恐怖体験

登校しなくなったクラスメートの家にて

 

俺が小学5年生だった頃の話。

 

夏休みが終わってから、同じクラスに登校しなくなった女子(A子)がいて、まるっきり顔を見なくなった。

 

「新しい教科書を渡してほしい」という名目で、集団登校が一緒だった俺に白羽の矢が立った。

 

要は、「ちょっと様子を見て来い」という事だったんだと思う。

 

もう夏が終わりかけていたので、涼しい風が吹いていた。

 

A子は以前から割と控えめで、それまで一緒に遊んだりしたことがなかった。

 

あまり目立たない感じではあったが、イジメを受けているわけでもなく、友達を作るぐらいの要領は持っているような静かなタイプの女子だった。

 

貧乏でもないし、特別裕福というわけでもない。

 

2階建ての家に住んでいて、ちゃんとした両親もいる。

 

不登校になるような原因は思い当たらなかった。

忘れられない恐怖体験をすることに

A子の家の呼鈴を押す。

 

少ししてドアが軋んだ。

 

ドアの覗き窓から誰かが俺を見ているのだ。

 

その時間が異常に長かった。

 

少なくとも1分以上は見られていた気がする。

 

視線のやり場に困って右の方を見ると、犬が夏バテでもしているのか、ぐったりと地面に寝そべっていた。

 

体も顔もピクリとも動かないが、ギラギラした目だけが俺をずっと見ていた。

 

犬から目を離せずにいるとドアが少し開き、A子が「ああ、○○くん。待たせちゃってごめんなさい。今、お料理してたの」と笑顔を見せた。

 

ドアの気配からして、ずっと覗き窓から俺を見ていたのはA子だったはずだ。

 

想像していたよりA子は元気そうだった。

 

普段より活気を感じさせるほどの様子に少し安心して、事情を話し教科書を渡して帰ろうとすると、「せっかくだから上がっていって」と強く引き留められた。

 

「今、私一人しか居なくて暇してたの」と彼女は言って俺の手を取った。

 

家の中は玄関を入って目の前に階段がある間取りで、2階の辺りから階段を照らす明かり以外は全て落とされて真っ暗だった。

 

他人の家の匂いというのは大体にして違和感を感じるものだけど、A子の家のそれは何か異質な感じがした。

 

家の匂いに混じって、ほのかに便所のような臭気があった。

 

2階のA子の部屋も、同様に明かりが点いていない状態だった。

 

ただ、ゲームの途中と思われるテレビの明かりだけが煌々と部屋の中を照らしていた。

 

嫌な汗が流れるのを感じた。

 

A子が不登校になったのは、精神的に何か異常をきたしつつあるからなのではないだろうか。

 

連れられて部屋に入るなり、横から「よぉ!」と声をかけられ、飛び上がって確認するとA子の兄だという。

 

テレビの光でようやく顔が見えた。

 

A子の家は電気を落とした部屋に居るのが常態化しているのだろうか。

 

さっき、A子は「一人だ」と言ってはいなかったか?

 

あまり深く考えたくはなかったので勧められるままにA子とゲームをしていると、兄が「喉が渇いた」と言ってオロナミンCを3人分とお菓子を持ってきた。

 

口を付けると生温かった。

 

それに、何やらしょっぱい。

 

味も違うし、嫌な臭いがする。

 

ふと横を見ると、何故かA子も兄もゲーム画面そっちのけで俺の顔をじっと見ていた。

 

「まさかと思うけど、これ小便じゃないよね?」と問いただすと、兄は「小便なわけないだろう」と驚いたように大声で否定した。

 

その直後、階段の辺りだろうか、おばさんのものらしき大きな笑い声が一秒ほどして不自然にピタっと止んだ。

 

笑った口を手で抑えたみたいに。

 

A子はずっと俺の顔を見ていた。

 

テレビの光に照らされて反面しか見えなかったが、ニヤニヤしているのは分かった。

 

お菓子をよく見ると、ガムの包装紙が明らかに一度開かれてバレないように戻されている。

 

ここに至り、俺の頭は「この家に長居したくない」という感情で一杯になり、トイレを借りるという口実を作って部屋から脱出した。

 

階段には誰も居らず、階段の明かりも点ったままだった。

 

出来るだけ自然な様子で、「そのままこの家から出て行ってしまおう」という腹づもりで階段を下りて玄関に到着した。

 

真っ暗で何も分からない。

 

壁際のスイッチを押し込むと、明かりが点いた。

 

いつの間にかドアに鍵が掛かっている。

 

