日清

カップヌードルHUNGRY DAYSの回収されてない伏線

日清のCMカップヌードルHUNGRY DAYSの回収されてない伏線①キキとトンボの左後ろに火球②クララが載ってる雑誌のラッキーアイテムに隕石(別シーンでハイジの後ろに火球が映ってる)③サザエさん祭りシーン④マスオ部屋のテ...

チキンラーメン史上最も濃厚な鶏白湯が登場! とろみ感あるスープが美味

世界中で販売され、愛されている「インスタントラーメン」。その起原が、日本の『チキンラーメン』だったことを知っている人も多いだろう。

そんな歴史的ロングセラーのチキンラーメンシリーズに、20日『チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯』(税別205円)が登場。

 

■チキンの旨味全開!

鶏白湯といえば、鶏ガラなどを強火で長時間煮込んで作る濃厚で白濁したスープ。一方で、チキンラーメンは鶏ガラスープを基調としている。

つまり、販売元の日清は鶏ベースのスープのことなら熟知しているはず。これは期待できそうだ。

かわいい「チキンラーメン」シリーズのキャラクター・ひよこちゃんの付いたパッケージには、「とろり濃厚」との文字と、60周年を記念したロゴマーク。

栄養成分表示を確認すると102gと容量が多く、食べごたえはありそう。カロリーは488kcalと高い印象だが、内容量と比べるとそれほどでもない。

フタを開けてみると、鶏ベースの濃厚な香りが漂う。具材は、蒸し鶏、たまご、ネギをベースにフライドオニオンが加えてある。

そして、スープを濃密に圧縮したであろう粒がゴロゴロ。

 

■チキンラーメン史上最も濃厚?

さっそく熱々のお湯を注いで待つこと3分。

完成した鶏白湯をのぞいてみると、スープはもちろん白濁している。

麺をスープに絡めて初めて分かるがスープにとろみがついており、「とろり濃厚」という売り文句に偽りは無い。

さっそくズズッとすするってみると、馴れ親しんだチキンラーメンの味を感じつつも、鶏白湯としてのうま味が仕上がっている。

通常のチキン度が星3つだとするとこの鶏白湯は星5つはある。これは、まさしく今までにないほど、濃厚なチキンラーメンだ。

 

そして、なんといっても蒸し鶏がうまい。サイズは小さめだが、噛めばジュワっと鶏のエキスが染み出して、チキン感がアップ!

チキンラーメンが大好きだという人には、この商品はかなりオススメ。塩分やカロリーを気にしがちの記者だが、知らぬ間にスープまで完飲してしまった。

コンビニやスーパーなどで見かけた際には、ぜひ手にとってみてほしい。

カップヌードル「チーズピザポテトトマト味」登場! ピザの再現度は? 

13日に日清食品から『カップヌードル チーズピザポテトマト味 ビッグ』(税別205円)が全国で発売された。

昨今のチーズメニュー人気に着目して開発した商品とのことだが、まさかピザとカップラーメンがコラボするのか…一体どんな味になるのか気になる。

しらべぇ取材班は早速、実食してみた。

 

■具材は盛りだくさん

原材料にはトマトパウダー、チーズパウダーなど、味の決め手と思われる成分が含まれている。これにより、ピザのような味わいを表現しているそうだ。

ピザ味と聞くと気になるカロリーだが、定番の「カップヌードルビッグ」は439kcalに対し、今回の「チーズピザポテトマト味 ビッグ 」は470kcalとそれほど高くない。

フタを開けると、トマトソースを中心にしたピザの香りが漂い食欲がそそられる。中にはポテト、チェダーチーズ風キューブ、トマト、キャベツ…と、彩りもいい感じ。

 

■ピザ味の再現度は?

さっそくお湯を入れて3分待ち、完成。

ポテトは予想よりふっくら大きく膨らみ、麺を混ぜるとチーズの濃厚な香りが広がって、かなり美味しそうだ。一口食べると。

トマトベースのスープにチーズのコクが混ざり合い、マイルドになったスープが絶妙。後味にバジルの爽やかな香りもかすかに感じられるが、これはマルゲリータを意識したのだろうか。

具材はポテトのホクホクの食感が、嬉しい。また、トマトはかなり甘めの印象で、しっかりとした味わいを感じるトマトスープの中でも存在感がある。

ピザをカップヌードル流にアレンジした商品ではあるが、味はピザを思い浮かべるより先に、爽やかなトマトの酸味のバランスなどから「『カップヌードル チリトマトヌードル』の味に、近いな…」となるのが正直な感想だ。

とはいえ、トマトとチーズが好きな人にはドンピシャの組み合わせ。熱々のうちに粉チーズをさらに足してアレンジしても、美味しそうだ。気になった人は、チェックしてみては?

