も少ない、ヘルシー美味なそばなのだ。

 

■きのこや野菜の旨味が加わり複雑な味に

また、つゆもきのこと野菜や、けんちん汁に使われる昆布の旨味が加わりより複雑な味に。ただけんちん汁にそばをブチ込んだだけでないことは、食べればすぐわかるだろう。

あまり知られていない茨城グルメの中でも、けんちんそばは最初に食べるのにピッタリの料理。茨城に行ったらぜひ食べてみてほしい。

・合わせて読みたい→青森県『亀乃家』で食べられるラーメン 『天中華』はホタテたっぷり

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男