斉藤由貴

斉藤由貴と不倫できるならしたい? 男性たちのリアルな本音に驚愕

ことし8月に、開業医の50代男性とのW不倫が報じられた女優・斉藤由貴(51)。これまで何度も不倫疑惑が報じられたこともあることから、恋多き女性として認知されている。

ルックスも含め非常に魅力的な女性のため、中には「不倫したい」と思う男性もいるだろう。しらべぇ編集部は全国20〜60代の斉藤由貴を知っている男性545名に「斉藤由貴と不倫したいか」について調査を実施した。

 

■不倫賛成派は4割

調査の結果、「共感する」16.5%、「理解はできる」28.6%と賛成派が4割、「違和感がある」23.5%、「おかしいと思う」31.4%と反対派が6割という結果に。反対派のほうが多いものの、それでも賛成派が4割もいることに斉藤の男性支持がうかがえる。

また、年代別にすると4、50代が約5割という結果となった。一方、20代では4割ほどだったものの「共感する」は2割を超え全年代でもっとも多い数値となった。

 

■避妊具所持の男性は不倫願望アリ?

また、「賛成派」の特徴を見てみると…

「避妊具を常に所持」している男性の8割弱が斉藤と不倫を望んでいるよう。性行為への意識が高さが不倫願望にもつながっているようだ。

また「不倫願望がある」男性の7割も、斉藤と不倫したいと思っているようだ。W不倫騒動により家族背景までが報じられている斉藤だが、それでも不倫願望アリの男性には関係ないという。やはり、それだけ斉藤が魅力的だということか。

 

■不倫したい声は意外と多い?

W不倫騒動の際、怒りをあらわにするネット民たちの陰では、「不倫したい」「気持ちはわかる」といった声もあがっていた。

50代でも斉藤由貴となら不倫したい

— 木林おず@ドゥームP (@kibaoz) September 11, 2017

斉藤由貴と不倫できるなら不倫したい

— 長谷川英一 (@hasegawaeiiti) September 11, 2017

最近、世間では不倫なんかしたら超叩かれるけど、僕は斉藤由貴と普通に不倫したいので叩けない。

— 沈黙の猫さん (@dekimasi) September 10, 2017

私も斉藤由貴と不倫したい…そうなる気持ちは分かる。分かるよ、男性医師。けどまぁ家族のこと考えるとねーってなるのか、世間的には。そりゃそうだね。当たり前だね。

— 猫背さかな (@yasagure_sakana) September 11, 2017

 

もちろん不倫は許されない行為だ。しかし、世の男性たちの中には「チャンスがあるなら…」と密かに思いを抱いている人もいるようだ。

『カンナ』女同士の友情に号泣する視聴者続出「自分らしくいよう」

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

いよいよクライマックス目前の渡辺直美主演ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)。

夫の浮気が発覚し離婚、シングルマザーとなった主人公のカンナ(渡辺)が、「ポジティブシンキング」を武器に子育てや仕事、恋愛に複雑な人間関係と、さまざまな困難に立ち向かっていくストーリーだ。

孫・麗音(川原瑛都)をカンナから奪おうと、息子・礼(要潤)の再婚相手候補として、幼馴染のトン子(泉里香)を擁立した元姑の柳子(斉藤由貴)。しかし、トン子は礼に特別な感情は持っておらず、柳子によって引き裂かれそうになったカンナと麗音の絆を繋ぎ止めた。

当初は複雑な関係だったトン子とカンナ。そんな2人の関係性の変化に、視聴者から多く感動を呼んでいる。

 

■「宿敵」だったトン子の背中を押すカンナ

カンナが洋服のデザインを手がけているファッションブランド「ガーリーセバスチャン」が、会社の方針で廃止されることが決定、カンナはリストラ寸前の状況に陥ってしまう。一方で、トン子はモデルとしての自分の価値を見出だせず、行き詰まっていた。

