有吉弘行

有吉・マツコが「最強のお土産」論争 「定番を外すな」に共感の声

旅行や帰省をすると悩むのが、職場や学校へのお土産。いつも同じものだと飽きられているかもしれないし、かといって、奇をてらって不評も買いたくない。

そんなお土産について、15日深夜放送『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)が激論。2人の主張に共感の声が上がっている。

 

■お土産は必要か?

29歳の自営業男性は「1軒目でお土産を買うと、2軒目以降でさらに良いお土産を見つける。それを踏まえて1軒目で買わずにいると、良いお土産がその後は見つからない」と悩む。

この悩みに「買うと他が良く見えるだけ。なにを買っても一緒」とマツコは一蹴。有吉は「お土産で悩むのが優しい」と男性を賞賛し、さらに話題は「お土産が待ち遠しいのか」に移行する。

2人は「いらない」としながらも、「会社員から『上司にお土産ひとつ渡しておくのが大切』と聞いた」有吉とマツコの議論は白熱。同等の部下がいた場合、「お土産の有無」が評価の差になるため「お土産は重要」と結論付けた。

 

■最強のお土産議論

仙台銘菓『萩の月』を「おっ、と思う。旨いよね」と有吉。マツコも同調し、「自分たちの定番をあえて外されたらイラっとする。『萩の月』でいいんだよ!」と熱くなる。

札幌は多すぎると悩みながら、『白い恋人』『ロイズ』『六花亭マルセイバターサンド』などお土産の定番を挙げ「ナマモノ以外も上手。北海道は強い」と絶賛。

その後も、「もみじ饅頭はノーマルのこしあん」「沖縄のちんすこう」などを例に挙げ、「自信をもって古いものを買えばいい。オーソドックスなものがその街を思い出せる」と語った。

有吉や辻希美も絶賛したくら寿司の没メニュー『茶碗蒸しリゾット』が激ウマ

『シャリコーラ』や『低糖質寿司』など、さまざまなオモシロメニューを次々に開発する『くら寿司』。

そんなくら寿司でも、残念ながら試作品の段階でボツになった、いわゆる「没メニュー」があるようだ。

 

■出演者が大絶賛!

11月7日に関西テレビ・フジテレビ系列で放送された『有吉弘行のダレトク!?』では、くら寿司の没メニュー『茶碗蒸しリゾット』を紹介。

司会の有吉をはじめとした出演者が「美味しい!」と大絶賛したその商品が、11月12日まで期間限定で販売された。

 

■通常メニューに勝るウマさ

実際にしらべぇ取材班も茶碗蒸しリゾットを食べたのだが、チーズのコクと出汁の風味とプリプリの茶碗蒸し、ごはんの相性はすべて完璧。

通常メニューに置かれてもまったく違和感のない美味しさだった。むしろ、通常メニューの中でもトップクラスの美味しさなのに、「なんでボツになったんだ!?」と頭を抱えるほど。

 

■評判がよかったのか提供期間を延長

そんな茶碗蒸しリゾット、あまりに評判がよかったのか12日終了のはずが、提供期間を延長し現在でも各地のくら寿司で食べられるようだ。

没になった理由が「当時の社長と相談役がチーズ嫌いだったのを常務が忖度した」ことらしい。そんなことでこんなにも激ウマなメニューを没にするなんていかんでしょ…。

有吉が好きすぎる佐藤仁美の「1回抱いて」アピールに「うらやましい」の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

ズバッと毒舌で切り込むキャラで人気の有吉弘行(43)を慕う声は多い。女優・佐藤仁美(38)もそのひとり。

14日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演し、有吉への恋心を明らかにした。

 

■有吉への愛を告白

「有吉さん結婚してくれないかな、好きなのよ。芸能人で一番好きなのは有吉さん」と有吉への愛を語った佐藤。しかし思いは届いていないようで、メールを交換したにも関わらず現在はエラーで通じない状態なのだという。

さらに有吉の番組に出演すると緊張すると明かし、「1回抱いてくれないかな? 私が抱いてもいいんだけど」とポツリ。

佐藤の猛烈なアピールに、有吉も「いつも言ってくれるのありがとね。こんなこと言ってくれる人いないからねぇ」とまんざらでもない様子だった。しかし佐藤がその後も「抱いてほしいギャグ」を連発すると、有吉も「女芸人じゃないんだから、そのギャグ。なんで俺がタジタジにならなきゃいけないんだ」とツッコミ、スタジオを湧かせた。

 