後ろが気になって振り向こうとして、部分的に明かりに照らされた真っ暗なリビングが視界に入った。

 

そこには、イスに座ったおばさん(おそらく母親)が居て、ニヤニヤしながらこちらを見ていた。

 

床には無数のビンが並んでいたが、中身は黄色い液体の入った何かだった。

 

おばさんが立ち上がる。

 

2階の方からも床が軋む音がした。

 

生きた心地がせず、靴を手に持って玄関から飛び出した。

 

犬が狂ったように俺に吠えかかったが、そんなものを気にしている場合ではない。

 

走り去る途中で、A子の家の方を振り返った。

 

おばさんは追っては来なかったが、2階の窓から逆光になったA子と兄らしき影が並んでこちらを見ていた。

 

先生にはA子は案外元気だったとだけ報告し、それ以外のことは誰にも口外しなかった。

 

A子はそれ以降も学校には登校しなかった。

 

(終)

The post 登校しなくなったクラスメートの家にて appeared first on 怖いもん通信.

中学の時にあった恐怖体験 2/2

前回までの話はこちら

彼女が言うには、それから立て続けに怖い体験をするようになったので、それを猫の霊の仕業だと考え、それらしいような噂が立っていた私に猫の霊を押し付けようとしたのだそうです。

 

そして、「酷いことをしたのは謝るから一緒にお祓いに来てほしい」と言われました。

 

自分だけが受けるべき呪いが、私にも降りかかっていたら申し訳ないからと。

 

私は気になって、「怖い体験って?」と訊いてしまいました。

 

香川さんは怯えたように私にくっ付きながら話してくれました。

香川さんの身に起きた恐怖体験

「ミイの首が足にぶつかるの。歩いてて何か蹴ったなと思って下を見ると、それがミイの頭なの。見ないようにしてどんどん歩いても、何度も何度も蹴る。踏んだりして段々その形が変わっていくのが分かる」

 

「寝てる時、暖かいものが布団に入ってくるの。ああミイだな、と思って抱きしめるんだけど、あれ、ミイって私が殺したのに・・・って気づくでしょ。そうするといきなりそれが冷たくなってベチョベチョした感触になる。驚いて飛び起きたら、もういないの」

 

彼女の話は大体こんな感じでした。

 

聞いているだけで寒気がしたのを覚えています。

 

それで、「私はそんなこと一切無かったよ。香川さんはまだそんな風なの?」と、また訊くと、彼女は「腕に毛が生えてきた」と言います。

 

「猫の毛なの。だんだん増えてくる。それで、ひげも生えてきた。昨日からは、耳も生えてきたの!見てよ、この耳!見てよ!」

 

香川さんが興奮して帽子を外したので、私は半信半疑で立ち上がって彼女の頭を見てみました。

 

が、猫の耳なんてもちろんどこにもありません。

 

「無いよ」と告げると、彼女は怒ったように「あるはずだ!あるはずだ!」と怒鳴るので、私は気味悪くなりました。

 

「それじゃあ、ひげも見せてみてよ」と、湿布を剥がそうとすると、香川さんは打って変わって弱気になり、「お願い、それはやめて」と、メソメソしながら拒みました。

 

私はそこですっかり、『香川さんはおかしくなってしまったんだ』という結論に至って、「夜も遅いからもう帰ろう」と言いました。

 

香川さんが「お祓いの件は約束してほしい」と言うので、「いいよ、一緒に行こうね」と慰めてあげました。

 

すると突然、香川さんが頬に唇を付けてきて、目元を舐められました。

 

正直気持ち悪かったのですが、もう私も疲れ切っていたので軽く振り払って二人で歩き出しました。

 

香川さんはまた帽子を目深に被っていました。

 

しばらく歩いていると、香川さんがいきなり立ち止まりました。

 

数メートル先に行っても付いて来ないので、振り向いて名前を呼ぶと、じっと俯いたままでした。

 

そして、モジモジと足を動かすような動作をしました。

 

「しつこい!」と、突然香川さんが怒鳴りました。

 

下を向いたままで。

 

私は何か悪いことを言ったかと思い、彼女に謝ろうとしました。

 

「ミイ!しつこい!」

 

ミイというのは香川さんの飼い猫の名前だったのですが、香川さんはしきりに「ミイ!しつこい!」とばかり叫んで足を小さく動かしています。

 

それが何かを突くような仕草だと気づいて、『もしかして香川さんには今あそこにミイの頭が見えているんだろうか』と思いに至りました。

 

無論、地面には何も落ちていません。

 

「香川さん、そこには何もないよ?」と言っても香川さんは興奮したままで、「しつこい、しつこい、しつこい!!!」と大きく足を振り、その“何か”を蹴るような動作をしました。

