廃屋

肝試しをしたの翌日に

 

僕が高校生の頃の話です。

 

ある晩、先輩たちと6名で飲み会をしていると、肝試しをすることになり、某トンネルへ行くことになりました。

 

そこは山の中腹にあり、近くには廃屋があって、すぐ隣に軽自動車が一台通れるぐらいの真っ暗な気味の悪いトンネルです。

 

話を聞くと、その廃屋では一家惨殺があり、その中のお婆さんが隣のトンネルに逃げたところ、犯人に追い詰められ殺されて、気が狂った犯人もその場で自殺したという。

真っ黒い波を打った何かが・・・

酒も入り、初めての肝試しということで、僕はワクワクしていました。

 

車に乗り込んで1時間ほど走り、現場近くに車を停め、5分ほど歩くと到着しました。

 

そこは、想像以上に気味の悪い場所でした。

 

廃屋は昔ながらの一軒家で、縁側から中が一望でき、家の中は布団や家具が散乱していました。

 

あまりの不気味さに、トンネルだけ入って帰ろうということになりました。

 

トンネルに入ると、夏なのに涼しく、足元はドロドロで、何とも言えない空気が漂っていたのですが、皆無事に出てくることが出来ました。

 

トンネルを出た僕たちは帰ることになったのですが、なんとなく廃屋を眺めていると3名が先に車に戻ってしまい、気付いたら僕を含めた3人だけになっていました。

 

「先に行っちゃったね。俺らも帰るか」

 

・・・なんて言っていたその時でした。

 

山の上の方から「キャー!!」という女性の声が聞えたのです。

 

「聞こえた?」

 

「聞こえたよ。早く帰ろう」

 

3人とも、その声を聞いていました。

 

怖くなった僕たちは急いで車に戻りました。

 

帰りの車の中では、怖かった半面、話題が出来たと思い、僕は少し上機嫌でした。

 

次の日。

 

夜、母と二人で食事をしていた時にその話をしました。

 

「昨日さ、先輩たちと肝試しに行ったんだ」

 

僕は母に事細かく話しました。

 

すると、僕は段々と寒くなってくるのを感じました。

 

頃は真夏です。

 

クーラーをつけていましたが、涼しい程度です。

 

話が進むにつれ、僕はどんどん寒くなっていき、話が終盤に近付くと歯をガチガチしながら話していました。

 

「なんだこれは?!」と思いながら話を進め、震えながらやっとの思いで話し終えました。

 

話が終わると、今度は母が徐々に俯き始めました。

 

様子がおかしいと思っていると、母が弱っていくにつれ、僕の震えが少しづつ治まってきました。

 

僕の震えが止まり、母が完全にダウンすると、「今あんたから真っ黒い波を打った何かが私に入ってきた。これは私が何とかする。だからあんたはもうそんな所に行っちゃだめだよ」と母。

 

何がなんだか分かりませんでした。

 

今、母は元気です。

 

僕はそれ以来、肝試しへは行っていません。

 

(終)

The post 肝試しをしたの翌日に appeared first on 怖いもん通信.

その番号にかけると霊界に繋がる

 

俺がまだ小学生だった頃の話。

 

俺の家の近所には、『青柳タンス』という廃屋があった。

 

と言っても、そこがタンス屋だった訳ではない。

 

ただの民家だったのだが、壁面にそういった看板が掛けられていた。

 

そこには電話番号も書かれてあり、『その番号にかけると霊界に繋がる』という噂が当時の俺たちの周辺であった。

 

ある日、その番号をメモして公衆電話から電話をかけてみる事に。

(携帯電話はまだ無い時代)

電話が繋がった先は・・・

プルルルルル・・・

プルルルルル・・・

 

電話をかけてみると、呼び出し音は鳴るが、いくら待っても誰も出てくれない。

 

プルルルルル・・・

プルルルルル・・・

 

友達数人と面白がって何度かかけていたが、誰かが「多分、実際に青柳タンスにかかっていると思う。電話する一人だけ残って、後はみんなで青柳タンスに行こうよ」という話になった。

 

そこで、俺一人が残って電話をかけることになった。

 

プルルルルル・・・

 