■「うらやましい」「お似合い」の声

一連の流れを受け、ネット民からは「お似合いのふたり」との声が数多くあがった。また、佐藤からアプローチをかけられる有吉に「うらやましい」との声も。

佐藤『1回抱いてくんないかなぁ~アタシが抱いてもいいんだけど…』ワイプ有吉『そんなこと言ってくれる人いない…』有吉さんのこと好きな人、山ほどいるのにホント自己評価低いんだよなぁ… あとは意外と?ストライクゾーン狭い。。。(T ^ T)爆 #ダレトク

— ひよこまる (@hinata_5go) November 14, 2017

佐藤仁美って普通に魅力的だよな有吉羨ましいぞ#ダレトク

— アガサ博士 (@kuromaku_washi) November 14, 2017

有吉さんと佐藤仁美さん、付き合ったらええんに…

結構似合ってるとおもうけどなあ…

— ちよあずき (@azukiozaki) November 14, 2017

佐藤仁美っていう女優さんが「有吉さんが好きすぎて。抱いてほしい。いや私が抱いてもいい」ってダレトクで言ってたんだけどすごいことだよなww普通にうらやましい。俺も言われてぇわ・・・。

— こぐちゃんとクリスマスを待つるにゃるがさん (@owl1213) November 14, 2017

 

■好きじゃない相手からの告白でも付き合う?

「付き合っちゃえばいいのに」との声もあるが、当の有吉はその気はなさそうだ。やはり好きではない相手からの告白では付き合えないということだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,666名に「好きじゃない異性からの告白」について調査したところ、およそ2割が「付き合う」と回答した。

男女別にすると、女性のほうがストライクゾーンが広いということがわかった。

 

佐藤は他の番組でも有吉に対してアプローチをかけていた。はたして、佐藤の恋は実るのだろうか。

マツコと有吉が「酔った勢いの発言」を批判 「耳が痛い」と共感の声

「酒に酔うとその人の本性が出る」という話はたびたび耳にするとおり、酔うと性格が変わったように暴れる人も少なくない。

8日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日)でのマツコ・デラックスと有吉弘行のお酒に対する持論が話題になっている。

 

■お酒はその人の本性が出る?

番組では投稿者の悩みメールを紹介。自身の進路について母親に相談したところ、「応援している」と言われたよう。しかし、泥酔したときは投稿者の学歴について猛烈な愚痴を言ってきたという。その経験から、「お酒によって話した内容が本性なのでは?」と疑問を感じているようだ。

投稿を受け、マツコは「両方本性だよね。一番美しいところと、一番醜いところが出てる」と持論を展開。醜い部分が酒によって出てきたにすぎないと主張した。有吉もお酒について「感情の増幅装置」とコメントし、お酒を飲んでいるときは「思っている以上に強く言ってるかもしれないよね」と、投稿者の母の発言を分析した。

 

■酒の失敗も「なかったことにはできない」

また、飲み会の席で全員の嫌いなところを暴露したという、お酒の失敗談を語ったマツコ。「酔いに任せたフリをして憂さ晴らしだったのかなあ」と振り返り、「酔いに任せたフリをしてもなかったことにはならない」と教訓を語る。被害を受けた側は「あのときは酔ってたから仕方ない」とはならないと断言し、実際にその後の関係はギクシャクしたことを明かした。

さらに、酒の席にありがちな「無礼講」についても「(無礼講といいながらも)査定に含まれますよ」と発言すると、有吉も「無礼講なんてないからね。『無礼講』って言われたときこそヨイショするんだよ」とテクニックを明かし、笑いを誘った。

関ジャニ∞村上、ネットカフェ難民の苦労時代告白 有吉「よくここまで来た」と絶賛

2017年、606本のテレビ番組に出演し、レギュラー番組は10本。5大ドームツアーでは140万人を動員したジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞。

2日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、関ジャニから村上信五(35)、横山裕(36)、渋谷すばる(36)が出演。若手時代の苦労話を告白し、司会の有吉弘行(43)を驚かせた。

 

■苦労したジュニア時代

今やテレビで見ない日はないほどの人気者だが、ここに至るまでの道は決して順風満帆ではなかった。

1999年、ジャニーズジュニアだった3人は情報番組のレギュラーを獲得し、東京進出。生活に余裕がなかった3人は、嵐・二宮和也(34)や相葉雅紀(34)の自宅に泊めてもらい、新幹線のチケット代を浮かしていたと語る。

