明石家さんま

武井壮「運動神経で女性を選ぶ」 吉田沙保里との霊長類最強遺伝子カップルに期待の声

十種競技で優勝、世界マスターズ陸上リレーで優勝するなど、アスリートとしても活躍する武井壮(44)が、14日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で「運動神経で女性を選ぶ」と語り、話題となっている。

 

■異性の好みが変化

自覚はなかったが、「異性の好みが変わってきた」と指摘される武井。

顔や性格ではなく、「クラウチングスタートの姿勢で太ももの筋肉が膨張している姿」や「バレーボールでスパイク後の着地を柔らかに決めたとき」など、「運動能力に惹かれるようになった」と明かす。

付き合っていた陸上選手から「私の足が速いから付き合っているんでしょ」と尋ねられ、そこでは否定したが、よくよく考えれば「女性を遺伝子で選別している」かもと熱弁。

明石家さんま(62)も「女性側の遺伝になるから、運動能力が高い女性と結婚したかった」と武井の意見に賛同した。

 

■最強遺伝子は…

「最強の遺伝を見つけたい」武井に、周囲は霊長類最強女子・吉田沙保里(35)を勧めるが、イケメン好きを公言している吉田だけに武井も及び腰。

「前回の収録でも(さんまからお似合いだと)勧められたが、一切連絡先を聞いてこない」と愚痴ると、「それは男から聞いてきてよ!」と乙女の一面をのぞかせ、スタジオを盛り上げた。

電車内で足を組むのはマナー違反? 住吉美紀に批判的な声が

(recep-bg/iStock/Thinkstock)

7日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にフリーアナウンサー・住吉美紀が出演。住吉が語った電車内でのエピソードに注目が集まっている。

 

■電車内で一触即発

「ちょっと鼻につく女の言動」についてトークを振られた住吉。「電車内で、足を組んでたんですよ。ある駅で乗ってきた女の人が(わざわざ私の)目の前に立って、立った瞬間、何も言わずにカーンって(私の)足を蹴って」と、電車内で攻撃的な女性に遭遇したエピソードを語りだす。

足を蹴った女性は「普通、電車で足組まないですよね?」と言い放ち、イラッときた住吉は「でも、蹴らないですよね? 言ってくだされば良かったですのに?」と反撃。

「そしたら向こうがすごい睨みながら、ごめんなさいって」と、すごい嫌味な言い方で謝罪されたため、同じような言い方で「ごめんなさい」と謝罪したそうだ。

「でも、最後仲直りしたんだ」と住吉に声をかける共演者に、「仲直りちゃうわ!」とさんまがツッコみ、会場内は笑いが起きた。

 

■ネットではマナー違反の声

こうしたエピソードに、ツイッターでは「足組むやつはマナー悪いよ」「怒られて当たり前」と批判的な意見が多く寄せられている。

電車でガラガラでも足組むやつはマナー悪いよ。あなた方が思うより前に出てるし、通路塞いでるし、隣に座った人が足組んで座ってるとけられそうでヒヤヒヤする。#さんま御殿 #電車マナー

— さゆ (@ayskriv) November 7, 2017

電車の中で足組むのはNG‼️怒られて当たり前やん‼️#さんま御殿

— rrr_i_ccc_o (@viaBignells2) November 7, 2017

電車で足組む人マジで無理

— たっつ (@Tokyo__sunset) November 7, 2017

座って足組む奴は非常に邪魔くさい。短い足をわざわざ無理して組む必要無いだろ? #さんま御殿

— です。@反東京五輪 (@4444K2) November 7, 2017

「電車内で足を組むのはマナーが悪い」と、考える人は多いようだ。

 

■電車内ではイライラしっぱなし?

