昔話

過去の自慢話は男性に多し 非リアでも「過去自慢ならできる」

(©ぱくたそ)

お酒の席などの会話で、自慢話をする人はよくいる。過去の栄光をひたすら聞かされたときには、適当に相づちを打つしかないだろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「会話の内容について」の調査を実施。

「人生の絶頂期だった頃の話をよくしてしまう」と答えた人は、全体で20.0%と少数であった。

 

■男性ほど絶頂期を話す傾向が

性年代別で見ると、どの年代でも男性のほうが多い結果になっている。

自分を大きく見せたいとの気持ちから、過去の自慢話をしてしまう男性が多いようだ。

「今は結婚して落ち着いたけど、昔はかなり遊んでいた。会社の飲み会なんかで、そんな過去の話をしてしまう」(30代・男性)

 

「仕事での成功体験の話は、お酒の席では多くがしている。男性版のマウンティングなのかもしれない」(40代・男性)

 

男性は仕事や女性関係で、人よりも優位でありたいものなのか。

 

■若い世代は学生時代の思い出を

男女ともに一番多いのが、20代である。まだまだ若い世代の過去の絶頂期は、やはり学生時代のようだ。

「今はいたって普通の会社員だけど、学生時代は金や赤などに髪を染めてイキってた。そんな話をすると、みんなギャップに驚くから嬉しい」(20代・男性)

 

「大学時代に、大きなモテ期があった。今はまったくモテないキャラになってしまったので、『これでも昔はモテた』と自虐的な意味も込めて話す」(20代・女性)

 

■好きな相手に自慢話?

恋愛体質の人では、4割近くと高めの割合になっている。

狙った相手を口説くとき、自分のいいところを見せようとして、過去の栄光を語ってしまうのかも。

一方で非リア充とリア充の差は、5ポイント程度。今が充実していなくても「昔はよかった!」と言える思い出があるのだろう。

できることならば、「今が一番の絶頂期だ!」と思いたいものだ。

・合わせて読みたい→「SNSで幸せ自慢する女が嫌い」と激怒する女性 その理由に賛否両論の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

大飢饉が招いた恐ろしい話

 

何で読んだのかは忘れたが、恐ろしい昔話を紹介しよう。

 

江戸時代の三大飢饉の中で、最も甚大な被害を出したのは『天明の大飢饉』であった。

 

被害者の数は推定で100万人近くになると言われ、中でも東北の被害は甚大であり、東北だけで数十万人近い餓死者を出したと伝えられている。

生きながら鬼になった女

当時、南部藩(現在の岩手県)のある村に美しい女がいた。

 

この女は美貌だけでなく非常に股の緩い女で、頼まれれば嫌な顔ひとつすることなく誰とでも寝る、それは奔放(ほんぽう)な女であったという。

 

天明の大飢饉が南部藩を襲った時、人々は極限の飢えに苦しんだ。

 

子供や年寄りの口減らしから始まり、それも出来なくなると先に逝った親子供の死肉を齧(かじ)ったというが、それでも大半は命を繋ぐことが出来ずに皆死んでいった。

 

※口減らし

経済上の理由から(養うべき)人数をへらすこと。

 

男たちは考える。

 

「そうだ。どうせ死ぬなら最期に良い思いをして死にたい」

 

それはほとんど本能的な行動だった。

 

信じ難い話だが、その村の男たちはガリガリに痩せこけた体を引きずり、その女の家までやって来ては女との同衾(どうきん)を望んだのだという。

 

※同衾

一つ夜具で一緒に寝ること。

 

不思議なことだが、この大飢饉の最中にあっても、この女は全くやつれてはいなかった。

 

それどころか、その豊満な体から放つ色香は通常の時よりも色濃さを増しており、いささか凄みを覚えるほどになっていたという。

 

その女は男たちを誰一人として拒まず、体を開いた。

 

必死になって得られるだけの快感を貪る中、男たちは何ゆえのものか、涙を流したという。

 

そして、女の中で果てるのと同時に命を使い果たし、皆は事が終わるのと同時に死んでいったそうである。

 

男が文字通り果てると、女は着物を着るということもなく、そのままの格好で包丁を取り出すや、男の亡骸を切り刻み始めるのだった。

 

そう、女は男たちと交わる代わりに、その死肉を食らってこの大飢饉を生き延びていたのである。

 

女の家はあっという間に男たちの頭蓋骨で埋まった。

 

それでも、最期に女との同衾を望む男は後を絶たなかったという。

 

数年後、大飢饉が終わり人々が少しずつ飢えなくてよくなるようになった時、女はなぜか少しも年を取らず、またその美貌も、全身から放つ色香も、以前とは比べ物にならないほど濃く、そして妖しくなっていたという。

 

この女が最終的にどうなったのかは分からぬが、人々はこう噂したという。

 

「あぁ、あの娘は生きながら鬼になったのだ」、と。

 

(終)

The post 大飢饉が招いた恐ろしい話 appeared first on 怖いもん通信.