役所広司

『陸王』胸くそ銀行員・大橋のツンデレな言葉に驚愕 「今回のMVP!」の声も

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

19日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第5話が放送された。幾多の困難を乗り越えながら、開発がさらに進んでいくオリジナルランニングシューズ「陸王」。

この日の放送では、竹内涼真演じる茂木がついに公式試合で「陸王」に足を通すことがわかった。

 

■これまでの『陸王』

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じている。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいている。

 

■職人がふたりも倒れ…「こはぜ屋」ピンチ

理想の「陸王」を目指して開発を続ける「こはぜ屋」。しかし開発資金がかさみ、宮沢の個人預金を当面の運転資金に使っている有様だ。

そんな中、宮沢はランキングシューズ作りで得た知見を足袋作りに応用することを思いつく。そしてうまれたのが「シルクレイ」を活かした足袋「足軽大将」。この商品は大きな反響を得て、すぐにヒット商品へと成長する。

しかし、両製品の開発を続ける中で職人たちに負担が。最年長の西井富久子(正司照枝)が心臓の持病を悪化させ、倒れてしまったのだ。

おまけに飯山が自身の会社を倒産させた際に損害を与えた金融業者の人間に襲われ、骨を折るなどの重傷を負ってしまう。

『陸王』竹内涼真の熱演に大感動! しなやかな脚に悶絶する女子続出

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

12日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第4話が放送された。新たな助っ人が加入することで、大きな一歩を踏み出すことになる「陸王」。

ケガに苦しむマラソンランナー・茂木(竹内涼真)の姿に、感動の声が殺到している。。

 

■これまでの『陸王』

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じている。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいている。

 

■茂木に訪れた選手生命の危機

紆余曲折を経て、ソールの素材に最適な硬さの「シルクレイ」開発を成功させた飯山と大地(山崎賢人)。しかし、新しく完成した「陸王」を茂木は受け取ろうとはしない。

というのも脚のケガの影響で不調が続いていた彼は、会社から競技からの引退と、社員としてキャリアを積み上げていくことを提案されていたのだ。

また、アトランティス日本支社の営業部長・小原(ピエール瀧)は茂木のことをぞんざいに扱い、「ケガが治ればサポート再開」という約束も、茂木と同じケガからトップレベルにまで復活した選手はいないという理由で反故にする。

『陸王』山崎賢人が魅せた! 父と息子の物語にネット民感涙

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

5日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第3話が放送された。先週に引き続き、今週も男たちの熱きドラマに感涙する声が広がっている。

 

■「シルクレイ」の硬さ調整に苦戦

宮沢(役所広司)の説得によって、オリジナルランニングシューズ「陸王」開発に必要なソール部分の素材「シルクレイ」を使用することができることになった「こはぜ屋」。

自身も開発チームに加わった飯山(寺尾聰)だったが、思わぬ苦戦を強いられることになる。「シルクレイ」の硬さをランニングシューズに適したレベルに調整することが難しかったのだ。飯山は宮沢の息子・大地(山崎賢人)を助手に、寝る間も惜しんで開発に没頭する。

そんな中、大地に二次面接通過の電話が。しかし、連日の徹夜作業で寝坊してしまい、面接を受けられないまま終わってしまう。この結果、自暴自棄になった大地。飯山に対して批判的な態度をとる。

しかし、そんな大地に対して宮沢は強く言ってしまったことを謝りつつ、彼を連れて深夜の工場に。すると、そこにはひとり実験を続ける飯山の姿があった。黙って格闘し続けるその背中に後押しされる形で、大地は再び実験に参加。

その後、宮沢が妻の美枝子(檀ふみ)に渡されたコーヒーが冷めて味が変わっていたことがひらめきにつながり、飯山と大地は無事、「陸王」のソールを完成させた。

 

■父と息子の物語にネット大感動

大地を思うがゆえに、これまで彼に強くあたってきた宮沢。大地もなにかにつけ反抗し、素直になれないでいた。

だからこそ今回の成功は親子の距離をグッと結びつけたと言えよう。ネット上でも……

「だいち、、、よくやった」役所広司と山崎賢人親子に泣いたー!2人のシーンほんっと好きだぁ。来週は新たな仲間が増えそうだし、あー待ち遠しい(^o^)#陸王

— じゃんぷ (@ringokomatsuna) November 5, 2017

オッサンとオッサン若者とオッサン父と息子

色んな男の友情が盛りだくさんで感動させてくるから心臓しんどい(笑)

そして、ここに茂木ちゃんと村野ちゃんが加入しちゃうんでしょ?