 

と、その時・・・ガン!と、何かが私の足に勢いよくぶつかりました。

 

気のせいなどでは済まされない感触で、何か小ぶりのボール大のものがぶつかって跳ね返っていったのが分かりました。

 

香川さんは顔を上げていて、私の足にぶつかって跳ね返ったものが転がっていっただろう辺りを目で追っていました。

 

しかし、やっぱりそこには何も見えません。

 

何が起こったのか分からないでいるうちに、香川さんはハッとした感じで私を見ると、「ごめんね」と真っ青な顔で言いました。

 

直後、私は信じられないほどの恐怖にかられて、彼女を置いて家まで逃げ帰りました。

 

家では、遅くなった私を家族が心配して待っていました。

 

母親に「顔色が悪い」と言われてすぐ風呂に入らされ、一人で湯につかった後、洗い場でふくらはぎを見ると大きな青アザが出来ていました。

 

怖くてすぐ布団に入ったのですが、急に熱を出して家族に看病されました。

 

次の日、熱はすぐに下がったのですが、具合が悪いと言って学校を休みました。

 

休日を挟んで月曜日。

 

学校へ行くと、クラスの子が三人ほど私に謝ってきました。

 

面食らっていると、なんでも私が初めて学校を休んだので、無視やいじめの度が過ぎたのだと思い込んだようです。

 

その子たちを見て、結局クラスのほとんど全員が私に謝罪してきました。

 

香川さんは来ていませんでした。

 

それからも二週間ほど香川さんの姿を見ることはなく、学校にも登校しないまま、いつの間にか席も無くなったようでした。

 

お祓いどうこうの話も、そのまま無くなりました。

 

ただ、足に出来た青アザは、その後も二年間ほど残り、それを見る度に私はミイの話を思い出して気持ちが悪くなりました。

 

猫に関する恐怖体験は幸いにも特に無かったこと、中学を卒業する頃にはアザもすっかり綺麗に消えたことが救いでした。

 

香川さんのおかげと言っては何ですが、それからは私も学校で友達を作れるようになりました。

 

彼女にこれ以上関わりたいとは思わなかったので、香川さんがその後どうなったかは知りません。

 

(終)

The post 中学の時にあった恐怖体験 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

中学の時にあった恐怖体験 1/2

 

最近、久しぶりに霊体験のようなものをして、中学生の頃にあった怖い体験を思い出しました。

 

何年も前、家から近い私立の女子校に進学しました。

 

中学一年生だった時、小学校が一緒だった子がいなかったのに加え、入学してすぐに変な噂を流されてしまって、私はクラスで孤立していました。

 

噂の内容は詳しくは教えてもらえなかったのですが、「猫を生きたまま食べてるのを見た」だとか、それは酷い嘘ばかりでした。

 

中学に入ったばかりの女の子といえど、これを本気で信じていたとは思えないので、やっぱりちょうどいい憂さ晴らしの対象にされていたのかなとも思います。

 

噂が流行だしたのが四月の終りで、それまで少し仲良くしてくれていた子とも話してもらえなくなり、寂しい思いをすることひと月と少し。

 

六月に入ってから、二つ隣のクラスの子から呼び出されて空き教室で話したのですが、彼女が「本当に猫を殺したのか?」などと訊いてきました。

 

私が「違う」と言うと、妙な頼み事をしてきたのです。

妙な頼み事とは

なんでも、彼女(香川さん・仮名)の飼い猫がこの辺りで行方不明になっていたそうですが、つい最近死体になって見つかったのを「あなたが殺したことにして欲しい」と言うのです。

 

どうしてそんなことを言われるのか分からないし、断ったのですが、香川さんは執拗にそれを頼んできて、土下座までした上で、なおも私が拒否すると顔をぶってきました。

 

理由を訊いても答えてくれません。

 

私はその頃シカトされるストレスなどから体調不良を起こし、ガリガリの上に背も低かったので全く抵抗が出来ませんでした。

 

香川さんはなんだか鬼気迫っていて、私は怖くて「香川さんの言う通りにする」と言ってしまいました。

 

これから無実の罪を着せられてもっと虐められるんだろうかと思った私は泣き出したのですが、香川さんはとても嬉しそうにして私の手を握り、「じゃあ、私がミイを殺しました。香川さんでなく、ミイを殺したのは私です、と言って」と要求してきました。

 

変だなとは思ったのですが、言うまで帰してくれなさそうだったので、その通りに言いました。

 

