木下優樹菜

新・三愛水着イメージガールの16歳、黒木麗奈 合格を真っ先に報告した相手は…

菜々緒や木下優樹菜、山本梓など、そうそうたる美女たちを輩出してきた『三愛水着楽園イメージガール』に、2018年は16歳の高校2年生、黒木麗奈が選ばれた。

しらべぇ取材班は、その喜びもまだ醒めやらない黒木本人を直撃した。

 

■モデルになるのは小5からの夢

彼女がモデルを志したのは、小学生のとき。父のアドバイスがきっかけだったという。

黒木:オーディションでは、見た目が大人っぽい方が多くて、他の人と比べると「私はまだ子供っぽいかな…」と思ったりもしたんですけど、モデルになることはずっと夢だったので、「絶対に受かりたいな」と思って臨みました。

 

今、16歳なのですが、モデルになりたいと思ったのは小学校4年生の頃です。父がファッションにくわしくて、洋服もよく一緒に買いに行っていて、「モデルをめざしたら?」って勧めてくれたんです。ちょうどその頃、事務所にスカウトされて、中1から撮影やウォーキングなど、モデルとしてのレッスンを始めました。

 

■合格はまず父だけに報告

レッスンの送り迎えや付き添いなど、モデルをめざすことをいちばん応援してくれたという父の存在。オーディション合格も、まず父親に報告した。

黒木:合格の連絡が来て、まず父に伝えました。いつもいちばん近くで支えてくれたので。「公式発表のタイミングまでは、誰にも言わないように」と言われたので、一緒に住んでいる家族にも内緒でした。

 

11月6日に情報解禁になったタイミングで、家族や友達にも伝えました。家族は私の夢を知っているので、「絶対に決まると思ってたよ!」って本当に喜んでくれて。

 

有名な女優さんやタレントさんがたくさん出ているイメージガールなので、友達もびっくりしていましたが、学校の先生も応援してくれました。

 

■菜々緒や小松菜奈のようなモデルに

すらりとした体型の黒木は、身長172cm。2010年の同イメージガールで、事務所の先輩でもある菜々緒と同じ身長だ。

黒木:菜々緒さんは、以前から家族みんなで大好きで、たまたま身長も同じなので、憧れの存在です。菜々緒さんや小松菜奈さんのようなモデルになれたらいいな、と思っています。

 

私はまだ高校生なので、元気や笑顔を武器に頑張っていきたいと思っていますが、小松菜奈さんのクールな表情もすごく好きで、そういうのも勉強したいですね。

 

■石原さとみのような女優にも

モデルレッスンだけでなく、演技の勉強もしているという黒木。

黒木:中学生のとき、ドラマ『GTO』(フジテレビ系)にランウェイを歩くモデルの役で出演させていただいたことがありますが、本格的に演技のレッスンもしています。ちゃんと役をいただけるようになりたいですね。石原さとみさんみたいな女優になれたら、嬉しいです。

 

■フリルの水着が好き

来年からイメージガールを務める水着についても聞いてみたところ…

黒木:女の子らしいかわいらしさがある、フリルがついたタイプの水着が大好きです。この黄色い花柄の水着は、お気に入りですね。体のラインをあまり出したくない子もいると思うので、ぜひ試してみていただきたいと思います。

 

イメージガールとしては、近々、海外で水着のお仕事があるそうなのですが、中学の修学旅行でオーストラリアに行って以来の海外なので、とても楽しみです。1月には新作水着のお披露目もあるので、楽しみにしていてください。

 

■英語を学んで海外で活躍も

残された高校生活も、あと1年と少し。芸能界と学業の両立は大変なことも想像されるが…

黒木:将来、モデルとして海外で活躍したい夢もあるので、英語はとくにしっかり勉強したいと思っています。苦手な部分もあるのですが、頑張ります。

 

と、決意を語った。モデル、女優として、今後の活躍が楽しみな16歳だ。

【黒木 麗奈(くろき・れな)】

2000年11月26日 東京都生まれ/16歳・高校2年生/T:172cm・B:81cm・W:56cm・H:82cm/特技:水泳、書道、料理、絵を描くこと

『コウノドリ』に木下優樹菜が出演 演技力に批判も「出産事情」に深い理由が? 