そんな中、大量に抱えてしまっている在庫を少しでも売ろうと、カンナは1日店頭での販売業務をすることに。そこで、モデル復帰のきっかけになればと、カンナはトン子をやや強引に店頭に立たせた。

最初は戸惑っていたトン子だったが、「自分らしさ」を尊重したカンナのペースに巻き込まれるかたちで、自然と接客が板につくように。また、トン子の大ファンだという女性客から握手を求められる一幕もあり、カメラの向こうで自分の存在を求めてくれていた人の存在に気付く。

接客を終えると、カンナは以前自社ビルの看板モデルをしていたトン子の笑顔に、勇気をもらっていたと伝える。その言葉に背中を押され、トン子はモデルとして再起することを決意。別れ際に2人は「自分らしくいよう」と誓い合った。

 

■トン子とカンナの「友情」に感動

なかなか歩み寄りずらい関係にあった2人の、グッと胸が熱くなるようなシーンに、視聴者からは「感動した」という声が相次いでいる。

カンナさんってほんと人として器が大きくてすごいなって毎回思う。どんなに嫌な相手や勘違いでも初めは元旦那と♡なのかなと思ってた、とんこちゃんとも今ではめっちゃ仲良くなってとんこちゃんの背中押しちゃったりして☺️ほんと尊敬する❗️影響力ある✨ #カンナさーん

— ゆっき― (@LDH223) September 12, 2017

カンナとトン子の友情… #カンナさーん

— muto (@mu_610_to) September 12, 2017

もうカンナさんとトン子がカップルでいいやん(大の字)お似合いやし

— 亜季は宗像女神信仰 (@narixakixken) September 12, 2017

「カンナさーん!」9話。渡辺直美さんと泉里香さんが店で自分の仕事がちゃんと届いてたことを知るシーンは感動的。自分も顔の見えない誰かの心に届くような仕事をしたいと思いました。そして泉さんは理想的な素敵さ。演技もソツなくて。もともと女優さんですもんね。 #カンナさーん #泉里香

— 斉藤貴志(ライター) (@missiletakashi) September 12, 2017

お客さんと直接触れ合うことで、自分の仕事やそれに対する思いを受け取ってくれていた人の存在に気付くことができたカンナとトン子。

それぞれ行き詰まっていた2人が、お互いの背中を押して大きな一歩を踏み出せたことに、多くの視聴者が心を動かされたようだ。

 

■「苦手だった人」と仲良くなれる?

トン子とカンナのように、最初は苦手だった相手と仲良くなることは、実際にはあり得るのだろうか?

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,352名を対象に「最初は苦手だと思っていた人と、仲良くなったことがある」人の割合を調査した結果、全体では約4割という結果に。

男性に比べ、女性のほうが苦手だと思っていた人と打ち解けられる傾向にあるようだ。

後輩とのコンペに破れ、デザイナーとして会社に残るための最後のチャンスも逃してしまったカンナ。さらに、もう一度プロポーズをしようとしていた矢先、クライアントが倒産し、莫大な借金を抱えることとなってしまった礼。

次回がいよいよ最終回となるわけだが、この絶体絶命の状況を、カンナはどう打開していくのだろうか。

《これまでに配信した『カンナさーん!』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『カンナ』母と子を引き離す…姑・斉藤由貴の仕打ちに「見るのが辛い」

(文/しらべぇドラマ班・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日対象:全国20代~60代の男女1,352名 (有効回答数)

斉藤由貴と不倫の医師、「パンツかぶり写真」が掲載 「変態仮面」と厳しい声

(Creatas Images/Thinkstock)

先月、50代の男性医師とのダブル不倫が報じられた女優・斉藤由貴(51)。

その後の続報によって11日に不倫関係を認めたふたりだが、12日発売号の『FLASH』の写真が物議を醸している。

 

■下着を被ってフルーツを頬張る

同誌には、斉藤のものらしき女性モノのパンツを被ってフルーツを頰張る男性医師の写真が掲載されている。どういう経緯で撮られたものなのかは知る由もないが、目を引く写真であることは間違いないだろう。