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,093名を対象に「電車でイラっと行動」について調査。「足を組む」はランクインしなかったものの、18.5%の人が「イラっとする」と回答している。

「自分はちゃんとマナーを守っているのに、あいつはマナーを守っていない」と、マナーの悪い人間に不快感を通り越し、敵意を持つ人は少なくない。

マナーを守ることはもちろん大切だが、守らないからといって攻撃することも、マナー的にどうだろうか。

クワオハ・くわばたりえに「非常識!」の声 「証明写真機で雨やどり」に賛否

ママタレントとしても活躍する、女性コンビ・クワバタオハラのくわばたりえ(41)が7日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。

くわばたが語ったエピソードに、視聴者から賛否が巻き起こっている。

(画像はアンミカInstagramからのスクリーンショット)

 

■証明写真機で雨やどり

ズケズケ関西女として登場したくわばたは、「理解してほしい、関西のこと」を語りだす。

雨の中、友人と待ち合わせをしていたくわばた。「座って待ちたい」と考えたが、植込みのフチなど座れそうなところは濡れている。そこで、近くにあった証明写真機に入り、座って友人を待つことに。

しかし到着した友人に「何やってるの、考えられない。こんな所に座っちゃダメだよ」と注意された、と明かした。

 

■否定されて反論

空いているからといって、本来の用途ではない使い方をすれば、他者からすれば迷惑でしかない。

しかし、住吉美紀(44)やアンミカ(45)ら一部の出演者は、「効率重視の関西人の考え方、大好き」「撮ろうか悩んで出ていくのと一緒」とくわばたの行動に賛同。

司会の明石家さんま(62)が「おかしい。商売道具やで」と否定するも、「立っているより全然楽だし。外をチェックして、誰か来たらどいてあげようって気持ちはある」とくわばたは納得しない。

「写真を撮るならいい」と説得したが、「お金がかかる。撮るぐらいなら喫茶店に行く」と反論した。

哀川翔「ゴミを跨いだら半殺し」 独特のしつけに明石家さんまも絶賛

主演作100本以上、Vシネマの帝王・哀川翔(56)が娘の女優・福地桃子(20)と、31日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で共演。

哀川家独特のしつけを明かし、視聴者から賞賛が起こっている。

(画像は哀川翔公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■ルール違反は「半殺し」

我が家の変なルールとして哀川が明かしたのは「落ちているゴミを跨いだり、トイレットペーパーの補充をしなかったら半殺し」というもの。

「跨ぐのはゴミに気づいている行為。あえて無視するくらいなら拾ってゴミ箱に入れる」、家族の多い哀川家ではそうしないと、すぐにゴミだらけになってしまう。

同じようにトイレットペーパーもすぐに無くなるので「気がついた者が補充する」よう、子供を厳しくしつけてきたと語ると、司会・明石家さんま(62)も「良いルール」と絶賛。

福地も「半殺しと言われてきたので、とりあえず拾っておこう」と、哀川のしつけに従ってきたと明かした。

 

■着ぐるみで凝視

また、「口で言っても聞かない」子供たちのために、哀川は着ぐるみを用意。幼いころ、父の言うことを聞かずわがままを言うと、哀川は「呼んでくるぞ」と地下室に向かい着ぐるみを着て、何も言わずジッと子供たちを見つめる。

あまりの怖さに福地は「この世のものじゃない」顔で泣き叫び、トラウマに。「テーマパークでも泣いている写真しかない」と語った。

音楽を聴くのに歌詞とメロディどっちが重要? 『ホンマでっか!?  TV』で徹底討論

(Milatas/iStock/Thinkstock)

25日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『ホンマでっか!? TV』で音楽を聴くときに重視するのは「歌詞」と「メロディ」のどっちかをテーマに討論し、ネットで話題になっている。

 

■重要なのはどっち?

音楽の構成には歌詞とメロディの両方が重要だが、中にはどちらかにこだわりがある人もいるようだ。

歌詞を重要視する明石家さんまの意見は…

「俺らの世代は学生時代にボブ・ディランが火を付けた、歌詞で勝負するフォークソングに吸い込まれている。メロディも響くけどプラス歌詞。吉田拓郎とか「サザン・オールスターズ」の歌詞にはガツンとやられた」

 

と、世代の違いから切り込んだ。

一方、メロディを重要視する劇団ひとりは、「ボブ・ディランが何を言っているかは後から知りませんか? それでも胸に響いたわけじゃないですか」と、メロディが良ければ言葉の壁を越えて音楽が心に響くと反論した。

 

■日本人が幼稚になってきた?