みんなが青柳タンスに着くぐらいの頃に電話してみると、いつも通りの呼び出し音が鳴った後、『がちゃ』と音がして電話が通じた。

 

俺は友達が電話の受話器を取ったと思い、「そっちの様子はどう?」と訊いてみたが返事は無い。

 

代わりに、声の低い男の人とお婆さんの声が混ざったような声で「ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ」という返事だけで電話が切れた。

 

恐くて怖くてみんなが戻って来るのを待ったが、結局は誰一人として戻って来なかった。

 

俺は心配して、親に言って友達みんなの家へ電話をかけてもらうと、「電話がかかって来なかったので、つまらなくなってみんな自分の家に帰った」と言う。

 

何も言わずに家に帰ってしまうなんて・・・と変に思ったが、その日以来みんなの様子が少し変わってしまって、なんとなく俺たちは疎遠になっていった。

 

それから十数年後の同窓会で、思いもよらない話を聞いた。

 

あの時に遊んだ俺以外のみんな全員が、学生時代に健康を害して病気で亡くなってしまったという。

 

(終)

The post その番号にかけると霊界に繋がる appeared first on 怖いもん通信.

悪ガキ仲間たちの「探検ごっこ」にて

 

30年以上も昔の話です。

 

場所は東京都の近郊。

 

とても怖くて悲しい思い出です。

 

僕は小学校低学年の頃、近所の悪ガキ仲間たちと『探検ごっこ』をしていました。

 

僕と従弟、それに隣の悪ガキと近所の悪ガキの4人であちこち行きました。

 

まだ埋められていない防空壕の跡や川原の茂み、大きな公園の奥の森の中。

 

子供の僕たちには広大な未知の空間でした。

 

お約束のエロ本なども落ちていて、まさに冒険でした。

 

公園のそばに古い民家(廃屋)があり、わりと大きな屋敷でした。

 

「夏休みにソコを探検しよう!」ということになりましたが、その時に隣の悪ガキが家族旅行で不在だったので3人で探検することに。

3人のうち1人が帰らぬ人に・・・

屋敷の門は鎖で閉じられ“立ち入り禁止”と書かれていたので、生垣の隙間から潜り込みました。

 

生垣で囲われた庭は背丈を超える雑草で覆われ、鬱蒼(うっそう)とした感じ。

 

建物は一部が崩壊していて、今にも朽ち果てる寸前でした。

 

家の周囲をひと回りすると雨戸が外れている場所があり、そこから屋敷の中へ入りました。

 

カビ臭い室内。

 

腐った畳は底が抜けそうな程で、ゴミも散乱していました。

 

タンスがあったので何気なく開けて見たりしていると、奥の部屋からなにやら物音が・・・。

 

襖(ふすま)を開けると、中年の女性が座っていました。

 

その女性は汚れきったグレーの浴衣姿で、恐ろしい顔をしてこちらを睨んでいました。

 

敷かれた布団の上に座り、青白い顔で僕たちを睨み続けています。

 

僕は何故か、“殺される・・・”と思いました。

 

僕たちは「スイマセン!」と叫び、慌てて逃げ出しました。

 

表へ出ると、いつの間にか外は真っ暗に。

 

僕たちは各々一目散に家へ帰りました。

 

そして不思議な事に、探検に出発したのは昼飯を食べたすぐ後で、探検していたのはせいぜい十分くらい。

 

ところが、家に帰ると夜の八時を回っていました。

 

僕はたっぷり叱られました。

 

しばらくすると近所の悪ガキのお母さんが来て、「うちの子供が行方不明なのよ。知らないかしら?」と話しているのが聞こえました。

 

僕と従弟が事情を話すと、親たちは廃墟の屋敷へ捜しに行きました。

 

しかし、その屋敷には誰もおらず、その子も見つからないまま翌日になりました。

 

朝になってから警官がうちへ来て、色々と事情を訊かれたりしました。

 

そしてその日の午後、公園の池に沈んでいるのが発見されました。

 

夏休みが終わる頃、廃墟の屋敷は取り壊されました。

 

僕たちがあの時に見た中年の女性は一体何者で、そもそも時間が急激に進んだ事も理解出来ていません。

 

(終)

The post 悪ガキ仲間たちの「探検ごっこ」にて appeared first on 怖いもん通信.