弁当

コンビニ弁当は好き? 24時間営業の見直しに「殺す気か!?」の切実

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

ガッツリ系から、ヘルシーなものまで、今やさまざまなメニューがあるコンビニ弁当。

コンビニ各社が、工夫を凝らしたメニューの開発を競い合っていることもあり、どれにしようか迷うことも多いのではないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「コンビニ弁当が好き」か、意識調査を実施した。

■高年収はコンビニ弁当が好き

全体では「大好き」10.9%と「まあまあ好き」50.7%で「コンビニ弁当が好きな人」は過半数の61.6%、「あまり好きではない」29.0%と「嫌い」9.4%で「好きではない人」は4割弱の38.4%となった。

男女別では

「大好き」「まあまあ好き」の「コンビニおにぎりが好きな人」が、男性65.7%に対し、女性は57.5%で男性が8ポイント以上高い結果に。

また、場所によっては飲食店の価格帯が高めというケースもあり、コンビニ弁当を「ランチ代節約」に利用している人もいることから、年収別データを見てみると

意外にも、高年収の人のほうが「コンビニ弁当が好き」という傾向に。詳しく見ると「大好き」が最も多いのも、「1000万円以上」の21.6%となっている。

過去の調査でも、節約意識やコスパ意識が高いのは高年収者が多く、「コンビニスイーツが好き」も「1000万円以上」が最多だった。

 

■完全にライフライン

実際に「コンビニ弁当をよく食べる」という人に、話を聞いた。

「自炊するスキルも時間もないので、コンビニ弁当が多いですね。たまにしか作らないと、食材を買っても無駄にしちゃうからコスパも悪いし。忙しい時は、コンビニでササッとランチを買ってきて、デスクで食べられるのも助かります。

 

周りからは『飽きないの?』と言われるけど、都心部だと徒歩圏内に複数種類のコンビニがあるし、各社バリエーションが多いから全然飽きません。季節ごとに新商品も出るし、サラダや野菜メインの総菜や汁ものもあるので、かなり楽しめますよ」(20代・男性)

 

「残業が多いし、終電での帰宅だと近所に24時間営業のファミレスもないし、飲食店はほとんど閉まっているので、コンビニ弁当がなかったら生きていけないというか、自分にとってコンビニは完全にライフラインですね。

 

コンビニでも24時間営業の見直しなんて話が出ていますけど、個人的な意見としては『殺す気か!?』って感じですよ。

 

ただでさえ深夜だと、ホットスナック系がほぼ全滅だったり、入荷待ちのタイミングに当たってほとんど選択肢がない状態に陥ったり、切ない状況になることだってあるのに、コンビニ弁当さえ食べられないことになったら、24時間営業の飲食店が多い街を求めて引っ越しするしかありません」(30代・男性)

 

バリエーション豊富なお弁当はいろいろ選べて、新商品を試すのも楽しい。

また、残業で帰宅が遅いなど、さまざまな事情によってコンビニ弁当がライフラインになっている人にとっては、24時間営業の見直しは打撃が大きそう。

忙しい時のランチや空腹を抱えて疲れて帰る深夜、お腹を満たしてくれるコンビニ弁当の存在は、多くの人に大事な存在といえそうだ。

テンション下がる…お弁当に入れてほしくないものランキング

(chikaphotograph/iStock/Thinkstock)

秋の行楽や紅葉を見に行くときに持って行きたいお弁当。しらべぇ編集部が以前調査した、「お弁当に入っているとうれしいものランキング」では、卵焼きやから揚げなど、定番のおかずが上位にランクインした。

一方で、苦手な食材や、お弁当に入っていると、ちょっとテンションが落ちてしまうものはないだろうか。

編集部が全国20~60代の男女800名を対象に調査を実施。一般的なお弁当の中身19項目から「お弁当に入れてほしくないもの」について複数回答で選んでもらい、結果を元にランキングを作成、検証してみた。

 

■お弁当に入れてほしくないものランキング

ランキング1位は「焼き魚」(33.3%)。弁当のおかずでよく見かける鮭や鯖の塩焼きだが、骨をとるのが面倒だったり、独特の生臭さがあったりするためか、とくに女性からは不評だった。

2位は「漬物」(28.6%)。箸休めや彩りにちょうど良いものの、酸っぱい香りが苦手な人も多い。

3位も漬物の一種である「梅干し」(21.4%)が入る。弁当の中の抗菌作用を期待されている梅干しだが、2割を超えている。

漬物を選んだ人は女性に多い一方、梅干しを選んだ人の男女差はほとんどなかった。

 

