年収

手間を取るか、お金を取るか…映画や遊園地の前売り券を購入する人

(leaf/iStock/Thinkstock)

映画や遊園地に行く時、前売り券を購入するとお得なことが多い。しかし、日時が指定されてしまうため、万が一、行けなかった場合には無駄になってしまうことも。

事前に前売り券を購入し、遊びに行く人はどれくらいいるのだろうか。

 

■女性のほうが用意周到?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名に「前売り券」について調査したところ、全体の35.9%が「事前に購入する」と回答。

性年代別で見てみると、女性のほうが多い結果に。

しかし、半数以上は「前売りは買わない」主義。なぜなのだろうか。

 

■前売りを買う派、買わない派、それぞれの意見は…

前売りを購入する人は、やはり値段や座席指定など、「前売りだからこそ得できる」部分に魅力を感じている。

「前売り券のほうが安いことが多いじゃないですか。家族で出かけるのって、どうしてもお金がかかるので少しでも節約したい。どこか遊びに行くってなったら、必ず事前に前売り買います」(40代・女性)

 

「映画は、お気に入りの位置で見たいので必ず前売り。直前に買おうとしても、人気の作品だと前とか、端とかしか空いてなかったりするし。同じ値段なのに、損した気分になる」(20代・男性)

 

一方の「買わない」人たちは、「行けなくなったら…」と心配なよう。

「もしも行けなくなったら、無駄になっちゃうじゃないですか。映画など、日時指定のものも多いですし…怖くて買えないんですよね」(30代・女性)

 

「遊ぶ時は、友達と『これから何する?』で決まることが多い。なので時間的に買えない」(20代・男性)

 

「最近はネット購入が増えていますが、登録とかややこしくて。当日券でいいかな? と思ってしまいます」(50代・男性)

 

年齢が上がるにつれて、「ネット購入」がネックになる人が増えるようだ。

 

■お金を持っている「高収入」の人たちは…

年収が高い人ほどお金に余裕があるイメージだが、意外にも高収入な人のほうが前売り券をしっかり買っている。

年収1,000万円越えでは、なんと半数以上。

「わざわざ当日に並んでチケットを買う時間がもったいない」(40代・男性)

 

「予定が決まった瞬間に、自分と同行者分のチケットを取ってしまいます。『もし当日行けなかったら…』は時間管理できてないだけでしょ」(30代・男性)

 

計画性がある人のほうが、仕事もプライベートもうまくいくのかも。

楽しいけれど軽さが気になる…ノリが良すぎる人をどう思う? 

(Ryan McVay/Photodisc/Thinkstock)

男女ともにノリが良い人は、誰からも好かれる人気者。「チャラ男」や「パリピ」を連想する人も多いだろう。

場を盛り上げるのも上手、会話のキャッチボールもすぐに反応が帰ってきて、頭の回転が早い印象を持つ。

しかし、一方的にしゃべったり、あえて空気を読まなかったりするお調子者など、チャラついて軽薄すぎる――と、苦手意識がある人も少なくない。

ただし、「ノリの軽い人は嫌い」と言っている女子は少なくないが、実際には、なぜかそんな人ほどモテているように思えてしまう。

 

■ノリが良すぎる人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、ノリが良すぎる人についてどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は5.4%、「理解はできる」は35.5%。一方で、「違和感がある」と答えたのは42.9%、「おかしいと思う」は16.2%と、ノリが良すぎる人について、よく思っていない人が6割近い。

年代別では、男女とも年代が高いほどノリの良い人への理解派が減る傾向にあった。

 

