未読スルー

林修先生が『初耳学』でLINEの「既読機能」の重要性を熱弁 「震災の影響で生まれた機能」

5日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』では、「LINE」の既読機能の重要な役割がテーマになり、話題になっている。

 

■「既読機能」の重要性

インターネットを通じて無料電話やメッセージのやりとりができることで、人気を集めている「LINE」。

ところが、相手がメッセージを読んだという合図の「既読」が付いたにも関わらず、返信を行わない「既読スルー」と呼ばれる行為がトラブルを巻き起こすことも。

社会問題にまで発展した「既読機能」をなくさない理由を尋ねられると、林修氏は…

「震災の影響で生まれた機能。連絡が取れなくなった、メールを送ったけど相手が読んだかわからない状況だった。それで、LINEを送って『既読』に変われば、相手が読んでくれたことが確認できる。だから、あえてこの機能を残している」

 

と、語った。「既読」は震災発生時に「安否確認」の役割を果たすようだ。

LINE開発のきっかけは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」。電話がつながりにくい状況を受けて、インターネットを通じて連絡が取れるようにと開発に至ったそうだ。

 

■ネットでは納得の声

ネットでは「既読機能」に納得する声が目立っている。

初耳学見てるんだけど、LINEの既読ってとっても大事なんだって初めて知ったネット社会だからこその大事な機能なんだなぁ〜

— ばんちゃん (@bnhnsik_Ynmhays) November 5, 2017

ラインの既読機能の意味を知って、納得してる 初耳学視聴中

— あさこ (@asako126) November 5, 2017

その一方、「既読スルー」だけでは「未読スルー」問題も勃発しているという声も見られる。

既読スルー未読スルー問題勃発LINEの使い方おかしいやついる東大生が言ってたけどLINEがLINEの意味をなしてない時がある#初耳学

— アリス (@Azul_Cerezo) November 5, 2017

 

■「未読スルー」をしたことある?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のLINEユーザーである男女629名を対象に「LINEを『未読スルー』した経験があるか?」調査を実施。

その結果、全体で35.8%の人が「ある」と回答。相手への気遣いから読まなかったことにする場合や、単純に既読の事実を知られたくないケースもあるだろう。

今後、既読スルーされたときには「返信はないけど生存は確認できたし未読よりもいいか」とポジティブに捉えてみてはどうだろうか。

イライラさせるのはわかっているけど… ついやってしまうLINEの迷惑行為ランキング

(KEN226/iStock/Thinkstock)

LINEでのコミュニケーションの中で、相手の行為にイラッとしたことはないだろうか。しかし一方で、自分自身も迷惑と分かっていながらもやってしまう行為もあるはず。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代のLINEをつかったことがある男女291名を対象に、「ついやってしまうLINEの迷惑行為」について調査を実施。以下、トップ3をランキング形式で発表しよう。

 

■第3位:スタンプ連打(22.3%)

LINEならではの機能である「スタンプ」だが、何度も連投されると迷惑を感じる人も少なくない。しかし、使い勝手が良いことから連投してしまう人もいるようだ。

20代男性がもっとも多く、2割という結果に。

「テンションが上がったときに、ついスタンプを連打しちゃいますね。『起きてる?』『返事が来ないんだけど?』といった確認込みでやっちゃいます。あとは新しいスタンプを買ったときに、仲の良い友人へ大量に送ったりとか…。

 

自分がやられたらイラッとするんですけどね(笑) とくに深夜とか」(20代・女性)

 

■第2位:未読スルー(36.8%)

既読しないまま無視する未読スルーが2位に。既読もしたくないほど、返信に困ることがあるということだろう。

20代女性の5割以上、30代男性でも4割が該当するようだ。

「自分が未読スルーされたら不安になるので、気持ちは分かるのです…。まだそこまで仲良くない人からLINEがきたときは、一旦時間をおいて、ある程度シミュレーションしてからトークを開いちゃいます」(20代・男性)

 

■第1位:既読スルー(41.6%)

そして第1位は、既読したにも関わらず無視をする既読スルー。「チャットを見てるのに無視してる!」と怒りを燃やしたことがある人もいるだろう。

しかしその一方で、自分自身もやってしまう人が多いようだ。2、30代女性の半数以上が経験している結果となった。

「既読スルーをするなって言うほうが無理ありますよね。『この人、めんどくさいな。なんて返そうかな』と一旦置いといたら、なんかもう、どうでもよくなってそのままとか(笑)」(20代・女性)

 

もしも、自分もこれらの行為をしてしまっている場合は、相手からの行為も大目に見てあげてほしい。

・合わせて読みたい→あるあるすぎる! 「LINEでイラッとする行動」ランキング

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月25日対象:全国20代~60代のLINEを利用したことがある291名(有効回答数)

「好きな人からの冷めるLINE」ランキング 1位は納得のドン引き行動

(recep-bg/iStock/Thinkstock)

今やコミュニケーションツールとして欠かせない「LINE」。気軽に連絡がとれることから、非常に重宝されている。

しかし、気軽がゆえに非常識行動に出くわすこともしばしば。ましてや、意中の相手からされてしまうと思わずドン引きしてしまうこともあるだろう。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代のLINEをつかったことがある男女387名に「好きな人にされたら冷める行動」について調査。以下、トップ3をランキング形式で紹介しよう。

 

■第3位:ゲームアプリの招待(26.1%)

好きな人からのLINEに胸を躍らせ、意気揚々と画面を開くと、「一緒にゲームをプレイしよう!」とのゲームの招待が。招待すると特典がもらえるシステムが多いことから、「ただの特典目的かよ!」と怒りたくなるようだ。

20代男女、30代女性の2割以上がドン引きしている結果に。

「正直、冷めますね。『私もやりたい!』って言ってたならまだしも、急に招待を送ってくる人とかいますからね…。

 

興味あるゲームだったら、もうすでにやってるし!」(20代・女性)

 

■第2位:未読スルー(30.7%)

「今週、ご飯でも行きませんか?」と連絡したはよいものの、しばらく経っても既読すらつかない状況…。未読状態のまま放置されてしまうと、気持ちも冷めてしまうようだ。

60代男性、20代女性の2割以上が怒っている結果に。

「3日前に連絡したのに、いつまでたっても既読がつかない女性がいました。

 

あとになって『ごめん、仕事が忙しくて』と謝りがあったんですが、LINEくらい見れるだろ! と悲しい気持ちになりましたね。」(40代・男性)

 

■第1位:既読スルー(35.7%)

メッセージを見たまま放置する既読スルーが第1位にランクイン。「いつになったら返事がくるんだろう」と寂しい気持ちになるほか、無視されているのかと思ってしまう人も多いだろう。

全年代の支持が多かったが、とくに2、30代女性の4割がイラッとしているようだ。

「既読スルーだけはありえないですね。好きな人というか、人として許せないです。

 

返事だったらスタンプ一個送ってくれるだけでいいじゃないですか。それを手抜くのは人としてどうかと思います」(30代・女性)

 

返事がくるかこないのか分からない状態が続くと、相手に対しても冷めてしまうよう。

もしも、意中の相手とLINEをしているときは、これらの行為には気をつけたい。

・合わせて読みたい→あるあるすぎる! 「LINEでイラッとする行動」ランキング

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月25日対象:全国20代~60代のLINEを利用したことがある387名(有効回答数)