旅行

山形の秘湯で発見! 全長23メートルの超巨大かけ流し「混浴露天風呂」とは

夏の暑さが遠い昔のように感じる今日この頃。秋本番である。日に日に陽が短くなり、肌寒い乾いた風が吹く季節は人肌恋しく、「温泉」も恋しくなる。

「行楽の秋」のうたい文句に誘われて、普段より少し足を伸ばした温泉旅行はどうだろうか?

 

■向かったのは山形の秘湯「湯の瀬温泉」

今回向かったのは山形県。左手に日本海、右手に山の景色が美しい国道の先。目的地は、鶴岡市の深い山あいに佇む一軒宿「湯の瀬温泉 湯の瀬旅館」だ。

東京から450キロ離れており、車で向かえば5~6時間の長距離ドライブになる。しかし、都会から田舎へ、そして日本海へ、深い山あいと移り変わる風景は、徐々に日常から非日常へと気分を変えてくれる。

「湯の瀬旅館」と大きく書かれた赤い屋根と、山あいの深い緑のコントラストが美しく、長旅の疲れが一瞬で吹き飛びそうな佇まいである。

一軒宿で、周囲には他に建物もなく、凛とした静けさが漂う。都会とは一線を画す非日常空間だ。

 

■名物「超巨大混浴露天風呂」

そんな秘湯感漂う、湯の瀬旅館。気になる温泉は、大浴場の名にふさわしい巨大な露天風呂だ。全長はなんと23メートル。

小学校のプールの授業を彷彿とさせる圧巻の見た目である。もちろん湯船は水ではなく、すべて温かい温泉で満たされている。

ただ、この露天風呂は、宿にひとつしか存在しない。男女別ではないため、つまり「混浴」なのである。混浴の甘美な響きに心踊る男性陣も多い反面、女性陣には抵抗があるかもしれない。

だが安心してほしい。湯の瀬旅館では、女性専用の湯浴み着を用意してくれるため、水着に近い状態で入ることができ、混浴難易度は比較的低めだ。家族で、恋人同士で、友達同士でと、男女関係なくゆったりくつろげる大空間である。

ちなみに、男女別内湯、露天風呂の一角は女性専用スペースもあるのでご安心を。

日本のチーズ職人も感動! 『香港風ミルクプリン』は世界レベルのウマさ

エッグタルトや南国系のフルーツなど、香港には絶品のスイーツを提供する店が山ほど存在する。

たとえば、日本にもある『糖朝』をはじめとした香港スイーツを楽しめる有名店は、多くの人がブログやSNSで紹介しているが、あまり日本では知られていない「とある店」には、香港に訪れたら必ず行ってほしいスイーツがある。

 

■香港で絶品ミルクプリンを

その店とは、香港に2店舗を構えるミルクプリン店『義順牛奶公司』。

日本ではあまりないが夜遅い時間まで営業するスタイルで、しらべぇ取材班が訪れた22時過ぎにも店内はミルクプリンを味わう客で大にぎわい。

 

■およそ500円で

人気のミルクプリンは34香港ドル(約500円)で、表面に膜が張っているのが特徴。

ほんのり優しい甘さとすっきりしたミルク感は、濃い味の中華料理を食べたあとにもピッタリの味。

同行のピザレストランを経営するチーズ職人の男性も「コレはマネしたい!」と大絶賛。確かにイタリア料理にも合いそうである。

佐々木希と大政絢の超絶美女コンビ ビキニで仲良し旅ショットを披露

芸能界でも「美人すぎる仲良しコンビ」として有名な、大政絢(26)と佐々木希(29)がともに休日を過ごす写真が注目を集めている。

 

■すっぴんに見えるのに衝撃のかわいさ

大政がインスタグラムに「佐々木と海に遊びに行った」写真をアップしたのは、3日。

「こまちゅとのんちゃんと夏休み〜〜 たくさん遊びました〜!」

 

と共通の友人をふくめ、海で遊ぶ姿を撮影した写真を掲載。泡の浮いたプールに入っている、ほぼすっぴんと思える顔でも天使のようにかわいらしい。2人の「美クオリティ」は衝撃的ですらある。

こまちゅとのんちゃんと夏休み〜〜たくさん遊びました〜!