■年収別では700万で境界線が

また、年収別では、700万円を境目に違和感を覚える人が全体平均より10ポイントも少ない。

ノリの良い人は、話の中身が薄く見られてしまうこともあるが、コミュニケーション能力に長けている。

周りからの支持を得たり、チームリーダーとしてうまく機能することもある点で、高所得者に理解者が増えているのかも。

ただ、友達として付き合うのは楽しそうだが、恋人として付き合うと苦労しそうだ。

・合わせて読みたい→オリラジ藤森にNEWS手越…「チャラ男はモテる」説は本当なのか

以前と比べて豊かさを感じる人はわずか1割 「金持ちはよりリッチに」が鮮明に

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

資本主義経済は、成長を前提につくられている。国際通貨基金(IMF)は、10日に発表した『世界経済見通し』の中で、2017年の日本の経済成長率を1.5%と予測。7月時点の予測より0.2ポイント上方修正した。

企業の収益が上がり、賃金が上昇し、消費が増えてさらに経済が活性化する…というのが、理想的な景気循環だが、一方で世間の実感はどうなっているのだろうか?

しらべぇ編集部は、「3年前と比較した暮らしの豊かさ実感」について、全国20〜60代の男女1,354名に調査を実施した。

 

■「豊かになった」はわずか1割

「暮らしが豊かになった」という回答は、全体では1割にとどまる。「変わらない」と答えた人が過半数なものの、苦しくなったと感じる人は4割に迫った。

 

■「年収700万円」に壁?

また、この調査結果を個人年収別に見てみると、「富める者はより豊かに」という傾向が明らかだ。

「苦しくなった」と答えた人は、年収300万円以下では4割を超え、年収が上がるごとに着実に割合を落としている。1000万円以上稼ぐ層では、わずか2割だ。

一方、3年前より豊かになったと感じる人は、年収300万円以下ではわずか5.2%。年収700万円を下回る層とそれより収入がある層では、2倍以上の差が開いている。

以前と比べて豊かさを感じる人はわずか1割 「金持ちはよりリッチに」が鮮明に

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

資本主義経済は、成長を前提につくられている。国際通貨基金(IMF)は、10日に発表した『世界経済見通し』の中で、2017年の日本の経済成長率を1.5%と予測。7月時点の予測より0.2ポイント上方修正した。

企業の収益が上がり、賃金が上昇し、消費が増えてさらに経済が活性化する…というのが、理想的な景気循環だが、一方で世間の実感はどうなっているのだろうか?

しらべぇ編集部は、「3年前と比較した暮らしの豊かさ実感」について、全国20〜60代の男女1,354名に調査を実施した。

 

■「豊かになった」はわずか1割

「暮らしが豊かになった」という回答は、全体では1割にとどまる。「変わらない」と答えた人が過半数なものの、苦しくなったと感じる人は4割に迫った。

 

■「年収700万円」に壁?

また、この調査結果を個人年収別に見てみると、「富める者はより豊かに」という傾向が明らかだ。

「苦しくなった」と答えた人は、年収300万円以下では4割を超え、年収が上がるごとに着実に割合を落としている。1000万円以上稼ぐ層では、わずか2割だ。

一方、3年前より豊かになったと感じる人は、年収300万円以下ではわずか5.2%。年収700万円を下回る層とそれより収入がある層では、2倍以上の差が開いている。

真面目に働いているけれど… 理想通りの仕事につけなかった人たち

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

学校を卒業して、就職活動をしている最中は「自分の理想の仕事につきたい!」「こんな会社に入りたい!」と夢あふれていたはず。

しかし実際に入社してみると、思っていたのと違う…なんてことはよくある話だ。運よく理想通りの仕事に出会える人もいるだろうが、大概の人は何かしら我慢しているのではないだろうか。

 

■満足しているのは2割程度

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者男女633名を対象に「今の仕事」について調査したところ、理想通りだと答えたのは21.0%。

49.1%は「理想とは少し違う」と答えており、29.9%は「理想とかけ離れている」というのだ。8割近い人は、自分の思い描いていた仕事と違う…と思いつつ、日々働いているのだろう。

「もう少しお給料ほしいかな。でも、転職できる能力もないので我慢してる」(30代・男性)

 

