日本テレビ

父が会社を8回クビ、オードリー若林が極貧幼少時代告白 「ご飯のおかずは豆腐だけ」

『ヒルナンデス』(日本テレビ系)など数々のレギュラー番組に出演、エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)を発表するなど多方面で活躍するオードリー・若林正恭(39)。

19日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で、幼少期の極貧生活を告白し、話題となっている。

(画像は日本テレビ『ヒルナンデス』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■会社を8回クビに

「父が会社を8回クビになっていた」ことを大人になってから知った若林は、子供の頃は「親父がいつも家にいるな」と違和感を覚えていたと明かす。

父がいつも家にいると「ウインナーとご飯だけ」「豆腐とご飯だけ」など、おかずが減る。逆に父が家にいないとおかずが増えていき、「それを何度か繰り返した」という。

また、おかずを食べなくなるため「ふりかけ禁止令」が父から言い渡されていた。給食で初めてふりかけを食べたとき「眉間が爆発するほどうまかった」と当時を振り返った。

 

■クビの理由は「サボり」癖

若林の父が会社をクビになる理由は「サボり」癖。営業車で自宅前に駐車し自宅で昼寝していた父。路上駐車を取り締まっていた警察が営業車に書かれた会社に連絡し、社長は住所から「若林の家が近い」と気づき、若林宅に電話。

寝ぼけた父が電話に出てサボっていたのが発覚しクビになった。他にも「朝まで麻雀をして仕事を休む」など、サボり癖はなかなか治らず転職を繰り返した結果、家計を圧迫したようだ。

みのもんた絶賛! 沖縄県民の熱愛グルメ「イカスミ汁」が『ケンミンSHOW』で話題に 

(ENOKI/iStock/Thinkstock)

16日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』で、沖縄県民が熱愛する驚きの食べ物が紹介され、ネットで話題になっている。

 

■悪魔の飲み物?

沖縄といったら、ソーメンチャンプルーや島豆腐など、数々の熱愛グルメが紹介されてきた。そこで、今回は泣く子も黙る漆黒のスープ、イカスミ汁が紹介された。

ファミリーレストランでイカスミスパゲッティなどのイカスミ料理を目にすることはあるが、イカスミ汁を見たことがある人は少ないのではないだろうか? 

そんな、気になるイカスミ汁だが、沖縄県出身のガレッジセール・ゴリは以前の放送で「沖縄でとくに有名なイカスミ汁っていう真っ黒い悪魔の飲み物みたいなものがある。見た目のグロさと味のおいしさが全然違います」と絶賛していた。

 

■スタジオは大絶賛

沖縄県民であれば老若男女問わず大好きなイカスミ汁をスタジオで試食すると…

みのもんた:コクがあっておいしい、クセになる。

 

大路恵美:ご飯がすぐに食べたくなる味。みんなで黒くなって笑うのも楽しい。

 

など、絶賛の声が多くあがった。ゴリは「見た目は悪魔だけど味は天使です」と笑いを交ぜつつ語った。

武井壮「運動神経で女性を選ぶ」 吉田沙保里との霊長類最強遺伝子カップルに期待の声

十種競技で優勝、世界マスターズ陸上リレーで優勝するなど、アスリートとしても活躍する武井壮(44)が、14日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で「運動神経で女性を選ぶ」と語り、話題となっている。

 

■異性の好みが変化

自覚はなかったが、「異性の好みが変わってきた」と指摘される武井。

顔や性格ではなく、「クラウチングスタートの姿勢で太ももの筋肉が膨張している姿」や「バレーボールでスパイク後の着地を柔らかに決めたとき」など、「運動能力に惹かれるようになった」と明かす。

付き合っていた陸上選手から「私の足が速いから付き合っているんでしょ」と尋ねられ、そこでは否定したが、よくよく考えれば「女性を遺伝子で選別している」かもと熱弁。

明石家さんま(62)も「女性側の遺伝になるから、運動能力が高い女性と結婚したかった」と武井の意見に賛同した。

 

■最強遺伝子は…

「最強の遺伝を見つけたい」武井に、周囲は霊長類最強女子・吉田沙保里(35)を勧めるが、イケメン好きを公言している吉田だけに武井も及び腰。

「前回の収録でも(さんまからお似合いだと)勧められたが、一切連絡先を聞いてこない」と愚痴ると、「それは男から聞いてきてよ!」と乙女の一面をのぞかせ、スタジオを盛り上げた。

マツコも困惑 「女性が男性になったらやりたいことランキング」は下ネタ不足? 