香川さんは私の手を放し、何度も「ありがとう、ありがとう」と言って私を玄関まで送ってくれました。

 

次の日、私はそれでも学校に来ていたのですが、新しく噂が流れるようなことはなく、私はただシカトされていました。

 

そのまま一週間くらいが経ちました。

 

ある日の休み時間、「誰かが呼んでる」とクラスの子に話しかけられて、おやっと思いました。

 

わざわざ私にそんなことを教えてくれるなんて、この子は私の味方なのかな、と嬉しく思ったのです。

 

が、ふと見回してみると、いつの間にかクラス中のほとんど全員が静かになり、私と戸口の方を見ていました。

 

戸口に目を向けると、そこには香川さんが居て、「ちょっと来て」と言うのですがその姿が異常だったのです。

 

香川さんは両腕を包帯でグルグル巻きにし、両頬に大きな湿布を貼っていました。

 

そして、学校の中だというのに帽子を被っていたのです。

 

先生に何か言われないのか不思議なくらいの格好でした。

 

香川さんは泣きそうな顔で、「放課後に学校の近くのある場所に来てほしい」と言って帰っていきました。

 

私は彼女が居なくなってからその日は塾だったことに気づいたので、彼女のクラスを訪ねました。

 

先生に、「香川さんはここ三日ほど登校していない」と言われてゾッとしました。

 

私に会うために学校まで来たのかと思うと、彼女に呼び出されたのが急に怖くなり、「塾もあるから仕方ない」と自分に言い聞かせて約束をすっぽかしました。

 

なんとなく不安なまま過ごした私は、塾からの帰り道、ヘトヘトで家まで帰る途中に誰かが道にうずくまっているのに気づきました。

 

夜十時近くだったと思うのですが、それは香川さんでした。

 

私がびっくりして声をかけると、「良かった。来てくれて良かった・・・」と泣いて喜びます。

 

私はそこで気づいたのですが、そこはちょうど香川さんに指定されていた場所で、もしかしなくともずっと待っていたのかと思って可哀相になってしまいました。

 

香川さんはまだ包帯や湿布、それに帽子を身につけていて、とりあえず公園まで二人で歩いて座ると、泣きながら喋り出しました。

 

彼女はまず、飼い猫に小さなことでついムシャクシャして二週間ほど前に殺してしまったのだと告白しました。

 

私が殺したことにして欲しいと頼んできた例の猫は、実は彼女自身が絞め殺していたのです。

 

(続く)中学の時にあった恐怖体験 2/2

The post 中学の時にあった恐怖体験 1/2 appeared first on 怖いもん通信.

私を連れ去った独身男からの求婚

 

いきなり『求婚』してきたバイト先の独身男。

 

歳は一回り年上。

 

ある日、気が付いたら、その独身男の実家に連れ込まれていた。

 

私には記憶が全く無いのに・・・。

完全に狂っていた親子

その独身男が仕事に行ってる間は、その母親が私を監視する。

 

母親も息子に怯えていた。

 

私「帰らせて!」

 

そう言うと、布団でグルグルに巻かれたり、仕事から帰ってきた息子に報告されたりした。

 

夜になると襲われそうになり、苦肉の策で「初めてはクリスマスがいい」と言ったら、独身男はあっさり了承して(私の)下着を大量に買い始めた。

 

独身男「俺と一生一緒にいろ!」

母親「息子と結婚しろ!」

 

ケーキを私に食べさせながら、執拗に同じ言葉を繰り返す親子。

 

お腹一杯と言っても、どんどん食べさせてきた。

 

独身男には父親はいなかった。

 

私は携帯も財布も取られていた。

 

私は家へ逃げ帰るために二人を油断させようと思い、料理を作ったり、ニコニコしたりした。

 

二人とも喜んで、今度はアクセサリーや服を大量に買ってきた。

 

それを私に着させて、ずっと眺めていた。

 

まるで私は二人の”着せ替え人形”のようだった。

 

独身男が仕事に行ってすぐ、母親の肩を揉むフリをして手首を縛った。

 

すぐさま私は家へ電話した。

 

独身男の母親が、叫びながら体当たりしてきたりした。

 

私はその家を飛び出し、近くの酒屋へ逃げ込んだ。

 

そこでしばらく隠してもらった。

 

私の両親が迎えに来てくれた時、私は焼酎のビンを抱えて震えていたらしい。

 

その後、二人は捕まった。

 

もう何年も前の話だけれど、本当に怖かった。

 

そのせいで、今でもアクセサリーは付けられない。

 

(終)

The post 私を連れ去った独身男からの求婚 appeared first on 怖いもん通信.