「休みがなかなか取れないのが不満で。仕事内容は好きですが、有給くらい自由に取りたい」(30代・女性)

 

■年収が高ければ「理想通り?」

生活する上で、大切なお金。給料が高ければ満足度も高いのか? と思いきや、そうでもない。

年収が1,000万円を超えていても、理想通りだと思っているのは4人に1人しかいないのだ。

「給与には満足してるけど、忙しすぎる。もう少し年収が下がってもいいから、休みの取れる仕事に転職しようか…と悩んでいる」(40代・男性)

 

しかし、年収が低めの人たちはもっと不満だらけ。

300万円以下の人たちは、なんと4割以上が「かけ離れている」と答えているのだ。

「なんでフルタイムで働いて、こんなに安い賃金しかもらえないのか。不満しかないですよ」(20代・女性)

 

「好きなことを仕事にするんだ! お金なんてどうでもいい! とか昔は思ってましたが、現実的に考えて厳しい。結婚もできないですしね…さすがに転職考えてます」(20代・男性)

 

もちろん、何もかも理想通りの仕事があって、その会社に入ることができれば最高だろう。しかし、それは現実的に難しい。

お金や時間など、自分にとって妥協できるものは何で、どうしても譲れないものは何なのか。「転職したい…」と思った時、しっかり考えることが大切だ。

・合わせて読みたい→今年は秋分の日が土曜日に… 祝日が土曜日だとがっかりな人たち

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の有職者男女633名(有効回答数)

年収別に「いきなり1000万円が手に入ったら何に使うか」聞いた結果が違いすぎてスゴい

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

突然だが、みなさんは1,000万円がいきなりポンッ! と手に入ったらどうするだろうか?

湯水のごとく使いまくって豪遊する人もいれば、貯金をしたり堅実な使い方をする人もいるだろう。

 

■1,000万円が死ぬほどほしい

1,000万円なんて記者のような庶民からしたら喉から手が出るほどほしい。

どれぐらいほしいかというと、寿命が半分になってもほしい。一生彼女ができなくていいからほしい。

みんなもそうでしょ? と思いきや、現実はそうでもないようだ。

 

■命とカネ、どちらがほしい?

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の男女250名を対象に「寿命が半分になってもいいから1,000万円がほしいか」を調査した結果、ほしいと答えた人は11.6%のみ。

えっ、意外とみんなカネより命が大事なんですね。しかし、この結果を年収別で見ると…

なんと、全体の1割強しか寿命より1,000万円を選択しなかった。

さらに1,000万円以上になると、2%しかお金を選択する人はいない。確かに1年で稼げる額に、寿命を半分も使いたくないのは当たり前である。

 

■1,000万円あったらみんななにに使う?

命をカネに引き換える人の割合はわかった。では、1,000万あったら、みんなはなにに使うのだろうか?

最初に述べたように堅実派と豪遊派それぞれいるだろうが、これも年収別に見たらおもしろい違いが出てくるのでは?

そこで年収別に「1,000万の使い道」も聞いてみたところ、興味深い内容が多数出てきたのだ。年収別の回答は、以下のとおり。

 

■年収300万円未満の回答

貯金してから運用を考えます

便利なところに綺麗なワンルームマンションを買って、自分の部屋を持ちたい。そこで、好きなこと、歌の練習をしたりする

ディ○ニーランド、ディ○ニーシーに行く

子供のための貯金

生活費や欲しいもの買って遊んで暮らす

 

好きなことに使いたいという夢を持っている人もいるが、堅実な使い方をする人のほうが多く見受けられた。

次はもう少し高収入な、年収300万円~500万円の回答を見てみよう。

 

■年収300万円~500万円の回答

ずっと買いたかったビンテージ模型を入手する

車の購入資金と家のローン返済

犬や猫の里親探しの活動に使う

生活基盤の立て直しと、子供達の奨学金の返済に充てます。

焼肉店をオープンさせる

 

趣味などに使う人が少し増えてくる。1,000万円を動物の里親探しに使うなんて、ステキですなぁ…。

ちなみに1,000万年あれば焼肉店を開業できるのか飲食店を経営する人に聞いたところ「小規模なら余裕」とのことだった。1,000万円あれば焼肉屋の社長にもなれるぞ!

