私が小学4年生の頃の事です。

 

学校の授業が終わってランドセルを家に置いた私は、家が近くて学年が二つ下の仲が良かった女の子と近所の公園で遊んでいました。

 

まだ辺りは明るかったので、夕方の3時から4時頃だったと思います。

 

いつものように滑り台で遊んでいると、学ランを着た男の人に「こんにちは」と声をかけられました。

 

制服ではありましたが顔が幼かったので、高校生というより中学生のお兄さんだと思った事を覚えています。

 

私たちが「こんにちは」と返すと、学ランのお兄さんは「○○中学校ってどこにあるか分かる?」と訊いてきました。

私の事を覚えていなかったかも知れませんが・・・

○○中学校は、私たちの通っている小学校の生徒のほとんどが進学する中学校で、小学校から徒歩で10分圏内にあります。

 

直接行ったことはなかったのですが、場所はなんとなく分かっていたので、「なんとなくなら知っています」と答えました。

 

するとお兄さんは、「用事があるから行きたいんだけど場所が分からないんだ。君たち連れて行ってくれない?」と言ってきました。

 

困っている人は助けなくてはいけない、という変な正義感をもとに、私たちは「いいですよ」と、そのお願いに答えることにしました。

 

3人で他愛もない話をしながら公園を出て並んで歩き始めたのですが、少しするとお兄さんが先頭になって私たちが後ろを付いていくという順番になっていました。

 

(どうして道を知らないお兄さんが先頭を歩いているのだろう・・・)という違和感に気付いた瞬間から、(このまま誘拐されてしまったらどうしよう・・・)という恐怖が私を襲いました。

 

急に黙った私たちに気付いたのか、お兄さんは「大丈夫?ちょっと小学校で休憩していこうか?」と提案してきました。

 

ちょうど目の前に小学校があったので、「ここなら先生もいるし安心」と思った私は、「そうしましょう」と答えました。

 

小学校の構内に入り、座って少し話しをしていると、お兄さんは「友達になってくれる?」と言って、私を抱きしめてきました。

 

そして全身を触り始めたので、勇気を振り絞って「イヤです!」と言って、友達の手を引いて逃げました。

 

走りながら後ろを振り返ってもお兄さんは追って来なかったので、安心しつつもその日は真っ直ぐ帰宅しました。

 

しばらくはその出来事が頭から離れず、公園で遊ぶ事は減ってしまいましたが、時間が経つにつれてその時の恐怖感などは薄れていきました。

 

時が経って、中学1年生になった私はテニス部に入りました。

 

毎日部活があるので、中学校を出るのは大体夕方の6時頃でした。

 

いつもは家が近い同じテニス部の子と帰っているのですが、たまたま一人で帰っていた日の事です。

 

後ろから「すみません」と、男性に声をかけられました。

 

振り向くと、なんとなく見覚えのある顔の、学ランの男性が立っていました。

 

「○○中学校ってどこにあるか知っていますか?」

 

・・・と言う、その男性の言葉を聞いて鳥肌が立ちました。

 

見覚えのあるその男性は、私が小学4年生の頃に同じように声をかけてきて、小学校で抱きついてきたあの男性だったのです。

 

心臓がバクバクいっているのを感じましたが、周りには同じように部活帰りの生徒がちらほらいたので「分かりません」と無愛想に答え、早足で歩き出しました。

 

歩き出して数分が経った頃に恐る恐る振り向くと、その男性は私と逆方向に歩いていました。

 

その男性は私の事を覚えていなかったかも知れませんが、4年越しで『同じ男性』に『同じ手口』で声をかけられたことにはゾッとしました。

 

そういった変質者が出たという話は聞かなかったですし、その後に出くわすこともなく過ごせているのは救いですが、とても怖かった体験でした。

 

(終)

The post 私を襲った4年越しの恐怖 appeared first on 怖いもん通信.