((C)ぱくたそ)

13日深夜『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、「女性が男性に入れ替わったらやってみたいこと」をランキング形式で紹介。

マツコ・デラックス(45)も困惑したその結果に、視聴者から反響が起こっている。

■『君の名は。』状態になったら…

「男女の入れ替わり」を描いた映画『君の名は。』の空前のヒットを受け、女性200名に「身体だけ男性と入れ替わったら何をしたいか」アンケート調査、トップ10が番組で発表された。

10位「筋トレしてマッチョに」から順に「ヒゲを生やす」「坊主頭になる」など男性的な見た目を楽しむという意見が続く。

7位~は「エッチなお店で遊ぶ」「暑いときに頭から水をかぶる」「可愛い女の子をナンパ」「ひとりラーメンや牛丼」と、男性でなければ普段やりづらい行動に票が集まった。

 

■村上「立ちション」、マツコは「乱暴者になる」

3位は「女の子とエッチ」、2位は「ビシッとスーツでキメる」と続くと、スタジオから驚きの声が。マツコも「誰がとったアンケート?」と首を傾げる。

ここで関ジャニ∞・村上信五(35)は1位を「立ちション」、マツコは「乱暴者になる。やんちゃにね」と予想。

正解が「暑いときに上半身裸になる」だと発表されると、マツコは「そんなに裸になりたいの?」と最後まで困惑を隠せなかった。

『カラダWEEK』中村アンのミニスカ姿が大反響 くびれと美脚に羨望の声

運動を通じて今一度健康作りを見直してもらおうと、日本テレビが実施している『カラダWEEK』。日本テレビ系の人気番組で様々な企画が行われる他、簡単にできるエクササイズや健康法を紹介してくれることでも話題となっている。

そんな『カラダWEEK』のマネージャーに就任したのが、モデルの中村アン。彼女の健康的な美貌もさることながら、独特なファッションが話題となっている

 

■ミニスカートでくびれと美脚を披露

初日を迎えた13日、中村は『カラダWEEK』のユニフォームに膝上のミニスカートという爽やかなスタイルで、『ZIP!』(日本テレビ系)や『スッキリ』(日本テレビ系)など、朝から生放送の情報番組に立て続けに出演。

カラダWEEK ‍♀️マネージャー中村アンさんと空気イスにチャレンジ🤨桝さん顔ヤバいよっ🤣 . #今夜9時 #くりぃむしちゅーのレジェンド #アスリートの伝説エピソード #カラダWEEK #マネージャー #中村アン . #桝太一 #川島海荷 #ZIP!

A post shared by ZIP! (@ntvzip) on Nov 12, 2017 at 8:50pm PST

「腹筋女子」として、インスタグラムで度々体を鍛えている様子をアップしている他、程よく割れた腹筋に女性たちから羨望の声があがっている中村。

出演した様々な番組でストレッチやエクササイズなどをレクチャー。体を動かすので彼女のトレードマークである「かき上げ前髪」をかき上げる姿も頻繁に見られた。

 

■健康的なプロポーションに羨望の声

ミニスカートにトップスの裾を入れ込んだスタイルで、ウエストの細さと引き締まった美脚を惜しげもなく披露した中村。インターネット上では、そんな彼女の健康的な美貌に対し羨望の声があがっている。

中村アン綺麗やな~❗

— トラボード (@ID2z5Uh30nQUO9K) November 13, 2017

中村アンみたいな体型になってみたい 絶対なれないけどww

— nami✨ (@PekoPoko04) November 12, 2017

中村アンちゃんが毎日ジムにいれば通いで頑張れるのにな〜

— 大久保彩香 (@6Aya_kan27) November 12, 2017

中村アンの前髪のかきあげを手伝いたい

— 無数に広がるダニ (@MUsuuuihiroGA3) November 12, 2017

改めて発揮された中村の健康的な魅力に、男女問わず視聴者から大きな反響が。また、頻繁に前髪をかき上げる姿にドキッとしてしまった視聴者は少なくないもよう。

 

