恋人

彼氏より高スペックな男性から言い寄られたら? 女子のリアルな本音は…

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

恋人を選ぶ尺度は人それぞれ。しかし、交際中の相手よりもより魅力的な異性からアプローチを受けたら…?

そんな悩みに直面している女性からのトピックが、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に投稿され、話題となっている。

 

■彼氏より高スペックな男性からのアタック

投稿者は、職場関係の男性からアプローチを受けているという女性。交際中の彼氏がいるため、その男性からの告白は断ったのだそう。しかし、こういった経験は初めてだったようで「正直嬉しい」と率直な気持ちを吐露。

お断りをしたものの、言い寄ってきた男性はタイプのルックスに加え安定した収入を得ている、彼氏よりも高スペックな男性。そのため、「もしこの人と交際したら…」とつい思ってしまうことがあるという。

 

■女子たちの本音は「キープ」

「皆さんならどうしますか?」との投稿者からの問いかけに対し、多くのユーザーからコメントが寄せられている。

・とりあえずモンスターボールを投げる

 

・縁は切らないようにする。 その結果、キープしていた人と結婚するなんてことが世の中にはあるんですよ、ええ

 

・ちょっと食事してみるかも 。意外な本性がわかるかもしれないし

 

・いい相談相手、時々ご飯に行く仲にはなっておく

 

彼氏のことを思いつつも、心が若干揺れている投稿者の心情を察し、「バッサリ振ってしまうのではなく、適度な距離感を保ってみたらどうか」という意見が多くの共感を得ている。

しかし、これは「独身」に限ってのことであり、「結婚していたら話は別」と厳しい指摘も。

 

■5人に1人が「二股経験アリ」

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,361名を対象に「二股の経験」について調査を実施したところ、「経験アリ」と回答した人は全体で19.4%。およそ「5人に1人」という割合となった。

多くの人は堅実な交際をしているようだが、今回意見に上がったような「キープ」の段階で留めている人を含めると、もう少し割合が変わってきそうだ。

心は揺れたものの、堅実な選択をした投稿者。しかし「一度食事してみてもよかったのでは?」との声もあり、こういったシチュエーションに遭遇した場合には、第三者の意見を求めるのも得策と言えるだろう。

にゃんこスター・スーパー3助がアンゴラ村長の両親に対面 まさかの大ウソに驚愕

(画像はTwitterのスクリーンショット)

『キングオブコント2017』(TBS系)をきっかけに、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで大ブレイク中のにゃんこスター。恋人同士としても知られているが、交際報道が出るまでは周りにもその事実を隠しにしてきたよう。それは、恋人の両親でさえも例外ではないようだ。

12日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でのスーパー3助(34)のウソが話題を呼んでいる。

 

■アンゴラの父親にウソ

番組では交際報道が出る直前の、アンゴラ村長(23)のお宅訪問ロケを放送。アンゴラの父親から「彼氏じゃないですよね?」と聞かれた3助は「彼氏じゃないです」と苦笑いでウソをついた。

さらに、アンゴラの父親は3助について「もっとネガティブで暗い方だと思ったけど、思ったより良い方だった」と褒めるも、すかさず「彼氏じゃないですもんね?」と再度質問をした。3助はまたもや「彼氏じゃないです」と二度目のウソをつくことに。

 

■交際発覚後に電話で話すと…

そしてアンゴラの父親から「努力することを忘れずに、3助さんと力を合わせ歩んでほしいと思います」との手紙も読まれ、ロケは感動の内容となった。

アンゴラはロケを振り返り「後ろめたい事をなくすために告白しに行ったのに、1個後ろめたいことを産み落として帰ってきた」と語る。その後、アンゴラは交際報道が出て改めて父親と電話をしたところ「ありゃま」と言っていたことも明かした。

「お腹を殴ってくる彼氏」に悩む女性 その理由に「早く別れろ」の声も

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

交際経験が少ない女性の中には、男性からの非常識な行動にも中々強く意見を言えない人も少なくない。

このことについて、女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』でのとあるトピックが話題になっている。

 

■お腹を殴ってくる彼氏

大学を卒業したばかりで新社会人の女性投稿者。会社の先輩男性と2ヶ月交際しているのだが、男性と付き合うのは初めてということもあり、接し方がよくわからないとのこと。

また、夜の営みについても「そんな簡単にデキないから。デキてもお腹を軽く殴ったら終わり」と言われ、ホテルを出る前にを軽く殴ってくるという。殴ったあとはキスをして抱きしめて、「痛くなかった?」と気遣ってくるよう。

そのこともあり、別れを決意した投稿者。しかし、彼に対して強く言えないため、掲示板に相談したようだ。

 

■「早く別れるべき」の声

投稿を受け、「彼とは早く別れるべき」と怒りの声が。やはり投稿者の恋人の行動は異常といえるようで、ネット民からも「暴力がエスカレートする前に別れる」「命に危険がおよぶ」とのアドバイスがあがった。