次回からブラジャー外して見ないとな(笑)#陸王

— てんこ (@d41Q39AOrSJdKyR) November 6, 2017

陸王。父と息子の関係をみてると、成程なって思う。こんな感じなんだね~

役所さんがかっこいい

— mari suzuki ❤︎ (@mari_suzuki_) November 5, 2017

と、「父と息子」の物語に感動の声が広がっている。

阿川佐和子や小藪一豊など、予想外なキャスティングが憎らしいほどうまくハマっている本作だが、ゲスト出演者もそれは同じなようだ。

『陸王』本物にしか見えない! 役所広司・寺尾聰の熱演に視聴者感動

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

29日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第2話が放送された。衆議院選挙の影響を受けて2週間ぶりの放送となった本作。待ちわびた視聴者を納得させる名シーン&熱演の数々が光った。

 

■「シルクレイ」開発者・飯山を説得へ

ランニングシューズ「陸王」の開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。しかし、その道は険しく、「実績がないこと」「ソール部分の耐久性が低いこと」が大きな懸念点だった。

そんな中、以前までの融資担当・坂本(風間俊介)が紹介してくれた「シルクレイ」という素材に宮沢は注目。これは繭を特殊な製法で加工した素材で、ランニングインストラクターの有村(光石研)も太鼓判を押す。

しかし、その特許を持つ飯山(寺尾聰)という男は少々厄介な人物だった。彼は2年前に自分の会社を倒産させてしまい消息不明に。以来、一発逆転を狙って高値で「シルクレイ」を売ることに固執していた。

年間5000万円の使用料を飯山に突きつけられた宮沢。もちろん到底払える金額ではなく、「誠意」を伝えることに。しかし、「シルクレイ」にはシカゴケミカルなど他の企業も注目しており、飯山は宮沢を雑にあしらい続ける。

だが、宮沢はそれでも諦めず、飯山を「こはぜ屋」に案内することに成功。これが功を奏し、不本意な生活の中で見失っていた情熱、モノ作りへの想いを飯山が取り戻し、「シルクレイ」の使用を許可するとともに、自身もプロジェクトチームに加わることになった。

 

■リアルすぎる演技に視聴者賞賛

優れた俳優たちが多く出演する本作だが、役所と寺尾の演技合戦はまさに「極上」の一言。ネット上でも「町工場の親父にしか見えなかった」「中小企業の経営者だった」などの声が相次いでいる。

録画していた陸王を観る。

役所広司と寺尾聰の演技の火花がバチバチと音を鳴らしていた。

もう、寺尾さんが町工場の親父にしか見えなかった。#陸王

— ねこはらさん (@sub_bibliomania) October 29, 2017

TBSドラマ「陸王」、大変よかった。潰れた町工場の社長、寺尾聰さんの演技が素晴らしかった。役所さんの中小企業の社長っぷりも自然過ぎて、もはや芸能人に見えない。

— 建築エコノミスト森山 (@mori_arch_econo) October 29, 2017

陸王2話目も感動した。ランニングシューズ開発の為の試行錯誤している、こはぜ屋。役所広司さんの演技は特に素晴らしい。惹きつけられる社長像だな。ランナーとして再起を図る竹内涼真も良い。身体的痛みもあるだろう苦悩の演技が身にしみる。#陸王

