木下百花

「NMB48の問題児」木下百花が卒業ライブ サプライズで山本彩も登場

NMB48の木下百花が、27日にNMB48劇場で卒業公演を行った。木下は2010年に1期生としてNMB48に加入。アニメや漫画好きであり、過激な発言も容赦なく連発することも。

さらに髪色も金、銀、赤、青と変える従来のアイドルでは考えられないキャラだったが、そのスタイルに憧れる女性も目立つ。そんな独自のスタイルを貫いて、卒業公演を迎えることになった。

 

■木下ファンの大半は女性?

最後のステージということで、木下ファンを中心に劇場には多くのファンが集まったが、劇場の半分近くが女性。これまでのアイドルのライブではありえないと思える光景が広がった。

最終公演の演目は、『アイドルの夜明け』。木下にとってもファンにとっても慣れ親しんだ公演なので楽しいのは間違いないが、時間が経てば経つほど木下とのお別れの時間が近づく。

おそらく大半のファンがそんな気持ちで観ていたことだろう。

 

■最後はサプライズで山本彩が出演 

あっという間の2時間が経ってしまい最後の曲となったところで、公演は終了。そこで木下は、かつて自身がプロデュースしたボーイズラブを題材にした芝居の百合劇場を上演することに。

サプライズで山本彩・三田麻央・太田夢莉が出演し、木下の門出を祝う形で寸劇を披露。「最後に普通に曲をやっても面白くないでしょ」と木下は説明し、アイドル人生の最後を終えた。

NMB48卒業の木下百花 横浜アリーナでのコンサートでさや姉とキス

((C)NMB48)

20日『NMB48 ARENA TOUR 2017』が横浜アリーナで初日を迎え、しらべぇ取材班も会場に潜入。

これまで全国でライブを行なってきたNMB48だが、関東での開催は2年半ぶりであり、横浜アリーナはNMB48にとって初めての会場だ。

 

■オープニングをやり直しまくり

オープニングは、メンバー全員がヤンキースタイルで登場。ノリノリで『バンキッシュ』『マジジョテッペンブルース』を披露し、場内は最初から大盛り上がり。

しかし、白間美瑠が「こんなの嫌だ。もっとアイドルらしいかわいいのがいい」と、まさかのオープニングのやり直し。

今度は、かわいらしさ全開のアイドルソング『なめくじハート』で再スタート…と思いきや、今度はフリフリの衣装を着た木下百花が「キツイよこれ。NMBって下品じゃないですか。もっとNMBらしさを届けたいからもう一度やり直していいですか?」と客席に再度アピール。

NMB48のヒット曲『ナギイチ』のイントロが流れ、それを聞いた木下が「これこそがNMBだぜ!」と喜んび、ようやくライブのスタートとなった。

 

■山本彩と『ももきー』を熱唱

((C)NMB48)

9月27日に、NMB48を卒業することが決まっている木下にとって、まだ活動期間は残されているものの、大規模会場でのコンサート出演はこの日が最後。木下のテンションはいつも以上に高く、メンバーも一緒に木下ワールドをしっかり楽しんでいる様子が伺えた。

1期生で、同期の山本彩がギターを持ってひとりでステージに登場すると、「大きいステージで一緒に歌えるのが最後なので、2人で相談して決めました。私がギターを弾きながら2人で歌います」と紹介。

しっかり聴かせてくれる曲を歌うのかと思いきや、卒業生の渡辺美優紀が歌ったかわいい小悪魔系ソング、『わるきー』ならぬ『ももきー』だった。木下はピンクのミニスカートという、普段のキャラとは想像もできないような格好で登場。

かわいい歌なのに、そこで木下と山本が2人でヘッドバンキング――という、想像すらできない演出でファンを魅了してくれた。

 

■YouTuber・ヒカキンも登場

((C)NMB48)

NMB48には吉田朱里を筆頭にYouTuberが多く、YouTube談義をしているところにサプライズゲストとして、カリスマYouTuber・ヒカキンが登場。

すごい熱気の会場を見たヒカキンは、「過呼吸気味になってしまいましたよ」とコメント。さらに、女子力動画で一躍人気となった吉田に対し、「こんなすごいライブと両立して、動画を編集してアップして、本当に鉄人だと思います」と絶賛した。