前回の「自撮りキス写真」が掲載された段階では強気な態度をとっていた男性医師。しかし、今回の「パンツ被り写真」で観念したのだろうか、11日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)で不倫を認めていた。

斉藤もそれに続き、所属事務所を通じてFAXを送っている。

 

■『変態仮面』になぞらえた声も

交際している相手の下着をかぶるという行為。本来なら仲睦まじいカップルの悪ふざけで済まされる問題なのだろうが、ダブル不倫という状況だけに、世間の声は甘くないようだ。

また、ネット民からはマンガ『究極!!変態仮面』になぞらえたコメントも数多くみられた。

・不倫どうのこうのよりも、パンツを被ってるって行為のほうが子供としてはショックだろう…

 

・パンツかぶり医師の奥さん、かわいそう。浮気されただけでなく、夫の破廉恥写真が出回るんだ

 

・浮かれてパンツかぶるのはともかく、言い訳できない写真を撮りすぎ これほど芸能人が写真で立場をなくしているのに、危機管理まったくなしって、バレないと思っていたのか、罪悪感がなかったのか

 

・不倫するのは自分の勝手。でも、バレない工夫とか証拠残すようなことはするなよ

 

■パンツ被りは1割未満

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,340名に「交際相手の下着を被った経験」について調査したところ、「経験アリ」と回答したのは6.7%と1割未満という結果に。

50代男性は9.8%とほぼ1割が経験しているようだ。

 

斉藤によれば、すでに関係は終わっているとのこと。「キス写真」「パンツ被り写真」を含め、不倫の代償は大きいものとなったに違いない。

・合わせて読みたい→「謝るのは僕の家族だけ」 斉藤由貴と不倫・50代医師の釈明に批判殺到

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

「謝るのは僕の家族だけ」 斉藤由貴と不倫・50代医師の釈明に批判殺到

(Hemera Technologies/AbleStock/Thinkstock)

8月上旬、女優・斉藤由貴に「文春砲」が炸裂し、50代医師の男性との不倫疑惑が報じられたが、斉藤はその後の記者会見にて不倫関係を否定した。

しかし、8月下旬に『週刊FLASH』(光文社)に不倫を決定付ける男性医師との「キス画像」が掲載され、事態は急展開。

そんな中、渦中の男性医師が11日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)の独占取材に応じ、そのやや独創的なコメントに疑問の声や批判が相次いでいる。

 

■男性医師が「斉藤由貴との不倫」認める

7年前、家族の付き添いで医師のクリニックを斉藤が受診。アイドル時代から斉藤のファンだったという男性医師は、女優業と育児を両立する斉藤の姿に惚れ込み、2015年から2人は不倫関係に発展していったという。

患者と医師の一線を超えたことについて男性医師は「欲ではなかった。言語で語れるものではない」とコメント。

男性医師と出会った当初の斉藤は、うつむき加減で話す声もとても小さかったという。しかし、自分との交際を経て「女優」として賞賛される斉藤の姿に、男性医師は「そのプロセスに関われたことは贅沢以外の何物でもない」と語った。さらに一連の騒動に対して男性医師は…

「(謝るべき対象は)僕の大事な家族だけ。今でも斉藤由貴を守りたい、でも今の僕にはできない」

 

と心境を明かした。

 

■「独創的な釈明」に批判殺到

男性医師のインタビューを受けて、フリーアナウンサーの高橋真麻は、「『謝るのは僕の家族だけ』というのが気になった。斉藤さんのご家族やドラマスタッフ、スポンサーにも迷惑をかけているのに、『斉藤由貴を守りたい』と言うのは矛盾している」と批判。

ネットでも、男性医師のコメントに対する疑問の声や批判が相次いでいる。

うわー斉藤由貴と不倫した50代医師が認めてるけどなんなんやろこの態度。 家事育児と仕事を両立してる人なんて世の中いっぱいおるけど。だからって不倫していいわけないし、そんな人が何回も不倫せんやろ。この言い方、医師の奥さんが家事育児とかできてないみたいやん。#スッキリ