・別れる一択 腹殴ったら避妊になるってか。情報が豊富なこの時代にさ。ご両親や友人にも同じことを相談してごらん? あなたのご両親は彼を許さないし、友人は別れてって言うよきっと

 

・それって、簡単に貴女の命を粗末に出来るということですよ。 怖い人です。愛情など微塵もなく、独占欲だけありそうな。キッパリ別れないと、いつか大きな傷を体や心に負うことになります

 

・怖い、怖い、怖い。早くその彼と別れて! ダメだよ、その人と付き合ってたら。会社の先輩って事は会わないという訳にはいかないだろうから、もう仕事の関わりだけにして

「恋人が途切れたことない」と語る女性 「彼氏がいないと物足りない」に賛否の声

(©ぱくたそ)

恋人がいたかと思えばすぐ別れ、気づけばまた新しい恋人が…。そんな「恋人が途切れない人」が周りにいないだろうか。なぜそんなにもモテるのか、という謎もあるが、恋人ナシの時期を楽しまないのか、との疑問もあるだろう。

この問題について、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』でのとあるトピックが話題になっている。

 

■彼氏が途切れたことのない女性

「ひとりが苦手」と語る女性の投稿者。誰彼かまわず付き合っているわけではないが、彼氏がいないと生活が物足りなく感じるのだという。これまで彼氏が途切れたことがほとんどないと明かし、最長記録は受験時期の6ヶ月とのこと。

投稿者は「彼氏が途切れない人、途切れさせたくない人はいますか?」と悩みを訴えた。

 

■「彼氏います」と返したいという女性も

投稿を受け、「私がそのタイプ」「友人にいた」との声が数多くあがった。単純にモテる場合もあれば、次の相手が見つかってから別れるなど用意周到なパターンもあるようだ。

中には「彼氏がいる=ステータス」のように考えている意見もみられた。

・18歳から切れたことがありません。でもそれが良いわけではないとは気がついています

 

・私じゃないけど知り合いにいる。次を見つけてからじゃないと別れないから結果途切れない

 

・私は13歳からほとんど途切れたことがありません。長くて半年くらいだと思います。男好きで好奇心旺盛なんじゃないかと。あとはちょうどいいブスです

 

・アラサーで彼氏が居ないとか恥ずかしい 人に聞かれたときに「彼氏は居ます」と返したいから

チュート徳井「恋人に合鍵は絶対渡さない」発言 その理由に共感の声が続出

(画像はInstagramのスクリーンショット)

お笑い界きってのイケメン芸人・チュートリアルの徳井義実(42)。そのルックスから「モテ男」のイメージもある徳井だが、一方で独身生活が長いがゆえか恋愛観がこじれているとの声も。

1日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で明かされた、徳井の恋愛事情が話題になっている。

 

■恋人には合鍵を渡したくない

番組では恋人に合鍵を渡すかどうかについてトーク。その中でHKT48・指原莉乃(24)が「付き合ってるのに合鍵を渡さない場合ってあるんですか?」と言うと、すかさず徳井は「あるよ、絶対イヤやもん」ときっぱりと断言した。

「なんで、なんで?」と疑問の指原に「なんで渡さなあかんねん、鍵なんて」と笑いながら答え、それでも納得がいかない指原に「鍵なんか絶対渡さへんからな!」と大声をあげた徳井。その理由について、恋人が合鍵を持ったことで心にもグイグイと入ってくるのがイヤだとし、「家の鍵は心の鍵」と訴えた。

さらに、合鍵を渡したほうが楽という状況でも、「渡したらあかん。返しよらへんから、あいつらは」と絶対に渡さないという。一度でも鍵を渡すと、「返して」が言いづらいことから気をつけているようだ。

 

■ネット民からも共感の声

徳井の「合鍵渡さない」発言に、ネット民からも共感の声が。

家の鍵は心の鍵いただきました#今夜くらべてみました

— 時★シラズ達心志ver (@nishitoshi19820) November 1, 2017

付き合っても鍵渡すのは嫌だ。ってか合鍵って普通なの? #今夜くらべてみました

— ERINA (@erina812002) November 1, 2017

徳井めっちゃ分かる!鍵なんか絶対渡さへんw #今夜くらべてみました

— あっし (@asdkusk) November 1, 2017

過去の恋愛を暴露しまくり!「#元カレ元カノを思い出してツイート」が面白い

元カレや元カノにまつわる“すったもんだ的”あれこれを思い出し、ここぞとばかりにツイートするハッシュタグ「#元カレ元カノを思い出してツイート」。これが「やばい!面白すぎる!」「なんなの…このハッシュタグ。面白すぎて勉強できない」とTwitterを中心に話題沸騰!多くの人々を笑いの渦に巻き込んでいたので

