探偵

『ハロー張りネズミ』一風変わった探偵にハマる人続出 続編や映画化に期待の声も

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

TBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』が、15日に最終回を迎えた。

放送前、ネットでは「ドラマと原作が全然違う」や「五郎はツンツン頭のイメージ」など厳しい評価が多く見られたのも事実。しかし、ドラマの放送が終了すると続編を期待する声が多く集まった。

 

■一風変わった探偵

『ハロー張りネズミ』は、誰も受けたがらない面倒な案件を受けたがる個性的な探偵たちが主役のドラマ。超常現象や歴史ミステリーなど、いわゆる探偵ドラマとは異なる依頼を依頼を解決してきた。

五郎(瑛太)やグレ(森田剛)は全力で取り組む人情深さにも、心を打たれる人が多かった模様。

ドラマにハマった人は、弘兼憲史の原作コミックや91年に唐沢寿明主演で放映された実写映画も、要チェックだ。

 

■ネットでは続編を期待する声

ネットでは、続編や映画化を期待する声が目立つ。

変わった依頼でも受け付けてくださる探偵さんなんですよね…?あの、依頼があって…えっと、ハロー張りネズミの続編と映画化、お願いしたくて…

— @ (@vroku_) September 15, 2017

ハロネズおもしろかったなぁ〜元気が出るドラマだった(*>ω<*)映画化希望!!!#ハロー張りネズミ

— めろ (@xxno_6xx) September 15, 2017

毎回、笑ったり怖かったり切なかったり、いろんな気持ちが新鮮で毎週映画を見ているようでした!そしてキャラクター皆が愛おしくてたまらない。4人のおかしくてふらりとした日常をまた覗いてみたいなあと思いました。ありがとうございました! #ハロー張りネズミ

— はやし (@hayashiita) September 15, 2017

 

■「マンガ原作の映画」は興味が落ちる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「マンガ原作の映画」について調査したところ、3割以上が「興味がなくなる」と回答。

なお、「オタク」と回答した人の4割が実写化に否定的のよう。やはり、自分が好きなものを弄ばれたという感覚になるのかも。

原作がマンガの作品を実写映画化すると役者とキャラクターのイメージが合わないことやストーリーが大幅に変更されることが多くあり、評価の目は厳しいようだ。

しかし、『ハロー張りネズミ』は過去に実写映画を制作しているので、実写化に対するハードルも高くないかもしれない。

・合わせて読みたい→土田晃之がマンガ原作の映画化に本音 「別モノなら最初からイジってくんなよ」と怒りも

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日対象:全国20~60代の男女1363名(有効回答数)

不可解な点が多い失踪事件

 

大学生の時、短期間ですが探偵事務所でアルバイトをしたことがあります。

 

まだパソコンが普及している時代ではなかったので、私の仕事は顧客データの書類整理と浮気調査などでラブホテルなどに潜入する際に付いていく程度の仕事しかありませんでした。

 

バイト期間終了日が迫っていたある日、私はある調査資料を手にし、あまりの異様さに私を雇ってくれている雇い主である探偵(元刑事)の社長に「なんなんですか?この事件」と訊くと、彼は不思議な話をしてくれました。

 

以下、探偵でもある社長がしてくれた不思議な話です。

結局は何も分からなかった

彼の元にある日、年の頃30歳前後の若い女性が現れました。

 

長距離トラックの運転手をしている夫が、東北へ向かう途中のドライブインで行方不明になったので捜して欲しい、と。

 

失踪事件の調査はよくあること。

 

社長は早速、彼女の夫がいなくなったというそのドライブインへ調査へ向かいました。

 

そのドライブインの経営者は、80以上になるおばあちゃんでした。

 

彼女の夫が元々そこを経営していたらしいのですが、夫が亡くなった後、そこを引き継いだのだとか。

 

長距離トラックの運転手御用達のようなドライブインで、デコトラが何台も入るような大きなトラック専用の駐車場がいくつもあります。

 

運転手は、そこの屋根付で扉付きの駐車場に車を止め、おばあちゃんのところに「○○番の駐車場に入った。○時になったら起こしてください」と言いに行くと、おばあちゃんがその時間にお茶のサービスと共に起こしてくれる仕組みになっています。

 

そこの駐車場の一つで、依頼者の夫は忽然と姿を消したのでした。

 

トラックは駐車場にあり、運転していた本人だけがいなくなっていたのです。

 

探偵である社長は、すぐ「おかしい」と思ったそうです。

 

場所は高速道路の真中。

 

トラック無しで、徒歩で一体どこへ行ったのか。

 

訝しむ彼に、おばあちゃんが「ああ・・・でもこれ関係あるのかしら?」と口を開きました。

 

「いやね、この件とはまるきり関係ないと思うんだけど、亡くなった主人から絶対に開けてはいけないって言われている駐車場があるのよ。だから普段は鍵を掛けて入れないようにしていたんだけど・・・」

 

別のトラックの運転手を起こしに行こうとしたドライブインのおばあちゃんは、その日、鍵を掛けて開かないようにしてある駐車場の扉が開いているのを不信に思ったそうです。

 

すると、そこには見慣れぬトラックが。

 

そのトラックは、自分の所に「○時に起こしてくれ」と何も言って来なかったトラックだったと言います。

 

それに、鍵が開くわけがない。

 

他の運転手にも訊いてみたところ、そのトラックが入る数時間前は確かに閉まっていたと証言がありました。

 

では、なぜ開いていたのか?

 

運転手はどこへ行ったのか?

 

探偵の社長は引き続き調査を行うことにしました。

 

元刑事という警察のコネクションも利用して。

 

数日後、失踪したトラックの運転手は見つかりました。

 

残念なことに亡くなっていました。

 

瀬戸内海の満潮になると沈没してしまう小さな隆起した岩の上で。

 

地元の漁師が見つけたそうです。

 

ターゲットが死体で見つかった以上、もう探偵のする仕事は終わりです。

 

しかし、亡くなった彼はたった数日で、しかも足も無いのに東北から瀬戸内海へどうやって移動したのか?

 

なぜ突然失踪したのか?

 

原因をどうしても追求したくなり、元刑事の肩書きを利用し、警察仲間に遺体の状況を問い合わせました。

 

すると、遺体は口から食道から胃から腸から、びっしりと貝類が未消化の状態で詰まっていたという情報を得ることが出来ました。

 

発見時、妊婦のように腹が膨らんでいたので、発見した漁師は水死体だと思ったそうです。

 

しかし、死因は溺死ではありません。

 

監察医の診断は「ショック死」でした。

 

亡くなった彼の体にびっしりと詰まっていた夥(おびただ)しい量の貝類はなんだったのでしょうか?

 

なぜ彼は、東北のドライブインから瀬戸内海の岩の上に、たった数日で移動が出来たのでしょうか?

 

さらにもうひとつ不可解な点がありました。

 

彼の体中には「無数の引っ掻き傷」が付いていたそうです。

 

それは、人間もしくは爪を持つ哺乳類に付けられたらしい傷。

 

結局は何も分からずじまいで、社長は消化不良の調査を終えて東京に帰って来たそうです。

 

(終)

The post 不可解な点が多い失踪事件 appeared first on 怖いもん通信.