— ASaMi (@I_fam24) September 10, 2017

この50代医師。インタビュー・・・とても成功したとは思えない要らんことしてしまった感満載中。#スッキリ #斉藤由貴 #50代医師

— kako (@zenzail) September 10, 2017

おい50代医師!偉そうに綺麗事並べるのならモザイク無しで名を名乗れ!不倫は美談にはならねぇぞあとな、、何言われても…秘め事は、墓まで持ってけ!べらべら喋りやがって

斉藤由貴の立場無いじゃん!

ほんと、こういう人間大嫌い⚡

— kiyomax (@kiyomax3) September 10, 2017

なんなんだろう?50代医師、ダメな事しといて良い人やろうとしてるのすっごい腹立つ。家族に迷惑かかってるからって出てきたってさ、余計悪化するじゃないの?家族に誹謗中傷いくのはおかしいけど、謝るのは家族だけってさ?相手方はどうなんの?

— 流れにのまれてるだけ。 (@yamakazeawasete) September 10, 2017

不倫関係を認めるも、斉藤の家族や関係者らに対して謝罪する意思がないかのような発言が物議を醸し、にわかに炎上する騒ぎに。

これにより「50代医師」というワードがトレンド入りしてしまったことを受けて、中には「全国の50代医師の男性」への何らかの風評被害を懸念する声も。

 

■「不倫」は繰り返される…?

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「不倫をする人は、何度も不倫をしてしまうと思うか?」調査を実施したところ、男性よりも女性のほうが「不倫をしている人」に対して厳しい目をしていることが判明。

現に、斉藤の「既婚男性との不倫報道」は今回が3度目。「不倫に走ってしまう」体質の人というのは、現実問題として実在するのかもしれない。

斉藤側は「本人からのコメントは控える」としている中での、男性医師からの告白は今後の斉藤の仕事にどう影響してくるのだろうか。

クライマックス目前のTBS系ドラマ『カンナさーん!』など、彼女が出演する作品に大きな支障が出ないことを願いたい。

・合わせて読みたい→『カンナ』母と子を引き離す…姑・斉藤由貴の仕打ちに「見るのが辛い」

(文/しらべぇドラマ班・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

『カンナ』母と子を引き離す…姑・斉藤由貴の仕打ちに「見るのが辛い」

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

お笑いタレントの渡辺直美が主演を務めるTBS系ドラマ『カンナさーん!』。夫の浮気をきっかけに離婚、シングルマザーとなった主人公のカンナ(渡辺)が、持ち前のガッツで数々の困難を乗り越えていく作品だ。

5日放送の第8話では、カンナにとって1番大切な一人息子・麗音(川原瑛都)とカンナを引き離そうと、元姑・柳子(斉藤由貴)が暗躍。そのあまりに残酷すぎる仕打ちに、視聴者から怒りの声が相次いでいる。

 

■孫の略奪を企む姑「ママはもう要らない」

柳子は息子・礼(要潤)と幼馴染のトン子(泉里香)のお見合いをセッティング。大学で保育士の勉強を行い、モデルとしても活躍していたという才色兼備な彼女を、新しい嫁として迎えることで、孫・麗音の親権を礼に取らせようと画策していた。

そんな中、怪我をした麗音がしばらく保育園に通えなくなってしまい、その間のシッターをトン子が買って出る。事細かに行き届いた家事に、遊びの中で勉強をさせるなど、専門資格を有するトン子の仕事ぶりに内心焦りを感じるカンナ。

柳子はこの状況にここぞとばかりつけ込み、「トン子先生が1番好き」と麗音が話す様子を動画で撮影。思わず口元が緩んだ柳子からは「もうママは要らないわね」との言葉も。

後日、カンナに「あなたが身を引くことですべてがうまくいく」と切り出し、「麗音にはトン子さんのような母親が必要」と言って撮影した動画をカンナに突きつけた。

 