■「身体に良い生活」意識している男性は半数以下

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,357名を対象に「身体に良い生活を意識している」どうかについて調査を実施したところ、意識している人とそうでない人の割合は全体としてはおおよそ半々といった結果に。

「意識している」人の割合を男女別に見て見ると、女性の56.7%に対し男性は47.2%と男性はわずかながら半数を下回った。

「運動不足」と感じている方は、中村とともにエクササイズにトライしてみてはいかがだろうか。

犬まで脅迫するディーンに視聴者苦笑? 『今からあなたを脅迫します』

(画像は『今からあなたを脅迫します』公式Twitterのスクリーンショット)

『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の第4話が12日に放送された。イケメン俳優・ディーン・フジオカが脅迫屋を演じるこのドラマ。以前しらべぇの記事で紹介したように、時たまダジャレを言う姿には女性たちもゾッコンだ。

そんな中、第4話序盤でディーンが脅迫したある相手に、視聴者は衝撃を受けることに。

 

■第4話「澪の両親事故死の真犯人を脅迫」

澪(武井咲)はお墓参りをしている際に、澪の母・七海(石田ひかり)に世話になったという國枝友基(森田甘路)と出会う。彼は教師だった七海の死を今でも悔やんでいる1人だ。

その場で國枝は、澪の両親の事故における真犯人の存在を匂わせるような発言をする。不審に思った澪は栃乙女(島崎遥香)に、7年前に起こった両親が亡くなった交通事故の調査を依頼。

そんな中、國枝が傷害事件を起こして逃走。國枝にメールを送っていたことから、澪は聴取のため警察に呼ばれることに。そこで、國枝が襲った男が7年前、澪の両親をひいた車に同乗していた添島邦昭(前田公輝)だと知ってしまう。

にも関わらず、添島は服役しておらず、身代わりになった人間がおり、しかも服役後、添島の父の会社で出世をしていた。

 

■澪がまさかの脅迫…!?

千川の脅迫提案を拒否した澪は、自ら添島と話すことを決断する。だが、当時飲酒運転をして両親を轢いたとまったく反省する様子のない添島に澪はショックを受ける。

その後、千川は國枝に脅迫を提案し、依頼を受けることに。千川は添島が裏稼業と繋がっているという趣旨の発言をしていたのを思い出し、自らの繋がりで裏業界のトップに近づき、腕の良い掃除屋を紹介してもらう。

添島を捕まえた千川は、その場面に澪も立ち会わせる。そして事故の際、添島が掃除屋を頼んだように、添島を殺したら後処理は同じようにしてやると脅迫した。

最終的に澪は添島を生かしておくことを選択。最後に千川は添島に「自分の罪を自首しないと殺す」と脅迫し、この回は幕を降ろした。

ヌルヌル食材を頭からかぶって滑る 『鉄腕DASH』城島茂の身体を張った挑戦が凄すぎた

12日放送の日本テレビ系バラエティ番組『ザ!鉄腕DASH!』で、城島茂がリアクション芸人ばりの「ヌルヌルヘッドスライディング」に挑戦。

その様子が「アイドルの域を超えた」「凄すぎる」と話題になっている。

 

■城島が「ヌルヌルヘッドスライディング」に挑戦

今回城島が挑んだのは、日本に古くから伝わる「天然ヌルヌル食材」のPR。

ヌルヌル食材日本一を決めるべく、全国から集められた食材(廃棄予定のもの)をコースに敷き、城島がサンドバッグに乗ったうえ、特殊発射装置から一気にヘッドスライディングで滑り、その距離を競うのだ。

特殊装置の前に現れたのは、全身白タイツの城島。茶色い沖縄もずくを頭からたっぷりとかけられ、全身茶色のヌルヌルに。その姿は、まるでアイドルとは思えない。

 

