有給休暇

買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(KapturePhotoSolution/iStock/Thinkstock)

週末に出かけるのもいいけれど、どこも混雑していてグッタリ。買い物も混んでいて、チェックしたかった店を回りきれなかった。

週末にしかできないあれこれを平日にできたら、もっとすいていて、ゆったりできるのに…なんて思うことはないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女659名を対象に「平日に休みたい」と思う人の割合を調査した。

■女性とあの職業が…

全体では73.6%が「平日に休みたい」と回答。男女別では、男性71.3%に対し、女性は78.3%と7ポイントも高め。

性別・年代別に見てみると

どの年代も女子が男性を上回り、50代女性が最も高い数値に。

女性は50代まで年代に比例して上昇するが、男性は20代がやや低いものの、年代による開きは大きくない傾向に。

仕事と家庭を両立する女性の場合は、家族が揃う週末では、むしろゆっくりできないため、平日休みへの希望は高そうだ。

また職業別に見てみると、

圧倒的に多いのが「公務員」88.1%。

役所によっては、平日に時間延長窓口を設けるところもあるが、「5時が7時になっても、自宅最寄りの窓口への移動時間を考えると、全然間に合わない」といった声も多い。

これほど平日に休みたい公務員が多いなら、「いっそのことシフト制にして、週末も時短営業くらいしてくれたらいいのに…」と思う人は少なくなさそう。

 

■平日のデパートが快適すぎ

実際に「平日に休みたい!」という人に、話を聞いた。

「以前は外回りも多い仕事で、空いた時間に銀行やちょっとした買い物を片付けられたのですが、今は完全に内勤。週末だと片付かない用事って、意外と細々あるんですよねぇ。

 

それに平日の昼間、あの混雑していないデパートが快適すぎるのを知ってしまっているせいか、休日にごった返している状況を見ると、それだけでうんざりしてしまいます」(30代・女性)

 

「友達と会ったりするには、週末休みの方が予定を合わせやすいから、いつも平日に休みたいわけじゃないんですよ。だけど、デートで行った遊園地が混んでいたり、ドライブ帰りで渋滞にはまったりすると、『平日だったらなぁ』って。

 

やっぱり有給休暇とか、なかなか取りにくいですからね。本当にたまにでいいんで、平日に他の人が働いている時間に、好きなことができるって、ちょっと特別な感じで憧れます」(20代・男性)

 

平日に休みたいからといって、もちろん週末に働きたいということではなく、ほんのたまに、みんなは働いているけど、自分だけは好きなことができる――そんな特別な時間を持ちたくなる人は多いはず。

年末の忙しさに突入する前に計画的に仕事を片付け、平日の有給休暇を満喫してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→ある意味、休日の贅沢な過ごし方!?「何にもしないをするんだよ」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(KapturePhotoSolution/iStock/Thinkstock)

週末に出かけるのもいいけれど、どこも混雑していてグッタリ。買い物も混んでいて、チェックしたかった店を回りきれなかった。

週末にしかできないあれこれを平日にできたら、もっとすいていて、ゆったりできるのに…なんて思うことはないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女659名を対象に「平日に休みたい」と思う人の割合を調査した。

■女性とあの職業が…

全体では73.6%が「平日に休みたい」と回答。男女別では、男性71.3%に対し、女性は78.3%と7ポイントも高め。

性別・年代別に見てみると

どの年代も女子が男性を上回り、50代女性が最も高い数値に。

女性は50代まで年代に比例して上昇するが、男性は20代がやや低いものの、年代による開きは大きくない傾向に。

仕事と家庭を両立する女性の場合は、家族が揃う週末では、むしろゆっくりできないため、平日休みへの希望は高そうだ。

また職業別に見てみると、

圧倒的に多いのが「公務員」88.1%。

役所によっては、平日に時間延長窓口を設けるところもあるが、「5時が7時になっても、自宅最寄りの窓口への移動時間を考えると、全然間に合わない」といった声も多い。

これほど平日に休みたい公務員が多いなら、「いっそのことシフト制にして、週末も時短営業くらいしてくれたらいいのに…」と思う人は少なくなさそう。

 

■平日のデパートが快適すぎ

実際に「平日に休みたい!」という人に、話を聞いた。

「以前は外回りも多い仕事で、空いた時間に銀行やちょっとした買い物を片付けられたのですが、今は完全に内勤。週末だと片付かない用事って、意外と細々あるんですよねぇ。

 