■スパゲティはシニアに不人気

4位は「スパゲティ」(19.8%)。コンビニ弁当なら揚げ物や肉料理の下に敷いてあるイメージもあり、ナポリタンやサラダ風など、バリエーションは多い。60代では2位となり、年代が高いほど「入れないでほしい」と思う人が多くなっている。

5位は「煮物」(17.9%)。これからの季節ならカボチャの煮物もおいしそう。ただし、水分が出てしまうため、あまり喜ばれないようだ。

さらには、お弁当の定番でもあるいなり寿司やミートボールといった、意外なものもランクインしている。お弁当を作る側としては、残さず食べてもらえるとうれしいもの。普段の好き嫌いだけでなく、聞いてみたら意外なお弁当の中身が苦手だったなんてこともありそうだ。

・合わせて読みたい→コレが入っていたら嬉しい! 好きなお弁当の中身ランキング

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女800名(有効回答数)

大阪の『玉出』もビビるコスパ! 激安スーパー『マルサン』は弁当も250円

大阪を代表する激安スーパーマーケットといえば、『スーパー玉出』。

巻きずしが150円、オムライスも200円を切るとんでもない安さのスーパーだが、関東にもそれに負けない激安店が存在する。

 

■その激安スーパーとは…

それは、埼玉県にあるスーパーマーケット『マルサン』。あまりに安すぎるため平日でも客足が途切れないほど人気の店だ。

一般的なスーパーと異なり、賞品が段ボールに入ってそのままドドンと大量に置いてある。中には、ポテトチップスが39円とビビるほどの安さのものもあった。

 

■生鮮食品も激安

しかし、驚くのはまだはやい。マルサンで販売しているもので激安なのはお菓子類や保存のきく食品だけでなく、生鮮食品や弁当も激安なのだ。

たとえば超巨大なハンバーグやエビフライがはいった『まる弁特大弁当』は1パック500円。他にも、激安弁当が山ほどある。

おにぎりの海苔は「パリパリ」か「しっとり」か 過半数を獲得したのは…

(ziggy_mars/iStock/Thinkstock)

お弁当に持って行ったり、コンビニで買ったり…日本人にとって、身近なメニューである「おにぎり」。具材を入れたご飯を握って、海苔を巻くだけのシンプルなものだが、ついつい食べたくなってしまう。

そんなおにぎり、味の決め手になるのはやっぱり海苔だろう。巻きたてのパリパリがいいのか、水分を吸ってしっとりしているのがいいのか、意見が分かれるところ。

 

■パリパリ派が優勢?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「おにぎりの海苔」について調査したところ、「パリパリ派」がわずかに「しっとり派」を上回る結果に。

全体の55.7%の人が、パリパリ海苔を選んだのだ。

「パリパリとした食感が好き」(20代・男性)

 

「その場で海苔を巻いたほうが、なんか新鮮な感じがする」(30代・女性)

 

たしかに、しっとりとした海苔のおにぎりは「手作り」感があるかも。

 

■地域や年収で差が?

この「海苔」の好み、地域で差がでている。

東北・北関東はしっとり派、近畿と九州沖縄はパリパリ派。

「おにぎりの海苔は、味付け海苔しか認めない。関西の人はみんなそうじゃないかな? 食べるときに、両側に貼るのが一番好き。ちょっと浮いてくるのをパリパリ食べる」(20代・女性)

 

さらに、年収が高い人たちは「しっとり海苔」を好んでいるのだ。

たしかに、コンビニのちょっと高い具材のものや、専門店のおにぎりはしっとり海苔が主流。そんなおにぎりを日頃食べているであろう人たちからすると、「おにぎりはやっぱりしっとりしてるもの」なのかも。

「パリパリの海苔だとボロボロ落ちるし。しっとりしているもののほうが、『おにぎりを食べてる!』って気分になりますね」(60代・男性)

 

手作りのお弁当でもパリパリ海苔が楽しめるようなグッズや手法が話題になるなど、こだわる人も多いおにぎり。

旅行先のコンビニでおにぎりを見てみたら、いつもとは違うものが並んでいるかも。

・合わせて読みたい→その手で握ったのはムリ! 食べられなかった「おにぎり」3選

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)