では、次はさらに高給取りの年収500万円~700万円の回答を見てみよう。

 

■年収500万円~700万円の回答

不動産投資の一部金

500万は貯金、200万はビジネスに、100万は両親に、100万は旅行に100万は家のリフォームに

半分は家の家具や、家電を買い換えて、半分は子供のために貯金する

年代物のコニャックを飲む。自転車のコンポーネントを換装する。温水便座洗浄機を買う。あとは貯金

住宅ローンの返済と自家用車の購入

 

日本人の平均年収よりやや上の収入が多いと思われるラインの人たちは、使い方をよりリアルに回答する人が多かった。

また、子供の養育費以外にも親へあげたりと、自分の生活以外にもお金を使う選択肢もでてきている。

では、ここから平均年収をはるかに超える700万円~1,000万円の回答を見てみよう。

 

■年収700万円~1,000万円の回答

家のローンを払ってエステ・ダイエットや脂肪吸引など痩身、マッサージやリラクゼーションなど体のメンテナンスと癒し ヨーロッパ旅行にも行きたいし、豪華客船で世界1周旅行などたぶん使って使って使いまくる 貯金は50万ぐらいできたらいいなと思う

クルージングの旅に出る

FXの資金とし倍増させる

マイカー購入、ハワイ旅行

高級バッグ、時計を買う

 

住宅ローンの返済などに使う人もいたが、目立ったのはクルージングや旅行など、遊びに使う人が増えている。

では、コレよりさらにお金持ちな年収1,000万円オーバーの人はどういった使い道をするだろうか?

 

■年収1,000万円以上の回答

とりあえずファーストクラスで海外旅行かな?

スポーツカーを買い、高原ルートを走る。

当面、運用する

住宅ローソンの返済(おそらくローンと勘違いしている)

まだ行っていない所へ国内旅行

 

1,000万円以上なのでスゴい使い道があると思いきや、ファーストクラスやスポーツカーという選択肢が乗るとはいえ、意外とそのほかの年収の人と同じような回答が多いようだ。

でも、いくら夢がひろがりんぐでも、1,000万円なんて大金、手に入るワケが無いよな…。

 

■1,000万円手に入るかもしれない方法がある!

と思いきや、手に入るかもしれない方法があるんです!

それは、人気スマホゲーム『モンスターストライク』が期間限定で行っている「モンストスピードくじ」に参加すること。

モンストスピードくじは、1000万円が20名、100万円が100名、総額3億円が当たる企画。

モンストを起動して無料のくじを引くだけでその場で結果がわかる上に、1000万円はなんと最速翌日に届くとか! 予想期間は10月9日AM4:00~10月13日AM3:59まで。誰でも参加可能だ。

 また、同期間中に「モンストラックアウト」という3億円分山分け企画も実施。1000万円が外れても、まだ3億円山分けがある。まずは1,000万円ゲットにチャレンジしよう!

参考リンク:モンスト4周年感謝キャンペーン

(文/しらべぇ編集部 提供/XFLAG )

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年9月28日~2017年9月29日 対象:全国20代~60代の男女250名

ダレノガレ明美が「年収6000万円以上」と初告白! ファン「ヒモになりたい」の声も

4日に放送されたバラエティ番組『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演したモデル・ダレノガレ明美(27)が、驚きの家賃と年収を発表し、視聴者を騒然とさせた。

(画像はダレノガレ明美Instagramからのスクリーンショット)

 