— ポコ (@shiro_peco) October 29, 2017

現実逃避でドラマ視聴。寺尾聡さんの演技が凄い。品や知性のかけらもない競艇場に年中いそうな立ち居振い。でも、職人気質ないい顔も見せてくれる。今回、役所広司さんは泣き虫の感激屋の社長。気晴らしになった。 早めに寝よう。 #陸王

— なっチョコジャムんちょ (@kaGk7ApEsn6tu3I) October 29, 2017

選挙のせいで2週間ぶり! まだ間に合うドラマ『陸王』ストーリーと見どころ

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

衆議院議員選挙の影響で一週間お休みとなったドラマ『陸王』(TBS系)が、今夜第2話の放送を迎える。

「しまった、先週見逃しちゃった!」という人もいるだろう。そんな人も、この記事を読めばまだ間に合うはずだ。

 

■これを読めばだいたいわかる第1話振り返り

物語の舞台は埼玉県にある足袋メーカー「こはぜ屋」。100年以上続く老舗企業だが、時代の変化で需要が減少し、四代目社長・宮沢(役所)は悩んでいた。

そんな彼に、埼玉中央銀行の融資担当・坂本(風間俊介)は新規事業を考えるよう提案。娘の茜(上白石萌音)に頼まれランニングシューズを購入しに行ったことがきっかけで、宮沢は足袋作りのノウハウを活かした、独自のランニングシューズ作りを思いつく。

苦労の結果、レース用や練習用としては耐久性が低いものの、「走り方の矯正」には十分な試作品『陸王』が完成。豊橋で行われたマラソン大会で脚をケガしてしまった、人気選手の茂木裕人(竹内涼真)に履いてもらおうと、宮沢はダイワ食品を尋ねる。

しかし、実績のないこはぜ屋の相手をしてくれる人は少なく、別に開催されたコンペでも、強豪かつ業界大手のアトランティス社に完敗する結果に。そこは、売上のことを考えるあまり選手の状態に気を配らない、小原(ピエール瀧)や佐山(小藪一豊)らがいた。

 

まだまだ奮闘中のこはぜ屋。財政状況は苦しく、あと少し傾けば社員のリストラも免れない状況だ。また、宮沢と息子の大地(山崎賢人)の関係性は決して良いものではない。

しかし、ラストでは茂木がシューズ『陸王』を手に取るシーンも見られ、未来への希望も見られた。

 

■第2話はどうなる?

初回からなんともエキサイティングだった『陸王』。第2話以降、どう展開していくのか? 公式サイトのあらすじを確認すると……

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。

 

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューで求められる耐久性は望めなかった。

 

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

 

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

 

かつて自身の会社を経営していた、優れた特許を持った曲者の人物が出て来る模様。まさに「池井戸潤テイスト」な展開だが、100年の伝統を持つ老舗企業は、どうやって気難しい飯山を口説いていくのか。

選挙のせいで2週間ぶり! まだ間に合うドラマ『陸王』ストーリーと見どころ

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

衆議院議員選挙の影響で一週間お休みとなったドラマ『陸王』(TBS系)が、今夜第2話の放送を迎える。

「しまった、先週見逃しちゃった!」という人もいるだろう。そんな人も、この記事を読めばまだ間に合うはずだ。

 

■これを読めばだいたいわかる第1話振り返り

物語の舞台は埼玉県にある足袋メーカー「こはぜ屋」。100年以上続く老舗企業だが、時代の変化で需要が減少し、四代目社長・宮沢(役所)は悩んでいた。

そんな彼に、埼玉中央銀行の融資担当・坂本(風間俊介)は新規事業を考えるよう提案。娘の茜(上白石萌音)に頼まれランニングシューズを購入しに行ったことがきっかけで、宮沢は足袋作りのノウハウを活かした、独自のランニングシューズ作りを思いつく。

苦労の結果、レース用や練習用としては耐久性が低いものの、「走り方の矯正」には十分な試作品『陸王』が完成。豊橋で行われたマラソン大会で脚をケガしてしまった、人気選手の茂木裕人(竹内涼真)に履いてもらおうと、宮沢はダイワ食品を尋ねる。