■滑ったあとは洗浄

さらに滑ったあとは、シャワーで水をぶっかけられ「洗浄」。「冷たい! 」と叫ぶ姿は、出川哲朗や上島竜兵のようなリアクション芸人を彷彿とさせた。

その後も城島は緑色の真昆布、三陸わかめをかけられ顔を緑に染めたほか、群馬県の大和芋を頭からかぶり、「かゆい、かゆい」と苦しみ、酢で身体を拭くシーンも。

まさに体当たり企画となった。

櫻井翔『先僕』パワハラ専務が学校へ! 理不尽な上司とどう向き合う 

今夜放送される、嵐の櫻井翔が主演をつとめるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第5話。

生徒の前で圧巻のロングスピーチを見せた鳴海(櫻井翔)の目の前に上司の加賀谷(高嶋政伸)が現れた第4話のラスト。第5話ではふたりの関係に注目が集まる。

 

■鳴海が伝える「現実」に共感の声が続出の本作

毎話、会社員ならではの視点でストレートなメッセージを生徒や教師たちに伝えてきた鳴海。

第4話でも、授業の改革に伴って反発してきた3年生に対して語った、10分以上のロングスピーチに賞賛の声が集まっている。

「先に生まれただけの僕」やっぱり抜群に面白い…最後の校長の話、自分が高校生の時に聞きたかった。

— のか (@nochu1) 2017年11月8日

先に生まれただけの僕、よかった高校生のときに教えてもらいたかった。私達が知っている職業なんてたかが知れてて、自分の描く未来に進まなければいけない、人に役立つ仕事をしなければいけない、なんて思い込まなくていいと考える暇を与えて欲しかったそしたら私は全く違う選択をしたかも

— まゆう (@donguriko1997) 2017年11月4日

先に生まれただけの僕。今週も良質なドラマだった。校長先生が高校3年生を集めて語る「この先の将来に待ってるもの」、「大学4年間で何を得るべきか」が、その道を実際に経てきた世代からするとわかりすぎて辛い。そんなこと高校生のときに教えてくれた人いなかったぞ。

— まりるん (@marij07pt) 2017年11月4日

社会人の視聴者からの「高校生のうちに知りたかった」という声が目立つ。高校生を子供扱いせずに社会の現実を伝え続ける鳴海の言葉は、着実に本作のファンを増やしていきそうだ。

 

■第5話あらすじ

ドラマ公式サイトからあらすじを見てみよう。

受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。

 

ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気に。自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

 

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)は沙織(井川遥)に接触。校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

 

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える…。

 

やはりパワハラ専務・加賀谷とのバトルは一筋縄ではいかなさそうである。

 

■どこにでも理不尽な上司はいる?

しらべぇの調査によると、上司を「殺したい」と思ったことがある人は4人に1人以上の27%にのぼった。

 

さまざまな要因はあるだろうが、上司の存在に苦しめられている人は多いようだ。

これまで上司の加賀谷にかなりの圧力をかけられてきた鳴海だが、第5話ではどうやら流れが変わりそうな気配。今後、鳴海が本社の中でどう戦っていくのかにも目が離せない。

《これまでに放送した『先に生まれただけの僕』記事はこちら

・合わせて読みたい→『先僕』鳴海校長なら「地毛証明書」をどう解決? 今後の題材に期待の声

会話は本音と建前? 京都府民の秘密に迫った『ケンミンSHOW』に「京都が怖い」の声

(hironakajima/iStock/Thinkstock)

9日に放送された、日本テレビ系バラエティ番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』では、連続転勤ドラマ『辞令は突然に…』を放送。今回は、京都府の秘密に迫った。

 

■本音と建前

京都府民といったら、上品で落ち着きがあり、会話からも気品が漂うイメージを持っている人も多そうだ。しかし、京都府民は会話に絶妙に「本音と建前」を使い分けている。その会話は奥が深く、ときには腹黒さを感じさせることも。

ドラマでは町内会の場面で、騒ぐ子供の母親に「おたくの子供さん元気でええねぇ~」と町内会長が声をかけた。

ところが、これは本当に元気だと思っているわけではなく「元気」というのは建前で本音は「うるさい」と感じている。思わず鵜呑みにしてしまいそうだが、府民同士では本音が伝わるようだ。

 

■褒めて不機嫌?

