顔の歪みを引き起こす日常の癖と改善方法!

世の中に左右対称の顔を持つ人はとても少ないと言われていますが、鏡を見た時に眉毛の位置や顎のライン、目の大きさが違うとちょっとガッカリしてしまいますよね。

美人の条件は左右対称の顔とも言われることから、完璧とは言えなくても限りなくその状態に持っていきたいというのは、誰もが願うところ。

しかし、顔の歪みに悩んでいる人はとても多いと言います。

そこで今回は、顔の歪みについて調べてみました。

顔が歪んでしまう原因はもちろんのこと、割りばしやマッサージ、ツボ押しなどを用いて、自分でできる治し方をご紹介したいと思います。

顔の歪みを引き起こす原因やNGな行動や癖!

持って生まれた骨格によっては、生まれた時から顔に歪みがある場合もありますが、顔の歪みを引き起こす主な原因は毎日の生活習慣だと言われています。

例えば、頬杖を突く癖のある人というのは、いつもどちらかの手に顔を載せているため、重心のバランスが崩れてだんだんと顔に歪みが生じてしまうことがあります。

また、食事の時左右どちらか片方の歯で噛んでしまうことが多い方や、肩掛けバックを同じ肩にばかりかけて使用する方、足を組む癖のある方、寝ている時に下になる手がいつも同じになる、もしくはうつ伏せで寝ることが多い場合も、顔の歪みを引き起こしてしまうNG行動と言われています。

 

顔コリのほぐし方と解消法【マッサージやツボ】で小顔に!

 

自分の顔の歪みをチェックする方法

鏡を見て、何となく顔の歪みに気付いても、具体的にどの部分がどれくらい歪んでいるのかは、それだけではなかなかわかりづらいと思います。

そのような時は、カメラで自分の顔を真正面から撮影し、その画像を元に歪みを確認してみましょう。

撮った画像に、次のポイントを結ぶように定規をあててみて下さい。

①左右の眉尻

②左右の目尻

③左右の口角

④左右の頬骨の一番高い部分

⑤おでこの真ん中と鼻の頭、あごの先

⑥上の前歯の中心と下の前歯の中心

この時、定規がまっすぐなラインではなく斜めになっていると、顔に歪みが生じている可能性があります。

 

顔色が悪い原因と顔色のタイプ別対処法や改善法!

 

バランスのとれた顔とは?

