既婚者

独身は損をしていると思う? 該当者たちのリアルな本音は…

(maroke/iStock/Thinkstock)

「既婚者と独身者、どちらが得・損をしているか」の議論がある。

「結婚は墓場」というように、経済的にも肉体的も自由を失うため「損をしている」と思う既婚者がいる一方で、独身者は「孤独で寂しく、税金も高い」ため、損だという意見も。

 

■独身者は損をしているのか?

独身者と既婚者どちらが得なのか。しらべぇ編集部では全国20代~60代の独身者617名に、「独身者は損をしていると思うか」調査。

結果、「共感する」と答えた人は11.1%、「理解はできる」は37.0%で、独身者は損をしているという考えに肯定的な人は、48.1%。

一方、「違和感がある」と回答した人は32.1%で、「おかしいと思う」は19.3%。否定的な人は51.4%で、肯定的な意見をわずかながら上回った。

僅差ではあるが独身者は自分の状況が「損である」とは思っていない人のほうが多い。

 

■独身者の意見は?

複数の独身者に意見を聞いてみた。

「自分は一人暮らしで彼女もいないので、やっぱり寂しい。友人が続々と家庭を持つなか、自分だけが取り残されているような気がして。

 

税金も高いし、仕事でも『長期出張は独身のお前が行って来い』ということがある。損をしていると思います」(30代・男性)

 

「地方から東京に出て仕事をしていますが、実家に帰ると『結婚しろ、結婚しろ』と言われ、いつの間にか帰りづらくなってしまった。

 

仕事に生きると決めたものの、やっぱり子供や旦那と仲睦まじく道を歩いている女性を見ると、寂しくなる。既婚者はそんな思いを当然しないわけですから、やっぱり独身は損ですよ」(40代・女性)

 

「稼いだお金を自由に使うことができますし、1人旅もし放題。友人は嫁に財布を握られて、一ヶ月の小遣いが15,000円しかないと言っていました。そんな生活、自分には無理です。

 

恋愛も自由にできますし、得な条件がすべて整っている。自分は独身者が損をしているとは思いません」(30代・男性)

 

独身は損か、得か。あなたはどう思う?

いい迷惑! 「たったこれだけで? 」不倫だと疑われた行動3選

(©ぱくたそ)

既婚者にとって他人事ではなくなってきた不倫問題。中には、「もしかしてうちの夫も…」と過敏になるあまり、些細なことで不倫を疑ってくる人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、女性たちに「こんなことで不倫を疑われるなんて…」と思った行動を聞いてみた。

 

①20年来の友達なのにメールをしているだけで不倫を疑う

「小学生の頃からずっと仲良くしていた20年来の友達だった男性がいます。彼の奥さんも私の友達だった子で、私の紹介で出会って結婚したのに、結婚後にも彼と連絡を取っていたら…。

 

彼女は『もしかして不倫? もうふたりで連絡は取らないで!』とブチギレし、彼とは連絡が取れなくなりました。

 

彼とは20年以上の友達だし、私の紹介で出会ったくせに…」(女性・30歳)

 

②血の繋がりのある親戚関係なのに不倫を疑う

「母親が亡くなった時に、号泣した私の背中を3歳年上のイトコがさすって励ましてくれました。その光景を見たイトコの嫁が『あのふたりは怪しい!』と言い出したことが。

 

血が繋がっている親戚同士の不倫を疑ってくるなんて、昼ドラの見過ぎだろう…と、ドン引き。

 

こんなので疑われたら、親戚といえど男性の隣に座ることすらできません」(女性・29歳)

 

③一緒に出張へ行った夫の女性上司に不倫を問いつめる

「営業職で出張も多かったんですが、私が教育係になった新人の男性後輩とふたりで地方を回ることが数回ありました。

 

それを新婚かつ若い奥さんが疑ったんでしょうかね。ある日、社用携帯に電話があり『うちの夫と不倫していませんか?』と言われたことが。

 

一応、私は彼の上司なんですが…。こういう奥さんは男性の評価を落としますよ」(女性・32歳)

 

▪️不倫を問いつめるのは証拠をつかんでから?

しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,340名に「不倫をしたことがあるか」について調査したところ、およそ2割が「不倫したことがある」と回答。

不倫の芽は早いうちに摘みとりたくなるが、やっていないことを疑われて騒がれるのは、誰しも不快になるもの。

最悪の場合は、相手から名誉毀損で訴えられることも…。事実確認はしっかりとしてから問い詰めたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→男性は性欲が強すぎる? 女子たちのリアルな本音は…

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日対象:全国20代~60代の男女1,340名

あなたの配偶者も? 意外に多い「離婚届」を隠し持っている人

(sharaku1216/iStock/Thinkstock)

幸せいっぱいな気持ちで役所に提出する「婚姻届」、そしてその対極の存在である「離婚届」。最近は離婚する夫婦も増えているが、できることなら、人生で1度も出したくない書類だろう。

しかし、「離婚届を常に手元に用意してある」人がいるというのだ。

 

■若者ほど「離婚届は準備済み」?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の既婚男女705名を対象に、「離婚届」について調査したところ、全体の8.5%が「手元に持っている」と回答。

年代別で見てみると、意外にも若い人に多い。

結婚してから、そこまで時間が経っていないであろう20代がダントツで、20.7%。30代でも13.5%と高い数字だ。

「今すぐ離婚! とかは考えてませんが、いざという時のために」(30代・女性)

 

「以前、奥さんに浮気されて。再構築しましたが、また浮気したら即離婚するからな、と言っているので」(20代・男性)

 

しかし、40代になると減少し、1割以下の数字に。

「手元に離婚届が必要な関係なら、とっくに別れてる」(50代・男性)

 

ということなのかも。

 

■やっぱり? 一度経験すると…

再婚経験者は、やはり不安があるようで、離婚届所持の割合が高い。

「今の旦那を信じていないわけじゃないんですよ。でも、前回いろいろあったので、『何か起きたときにすぐ動けるように』と。お守りのような感じですね」(30代・女性)

 

一方で、こんな意見も。

「もしも配偶者が離婚届を持っていたら、『自分と別れたいのかな?』と疑心暗鬼になる。別れる気なんて1mmもないので、離婚届なんて必要ない」(40代・女性)

 

「以前の奥さんは、怒るとすぐに『離婚よ!』って離婚届突きつけてきた。その度に愛情が減っていって、0になったときに本当に出した」(30代・男性)

 

夫婦仲が悪いなど、さまざまな理由で用意しているのだろうが…くれぐれも「脅しの道具」として使わないように。

・合わせて読みたい→いしだ壱成が元妻へ課したルールに非難殺到 「モラハラ」と厳しい声も

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の既婚男女705名(有効回答数)

「不倫を自慢する45歳未婚のお局」に20歳の妊婦が一矢報いるスカッと展開

(YusukeYamamoto/iStock/Thinkstock)

「結婚」や「妊娠」とは、女性にとってとても大きなライフイベントの1つ。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』に、若くして結婚・妊娠した女性に対する、年上女性からの嫌がらせに関するトピックが話題となっている。

 

■20歳既婚女性と45歳未婚女性の確執

投稿者は、2年ほど前に結婚、現在20歳で第一子を妊娠中という女性。彼女は、出産・育児のために今年いっぱいで退職する予定だという。

そんな彼女に対し、職場でキツく当たってくるという女性が。その女性は45歳で未婚なのだが、既婚男性との不倫を楽しんでおり、それに対して罪悪感を感じるどころか自慢げに同僚たちに話しているような人物なのだそう。

投稿者は妊娠が発覚し、退職する時期が近づくにつれ、その女性から「その年で結婚?」などど、結婚年齢などに関してひどい陰口を言われるようになってしまった。

 

■不倫女性に強烈な一撃

そんなある日、投稿者は「もう辞めるし…」と、思い切って反撃に出ることに。

「その年齢で不倫しかしてないなら結婚とか一生無理ですね。孤独死避けるために対策とったほうがいいですよ。老後の貯金してます?」

 

すると、相手の女性はヒステリックに怒り出し、その場で大暴れ。

投稿者は「年齢などを理由に自分のことを散々悪く言っていたのに…」と思いつつも、女性のあまりにも酷く怒り狂った様子に「これって私が悪いの?」と疑問を抱き、ユーザーらに問いかけている。

 

■「グッジョブ!」思い切った発言に賞賛殺到

こちらの投稿には、投稿者の思い切った発言に賞賛の声が相次いでいる他、「スッキリした」というコメントが多く寄せられている。

・「よく言った!」と思いました(笑)僻まないと生きれない人…いますよね

 

・退職の置き土産に、もっと言ってもいいと思うぞ!