A post shared by 大政 絢 (@aya_omasa_official) on Nov 2, 2017 at 8:48pm PDT

■かっこいい大政とキュートな佐々木

夜の海で撮影下写真には、

「夜の海も綺麗だった〜」

 

というコメントが添えられている。

夜の海も綺麗だった〜

A post shared by 大政 絢 (@aya_omasa_official) on Nov 3, 2017 at 12:10am PDT

少女のように愛らしい佐々木に抱きつく、凛とした美貌の大政はカップルに見間違えるほどの仲睦まじさ。

秋のレジャーはどうする? インスタグラマーは紅葉の絶景に期待か

(kumikomini/iStock/Thinkstock)

秋は行楽にもってこいのシーズン。11月は祝日が2日あり、「どこかへレジャーに出かけたい!」と計画を立てている人も多いだろう。これからの時期なら紅葉も見ごろだ。

そこで、しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、今年、紅葉を見に行く予定があるか調査を実施した。

 

■紅葉を見に行く?

紅葉を「見に行く予定だ」と回答したのは11.7%。「機会があれば行きたい」と答えた27.3%を加えると、全体の4割が紅葉狩りを楽しみたいと考えているようだ。

一方、「たぶん行かない」は14.3%、「行かない」は46.7%だった。

年代別では、「行く予定」「行きたい」を合わせて半数を超えたのは60代のみだった。

 

■紅葉スポットもインスタ映え

特徴別では、インスタグラマーで紅葉狩りに行きたい人の割合が52.2%と、使っていない人と比べて15ポイントも高い。紅葉の名所でインスタ映えを狙うユーザーが多いことがわかる。

また、LINEを使っている人も、使わない人より見に行きたいと考えている人が多い。さらに紅葉への興味で大きな差が出ていたのは、自分を恋愛体質だと思うかどうかで、20ポイントも差が出ている。

夏の疲れを解消し、癒しを求める旅には、紅葉だけでなくグルメや温泉もセットで楽しみたいもの。

また、最近はライトアップをしている名所も多く、混雑していなければなお良い。あとは秋晴れに恵まれることを祈るばかりだ。

・合わせて読みたい→シーズン到来の紅葉狩り! 本気で狩っちゃう人の「やめられない性癖」とは?

東京都民が考える『北海道旅行のムリすぎる日程』に挑戦してみた結果

クルマに乗っている人ならおなじみのエンジンオイル『Mobil 1™』。

2017年で日本発売40周年とのことだが、なんとそれを記念して、キタンクラブの人気カプセルトイ『コップのフチ子』がカーライフサポーターに就任したそうだ。

以前からMobil 1を知る人からすると、F1など自動車レースの印象もあるので「なぜフチ子…?」と思ってしまった。

そこで、Mobil 1担当者にきっかけなどを取材したところ、以下のコメントを得ることができた。

 

■なぜMobil 1がフチ子…?

Mobil 1は、一見難しそうなエンジンオイルという商品を、より多くの方に身近に感じて頂くため、様々なカーライフと共に皆様に情報を発信しております。

 

このたびMobil 1は、日本発売40周年を迎えたことを記念し、全国プロモーションを展開します。

 

それに際して、そのコレクティブ性に老若男女問わず人気を博す、「コップのフチ子」に目を向け、「コップのフチ子」が多くの難解なポーズをコップのフチで繰り広げる様子から、私たちのエンジンオイルについても、オイル缶のフチから分かりやすく伝える、お客様に近くに居るサポートスタッフとして起用することを決め、このたび、”カーライフサポーターとして採用しました。

 

レースクィーンやメカニックに扮した「Mobil 1 のフチ子」と共にカーライフをお楽しみください。

 

なるほど…そんな経緯があったなんて、感動した!(某元総理大臣風)Mobil 1もよりユーザーに身近に感じてもらうため、いろいろ挑戦しているんだなぁ…。

Mobil 1のチャレンジ精神に感動した記者も、じつは前から挑戦したかったが、チャレンジ精神が足りず踏み出せなかったことがある。

 

■東京都民が考えるムリすぎる北海道旅行

それは、以前ネットで話題になった「東京都民が考えるムリすぎる北海道旅行」。日程を説明すると

【1日目】

旭川→知床

【2日目】

知床→札幌→富良野→函館

…という、北海道の地理を少しでも知っていたら超キビシイことがわかるもので、多くの道民が「絶対ムリだろw」とバカにしていたのだ。

なぜならば電車で行くことはできず、自動車で行っても約1000キロの行程を走らなければならないから。

ちなみに、GoogleMAPで調べてみると、約18時間のドライブである。な、なげぇ…。

だが、おなじ東京都民からすると「やる前からムリって考えるバカがいるかよ!」と、かばってあげたくなる。というか、できることを証明してあげたい。

これをきっかけにムリすぎる北海道に挑戦したいとMobil 1担当者に話してみたところ「安全には気を使ってくださいね…」と、Mobil 1のオリジナルデザインフチ子を旅の供に渡してくれた。

ひとりじゃなくなったのでがんばるぞい! と勇気がわいてきたので、いざ北海道旅行に出発!