あのカップヌードルが「非売品のふりかけ」に お湯をかけてお茶漬け風も絶品

以前にも、「生カップヌードル」なる非売品をプレゼントしていた日清食品のオンラインストア。リニューアル1周年を記念して、今度は「ふりかけ」を先着2万人に配るというのだ!

…何それ、絶対食べたい。

 

■編集部にふりかけが!

そして、そのふりかけが手元に。「どうしても食べたいっ」と騒ぐしらべぇ編集部に、一足早く送ってくれたのだ。

パッケージも、カップヌードルそのまま。原材料を見ても、「あれ、間違えてカップヌードルの写真撮ったかな?」と一瞬思うが、品名は「ふりかけ」。

「えび、謎肉、卵、ねぎ、全ての具材を入れました。」の文字に、わくわくしてしまう。

早く、あったかごはんにかけて食べたい…!

 

■ごはんとの出会い

はやる気持ちを抑えつつ、パッケージを開け、まずは中身をチェック。

確かに具材、全部入り。謎肉がいつもの四角形ではなく、ふりかけっぽい形だ。そして…いざ、ごはんにパラリ。

熱々のごはんと合わさり、カップヌードルの香りがふんわりと広がってくる。

一口含めば、「カップヌードル!」。

食べた人全員が「これは…カップヌードルだ…」と思わず呟くほど、再現度が高い。そして、もう一口、もう一口…と癖になってしまう。これは中毒性高い。

 

■これ、お茶漬けにしたら…

ここで、「これ、お湯かけてお茶漬けにしたら最高なんじゃ」という、とんでもない提案が…もちろん採用。

少し多めにふりかけをかけた上から、お湯を注いでいく。

どう見ても、カップヌードルの残り汁にご飯突っ込んだ状態だ。

ふふふふ記者が、ズルズルッといい音を立てながらすすって一言。「これ、カップヌードル茶漬けですよ!」

ふりかけの量で味の濃さが調整できるため、薄味好きも濃味好きも満足できそう。こんなに美味しいのに、非売品なんて…なんとか商品化してほしい!

・合わせて読みたい→チキンラーメンの屋台が新宿に登場! 匂いで釣られる人続出中

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

チキンラーメンの屋台が新宿に登場! 匂いで釣られる人続出中

♪すぐおいしい、すごくおいしい~

この歌を聴くだけで食べたくなってくる、日清・チキンラーメン。お湯を注ぐだけでできる手軽さと、その美味しさで、なんと来年には誕生60周年を迎えるそう。

そんなチキンラーメンが、外で味わえちゃうとしたら…。

 

■新宿駅前に屋台登場!

今ならその夢、期間限定で叶ってしまうのだ。

新宿駅東南口改札目の前の階段を降りた高架下、「サナギ新宿」に…

チキンラーメンの屋台が登場!

ぱっと見はお洒落なキッチンカーだが、反対側に回ると、完全にラーメンの屋台。

でっかく、「元祖鶏ガラ チキンラーメン」の文字も。

屋台の中では、せっせと大将(?)がラーメンを作っている。

 

■4種類のトッピングが選べて300円

この屋台では、4種類のチキンラーメンを提供。ベースとして生卵とネギは入っており、トッピングを選ぶ形式だ。

どれもおいしそうだが、「意外にキムチが合う」らしい…ちょっと試してみたい。

卓上には、チキンラーメン誕生日(1958年8月25日)の新聞やラジオが飾られるなど、ちょっとレトロな雰囲気になっている。

あたり一面にいい匂いが漂ってくる…しらべぇ取材班はオープン前にお邪魔したのだが、「やってますか?」「座れますか?」と、続々とお客さんが。

 

■ひよこちゃんがかわいい…

記者は、大好きな「ひよこちゃん」柄のなるとをトッピング。

注文すると大将(?)が丁寧にお湯を注いでくれる。

そして、運ばれてきたのがこちら!

タイマーがセットされており、アラームがなったら蓋を開けてください、とのこと。

3分経ったので、いざ…

ぱかり!

真ん中に卵、そしてその周囲にたくさんのひよこちゃんが!

軽く混ぜていただけば、いつものホッとする味。

 

外で食べるチキンラーメンは、なんだか家とは違って感じる。仕事帰りや、軽く飲んだ後の締めには最高だ。屋台席は4席ほどで、ほかは立食になるので要注意。

この屋台、新宿で出店するのは10月2日(月)〜8日(日)の1週間限定で、17時〜22時オープン。その後は、全国を巡る予定だという。

自分の街に来た時は、ぜひ「屋台で締めチキラー」してみては。

【チキンラーメン屋台】日程:2017年10月2日(月)~2017年10月8日(日)※以降、2018年3月11日(日)まで全国にて開催予定。詳細は公式サイト参照開催場所:東京 (サナギ新宿)時間:17:00~22:00

・合わせて読みたい→チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

チキンラーメンの屋台が新宿に登場! 匂いで釣られる人続出中

♪すぐおいしい、すごくおいしい~

この歌を聴くだけで食べたくなってくる、日清・チキンラーメン。お湯を注ぐだけでできる手軽さと、その美味しさで、なんと来年には誕生60周年を迎えるそう。

そんなチキンラーメンが、外で味わえちゃうとしたら…。

 

■新宿駅前に屋台登場!