各分野の評論家たちが科学的な観点から意見を出し合い熱い討論を交わした。心理学者・植木理恵氏は…

「子供はリズムが優位だが大人になると歌詞に自分の経験をひきつけて考えられるようになる。

 

大人になったからこそ歌詞が心にしみる。歌詞の良さがわかるのは大人になった証拠だから若者にメロディ重視の人が多いのは日本人が幼稚になってきている」

 

と、心理学の専門家ならではの意見を出した。

ところが、マーケティング評論家・牛窪恵氏は「現代の若者は言葉を略したときの音の響き(音相)で言葉を判断している」と時代性を用いて分析した。

勝俣州和の「とんかつの食べ方」がスゴイ 強すぎるこだわりに賛否両論

(junce/iStock/Thinkstock)

グルメを自称する人から「こうやって食べてみな」と食べ方を指示された経験はないだろうか。今まで知らなかった新たな発見がある一方で、「好きに食べさせろ」と思ったこともあるはず。

24日放送の『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)でのタレント・勝俣州和(52)の発言が話題を呼んでいる。

 

■勝俣流とんかつの食べ方

グルメ芸能人として出演した勝俣は、とんかつの食べ方について持論を展開した。

まず左端は脂身との理由から最初は食べないよう。そのため、一番はじめに食べるのは6〜7切れあるうちの、左から2番目。まずは何もかけずに食べ、その店の下味やパン粉の厚さ、揚げ方を確かめるという。その次は塩だけをかけて食べ、その次からソースで食べるようだ。

 

■こだわりが強すぎる?

勝俣のこだわりを受け、とんかつにはソースと決めているというMCの明石家さんま(62)は「とんかつが切れてて、茶色い上にソースが乗る美しさ」と反論した。

他の共演者からも共感の声があがるが、勝俣は「(ソースを)横にかけるのがイヤなんです。かけるなら縦!」と、あくまで縦と主張。どうやら、とんかつ全体に横一文字でソースをかける人が許せないという。

また、勝俣はキャベツの食べ方にもこだわりがあるようで、3等分にしてソース、醤油、ドレッシングとさまざまな味を楽しむべきと語った。

これらのこだわりに、さんまはついていけないようで「これは(真似)できんわ」とコメントした。

変態グルメ王・高嶋政宏の外食へのこだわり 明石家さんまも思わず「気持ち悪い」 

『おんな城主 直虎』(NHK)や『刑事7人』(テレビ朝日系)など、数々のドラマで活躍する俳優・高嶋政宏(51)が、24日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも存在感を示した。

司会の明石家さんま(62)も思わず「気持ち悪い」とツッコんだ、高嶋の「外食でのこだわり」に、視聴者からも驚きの声が上がっている。

(画像は『刑事7人』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■外食には調味料持参

この日はグルメ芸能人として呼ばれた高嶋。「やめられない食へのこだわり」をテーマにトークが進行する。

高嶋が「お店で『味が足りない』と感じたとき、持参の調味料で味を変えるのがやめられない」と語ると、さんまは「失礼。マネしたくない」と批判。

それでも「お店の人の目を盗んでやることにスリルを感じ、興奮してくる」と、独特の感想を語る高嶋に周囲は「気持ち悪い」と引き気味に。

 

■さらにはマスカットを…

さらに「店員さんにバレないようにマスカットを食べる」のが、女性に一番ウケたと高嶋は熱弁。話しながらこっそりマスカットを口に運ぶ仕草を披露する。

当然ながら「持ち込み」を禁じている飲食店は多い。調味料どころではない「デザート」の持ち込みに、「それはダメ」「家で食え」とスタジオはツッコミが飛び交った。