「体罰」か「指導」かを巡って論争が繰り広げられている、世界的なジャズトランペット奏者・日野皓正(74)による中学生への往復ビンタ問題。

4日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)でマツコ・デラックス(44)が展開した持論に、賛同の声が寄せられている。

 

■ビンタ問題のおさらい

問題となったのは、世田谷区教育委員会主催のコンサートでの一幕。公募で集まった中学生に日野らが4ヶ月指導、その集大成を披露する場でのことだ。

他の生徒に回さなければならないソロパートを独占した、ドラム担当の中学生に対し、日野は激昂。髪を掴み往復ビンタをする日野に「行き過ぎた指導では?」と批判が集まっていた。

騒動後、日野は「行き過ぎたことは謝る」と非を認めた。生徒の親は「息子が悪い」と謝罪、生徒も「(日野さんには)愛があった」と自身の行動を反省し、当事者同士で問題は解決している。

 

■教育委員会が問題?

株式トレーダーの若林史江(39)は、当事者間で問題が解決、テレビで騒ぐことではないと前置きし、「その後のケア、ベースに愛があるかが重要」と語る。

マツコは「そもそも、各市区町村の教育委員会がジャズを指導する必要がない。ジャズみたいな自由なものを、わざわざ教えるのが素っ頓狂」と持論を展開。

「教育委員会がやるなら(専門の)教育者をつけるべき、日野さんは教育者ではない。スパルタの中から世界的なトランペッターになった方に、教育委員会的な指導方法をやってくれっていうのも違う」

 

など、教育委員会側の不手際を厳しく批判した。