しかし、実績のないこはぜ屋の相手をしてくれる人は少なく、別に開催されたコンペでも、強豪かつ業界大手のアトランティス社に完敗する結果に。そこは、売上のことを考えるあまり選手の状態に気を配らない、小原(ピエール瀧)や佐山(小藪一豊)らがいた。

 

まだまだ奮闘中のこはぜ屋。財政状況は苦しく、あと少し傾けば社員のリストラも免れない状況だ。また、宮沢と息子の大地(山崎賢人)の関係性は決して良いものではない。

しかし、ラストでは茂木がシューズ『陸王』を手に取るシーンも見られ、未来への希望も見られた。

 

■第2話はどうなる?

初回からなんともエキサイティングだった『陸王』。第2話以降、どう展開していくのか? 公式サイトのあらすじを確認すると……

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。

 

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューで求められる耐久性は望めなかった。

 

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

 

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

 

かつて自身の会社を経営していた、優れた特許を持った曲者の人物が出て来る模様。まさに「池井戸潤テイスト」な展開だが、100年の伝統を持つ老舗企業は、どうやって気難しい飯山を口説いていくのか。

選挙のせいで2週間ぶり! まだ間に合うドラマ『陸王』ストーリーと見どころ

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

衆議院議員選挙の影響で一週間お休みとなったドラマ『陸王』(TBS系)が、今夜第2話の放送を迎える。

「しまった、先週見逃しちゃった!」という人もいるだろう。そんな人も、この記事を読めばまだ間に合うはずだ。

 

■これを読めばだいたいわかる第1話振り返り

物語の舞台は埼玉県にある足袋メーカー「こはぜ屋」。100年以上続く老舗企業だが、時代の変化で需要が減少し、四代目社長・宮沢(役所)は悩んでいた。

そんな彼に、埼玉中央銀行の融資担当・坂本(風間俊介)は新規事業を考えるよう提案。娘の茜(上白石萌音)に頼まれランニングシューズを購入しに行ったことがきっかけで、宮沢は足袋作りのノウハウを活かした、独自のランニングシューズ作りを思いつく。

苦労の結果、レース用や練習用としては耐久性が低いものの、「走り方の矯正」には十分な試作品『陸王』が完成。豊橋で行われたマラソン大会で脚をケガしてしまった、人気選手の茂木裕人(竹内涼真)に履いてもらおうと、宮沢はダイワ食品を尋ねる。

しかし、実績のないこはぜ屋の相手をしてくれる人は少なく、別に開催されたコンペでも、強豪かつ業界大手のアトランティス社に完敗する結果に。そこは、売上のことを考えるあまり選手の状態に気を配らない、小原(ピエール瀧)や佐山(小藪一豊)らがいた。

 

まだまだ奮闘中のこはぜ屋。財政状況は苦しく、あと少し傾けば社員のリストラも免れない状況だ。また、宮沢と息子の大地(山崎賢人)の関係性は決して良いものではない。

しかし、ラストでは茂木がシューズ『陸王』を手に取るシーンも見られ、未来への希望も見られた。

 

■第2話はどうなる?

初回からなんともエキサイティングだった『陸王』。第2話以降、どう展開していくのか? 公式サイトのあらすじを確認すると……

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。

 

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューで求められる耐久性は望めなかった。

 

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

 

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

 

かつて自身の会社を経営していた、優れた特許を持った曲者の人物が出て来る模様。まさに「池井戸潤テイスト」な展開だが、100年の伝統を持つ老舗企業は、どうやって気難しい飯山を口説いていくのか。

『陸王』竹内涼真を超えた? 銀行マン役・風間俊介の熱演に感動続出

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

15日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の初回が放送された。役所広司、竹内涼真、山崎賢人など豪華俳優陣が出演することで、放送前から大きく話題となっていた本作だが、その内容は期待を超えるものだったようだ。

 