それに平日の昼間、あの混雑していないデパートが快適すぎるのを知ってしまっているせいか、休日にごった返している状況を見ると、それだけでうんざりしてしまいます」(30代・女性)

 

「友達と会ったりするには、週末休みの方が予定を合わせやすいから、いつも平日に休みたいわけじゃないんですよ。だけど、デートで行った遊園地が混んでいたり、ドライブ帰りで渋滞にはまったりすると、『平日だったらなぁ』って。

 

やっぱり有給休暇とか、なかなか取りにくいですからね。本当にたまにでいいんで、平日に他の人が働いている時間に、好きなことができるって、ちょっと特別な感じで憧れます」(20代・男性)

 

平日に休みたいからといって、もちろん週末に働きたいということではなく、ほんのたまに、みんなは働いているけど、自分だけは好きなことができる――そんな特別な時間を持ちたくなる人は多いはず。

年末の忙しさに突入する前に計画的に仕事を片付け、平日の有給休暇を満喫してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→ある意味、休日の贅沢な過ごし方!?「何にもしないをするんだよ」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

三連休もっとあればいいのに…プレミアムフライデー変則希望の声も

(amanaimagesRF/iStock/Thinkstock)

9月の祝日「秋分の日」が土曜日で、切ない気持ちになった人が多かった。そんな人たちが待っていた、ハッピーマンデーな「体育の日」を絡めての三連休。

1日余裕があるだけで、いつもの週末と違って、遠出の予定を考えやすかったり、予定はなくてものんびり気分が味わえたり、がぜん「休みだ!」という気持ちが盛り上がる。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,348名を対象に「三連休がもっと欲しい」人の割合を調査した。

 

■公務員は8割超えも、主婦は…

全体では過半数の51.9%が「三連休がもっと欲しい」と回答。

男女別で見ると男性は56.8%、女性は46.9%で、10ポイントも開く結果に。さらに、性別・年代別で比較してみると、

どの年代も男性の割合が高く、30代男性は7割に迫る67.9%。

 

「もっとゆっくり休みたい!」という欲求は、男性が圧倒的に高いように見えるのだが、職業別だと…

「公務員」が圧倒的多数の83.3%。次いで、「会社員」がほぼ7割の69.6%。

一方、曜日感覚が薄くなりがちな「無職・家事手伝い」22.7%が低水準なのに加え、「専業主婦(夫)」が30.7%。これが女性の割合を押し下げた要因のよう。

平日なら、自分一人の昼食は「ありもので、簡単に」とできるが、休日だと家族の分があるため「何を作ろうか…」となったり、朝寝坊する家族がいてなかなか片付かなかったり、むしろ負担に感じてしまうのかも。

 

■プレミアムフライデーを変則に?

実際に「三連休がもっとあれば!」という人に話を聞いた。

「会社は取れって言いますけど、有給なんてなかなか取れないし、下手したら『有給扱い』で自宅作業。休みを取っても働かなきゃいけなくなるなら、きっちり休日の方が余計な連絡も来ないし、ちゃんと休めます。

 

(土)(日)だけだと、一泊で出かけるのも『ちょっと慌ただしいな』と思うし、1日はゆっくりしたい…って考えると、三連休はちょうどいいんですよね。夏休みや年末ほど、直前が詰め込まれる感じもないし。月に2回くらい三連休があると、嬉しいんですけどねぇ」(20代・女性)

 

「旅行好きなので、三連休がもっとあったら…と思いますよ。国内旅行もですが、3日あったら韓国や台湾・香港あたりは、グルメツアーくらいなら充分楽しめますし。

 

ちなみに、スタートからこれまで無縁でしかないプレミアムフライデー、あれ、変則でハッピーマンデーの三連休にくっつけるとか、合わせ技が検討されないですかね?

 

通常の(金)だから、『普通の(金)になっちゃっても、しょうがないか』ってなりがちだけど、三連休の前がプレミアムフライデーになったら、みんな(金)から旅に出ようとしたり、翌日からの旅行の準備ができたり、もっと活用する気になると思うんですよ。周りには、『妄想だ』って笑われますけどね。(笑)」(30代・男性)

 

確かに、プレミアムフライデーがハッピーマンデーの三連休と合わせ技になったら、旅行好きな人は「使える! 使いたい!」となりそう。

この連休を有効活用できる人も、「家でのんびり」な人も、休める人はしっかり楽しもう。

・合わせて読みたい→今年は秋分の日が土曜日に…祝日が土曜日だとがっかりな人たち

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

直前に言うよりイラっ! 有給休暇のマナーが悪すぎる社員たち

(©ぱくたそ)