■「見るのが辛い」最低すぎる姑に怒りの声

その後、カンナは麗音から「ママは0番に好き。トン子先生が、『1の先は0』って教えてくれたから」と聞かされ、トン子がフォローするかたちで最悪のシナリオは回避される。

しかしながら、身勝手な理由で母と子を引き離そうとした姑・柳子の行為に、視聴者からは怒りの声が相次いでいる。

なんだこれ!姑ムカつく!れおちゃんの産みの親はカンナさんじゃん…お前の息子なんて一度2人を捨てたじゃん… #カンナさーん

— N! (@ara3104nn) September 5, 2017

カンナさんの姑がクソ過ぎてカンナさんがかわいそすぎて泣けてくる

— 山城 麻理音 (@mrnym8) September 5, 2017

カンナさーん見てる人いるかな?あれさ、渡辺直美のキャラだから成り立ってるけど旦那、子供、姑、浮気相手、仕事、全部全部普通の人なら精神やられてない?とりあえず姑めっちゃうぜえ

— サエキ (@unp_ko) August 30, 2017

カンナさーん見てると涙出てくる。姑も最悪だし、元夫もクソだし息子も息子でお母さん守れ!って思う笑ドラマって分かっててもイライラするし辛い

— 박 나연🥀«Moe» (@mm_army09) September 5, 2017

カンナさーん見てるの辛い

— あゆっぴー* (@ayuppi_) September 5, 2017

中には、あまりにもハードな展開に「見るのが辛い」といった声も。

 

■姑との関係が良好な人は半数以下

しらべぇ編集部が全国の20~60代の既婚女性532名を対象に「姑と良い関係を保っている」人の割合を調査したところ、半数以下という結果に。

やはり、「嫁と姑」の関係というのは、なかなか難しい問題のようだ。

 

トン子に礼と交際する意思がないとわかり、再び礼との復縁説が浮上したカンナ。ドラマとわかっていても、もうこれ以上彼女を窮地に陥れるようなトラブルは起こらないでほしいと、ついつい思ってしまうばかりだ。

《これまでに配信した『カンナさーん!』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『カンナ』泉里香演じる完璧女子に大ブーイング でも男性は嫌いになれず?

(文/しらべぇドラマ班・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日対象:全国20代~60代の既婚女性532人

斉藤由貴の自撮りキス写真 「子供がかわいそう」「一生軽蔑する」と厳しい声

8月に50代の男性医師とのダブル不倫が報じられていた女優・斉藤由貴(50)。

5日発売の『FLASH』で、男性医師とみられる人物との自撮りキス写真が掲載されて話題になっている。

 

■キス写真流出で「魔性の女」が再燃?

斉藤といえば先月3日夜に都内で記者会見を開き、「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と不倫関係を否定していた。世間からは「言い訳が苦しい」との声があがりながらも騒動は収まったかと思われたが、思わぬかたちで再燃したようだ。

また、同誌によれば、掲載されたキス写真は2年ほど前に撮影されたもののよう。加えて撮影したのは斉藤ではないかとの推測もされており、再び斉藤に「魔性の女」の印象がもたれているようだ。

 

■「本当のことを話すべき」との声も

報道を受け、ネット民からは「やっぱりウソつきだった」「どうして会見で認めなかったのか」との声があがっている。

・認めればいいってもんじゃないけど下手にいい訳したり嘘ついてごまかすより認めて誠実に対応した人の方が印象いいわ。介抱しただけ? 無理があるよーw

 

・あいまいって、不倫しててあいまいなんてあるの? 写真見たらわかるはずでしょ

 

・最初の報道の段階で認めたほうがまだ良かったかもしれない。元々清廉潔白なイメージでないにしろ、あとからこの報道ではイメージ悪すぎる

 

・潔く本当のことを話してしまった方が良さそう。でないとベッキーみたいにずっと叩かれちゃうよ