では、そもそもバランスのとれた顔とはどのような状態を言うのでしょうか。

・髪の生え際の部分から眉頭の下までと、眉頭の下から鼻の下まで、それに鼻の下からあご先の長さが全て同じ比率(1:1:1)になっている。

・頭の一番高い部分から眉頭の下と、眉頭の下からあご先の長さが同じ比率(1:1)になっている。顔の横幅」が「目の横幅」の5倍である事

・髪の生え際から目の中心部分までと、目の中心部分から唇の中心までの長さが同じ比率(1:1)となっている。

・鼻の下から唇の中心までを1とすると、唇の中心からあご先までがその2倍(比率で言うと1:2)になっている。

また、美人には必ず備わっていると言われている“黄金比率”を算出する簡単な計算式があるので、そちらも併せてご紹介したいと思います。

①唇の横幅を測り、さらに小鼻の横幅も測ります。

②口の長さ÷鼻の長さ=を計算してみましょう。

この値が1.618に近いほどバランスがよいと言われています。

自分でできる顔の歪みの解消法や矯正方法

顔の歪みは美容クリニックで整形手術をしなければ治らない・・わけではありません。

顔の歪みを引き起こす主な原因が生活習慣であることから、毎日矯正することで少しずつですが歪みを治すことが可能となっています。

では、自分でできる顔の歪みの解消法にはどのようなものがあるのでしょうか。

割りばしで顔の歪みを矯正する方法

①割りばしを割って1本にし、口角が下がっている方の奥歯で3分ほど強く噛み続けます。

②次に、左右の奥歯で5分ほど噛み続けます。

この時、口角が下がっている方の奥歯を意識するとよいでしょう。

マッサージで顔の歪みを矯正する方法

①手の指を2本使い、鎖骨の内側から外側を優しく押していきます。

②次に、指2本を使って耳の後ろのくぼみ部分を押します。

③手の平全体を首にあて、上から下へと流すように押します。この時、さすってもOKです。

④あごの部分を両手でつかみ、上へとフェイスラインをつまんでいきます。

⑤親指で耳の前を優しく押します。

⑥指の腹を目の下にあて、外側に向かって優しく押していきます。

⑦指の腹を目頭にあて、そこから目尻に向かって眉に沿うように優しく押していきます。

⑧指4本を耳の後ろにあて、マッサージをします。

⑩指を広げ、頭のサイドを引っ張り上げるイメージで揉みます。

⑪最後に、指を広げ頭皮を頭のてっぺんい集めるようなイメージで揉んで終了です。

ストレッチで顔の歪みを矯正する方法

①両手の平でこめかみを包みこみ、そのまま口を上下に開いて30回動かします。

②続けて、こめかみを包みこんだまま、下あごを左右に30回ほど動かします。

ツボを押して顔の歪みを矯正する方法

地倉(ちそう)

口角の真横0.5㎜~1㎝ほどにあるツボ。

中指の腹などで押しながら、軽くくるくると回すと効果的に刺激することができます。

顔の歪みの他にも、口内炎や歯痛にも効くそうです。

 

口内炎や舌口内炎に効く薬おすすめ5選!

 

マウスピースで顔の歪みを矯正する方法は?病院に行く必要はあるの?

顔の歪みを治す方法の一つに、マウスピースがあります。

これは特に歯ぎしりや噛み癖のある方に有効で、矯正歯科などに行くと自分に合ったマウスピースを作ってもらえます。

なお、マウスピースは歯医者以外でも販売されており、手軽に買うことができますが、自分の口に合っていないものを使った場合、症状が悪化したり、思わぬ弊害を招くことがあるため、マウスピースを使用する場合は歯医者へ行くのがよいでしょう。

また、歯医者以外で顔の歪みを見てもらいたいという時は、整骨院や整体などでも見てもらうことができますが、顔の歪みがどうして起こっているのか詳しい原因を知りたいという場合は、やはり病院へ行くのがよいでしょう。

顔の歪みに体の歪みが関係しているなら整形外科でも診てもらえるようです。

顔が歪まないようにする予防の仕方

顔の歪みの主な原因は生活習慣にあると言われています。

では、普段どのようなことに気を付けることで、顔の歪みを予防することができるのでしょうか。

①虫歯を作らない

虫歯があると、痛い方とは逆の歯で食べ物を噛もうとするため、顔の歪みが生じやすくなってしまいます。

虫歯がある場合は早めに歯医者で治すようにしましょう。

②食事の時は、左右の歯を均等に使う

片方の歯だけで噛むことが多くなると、顔の歪みが起こりやすくなるため、左右の両方の歯を使うように意識してみましょう。

③無意識に行っている癖を止める

頬杖と足を組む癖は、顔の歪みだけではなく体の歪みも起こしやすいと言われています。

癖は無意識に行ってしまうものですが、意識をして行わないようにしましょう。

④寝る時は仰向けで寝る

うつ伏せや、左右どちらかが常に下になって寝ると、圧迫される顔の部分がいつも同じになってしまうため、歪みが生じやすいと言われています。

顔の歪みの原因と自分でできる治し方【割りばし・マッサージ・ツボ】のまとめ

顔の左右が完全に対称という人は殆どいないと言われているため、そこに100%こだわる必要はありませんが、顔の歪みがひどいとしわやたるみなど老け顔に見られる原因となってしまいます。

そこで、今回ご紹介した矯正方法や予防法をぜひ利用して、歪みが少ない、左右対称に近い顔になるように、今日から努力してみましょう。