(stefanschurr/iStock/Thinkstock)

先日、陸上男子100メートルで日本人で初めて10秒の壁を破り、9秒98の日本新記録をマークした桐生祥秀選手。彼と同じモデルのスパイクが、11日正午に9足限定で販売された。

お値段は「9秒98」にちなんで、9万9,800円と割高だが、12日未明までのおよそ半日で完売した。

 

■桐生ブーム、クラウチングスタート中?

(画像はアシックス公式サイトのスクリーンショット)

9足限定の販売とはいえ、約10万円のスパイクが半日で完売するなんて、通常ではありえないこと。今後の大会の結果次第では、日本中が桐生選手に熱狂する「桐生ブーム」の到来も十分に考えられるだろう。

ネット上でも、この完売スピードに驚きの声が上がっている。

桐生モデルの10万のスパイク一瞬で完売したん、すげぇ

— ラヴィちゃん (@kazenoraby) September 12, 2017

桐生のスパイク半日で完売とか早すぎるだろwwwwww

— 大和 (@fractlate_mar75) September 12, 2017

 

■日本人は限定品に弱い?

このスパイクを買った人の多くは、桐生選手のファンかもしれないが、常々「限定品に弱い」と言われる日本人。「9足限定」という言葉の響きに負けて、スパイクを買ってしまった人がいる可能性も。

実際、日本人は本当に限定品に弱いのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,348名を対象に「『限定』という文字を見るとついつい購入してしまう」かどうか調査したところ、約2割の人が「購入しがち」と回答。

60代以外では女性が圧倒的に多く、20代女性ではなんと3割越え。若い女性のほうが限定品に弱いのだ。

桐生選手のファン層も若い人が多いと思われる。今後も桐生選手が活躍して、限定品が多く発売されたら…お財布事情が少し心配になってしまう。

・合わせて読みたい→「限定品」に弱い人は必見 ついつい買ってしまう星座×血液型は…

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)