有給休暇は社員の権利ではあるが、周りの社員に迷惑がかかってしまうのも事実。

そのため多くの人は、取得する日や期間を考慮して取るものだが、中には自分のことだけしか考えずに、周りを不快にさせる人も。

しらべぇ取材班は、会社員たちに「有給申請のマナーが悪い!」と思った社員を聞いてみた。

 

①指導しにきてくれている人がいるのに長期休暇を取る

「入社して半年の新人社員がいるんですが。うちは専門職なので、彼女を教えるために定年退職をした熟練の女性に頼んで、遠路からはるばる指導しにきてもらっています。

 

だから彼女はまだ修行中だし、頑張らないといけない身分。にも関わらずに、有給が支給されるやいなや『友達と旅行に行くので〜』と、長期休暇の申請を…。

 

指導してくれている女性が教えにこられる期間は限られているのに、休んで遊びに行っちゃうの…? という気分。何様だよ…と、さすがに呆れましたね」(女性・29歳)

 

②大型連休を長くするために、半年以上前から申請する

「GWなどの大型連休で、間の平日を休みにして長めに休暇を取るために、半年以上前から有給申請してくる人がいます。突然の休みも困りますが、半年前はやりすぎ。

 

結局、先に出したその人がいい部分でまるまる休むので、直前に予定がわかってから申請する社員は、その期間は取れないなど、毎回不公平にもなるんですよ。

 

まさに自分さえ良ければいいタイプ。いつも我先に…と、自分の休みを必死に確保しているのを見ると『がめつい奴…』とイラッとします」(男性・28歳)

 

▪️有給休暇を取得できない人も…?

しらべぇ編集部が全国20~60代の会社員男女458名を対象に「年次有給休暇を全体の何割くらい取得しているか」の調査を実施。

その結果、すべて消化できている人もいる一方で、まったく取得できていない人が2割近く存在するようだ。

有給を取れることは嬉しくありがたいことだが、一方で社員同士の確執を生んでしまうことも…。申請をする時は、しっかりと周りに配慮することを忘れないようにしたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→有給休暇どれくらい消化してる? 地域ぐるみで休み取得のサポートも

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20代~60代の会社員男女458名(有効回答数)

直前に言うよりイラっ! 有給休暇のマナーが悪すぎる社員たち

(©ぱくたそ)

有給休暇は社員の権利ではあるが、周りの社員に迷惑がかかってしまうのも事実。

そのため多くの人は、取得する日や期間を考慮して取るものだが、中には自分のことだけしか考えずに、周りを不快にさせる人も。

しらべぇ取材班は、会社員たちに「有給申請のマナーが悪い!」と思った社員を聞いてみた。

 

①指導しにきてくれている人がいるのに長期休暇を取る

「入社して半年の新人社員がいるんですが。うちは専門職なので、彼女を教えるために定年退職をした熟練の女性に頼んで、遠路からはるばる指導しにきてもらっています。

 

だから彼女はまだ修行中だし、頑張らないといけない身分。にも関わらずに、有給が支給されるやいなや『友達と旅行に行くので〜』と、長期休暇の申請を…。

 

指導してくれている女性が教えにこられる期間は限られているのに、休んで遊びに行っちゃうの…? という気分。何様だよ…と、さすがに呆れましたね」(女性・29歳)

 

②大型連休を長くするために、半年以上前から申請する

「GWなどの大型連休で、間の平日を休みにして長めに休暇を取るために、半年以上前から有給申請してくる人がいます。突然の休みも困りますが、半年前はやりすぎ。

 

結局、先に出したその人がいい部分でまるまる休むので、直前に予定がわかってから申請する社員は、その期間は取れないなど、毎回不公平にもなるんですよ。

 

まさに自分さえ良ければいいタイプ。いつも我先に…と、自分の休みを必死に確保しているのを見ると『がめつい奴…』とイラッとします」(男性・28歳)

 

▪️有給休暇を取得できない人も…?

しらべぇ編集部が全国20~60代の会社員男女458名を対象に「年次有給休暇を全体の何割くらい取得しているか」の調査を実施。

その結果、すべて消化できている人もいる一方で、まったく取得できていない人が2割近く存在するようだ。

有給を取れることは嬉しくありがたいことだが、一方で社員同士の確執を生んでしまうことも…。申請をする時は、しっかりと周りに配慮することを忘れないようにしたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→有給休暇どれくらい消化してる? 地域ぐるみで休み取得のサポートも

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20代~60代の会社員男女458名(有効回答数)