しかし2001年にはレギュラー番組が終わり、開店休業状態に。

横山は「一か八か」パチンコ屋に通って生活費を稼ぎ、渋谷は滝沢秀明(35)の自宅に入り浸り半同棲状態で過ごすなど、それぞれ苦労話を明かした。

 

■村上はネットカフェ難民

24時間営業のネットカフェが出始めた当時、「ナイトパックで1泊980円、個室も区切りもシャワーもないネカフェで生活していた」と村上は振り返る。

「ネカフェ難民」という言葉もない時代での出来事に、周囲は「ネカフェ難民の走り」と驚愕。

有吉も「日曜お昼のドキュメンタリー。よくここまで来たね、えらい」と、苦労時代を乗り越え、現在の地位にたどり着いた村上に賞賛を贈った。

マツコが旅行先で集団行動したがる人に苦言 「わかるわ」と共感の声

せっかく旅行に来たのだから、「みんなと思い出を作りたい」という人もいれば、「のんびりしたい」という人もいるはず。

1日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのマツコ・デラックスの発言が反響を呼んでいる。

 

■マツコはひとり旅派

番組内では「旅行先が雨でも、外に出て観光すべきか?」という投稿が寄せられた。この投稿から、マツコと有吉が「どういう旅行をしたいのか」についてトークを展開。

するとマツコが「みんなで一緒の行動とんなきゃ嫌だって人、嫌じゃない?」と旅行先で集団行動をしたがる人への不満を漏らす。

さらに、「みんなで来たんだからみんなで見ようよ、みたいな人いるじゃん? だから一人で行くのよ」とマツコがひとり旅を好む理由を説明し、有吉も「そうそう!」と共感の声を上げた。

 

■みんな一緒は嫌?

マツコの発言にツイッターでは「わかるわ~」「オレもひとり旅派」などなど、共感の声が多く寄せられている。

マツコわかるわ〜せっかく来たからみんなで行動しよう的な人嫌い

— たー3 (@ta_san29) November 1, 2017

オレも旅はひとりで派。増やしても二人旅まで。

家族で行く場合は、もはや旅に似た何か。旅ではない。

旅先でまで、気をつかいたくない。 #かりそめ天国

— 森 光司 馬と鉄道と日ハムとaikoの人 (@Cozymarch25Mori) November 1, 2017

私も集団で行動するのやだわ #かりそめ天国

— 樹利亜。 (@pinkblliant6767) November 1, 2017

大人数の行動は苦手だから今日の放送はしょっぱなから共感した#かりそめ天国

— エトゥヨシ (@non_eto__uyosh) November 1, 2017

日ごろの人間関係を断つことができるのも旅行の魅力。「せっかくの旅行なのに人間関係で悩みたくない」と考え、ひとり旅を好む人が多いのかもしれない。

 

■女性はやっぱり集団行動が好き?

しらべぇ編集部では全国20〜60代の女性829名に「女ひとり旅をしたことがあるか」を調査。その結果、女性ひとり旅の経験者は13.5%にとどまっている。

女性は集団行動を好む傾向があるので、旅行もみんなで行きたいと思う人が多いのかも。

最近では、旅行先の写真をSNSにアップするのが当たり前になっている。

「友達と仲良く旅行している私」という、充実した自分を演出してくれる写真を撮るため、友達と旅行をしたがる女性は少なくないはず。

女性にとっての旅行は、「どこに」行くかではなく「誰と」行くかが重要なのかもしれない。

有吉、パフォーマンスで怒鳴る上司に「言い訳してるだけ」と一蹴

上司から、理不尽な理由で怒られた人は少なくないだろう。

25日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)での有吉弘行の発言が、反響を呼んでいる。

 

■「言い訳してるだけ」

番組では、「(社員の前で)怒鳴ったのは社員の士気を上げるパフォーマンスだから」と上司に言われた投稿者から、「パフォーマンスで怒るのはアリですか?」という疑問を寄せられた。

有吉は「感情的になって、後付けで言い訳してるだけ」と一蹴。マツコも「私もそう思う」と共感の声を上げた。

さらに有吉は「なに? みんなの士気上げるって? 三国志じゃないんだから」とツッコみ、スタジオ内を笑いで包んだ。

 

