朝ドラ

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

毎朝見てる? 「『わろてんか』は様子見中」の朝ドラウォッチャーも

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

NHKで毎朝放送される「連続テレビ小説」は通称「朝ドラ」と呼ばれ、お茶の間の人たちに愛され続けているドラマ枠のひとつ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,349名に「NHKの朝ドラをどう思うか」との調査を実施。朝ドラに対して、どのような印象を持っている人が多いのだろうか。

 

■朝ドラの評価は真っ二つに

「大好き」と「まあまあ好き」の合計よりも、「あまり好きではない」と「嫌い」を合わせた割合のほうがわずかに多くなっている。

しかし、両者の数字は拮抗しており、意見は真っ二つに分かれていると取れるだろう。

「そもそも放送時間には仕事で家にいないから、観たことがない。でも職場の先輩の数名は、録画してまで観ていて、朝ドラの話で盛り上がっていることも。全然、話についていけない」(20代・女性)

 

「親が好きでよく観ていて、出勤の準備をしている私にも声は聞こえてくる。正直、『朝から、うるさい』と思う」(30代・女性)

 

■東京と大阪で作品の特色が変わる

朝ドラは15分という短い時間だが、月曜日から土曜日までの6日間連続して放送。それが半年に渡って続くのだから、観ている人もいい作品には愛着が生まれる。

「うちの母はいまだに『あさが来た』ロスで、たまに録画したのを観返している」(20代・女性)

 

朝ドラの制作は前期をNHK放送センター(AK)、後期をNHK大阪放送局(BK)が担当している。

「AKとBKで、特徴が変わる。私はBKのほうが好きだけど、どちらも当たり外れが激しいところがある」(40代・女性)

 

■朝ドラ視聴がライフワークに

40代男性は、朝ドラを欠かさずに観ているという。

「朝ドラを観るのは、もはやライフワークになっています。世間的にも不評だった『純と愛』や『まれ』も、なんとか我慢をして観ましたし。

 

そんな微妙な作品もありますが、最近では『ひよっこ』がヒットでしたね。特別なことはなにもない主人公に、共感した人が多いのでしょう」

 

現在放送中の朝ドラに対しては、様子を見ているところだという。

「『わろてんか』は、ちょっと様子見な段階かな。これから、おもしろくなってくるかもしれないし。とはいえ、私はどう評価される作品でも、朝ドラウォッチャーとして最後まで観ます!」

 

朝ドラ出演がきっかけに人気に火がつき、ブレイクした俳優も多い。これからも新しいスターが、朝ドラから誕生していくことだろう。

毎朝見てる? 「『わろてんか』は様子見中」の朝ドラウォッチャーも

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

NHKで毎朝放送される「連続テレビ小説」は通称「朝ドラ」と呼ばれ、お茶の間の人たちに愛され続けているドラマ枠のひとつ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,349名に「NHKの朝ドラをどう思うか」との調査を実施。朝ドラに対して、どのような印象を持っている人が多いのだろうか。

 

■朝ドラの評価は真っ二つに

「大好き」と「まあまあ好き」の合計よりも、「あまり好きではない」と「嫌い」を合わせた割合のほうがわずかに多くなっている。

しかし、両者の数字は拮抗しており、意見は真っ二つに分かれていると取れるだろう。

「そもそも放送時間には仕事で家にいないから、観たことがない。でも職場の先輩の数名は、録画してまで観ていて、朝ドラの話で盛り上がっていることも。全然、話についていけない」(20代・女性)

 

「親が好きでよく観ていて、出勤の準備をしている私にも声は聞こえてくる。正直、『朝から、うるさい』と思う」(30代・女性)

 

■東京と大阪で作品の特色が変わる

朝ドラは15分という短い時間だが、月曜日から土曜日までの6日間連続して放送。それが半年に渡って続くのだから、観ている人もいい作品には愛着が生まれる。

「うちの母はいまだに『あさが来た』ロスで、たまに録画したのを観返している」(20代・女性)

 

朝ドラの制作は前期をNHK放送センター(AK)、後期をNHK大阪放送局(BK)が担当している。

「AKとBKで、特徴が変わる。私はBKのほうが好きだけど、どちらも当たり外れが激しいところがある」(40代・女性)

 

■朝ドラ視聴がライフワークに

40代男性は、朝ドラを欠かさずに観ているという。

「朝ドラを観るのは、もはやライフワークになっています。世間的にも不評だった『純と愛』や『まれ』も、なんとか我慢をして観ましたし。

 

そんな微妙な作品もありますが、最近では『ひよっこ』がヒットでしたね。特別なことはなにもない主人公に、共感した人が多いのでしょう」

 

現在放送中の朝ドラに対しては、様子を見ているところだという。

「『わろてんか』は、ちょっと様子見な段階かな。これから、おもしろくなってくるかもしれないし。とはいえ、私はどう評価される作品でも、朝ドラウォッチャーとして最後まで観ます!」

 

朝ドラ出演がきっかけに人気に火がつき、ブレイクした俳優も多い。これからも新しいスターが、朝ドラから誕生していくことだろう。

「私にはマネできない」有村架純が絶賛した朝ドラ共演者とは?

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」で主人公・みね子を演じていた有村架純さん。ドラマ最終回を直前に控えた9月29日、NHK朝の情報番組「あさイチ」にゲストとして登場しました。 茨城県から状況し、さまざまなトラブルも家族や周りの人たちに支えられて成長していく、ひとりの女の子の物語を描いた「ひよっこ」。