マツコが旅行先で集団行動したがる人に苦言 「わかるわ」と共感の声

せっかく旅行に来たのだから、「みんなと思い出を作りたい」という人もいれば、「のんびりしたい」という人もいるはず。

1日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのマツコ・デラックスの発言が反響を呼んでいる。

 

■マツコはひとり旅派

番組内では「旅行先が雨でも、外に出て観光すべきか?」という投稿が寄せられた。この投稿から、マツコと有吉が「どういう旅行をしたいのか」についてトークを展開。

するとマツコが「みんなで一緒の行動とんなきゃ嫌だって人、嫌じゃない?」と旅行先で集団行動をしたがる人への不満を漏らす。

さらに、「みんなで来たんだからみんなで見ようよ、みたいな人いるじゃん? だから一人で行くのよ」とマツコがひとり旅を好む理由を説明し、有吉も「そうそう!」と共感の声を上げた。

 

■みんな一緒は嫌?

マツコの発言にツイッターでは「わかるわ~」「オレもひとり旅派」などなど、共感の声が多く寄せられている。

マツコわかるわ〜せっかく来たからみんなで行動しよう的な人嫌い

— たー3 (@ta_san29) November 1, 2017

オレも旅はひとりで派。増やしても二人旅まで。

家族で行く場合は、もはや旅に似た何か。旅ではない。

旅先でまで、気をつかいたくない。 #かりそめ天国

— 森 光司 馬と鉄道と日ハムとaikoの人 (@Cozymarch25Mori) November 1, 2017

私も集団で行動するのやだわ #かりそめ天国

— 樹利亜。 (@pinkblliant6767) November 1, 2017

大人数の行動は苦手だから今日の放送はしょっぱなから共感した#かりそめ天国

— エトゥヨシ (@non_eto__uyosh) November 1, 2017

日ごろの人間関係を断つことができるのも旅行の魅力。「せっかくの旅行なのに人間関係で悩みたくない」と考え、ひとり旅を好む人が多いのかもしれない。

 

■女性はやっぱり集団行動が好き?

しらべぇ編集部では全国20〜60代の女性829名に「女ひとり旅をしたことがあるか」を調査。その結果、女性ひとり旅の経験者は13.5%にとどまっている。

女性は集団行動を好む傾向があるので、旅行もみんなで行きたいと思う人が多いのかも。

最近では、旅行先の写真をSNSにアップするのが当たり前になっている。

「友達と仲良く旅行している私」という、充実した自分を演出してくれる写真を撮るため、友達と旅行をしたがる女性は少なくないはず。

女性にとっての旅行は、「どこに」行くかではなく「誰と」行くかが重要なのかもしれない。

「ガソリン代を出さない友人」に不満 「儲けようとするのはセコい」と賛否両論の声

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

友人たちと旅行や遠出をするため、車でドライブしたことがある人は多いだろう。しかし「ガソリン代」をめぐって、友人とトラブルになった人もいるはず。

このことについて、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』のとあるトピックで議論が展開されている。

 

■ガソリン代を払わない友人

周りの友人は軽自動車やコンパクトカーのため、出掛ける際は車を出すことが多いという投稿者。

旅行などの遠出の場合は、「最初から割り勘で」と話をしているため問題ないが、県内の移動の場合、ガソリン代や高速料金を払うつもりがない友人もいるという。

投稿者は「それが何度か続くとイライラしてしまいます」と不満を漏らし、悩みを訴えた。

 

■投稿者に同情する声

旅行に比べ、県内の移動はたしかにそれほどガソリン代がかからないだろう。しかし、高速代を含め、ちりも積もれば山となる額のはずだ。

この投稿を受け、ネット民からは「許せない」と投稿者に同情する声があがった。やはり、投稿者と同じ経験をしている人は多いのだろう。

また、車に乗せてもらう側の意見として「ランチは奢るようにしてる」といった意見も寄せられた。

・それ友人やない。断れない性格の投稿者を無料タクシー替わりにしとる姑息な奴らや

 

・わかる。いつも車出してるけど当たり前に思われるのはどうかと。ガソリン代とは言わないからたまには飲み物とかおごってくれたりするだけでも違うと思う

 

・毎回お礼もらうつもりもないけれど、乗せてもらって当たり前の態度も腹立つ

 

・近所で車ないママ友が、買い物行くなら乗せて行ってと週に何回か連絡くる。当たり前のようになってきたから、最近は理由つけて断ってる