■ネットには納得の声

有吉の発言に、ツイッターでは「士気は上がらない」「単なる言い訳」などなど、賛同の声が多く寄せらている。

人前で権威振りかざして怒鳴り散らかす人は無能だよ(笑)優秀な人、絶対いないから。

っていうか怒ったって士気上がらない。意気消沈する。

ただ、叱ることはあるけどね。でも、懲りない人はもう叱りもしなくなるけど。#かりそめ天国

— ヒコヤマ (@Ls0LcoPd3WXpqJf) October 25, 2017

そもそも人前で怒るって言う神経が解らん 何か注意するにしても、まず人目が無い所へ呼び出すようにはしてるけど イヤでしょ、人前で怒られている姿見せるのも見せられるのも #かりそめ天国

— 846号@夏コミお疲れ様でした (@846Go) October 25, 2017

パフォーマンスで怒ったとしても社員の士気は上がらない。それどころか、ドン引きせざるを得ない。 #かりそめ天国

— MariO@ルルイエ鯖と呉鯖兼任指揮官 (@mario_game0609) October 25, 2017

パフォーマンスで怒るのは、ありかなしか?って言ったら、なしですよね?「私感情で怒るタイプじゃないのよ、って後付けで言い訳したいだけ」本当です!#かりそめ天国

— Jessica.K@ジェシカ・マウス (@Jessica_K_Daisy) October 25, 2017

そうです。単なる言い訳です。上司が無能なんです。 #かりそめ天国

— ゴクリン… (@deadkennybuster) October 25, 2017

人が怒られている姿を見て「私も頑張ろう!」「なんて活気のある職場なんだ!」と思える人は少ない。

「誰かを怒鳴ることで士気を高める」という発想は、モンスター上司にしかわからない理屈があるのかも。

有吉弘行が「憧れのアイドルに会いたくない理由」に賛同の声

25日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、アイドル好きが一度は考える「憧れのアイドルとデートしたい」欲望を実現。

有吉弘行(43)が自身は「憧れのアイドルに会いたくない」と語り、視聴者から賛同の声が寄せられている。

 

■「憧れのアイドルに会いたい」ファン

アイドル好きのトレンディエンジェル・たかし(31)が、憧れの元AKB48・前田敦子とのデートを希望。本人ではなくそっくりさんがデート相手となったが、たかしは満足気。

「自慢したい。みんなに見せつけたい」と願望を語るたかし。渋谷でイチャイチャとデートする様子が放送された。

VTR開始直後から「絶対嫌だ」と否定的だった有吉。「憧れの人とは絶対会いたくない」と本音を明かす。

 

■有吉が「憧れの人に会いたくない」理由

「絶対、想像より嫌な人じゃん。自分の想像以下になっちゃう」、これが、有吉が憧れの人に会いたくない理由。

実際、憧れた元プロレスラー・高田延彦(55)に初めて会った際に「メチャクチャ酒を強要された」経験を明かし、「憧れを憧れのままにしておきたい」気持ちを熱弁。

マツコ・デラックス(44)は「どんな超人でも美人でも人間。想像はアニメや空想に近い。会わない方が一生楽しんでいられる」と賛同し、自身も、憧れの中森明菜にあえて会わず、「勝手に妄想し続ける」と宣言した。

品川庄司・品川が嫌われた理由 「嫌われること全てやっている」と納得の声

品川庄司・品川祐(45)が、25日放送『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演。有吉弘行(43)から「おしゃべりクソ野郎」とあだ名をつけられた品川が、嫌われ者代表として扱われている現状に言及。

トガっていた過去と「嫌われた理由」が明かされ、視聴者から驚きの声が上がっている

(画像は品川祐Twitterからのスクリーンショット)

■世間から厳しい声

「態度に性格の悪さが滲み出ていて、嫌いを通り越して大嫌い」

「まだ人に好かれようとしているが往生際が悪い」

「品川さんをみると辛かった学生時代を思い出してチャンネルを変えてしまう」

 

番組で、品川にぶつけられた世間の意見は厳しいものだったが、こういった中傷に対して「慣れはしないが、眠れないほどは傷つかなくなった」と苦笑い。

15年前から「うっすら嫌われている」と感じはじめ、5年前には「絶対嫌われている」と実感したという。

 

■最悪の打ち合わせ態度

「学生時代、1期生で先輩がいなかった」ため生意気になったと品川は語る。

しかしそれ以上に「世間に嫌われた理由」が、ブレイク当時、人気を博し天狗になった品川が必要以上にトガってしまい、「特にスタッフに対して失礼な態度で接していた」ことが原因。

「挨拶をしない、台本を開かない、目を合わせない、目の前でマネージャーを恫喝する」など、信じられない態度で打ち合わせに望んでいた過去が明らかとなった。