今ならその夢、期間限定で叶ってしまうのだ。

新宿駅東南口改札目の前の階段を降りた高架下、「サナギ新宿」に…

チキンラーメンの屋台が登場!

ぱっと見はお洒落なキッチンカーだが、反対側に回ると、完全にラーメンの屋台。

でっかく、「元祖鶏ガラ チキンラーメン」の文字も。

屋台の中では、せっせと大将(?)がラーメンを作っている。

 

■4種類のトッピングが選べて300円

この屋台では、4種類のチキンラーメンを提供。ベースとして生卵とネギは入っており、トッピングを選ぶ形式だ。

どれもおいしそうだが、「意外にキムチが合う」らしい…ちょっと試してみたい。

卓上には、チキンラーメン誕生日(1958年8月25日)の新聞やラジオが飾られるなど、ちょっとレトロな雰囲気になっている。

あたり一面にいい匂いが漂ってくる…しらべぇ取材班はオープン前にお邪魔したのだが、「やってますか?」「座れますか?」と、続々とお客さんが。

 

■ひよこちゃんがかわいい…

記者は、大好きな「ひよこちゃん」柄のなるとをトッピング。

注文すると大将(?)が丁寧にお湯を注いでくれる。

そして、運ばれてきたのがこちら!

タイマーがセットされており、アラームがなったら蓋を開けてください、とのこと。

3分経ったので、いざ…

ぱかり!

真ん中に卵、そしてその周囲にたくさんのひよこちゃんが!

軽く混ぜていただけば、いつものホッとする味。

 

外で食べるチキンラーメンは、なんだか家とは違って感じる。仕事帰りや、軽く飲んだ後の締めには最高だ。屋台席は4席ほどで、ほかは立食になるので要注意。

この屋台、新宿で出店するのは10月2日(月)〜8日(日)の1週間限定で、17時〜22時オープン。その後は、全国を巡る予定だという。

自分の街に来た時は、ぜひ「屋台で締めチキラー」してみては。

【チキンラーメン屋台】日程:2017年10月2日(月)~2017年10月8日(日)※以降、2018年3月11日(日)まで全国にて開催予定。詳細は公式サイト参照開催場所:東京 (サナギ新宿)時間:17:00~22:00

・合わせて読みたい→チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

チキンラーメンのひよこちゃんがお菓子に…かわいすぎてつらい

ある日編集部に届いた、1つのお菓子。

日清「チキンラーメン」のひよこちゃんの顔したおまんじゅうとか…絶対食べにくいやつだ…。

 

■「チキンラーメン味ではありません」

知ってた! と叫びたくなるが、ひよこちゃんまんじゅうは「チキンラーメン味」ではない。

むしろチキンラーメン味のあんが入っているおまんじゅうのほうが食べてみたかった…とか言ってはいけない。

ひよこちゃんだからこそ、「黄身あん」なのだ。

和生菓子であり、6個入り。ちなみにベビーライマー豆とは白色系のインゲン豆の一種のこと。「ひよ子」にちょっと近いのかも…。

カロリーは1つあたり、67.4kcal。いっぺんに6個全部食べると、チキンラーメン(370kcal)よりカロリー高めなので注意だ。

 

■そのままおいしく

チキンラーメンのパッケージのように、おいしい召し上がり方まで載せる、力の入れよう。

「まんじゅうなので丼鉢に入れてお湯をかけてはいけない。」…知ってた!!

 

袋から取り出すと、真っ白な箱の中に6匹が鎮座。

一つひとつ個包装されているのがちょっと嬉しい。が、全員、「これから、ボクたちを食べるの?」みたいな顔をしている。頼む、そんな顔しないでくれ…こっちを見ないでくれ…。

 

■ひよこちゃん、ごめん…

包装を外し、ご対面。

この世を憂う顔に見えるのは、気のせいだろうか。

もちろんそのまま、一思いにかじってもいいのだが…

ざくり。

中には、あんがぎっしり。

ちょっともう、原型を…留めていないが。

袋に書いてある通り、しっとりとした黄身あんが特徴的。サイズも手頃なため、もう1匹ひよこちゃん食べちゃおうかな? という気分に。

 

こちらの「チキンラーメンまんじゅう」は、横浜・カップヌードルミュージアムのほか、インスタントラーメン発明記念館と新大阪駅のチキラーハウスで購入できる。

ひよこちゃんファンも、記者のようにキャラクターの顔を切る趣味がある人も、見逃せない一品だ!

・合わせて読みたい→これぞ「罪の味」! チキンラーメンぶっこみ飯がジャンクすぎて最高

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