 

・自分でも分かってて図星だから、悔しくて怒りのやり場をなくしたのでしょうね。さぞやそのオバサン悔しかったんだろうな

 

・よく言い返した! スッキリ! 私はそれに負けて先月退職した身なので、主さんの勇気が羨ましいです。でも、逆恨みが怖い…。妊娠中との事なので、お気をつけくださいね!

 

相手の女性が憤怒のあまり職場で暴れだすような人物なため、「逆恨み」に警戒するようにと、投稿者に呼びかけるユーザーも。

 

■女性は「結婚=成功」の意識が高い

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,365名を対象に「人生の成功は結婚」だと思っている人の割合について調査を行ったところ、各年代とも男性より女性の方が高い割合を占めている。

男性よりも女性のほうが、「結婚」に対する意識や感心が高いようだ。

思ったことをストレートに相手に伝えることはなかなか難しい中で、自分の陰口を叩いている年上の人物に対し、一矢報いた投稿者の勇気と度胸は素晴らしい。

しかしながら、時として「逆恨み」されてしまう場合もあるため、すべてのケースにおいて本人への直訴が得策であるとは言いがたい。

・合わせて読みたい→妊娠を理由に友人の結婚式を断ったら… 新婦の「最低発言」に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日対象:全国20代~60代の子供がいる女性353名(有効回答数)

本気なのにその態度は許せない! 婚活中にイラっとする相手4選

(hungryworks/iStock/Thinkstock)

晩婚化が進む昨今、「婚活」に励む人も増えてきている。出会い系アプリをはじめ、婚活バーやお見合いパーティーなどは、どこも盛況だ。

そんな婚活だが、男女の問題であるだけに、上手くいかないことのほうが多いだろう。そうなると、思わず「イラっ」としてしまうことも。

 

■婚活中にイラっとしたことがある?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代〜60代の婚活経験者249名に、婚活についての意識調査を実施。

結果、「婚活中にイラっとしたことがある」と答えた人は、36.1%。多いと感じるか少ないと感じるかは意見の分かれるところだが、確実に存在していることは間違いない。

 

■イラっとした相手4選

どんな相手にイラっとするのか。複数の婚活経験者に聞いた声を紹介しよう。

①突然連絡が取れなくなる人

「婚活って基本的に複数人と同時進行なので、『いい感じで進んでいる』と思っていたら突然、連絡がとれなくなくなることが。

 

『別の人とおつきあいすることになりました』と言ってくる人は稀で、だいたい終わりは突然なんですよね。ババ抜きのカードのように、簡単に捨てられてしまいます」(30代・男性)

 

②金銭目当て

「かなりの美人と出会って、食事に行ったのですが、『あなたと結婚は考えられない。でも、おごってくれるなら会ってあげる』発言。

 

冴えない男が集まる場を狙って、金ヅルを探しているのでしょうけど…。怒って帰りました」(30代・男性)

 

③既婚者

「いい感じで話が進んでいき、つきあうことに。でも土日は会ってくれないし、メールの頻度もまばらで、家に招かれたこともない。

 

不審に思って後をつけてみたら、奥さんと子供の姿。ハッキリ言って慰謝料を請求したいくらいでした。婚活バーで出会ったのですが、しっかりチェックしてないんですね」(20代・女性)

 

④年収で人を判断する

「やたら男性の年収を聞いて、高いほうになびく人。結局、金かよってなりますよね。

 

そんなマインドだから、結婚できないんじゃねえのって思っちゃう」(30代・男性)

 

婚活の場は、まじめに結婚相手を探しに来ている人がほとんど。誰かをイラっとさせるような態度を取っていると、自分の幸せが遠のいてしまうかも。

・合わせて読みたい→未婚率上昇でも…3割が思う「35歳超えて独身」はワケあり

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の婚活経験者249名(有効回答数)

否定しているけど 「それは不倫でしょ」と疑う既婚者の行動3選

(uygaar/iStock/Thinkstock)

いくら本人たちが否定しようと、周りの目から見ると「それって不倫でしょう」と疑う行動もあるようだ。しらべぇ取材班は、人々に話を聞いてみた。

 

(1)「仕事」と嘘をついて、ふたりで海外旅行へ行く

「お互いに結婚をしており子供もいる仲良しな男女がいるんですが、家族に『仕事』と口実をつけてふたりだけで一緒に海外旅行へ行った、と聞いて驚愕…。

 