絶妙に「本音と建前」を使い分け奥が深い会話をする府民に対して、久本雅美が「なんか分かりづらくない? 子供に元気とかって」と本音を示すと、京都出身の千原せいじは…

「だから、『いつも綺麗ですね』と言われると機嫌が悪くなる女性がいる。『綺麗にしてはりますね』と年配の人に言うと若作りしやがってこの野郎という意味」

 

と、気をつけないと恐ろしい京都府民の会話を暴露した。

『奥様は、取り扱い注意』綾瀬の夫役・西島秀俊は公安説が濃厚? 

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

『奥様は、取り扱い注意』の6話が、11月8日に放送された。

今回は殺人事件という、これまでで最も大きな事件が描かれたほか、西島秀俊演じる夫・勇輝の正体もチラつき、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交った。

 

■警察より優秀な主婦

前回は「奥様のプチ家出」といった身近なテーマだったが、

あまりにもこの街がヤバすぎるわ #奥様は取り扱い注意

— saikoro (@saikorokkk) November 8, 2017

との声もあるように、毎週物騒な事件が相次いでいる菜美(綾瀬はるか)の住む高級住宅街。今週はついに殺人事件が起きてしまった。

フラワーアレンジメント教室で知り合った冴月(酒井美紀)との取材の約束のため、菜美が家を訪れると、玄関先に冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)の姿が。

不在の冴月を待とうと中に入った3人だが、リビングで冴月の夫・達郎の刺殺死体を発見する。その後警察やマスコミも介入して、街全体を巻き込んだ大事件に…。

どうやら菜美はすぐに冴月、靖子、千尋の3人が怪しいと気づいたようで、自分の住む街を守るためにあの手この手で事件を解決しようと試みる。

千尋の家に忍び込んで獲得した証拠品をダシに、3人に事件の犯人であることを自白させたが、事件の発端はどうやら痴情のもつれではなく、冴月の夫・達郎への復讐だったようだ。

達郎は学生時代に靖子・千尋を強姦したレイプ犯で、この街に住み始めて偶然再会したが、達郎は2人の顔も忘れ、医者として成功していた。今回の事件は、それを許せなかった2人と、達郎の妻である冴月が仕組んだ事件だった。

菜美は3人に、自首するか、街から出ていくかのどちらかを要求し、通報はせず…。

毎週恒例となった締めのラブラブなシーンでは、1人の女性として複雑な感情に苦しむ菜美の姿が描かれた。

 

■バトルなしにしょんぼり

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

毎週、菜美の爽快なバトルシーンが見せ場となっている本ドラマだが、今週は初めて戦わずに解決する回となった。

元特殊工作員っぽいアクションが披露されたのは、容疑者宅にて証拠を探す「潜入シーン」で、屋根や塀を軽く駆け、いとも簡単に飛び降りる様子が、異様にしっくり。さすがは元特殊工作員だ。

ただ、やはり毎週の見せ場となったバトルシーンを楽しみにしていた視聴者もかなり居たようで、

今日はアクションシーンなくて残念〜。 #奥様は取り扱い注意

— ゆん (@yun_quartet) November 8, 2017

今日は、はるか様のアクションが少なかったぁー!敵をやっつけるシーン欲しかった!! #奥様は取り扱い注意

— よっきー☆ (@loveshanks) November 8, 2017

今日はアクションなしか〜残念!! #奥様は取り扱い注意

— まゆう@祝★Free! TV3期! (@mayuu22_828) November 8, 2017

と、残念がる声も数多く見られた。綾瀬はるかに守られたい、しらべぇドラマ班・軟弱系男子記者としても、かっこいい戦闘シーンを見られなかったのはかなり残念。

だが今週は今週で、あの潜入スキルを活かして、もし記者が攫われることがあったら助け出して欲しい――などと、妄想モードに突入してしまったのだった。