産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)たちが「命が誕生する奇跡」をめぐる様々な問題と向き合っていく、TBS系ドラマ『コウノドリ』。

3日放送の第4話では「高いリスクを背負ってでも普通分娩で産みたい」と切望する母親の心情が描かれた。しかし、そんな第4話のゲストに対しインターネット上に不満の声があげられている。

 

■「お腹を痛めて産みたい」と願う母

他院からの紹介状を手にサクラの元を訪れたのは、帝王切開を経験した妊婦が普通分娩に挑む「トーラック」を希望している秋野蓮(安めぐみ)。トーラックには母子ともに大きなリスクが伴うことをサクラが説明するも、蓮の意思は堅い。

そんな彼女の分娩方法をめぐってペルソナチームが葛藤する中、NICU(新生児集中治療室)に預けられている、青木朋子(木下優樹菜)の息子・一博くんの容態が急変。

新生児科の白川(坂口健太郎)が青木夫婦に連絡するも、2人は旅行を楽しんでいた。旅行先から戻り「お土産を買ってこれずごめんなさい」と言う青木夫婦に、白川は「NICUは保育所じゃない」と一喝した。

 

■木下の出演に不満の声が

毎回豪華なゲストが話題となっている同作。しかし、今回のゲストの1人木下の出演にはインターネット上で不満の声があがっている。

本気で#コウノドリ#木下優樹菜 はいらんなーって思ったちょっとしか見れんかったけど演技酷すぎた

— mi-nan (@jiyomina) November 3, 2017

コウノドリって、今まで演技が下手な人って出てなかったイメージだけど…なんで木下優樹菜を出したかな。ちょっと残念だわ。

— まや (@miyumaruketa) November 3, 2017

木下優樹菜演技下手すぎ…コウノドリ好きなのに…なんでこのキャスティング?#コウノドリ #木下優樹菜 #演技下手すぎ

— t_t.6891 (@t_6891) November 3, 2017

「産後うつ」を取り上げた第3話で、産後の母親が置かれる環境のリアルな描写や、高橋メアリージュンの熱演が称賛された直後なだけに、木下の表現力に対し厳しい指摘が目立つ。

『コウノドリ』に木下優樹菜が出演 演技力に批判も「出産事情」に深い理由が? 

産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)たちが「命が誕生する奇跡」をめぐる様々な問題と向き合っていく、TBS系ドラマ『コウノドリ』。

3日放送の第4話では「高いリスクを背負ってでも普通分娩で産みたい」と切望する母親の心情が描かれた。しかし、そんな第4話のゲストに対しインターネット上に不満の声があげられている。

 

■「お腹を痛めて産みたい」と願う母

他院からの紹介状を手にサクラの元を訪れたのは、帝王切開を経験した妊婦が普通分娩に挑む「トーラック」を希望している秋野蓮(安めぐみ)。トーラックには母子ともに大きなリスクが伴うことをサクラが説明するも、蓮の意思は堅い。

そんな彼女の分娩方法をめぐってペルソナチームが葛藤する中、NICU(新生児集中治療室)に預けられている、青木朋子(木下優樹菜)の息子・一博くんの容態が急変。

新生児科の白川(坂口健太郎)が青木夫婦に連絡するも、2人は旅行を楽しんでいた。旅行先から戻り「お土産を買ってこれずごめんなさい」と言う青木夫婦に、白川は「NICUは保育所じゃない」と一喝した。

 