■家賃は「130万円」

この日の番組は「2017年のお騒がせ芸能人に厳しくも愛のある世間の声を届ける」というもの。

結婚を考えていた商社マンとの破局や歯に衣着せぬ発言で、2017年も世間を騒がせたダレノガレがゲスト出演した。

多数の厳しい意見が寄せられたが、特に「ダレノガレさん程度が家賃130万円のマンションに住んじゃダメ」という世間の声に、司会の劇団ひとり(40)らが食いつく。

 

■年収「6000万円はある」

もともとは破局した彼氏と一緒に住むためだったマンションは、都内3LDK で広さは200平米。

白を基調にした広々とした室内の様子がVTRで流れると、「無駄なスペース」とメイプル超合金・カズレーザー(33)も驚愕。

このマンションの入居審査で「月収が家賃×3必要」だったと発言すると質問が過熱。周囲から「年収」を執拗に聞かれ、困惑しながらも「6000万円はあります」と発表した。

読書の秋してる? 本好きがきっかけで仲良し夫婦やストレス解消法の人も

(Milatas/iStock/Thinkstock)

「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」など、秋にはさまざまな「○○の」があるが、そのひとつとして言われるのが「読書の秋」。

電子書籍の登場で、読書のスタイルが変化している人も少なくないが、物語を楽しんだり、新しい知識を得たり、本に親しむ人はまだまだ多い。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「読書が好き」か、意識調査を実施した。

 

■読書「大好き」は女性が多め

全体では「大好き」27.7%と「まあまあ好き」40.5%で「読書が好きな人」は7割に迫る68.2%、「あまり好きではない」23.6%と「嫌い」8.2%で「好きではない人」が31.8%。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「読書が好きな人」の割合は、男性が65.1%に対し、女性は71.3%と女性が6ポイント上回った。

「まあまあ好き」はほぼ同数、「大好き」で差がついている状態だ。

読書習慣が子供時代の教育に与える影響や、自己啓発の面で読書に取り組む人も多いことから、「読書が好きな人」の年収別データを見てみると、

前後はあるものの、年収に比例して「読書が好き」な人が増加する傾向に。

「大好き」と回答している人も、「1000万円以上」に最も多く、37.8%となっている。

国税庁が発表した「平成27年分民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均給与所得である約420万円。

年収500万円を境に7割以上と未満になっており、大きな差は出なかったものの、年収アップを目指す人には、ちょっと気になるポイントになるかも。

 

■読書のメリットいろいろ

実際に「読書が大好き」という人に、話を聞いた。

「夫と知り合ったのは、好きな作家が同じ人が集まる会で、本を勧め合ったり、読んだ本の感想を話したりするうちに、お互いの考え方や物事の捉え方を“いいな”と思ったのが最初でした。

 

今は子育てで忙しく、自分たちの読書はなかなか捗りませんが、読み聞かせをしたり、一緒に子供に読ませる本を選んだり――本を通じて、夫婦のコミュニケーションに楽しめる部分があるのが、仲良しでいられる秘訣かもしれません。

 

子供がストーリーに夢中になる姿を見ると嬉しいし、物語を楽しむだけじゃなく『読書好きで良かったな』と実感することは、すごく多いです」(30代・女性)

 

「活字中毒なんで、常に何冊かを並行して読んでいます。仕事に関する実用書もそうですが、小説も最近のものから古典まで、幅広く。ストレスが溜まっている時に、短時間でも仕事に関係ない本を読んで切り替える――なんてことも。

 

ネットで調べれば、なんでもわかる時代だけど、読んでインプットされた知識だから、咄嗟に出てくる部分や目の前のアイデアに結びつきやすいこともあって、読んだ本に助けられたことは数えきれないですね」(40代・男性)

 

移動時間にスマホで見るニュースや動画もいいが、たまには活字をじっくり読むことで、人生を豊かにしてくれるものに出会えるかも。

・合わせて読みたい→図書館利用してる? 電子書籍の時代に「返却が面倒」との声も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)