春日俊彰

父が会社を8回クビ、オードリー若林が極貧幼少時代告白 「ご飯のおかずは豆腐だけ」

『ヒルナンデス』(日本テレビ系)など数々のレギュラー番組に出演、エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)を発表するなど多方面で活躍するオードリー・若林正恭(39)。

19日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で、幼少期の極貧生活を告白し、話題となっている。

(画像は日本テレビ『ヒルナンデス』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■会社を8回クビに

「父が会社を8回クビになっていた」ことを大人になってから知った若林は、子供の頃は「親父がいつも家にいるな」と違和感を覚えていたと明かす。

父がいつも家にいると「ウインナーとご飯だけ」「豆腐とご飯だけ」など、おかずが減る。逆に父が家にいないとおかずが増えていき、「それを何度か繰り返した」という。

また、おかずを食べなくなるため「ふりかけ禁止令」が父から言い渡されていた。給食で初めてふりかけを食べたとき「眉間が爆発するほどうまかった」と当時を振り返った。

 

■クビの理由は「サボり」癖

若林の父が会社をクビになる理由は「サボり」癖。営業車で自宅前に駐車し自宅で昼寝していた父。路上駐車を取り締まっていた警察が営業車に書かれた会社に連絡し、社長は住所から「若林の家が近い」と気づき、若林宅に電話。

寝ぼけた父が電話に出てサボっていたのが発覚しクビになった。他にも「朝まで麻雀をして仕事を休む」など、サボり癖はなかなか治らず転職を繰り返した結果、家計を圧迫したようだ。

オードリー春日、五輪イベントで美女モデルAYAに追い詰められ「肉体の限界」に挑戦

28日、オードリー・春日俊彰(38)とフィットネスモデル・AYA(31)が東京五輪のスペシャルPRサポーターに就任。

大会1000日前を記念して、埼玉で開催された『さいたマッスル』にも登壇すると聞き、しらべぇ編集部も突撃した。

 

■寒空の中、筋肉披露しながらギャグ連発する春日

生憎にも当日は雨。『さいまマッスル』の会場は着込んでいても肌寒いほどに冷え込んだ。にも関わらず、上半身裸で登場してお決まりギャグ「トゥース!」を披露する春日。

背後に従えたボディビル隊と共に「鬼瓦」も披露。会場は温まった。

 

■AYA考案の過酷筋トレに春日が挑戦

フィットネスモデルであり、クロスフィットトレーナーであるAYAによる過酷トレーニングも。徹底的に身体をいじめ抜くやり方をまずは自ら実践。

腕立てからのジャンプやストレッチ、シャトルランからのジャンプからのスクワットなど、見てるだけで辛そう。

春日も促されるままに挑戦。AYAが隣で「もっと速く! 頑張って! 遅いよ!」と激励を飛ばして追い詰める。

オードリー・春日の変態行動にドン引き 「気持ち悪い」と非難殺到

(©ぱくたそ)

自分ではふつうだと思っている趣味や性癖だが、周囲の人からすれば「特殊すぎる…」とドン引きされてしまうこともあるはず。

1日放送の『爆笑問題の検索ちゃん』(テレビ朝日系)で、オードリー・春日俊彰(38)が明かした仰天性癖が話題になっている。

 

■飲みかけのペットボトルを…

番組では「女性芸能人の飲みかけのペットボトルをこっそり持ち帰り、自宅で冷凍保存している本日の出演者は誰か?」というクイズが出題された。正解は春日であり、スタジオから悲鳴があがった。

これについて春日は「冷凍保存だから別に…全然健全じゃないですか?」「ヤバい奴は飲むでしょその場で」と、反省していないようだ。まったく悪びれる様子がない春日に、MCである爆笑問題・太田光(52)も「持って帰るのが問題。捨てなきゃダメだよ」とツッコミを入れた。

 

■ヤバさの自覚がなかった

また、「理解できない」とげんなりする女優・小池栄子(36)にも「そのうち捨てますよ」と答えた春日。さらに「サイン色紙とあんまり変わらないと思う」と、自らの行動には問題がないと感じているようだ。

クイズが出題された直後、芸人として「オイシイ」と思っていた春日。しかし、解答が出るまでの出演者たちの雰囲気に「あ、ヤバいんだな」と感じとったという。皆がドン引きしながら解答発表を待つ間がキツかったようで、「どんどん刑の執行が…そんなに罪重かった!?」と思ったことを明かし、スタジオは笑いに包まれた。