大抵の人はそうだと思うが、俺は通勤にはいつも同じ道を通っている。

 

その見慣れたいつもの道で、2年前に体験た話だ。

 

その日、俺は会社を出て帰路についていた。

 

時間は夜の8時を過ぎた頃だったろうか。

 

いつものように地下道を通ってその先にある駐輪場へ行くのだが、その長い地下道を歩いていると、少し先に人影が見えた。

 

この地下道はあまり人通りは多くないのだが、それでも人は通るし、それだけなら特に珍しいことは無い。

 

ただ、そいつは明らかに普通とは違っていた・・・。

俺だけが見えていたのか?

見た目はどこにでも居そうな、ただの女子高生。

 

だが、様子が明らかに変だった。

 

壁を向いて少し俯きながら、ストラップだらけの携帯を弄(いじ)っている。

 

そして、時々何かをブツブツと独り言を呟いている。

 

(うわ・・・これなんかヤバイ人なんじゃないか?)

 

俺は直感的にそう思った。

 

他にも何人か通行人はいるのだが、みんながその女子高生を見て見ぬ振りをしている。

 

そんな周囲の様子を見ると、誰しもがそう思っているのだろう。

 

俺は他の人達と同じように、とにかく気付かない振りをして、その女子高生の横を通り過ぎた。

 

通り過ぎてどれくらい歩いた頃だろうか。

 

俺の携帯にメールが着信した。

 

ポケットから携帯を取り出して差出人を見ると、見た事の無いアドレスだった。

 

俺は怪訝(けげん)に思いながら本文を見た。

 

『何で無視すんの?』

 

書かれていたのは、たったこれだけ。

 

意味が分からず「はぁ?」と思った俺は、どうせチェーンメールの類なんだろうと思い、そのまま携帯をポケットに戻そうとした。

 

すると、またメールが着信した。

 

相手のアドレスは、さっきと同じのようだ。

 

『シカトしてんじゃねえよ。こっち見ろよ』

 

これだけしか書かれていない。

 

この時になって俺は、ふと、ある疑念を感じた。

 

メールして来ているの、さっきの女子高生か?

 

いやいや、ありえねぇだろ・・・。

 

あんな女、俺は知らねぇぞ。

 

なんであいつが俺のメルアドを知っているんだよ。

 

おかしいだろ・・・。

 

でも、じゃあこのメールは何だ?

 

ただの偶然か?

 

そっちの方が不自然じゃないか?

 

俺は心の中で自問自答した。

 

そして、「有り得ない」、そう思いながら後ろを振り向いた。

 

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

予感は的中していた。

 

さっきの女子高生が携帯片手にこちらを向いている。

 

薄暗い地下道の蛍光灯に照らされ、また少し俯いているので、顔や表情などは分からないが・・・。

 

そして、ゆっくりとこちらに向かって歩いてくる。

 

一瞬、怯(ひる)んだ俺だが、ふと冷静になった。

 

色々と有り得ない状況だが、相手はか弱い女子高生だ。

 

こちらが強く注意すればいいだけだ。

 

アドレスの件も問い詰めてやろう。

 

そう思った俺だが、近付いてくる女を見て全力で逃げ出した。

 

それは、ある事に気付いたからだ。

 

まず、今まで気付かなかったが、女は右手に携帯を、左手に血がベッタリと付いた大きなコンクリート片を握り締めている。

 

そして、それ以上に異様だったのが、その女の喋り方だ。

 

まるで音声の逆回転のように、変な抑揚の声でブツブツと何かを呟いている。

 

さらに、足元はゆっくり歩いているはずなのに、凄い速度でこちらに向かってくる。

 

明らかに脚の動きと実際の速度が合っていない。

 

俺は一瞬で血の気が引いた。

 

なんだあれは・・・。

 

おかしいだろ!

 

有り得ないだろ!

 

有り得ない・・・有り得ない・・・有り得ない・・・。

 

俺はパニックになりながら、全力で地下道の出口へと駆け出した。

 

階段を駆け上がり、もう少しで出口という時、俺はふと後ろを振り向いた。

 

すると、目の前に女の顔があった。

 

顔も服装も、どこにでも居そうな普通の女子高生だ。

 

だが、女の顔は明らかに狂気と言える表情だった。

 

言葉では、まるで説明出来ないが・・・。

 

俺が一瞬怯むと、女は俺に向かって血塗れのコンクリート片を振り下ろしてきた。

 

「うわああああ!」

 

俺は叫び声を上げながら、地下道の外へと倒れ込んだ。

 

地面に倒れ込み、腕と背中に強い衝撃を受けた俺は、しばらく起き上がれなかった。

 

だが、次に来るはずの致命傷になるであろうコンクリート片の一撃が来ない。

 

(えっ?あれ?どうなっているんだ・・・)

 

目を開けて見上げると、そこには誰も居なかった。

 

数人の人が「大丈夫ですか?」と、手を差し伸べている。

 

呆然として辺りを見回したが、あの女はどこにも居ない。

 

俺は起き上がらせてもらい、まだ混乱している中で地下道の方を見下ろした。

 

階段の一番下で、女がこちらを見上げていた。

 

俺は「あの・・・そこの・・・」と声にならない声で、女のいる方を周囲の人に指差したが、どうやら誰にも見えていないらしく、「大丈夫ですか?救急車呼びますか?」と心配された。

 

俺は混乱し、さらに周囲の空気が痛々しく感じ、「大丈夫です、大丈夫ですから!」と言いながらその場から逃げ出した。

 

翌日、俺は会社を休み、朝一で携帯を買い替え、メルアドも変更した。

 

そして、あの日から二度とあの地下道は通っていない。

 

(終)

The post 地下道で遭遇したヤバイ女子高生 appeared first on 怖いもん通信.