昭和

小泉孝太郎の結婚観が昭和すぎる 「結婚無理」の声も

爽やかなルックスと育ちの良さ、老若男女問わず好感度の高い俳優・小泉孝太郎(39)が13日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で結婚観を熱弁。「昭和すぎる」と話題になっている。

(画像はムロツヨシInstagramからのスクリーンショット)

 

■ムロツヨシ「こっそりやっている」

酒の席で本音を語り合う人気企画『本音でハシゴ酒』に出演した小泉。ダウンタウンに好みの女性について尋ねられると、スペインと日本のハーフのような「エキゾチックな女性」と一言。

親友の俳優・ムロツヨシ(41)は2度ほど開催した「合コン」話を披露。お相手は飲食店のキレイな方で「男友達がいたらお持ち帰りはしない。ひっそりこっそりやっている」と暴露した。

 

■結婚観に驚愕

女性を誘う際、「明日の朝が早いのはイヤ。ゆっくりがいい」ため、「今日時間ある?それとも来週がいい?」と確認。最終的に、20代の頃は「ホテルや家などいろいろ」だったと語る。

松本人志(54)から「今結婚したら(浮気など)何もできない。腹くくれますか」と問われ「くくるしかない」と苦笑い。流れで「結婚生活の条件」を明かした。

飲みかけのコーヒーや食後の食器をそのまま放置するのはNG、食事は「小鉢でおつまみから」が必須。季節に合わせて洗剤と柔軟剤を使い分ける、など独自のこだわりを並べる。

小泉の「家事への強いこだわり」に、働く女性の山崎夕貴アナ(30)は「ご自身で用意されないんですか」と最後まで不満顔だった。

『めざましテレビ』で話題 懐かしいけど新しい3人組『サテライトヤング』って?

画像はYouTubeのスクリーンショット)

6日に放送されたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』で、一風変わった音楽グループが紹介され、話題になっている。

 

■不思議な音楽を奏でる「Satellite Young」

森高千里を彷彿させるヴィジュアルに加え、80年代歌謡曲で多く使用された「打ち込みサンド」で音楽を構成する3人組「Satellite Young」。

80年代風の懐かしいサウンドだが、歌詞には現代社会を感じさせる言葉を多く使用したレトロでモダンな音楽だ。それが、10代には新しく親世代には懐かしい不思議な魅力を生み出している。

「SatelliteYoung」でサウンドを手がけるベルメゾン関根は80年代育ちだが、ボーカルを務める草野絵美は驚くことに90年生まれの27歳だ。

なぜ、90年生まれの草野が80年代歌謡に興味を持ち「Satellite Young」を結成したのだろうか…

「生まれる前の世界にすごく憧れを抱いていて、70年~90年代の曲を聴いてたけど、昭和の歌謡メロディーが一番好きだった。インターネットの話を昭和歌謡のテイストで歌にしたら矛盾が生まれて面白いかなと思って始めた」

 

 

■ネットでは好感の声

ネットでは「80年代アイドルが現代の知識を得て作曲したような曲が新鮮」「80年代を彷彿とさせてドツボすぎた」「ちょっと下手くそなところが昔っぽい」と好感を得ている。

サテライトヤングっての良いね。80年代アイドルが現代の知識を得て作曲したような曲調が新鮮で面白い。すみぺとかこういうの好きそう。

— yoshi (@obsidiana_verde) September 5, 2017

めざましテレビで紹介してたサテライトヤングっていう80年代を彷彿とさせるアーティストがドツボすぎた

— にゅう君 (@StKarashi) September 5, 2017

ちょっと下手くそなところが昔っぽいw ←サテヤン

— まめすず (@aya20070702) September 5, 2017

 

■バブルを体験してみたい?

80年代を意識したネタを披露する、お笑いタレント・平野ノラの登場で注目を集めているバブル期。しらべぇ編集部では、全国20~40代男女を対象に「バブルを体験してみたい」か調査を実施。

「バブルを体験したい」男女は3割を超えている。

バブルを体験した世代には懐かしく、体験してない世代には全く新しい。世代を越えて楽しめる音楽なので、親子で鑑賞し感想を聞き合うのも楽しいかもしれない。

・合わせて読みたい→「おったまげ~!」平野ノラら『バブルの申し子』活躍の背景とは

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日 対象:全国20代~40代の男女732名(有効回答数)

『めざましテレビ』で話題 懐かしいけど新しい3人組『サテライトヤング』って?

画像はYouTubeのスクリーンショット)

6日に放送されたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』で、一風変わった音楽グループが紹介され、話題になっている。

 

■不思議な音楽を奏でる「Satellite Young」

森高千里を彷彿させるヴィジュアルに加え、80年代歌謡曲で多く使用された「打ち込みサンド」で音楽を構成する3人組「Satellite Young」。

80年代風の懐かしいサウンドだが、歌詞には現代社会を感じさせる言葉を多く使用したレトロでモダンな音楽だ。それが、10代には新しく親世代には懐かしい不思議な魅力を生み出している。

「SatelliteYoung」でサウンドを手がけるベルメゾン関根は80年代育ちだが、ボーカルを務める草野絵美は驚くことに90年生まれの27歳だ。

なぜ、90年生まれの草野が80年代歌謡に興味を持ち「Satellite Young」を結成したのだろうか…

「生まれる前の世界にすごく憧れを抱いていて、70年~90年代の曲を聴いてたけど、昭和の歌謡メロディーが一番好きだった。インターネットの話を昭和歌謡のテイストで歌にしたら矛盾が生まれて面白いかなと思って始めた」

 

 

■ネットでは好感の声

ネットでは「80年代アイドルが現代の知識を得て作曲したような曲が新鮮」「80年代を彷彿とさせてドツボすぎた」「ちょっと下手くそなところが昔っぽい」と好感を得ている。

サテライトヤングっての良いね。80年代アイドルが現代の知識を得て作曲したような曲調が新鮮で面白い。すみぺとかこういうの好きそう。

— yoshi (@obsidiana_verde) September 5, 2017

めざましテレビで紹介してたサテライトヤングっていう80年代を彷彿とさせるアーティストがドツボすぎた

— にゅう君 (@StKarashi) September 5, 2017

ちょっと下手くそなところが昔っぽいw ←サテヤン

— まめすず (@aya20070702) September 5, 2017

 

■バブルを体験してみたい?

80年代を意識したネタを披露する、お笑いタレント・平野ノラの登場で注目を集めているバブル期。しらべぇ編集部では、全国20~40代男女を対象に「バブルを体験してみたい」か調査を実施。

「バブルを体験したい」男女は3割を超えている。

バブルを体験した世代には懐かしく、体験してない世代には全く新しい。世代を越えて楽しめる音楽なので、親子で鑑賞し感想を聞き合うのも楽しいかもしれない。

・合わせて読みたい→「おったまげ~!」平野ノラら『バブルの申し子』活躍の背景とは

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日 対象:全国20代~40代の男女732名(有効回答数)