■「足袋」の老舗が「スニーカー」に再起をかける

このドラマは、『半沢直樹』シリーズや『下町ロケット』などで知られる人気作家・池井戸潤の小説を映像化した作品。

物語の舞台は埼玉県にある足袋メーカー「こはぜ屋」。100年以上続く老舗企業だが、時代の変化で需要が減少し、四代目社長・宮沢(役所)は悩んでいた。

そんな折、得意先のデパートから売り場面積の削減を突きつけられ、宮沢は会社が危機に直面していることを、否が応でも感じざるを得なくなる。

すると、埼玉中央銀行の融資担当・坂本(風間俊介)が新規事業を考えるよう提言。宮沢は、娘の茜(上白石萌音)に頼まれスニーカーを購入しに行ったことがきっかけで、足袋作りのノウハウを活かした、独自のスニーカー作りを思いつく。

 

■「ミドルフット走法」に足袋は最適

その後、スポーツショップ経営者の有村(光石研)から、足袋はケガになりいくいランニングフォームである「ミドルフット走法」に適していることを聞くことに。

確信を深めた宮沢は、従業員らの協力を受け、レース用や練習用としては耐久性に乏しいものの、走り方を矯正するのには十分な試作品を完成させることに成功する。

しかし、実績のないこはぜ屋のランニングシューズをきちんと見てくれる人は少なく、訪れたダイワ食品では門前払い。別のコンペでも、強豪のアトランティス社に完敗する結果となった。

だが、宮沢の想いは少しずつ届いていく模様。第一話のラストシーンでは、ダイワ食品のランナー・茂木裕人(竹内)がこはぜ屋のランニングシューズを手に取るシーンが登場した。

彼は箱根駅伝で活躍した、人気のランナー。愛知県豊橋市で行われた大会では終盤まで1位で好走するものの、走法に問題を抱えていた結果、脚をケガしてしまっていた。

『陸王』竹内涼真の真剣なまなざしに反響 「イイ男すぎる」と悶絶

(画像はTwitterのスクリーンショット)

連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)や『過保護のカホコ』(日本テレビ系)に出演し、目下大ブレイク中の俳優、竹内涼真。

かわいらしい顔立ちとは裏腹に、高校時代はプロサッカー選手を目指していたというギャップも魅力のひとつだ。

そんな中、10月開始のドラマ『陸王』(TBS系)公式SNSの投稿が注目を集めている。

 

■真剣なまなざしで見つめる先は…

午後は陸上競技場。そこにいるのは茂木役の涼真くん。真剣な眼差しで話を聞いている相手は…近々で発表します#陸王 #竹内涼真 #山﨑賢人 #陸上競技場 pic.twitter.com/LsSvC6h6my

— TBS『陸王』竹内涼真、音尾琢真イン❗ (@rikuou_tbs) September 14, 2017

14日の投稿。陸上競技場での撮影のオフショットで、竹内は真剣なまなざしで誰かの話を聞いているそう。ハッシュタグから推測すると、共演者の山崎賢人なのだろうか。

バラエティ番組出演時は親しみやすい一面も見せている竹内だが、さすがはバリバリの体育会系。真剣な表情は、アスリートのそれである。

 

■「ユニフォーム似合ってる」「はじめくんと違う」

この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

・真剣な表情の涼真君もカッコいいです

 

・素敵 格好いい! ユニフォーム似合い過ぎる

 

・まだまだ、昨日の麦野初くんを引きずっていましたが、涼真くんは、もうすっかり「陸王」の茂木くんなのですね、いかん、ついていかねば

 

・ちゃんとはじめくんとはイメージ違ってる

 

・女の子かな、、笑

 

■池井戸潤ドラマのファンは多い

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では、「池井戸潤原作のドラマが好き」と答えた人は、全体の28%。一見少ないようにも思えるが、二桁代の数字をとればヒット作品とみなされる昨今のドラマの世界では、かなりの固定ファンがいると言っていいだろう。

骨太な池井戸ドラマで、俳優としてどんな活躍を見せるのか。彼のさらなるステップアップが楽しみだ。

・合わせて読みたい→『カホコ』ハッピーエンドに「おめでとう」の声とキスシーンに…

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)