■木下の出演に不満の声が

毎回豪華なゲストが話題となっている同作。しかし、今回のゲストの1人木下の出演にはインターネット上で不満の声があがっている。

本気で#コウノドリ#木下優樹菜 はいらんなーって思ったちょっとしか見れんかったけど演技酷すぎた

— mi-nan (@jiyomina) November 3, 2017

コウノドリって、今まで演技が下手な人って出てなかったイメージだけど…なんで木下優樹菜を出したかな。ちょっと残念だわ。

— まや (@miyumaruketa) November 3, 2017

木下優樹菜演技下手すぎ…コウノドリ好きなのに…なんでこのキャスティング?#コウノドリ #木下優樹菜 #演技下手すぎ

— t_t.6891 (@t_6891) November 3, 2017

「産後うつ」を取り上げた第3話で、産後の母親が置かれる環境のリアルな描写や、高橋メアリージュンの熱演が称賛された直後なだけに、木下の表現力に対し厳しい指摘が目立つ。

木下優樹菜、安室引退に自撮りの号泣動画を投稿 「悲しいアピール?」と批判殺到

(画像はInstagramのスクリーンショット)

20日、歌手・安室奈美恵(40)が引退表明した。ファンである多くの芸能人たちも、その思いをSNSなどに投稿している。

その中で、タレント・木下優樹菜(29)のとある動画が話題になっている。

 

■涙を流す動画を公開

木下は20日、自身のインスタグラムを更新。「絶望」「奈美恵様 引退」とのテロップとともに、涙を流す木下の自撮り動画を投稿した。安室の大ファンということもあり、突然の引退はやはり悲しいものだったのだろう。

奈美恵様のファンの皆さん ありがとうございます 同じきもちです。 わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、 友達たちに 送ったやつ。 いまは一旦冷静になりながら 複雑な感情で 夏休みの準備、してます。 みんなと同じきもち。 #安室奈美恵 さん#生き甲斐 #大好きだよ#fanspace

A post shared by yuuukiiinaaa (@yuuukiiinaaa) on Sep 20, 2017 at 5:05am PDT

涙がとにかく止まらず、言葉にならなかった木下。この動画は、友人たちへ送ったもののようだ。「いまは一旦冷静になりながら 複雑な感情で夏休みの準備、してます。みんなと同じきもち」と、気を落ち着かせているとのこと。

ハッシュタグには「#安室奈美恵さん #生き甲斐 #大好きだよ」とあり、大のアムラーだったことがうかがえる。

投稿を受け、ファンからは「私も悲しいです」「その気持ちわかります」と同情の声があがっている。

 

■自撮り動画に辛辣な意見も

しかし、中には「なんで自撮りで泣くの?」「悲しいアピール?」と厳しい指摘もみられた。

安室奈美恵が引退するニュース見てて、周りの芸能人の反応ってなって、木下優樹菜のショックで自分の泣いてる動画を公開ってわけわかんねぇってなった「悲しい、私泣いてるよ見て見て」って感じなのか

— にとりんだめあ (@notfattt) September 20, 2017

安室奈美恵引退でなぜか泣き顔さらして「ちょっと意味わからない」と言われる木下優樹菜と、何も言ってないのに皆に「大丈夫か!?」と心配されるイモトアヤコの差よ。

— うーやん (@usausauuyanxx) September 20, 2017

安室奈美恵の引退の件で木下優樹菜がインスタグラムで泣きながら語ってる動画見てて「泣きながら片手で動画自撮りするの笑えるよね」って言い放つ嫁のことを今日さらに好きになりました。

— 爽やか万次郎 (@moumuridatte) September 20, 2017

木下優樹菜がインスタに「安室ちゃん引退がショックで泣いてる自分」の動画を載せたの意味がわからなかった…泣いてる自分可愛いでしょアピールなのか?文章で「ショックで泣いてます」でいいじゃないか

— 福太郎(UC) (@164pispis) September 20, 2017

 

■6割は人前で泣かない

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「涙を流すタイミング」について調査したところ、ほぼ6割が「人前では泣かないようにしている」と回答。

6割の人は悲しいことがあってもそれを共有せず、ひとりでこっそりと泣くようだ。

 

物事への悲しみ方は人それぞれ。ただ、「悲しいアピール」と思われるのがイヤな人は、自撮り動画は避けたほうが良さそうだ。

・合わせて読みたい→安室奈美恵が引退表明 なぜかイモトアヤコを心配する声が続出

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)