男と女でどう違う? パートナーの行動に愛が冷める瞬間

気がつけば、紅葉シーズン。カップルたちは、お出かけする機会が増える時期でもあります。

でも、そんな時に怖いのが…「喧嘩」。私は、喧嘩すると言い過ぎて後悔しちゃうタイプ、中村愛でーす。

喧嘩から、彼氏に急に冷められるなんてことも、過去に経験があり…。

そんな風には、みなさんにはなってもらいたくないとの思いを込めて、しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,349名を対象に、パートナーに冷める瞬間はどんな時か、調査を実施。

「怒ってばかりの時」「言葉遣いが悪い時」「ダラシない格好ばかりの時」「束縛が激しい時」「嘘をつかれた時」「ネガティヴ発言ばかりの時」「悪口や愚痴ばかりの時」の7つから1番冷めるものを選んでもらいました。

 

■女性がパートナーに冷める瞬間

“悪口”や“愚痴”ばっかりだと、冷めてしまう女性が多いことがわかりました。

 

■女性が悪口&愚痴を言うパートナーに冷める理由

・たまにだったら許せるけど、毎回誰かの悪口や愚痴を言っていると、本人に直接言えない彼氏にうんざりしてしまうから。それに、そんな話を聞いても楽しくないから。(30代女性・経理)

 

・聞いているこっちがストレス溜まって仕方がないし、悪口で盛り上がる人間にはなりたくないから。(40代女性・美容)

 

・彼の悪口や愚痴を聞いていたら、彼自身が「プライドが高い」ことや「仕事ができない人だ」ということに気付いてしまったので。(20代女性・事務)

 

納得できる理由ばかりでしたが、年齢別では少し結果が違っています。

20代では第1位が「怒ってばかりの姿」、第2位は「束縛」となっています。

 

■男性がパートナーに冷める瞬間

では、逆に男性が冷める瞬間はどんな時なのでしょう。

第1位は「悪口や愚痴ばかりの時」。まさかの、男女ともに変わらない結果になりました。

ただ、女性の冷める瞬間で第6位となった「ダラシない格好ばかりの時」という理由が、男性の冷める瞬間は第3位までランクアップしています。

一緒に住み始めたりすると、どうしてもダラシなくなってしまうかもしれませんが、女性はいつまでも隠し通した方が良いのかもしれません。

恋を終わらせないためにも、相手から冷められないように努力していきましょう。

 

恋が冷める瞬間も、数字で出来ている。

・合わせて読みたい→彼や彼女の経験人数の理想は何人? 男女で全く違う結果に

(文/ゲスドル・中村愛

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

野呂佳代がSNSで彼氏自慢するタレントを暴露 バカリズムも「気色悪い」と苦言

©AbemaTV

SNSで彼氏の存在をそれとなくアピールする「匂わせ女子」に遭遇したことはないだろうか。「素直に言えばいいのに」とツッコミを入れたことがある人もいるだろう。

この匂わせ女子について、20日放送の『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)でのタレント・野呂佳代(33)の発言が話題になっている。

 

■菊地亜美は匂わせ女子?

番組では、SNSで彼氏の存在を匂わせる投稿をする女子がイライラとするとの、一般視聴者たちの鬼ギレを紹介。体半分だけ写ったり、テーブルの向こう側にいたりと、さまざまな手法で彼氏アピールをする女性がいるようだ。

この声を受けて野呂は、「彼氏がいることは世間にバレているけど、インスタでは匂わせている人がいる」として、タレント・菊地亜美(27)の名前を挙げる。菊地といえば、写真週刊誌に5歳上の会社役員との熱愛が報じられていた。

野呂は、菊地の旅行でのインスタ投稿を挙げ、「完全に左の肩が男性の半袖なんですよ」と暴露。さらに、投稿コメントでもそのことに触れていないとし、完全なる「匂わせ女子」だと指摘した。

 

■バカリズムがバッサリ

野呂の暴露を受け、MCのバカリズム(41)は「うわ〜ダセェ」とバッサリ。「(写っている彼氏が)ガッツリだったらいいじゃないですか。とか、『彼氏と一緒にいる』って言っちゃえばいいけど…」とコメントし、あくまでも匂わせている菊地を「気色悪い、アイツ。ダセェ」と批判した。

さらに、そういった投稿に「コメントしないんですか?」と聞かれた野呂が「『いいね』とかは押しますけど…」と言うと、バカリズムは「何が『いいね』だよ、よかねえよ!」とツッコミを入れ、スタジオの笑いを誘った。

 

■「リア充写真に不快」が4割

SNSでの「彼氏いるアピール」や「間接自慢」などの「リア充写真」にイライラしている人は少なくないだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代のSNSユーザーの男女517名に「リア充写真」について調査したところ、約4割が「不快に思う」と回答した。

中でも2、30代にその傾向が強いようだ。SNSに触れ合う時間が長いことも影響しているだろう。

 

匂わせ女子たちの行動にイラッとしている人たちは少なくないよう。好感度のことを考えれば、ハッキリと言ったほうが周りとも良好な関係が築けるのかもしれない。

・合わせて読みたい→菊地亜美がイケメン彼氏とラブラブをアピール 「幸せわけてほしい」の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代〜60代のSNSユーザー517名(有効回答数)