日常

こんなの納得できない! 「世の中がおかしい」と感じる瞬間4選

( miya227/iStock/Thinkstock)

日常生活では「常識」とされていることが、多々ある。しかし、「それはおかしいだろ!」と叫びたくなることも少なくない。

そのような感情を持ったことがある人は、どれくらいいるのだろうか。

 

■日常生活で「世の中がおかしい」と感じている人は…

そこでしらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,348名に、「世の中がおかしいと感じたことがある」かどうかを調査。

結果、72.9%が「ある」と回答。やはり現代社会に「おかしさ」を感じている人は多いようだ。

 

■性年代別に見てみると…

「世の中がおかしい」と感じている人を性年代別に見てみると…

全体的に女性の割合が高く、50代女性は85.8%と突出して高い。

詳細は不明だが、女性は男性より世の中の「不条理」を感じてるケースが多いのかも。

 

■「世の中がおかしい」と感じる瞬間4選

具体的に「世の中がおかしい」と感じるのは、どのような時なのだろうか。複数の人に聞いてみると、以下のような回答があった。

①エスカレーターの片方を開ける

「エスカレーターで関東なら右、関西なら左側を歩行用に開ける習慣。エスカレーターって本来歩かないものなのに、『歩く人がいる』前提で隣を開けるのは、おかしいと思う」(30代・男性)

 

②ほとんどの会社が朝9時始業

「ほとんどの会社が9時始業っておかしくないですか? 別に10時でも11時でも良いのに。

 

その影響を受ける満員電車もおかしい。『8時間働けばいつ来ても良い』くらいのおおらかさがあっても良いと思う」(20代・女性)

 

③正直者がバカを見る

「自分に正直に生きると、詐欺に騙されるなどして損をする。結局、小狡い生き方をしている人間が出世して、偉くなっているような気がする」(50代・男性)

 

④結局ルックスの良い人間が得をする

「非モテでルックスの悪い人間がいくら努力をしても、結局ルックスの良い人間が得をする」(40代・女性)

 

現代社会に複雑に入り組んだおかしい点の数々。変える努力をしていきたいところだが、なかなか難しいかも。