本人達は『異性として見てない。ホテルも別々だった』と、恋愛関係は否定。でも友人同士の旅行だとしても、もう既婚者なんだから、周りはいい目では見ないよ…」(男性・36歳)

 

(2)何十万円もする品をプレゼントしてもらう

「セミナー講師をしている女性先生がいるんですが、男性生徒からアップルウォッチや高級ブランドの品をしょっちゅうもらっていて、それをブログで嬉しそうに報告。

 

先生は『彼はただの弟子』と言っていますが、生徒たちの間では、高額な品をあげて、それを受け取るって『よほどの関係じゃないとないよね?』と、疑いが広がっています」(女性・42歳)

 

(3)他人の旦那に肩車をしてもらう

「子供の小学校にいる父母で、よくふたりで喋っていて、それだけで疑いの目。ある日、PTA行事で、高い場所にあるものを取る時に、周りに登れるものがなかったら…。

 

その女性が男性に『肩車して。私が取る』と、ぴったりの呼吸で肩車を。他人の嫁と旦那で普通はしないですよね。それを見た時に、このふたりってやっぱり…と思いました」(女性・33歳)

 

▪️不倫は人生を壊す恐れも…

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代〜60代の男女1,352名に「浮気をしたことがある」かを聞いたところ、「はい」は2割超えの結果となった。

浮気は大事な人を裏切る行為であり、さらにこれが不倫になると離婚や慰謝料などの人生を壊すトラブルともなりえる。

不倫をしないのはもちろんだが、周りから疑われるような行動も慎んだほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→12星座別ランキング! 芸能人の不倫をバッシングすべきと思う星座は

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日対象:全国20代~60代の男女1,352名(有効回答数)

「石川県かほく市ママ課」が独身税の導入を提案? ネットでは怒りの声

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

1日、石川県かほく市のプロジェクト「ママ課」が「独身税」の創設を提案したことが判明。これに対し「イジメだ」「差別するな」など、批判の声があがっている。

 

■「独身税」の導入を提案

批判の対象となっているのは、石川県かほく市が運営するプロジェクト「ママ課」。課のメンバーである女性7人が、財務省主計官との懇親会に出席する。

そのなかでメンバーが、「結婚をして子供を持つと生活水準が下がる。その分を独身者に負担をお願いできないか」と独身税創設の可能性について質問したという。

主計官は独身税の議論があることを認めたが、「進んでいない」と発言。本格導入については、言及しなかった模様だ。

 

■独身者を中心に怒りの声

「ママ課」としては子を持つ母への救済策と考えての発言だったようだが、怒りの声が噴出。炎上状態に。

独身税創設、たばこ税増税は言うに及ばず、「健康な老人が多ければ税負担軽減」ってお前、「不健康な老人は我が自治体から追い出せ!」的な地獄が生まれるに決まってんじゃねえか…どうやったらこんな「わたし以外皆殺し」なナイスアイデアがポンポン出てくるんだ…

— 名無しブラックハンド総帥 (@nns_blackhand) September 1, 2017

かほく市ママ課….我が子を育てるのを、「負担」って……親本人が使っていい言葉じゃないと思うんだけどな。大変なのは分かる、でも言葉選びは考えたがいい。びっくりした、母親やめた方がいいと思う。

— かるた (@karuta032) September 1, 2017

独身だと損をするぞ! 税金取るぞ!→独身税で自由に使うカネがない。結婚なんてムリ。

という若者を更に量産するだけじゃないかと思うのだけど。自分の好きなことしてなお配偶者と子供養えるお金がないと安心して結婚なんてできないよ、という人が多いんじゃないだろうか_(:3」∠)_

— リュート (@ryuto1744) September 1, 2017

結婚したくてもできない人に辛すぎるだろ独身税。「そういう人は申請していただければ免除されます。結婚できない理由を書いていただき…」みたいな制度もできるんだろうか。申請通ったらそれはそれで「あぁ…これじゃ結婚できなくてもしょうがないですね」って認定されたようで涙出そうw

— 紺野アスタ@なろうで連載中 (@asta_konno) September 1, 2017

独身税は独身者へのヘイトであるだけでなく、金銭の搾取までするので、中世の税制度に近しいものがある。これが通るなら外国人税や同性愛税、男税、女税まで通ることになる。

— infoskull (@giwa7) September 1, 2017

この件に関するネット民の反応は大きく、「かほく市ママ課」やニュースを報じた「北国新聞」がTwitterのトレンド入りするほど。