杉浦太陽

辻希美・杉浦の「七五三」写真に物議 「誰が主役?」とツッコミが

(画像は杉浦太陽公式ブログのスクリーンショット)

2007年に人気アイドル「モーニング娘。」の元メンバーの辻希美(30)と電撃結婚した杉浦太陽(36)。妻の辻希美のブログからも分かるようにかなりのイクメンとしても知られている。

杉浦家の仲睦まじい様子はメディアでも多く取り上げられ、その様子はまさに「憧れの家族」。だが、若くして家庭を築いた2人には同時に厳しい声もあげられがちだ。13日に夫の杉浦のブログが話題になっている。

 

■七五三に感無量

「七五三の写真が、ついに届きました」と、七五三の家族写真をアップした杉浦。「みんなでビシッと着物を着て、お詣りしたもんねぇ」と思い出を振り返り、「やっぱりやっておいて良かった 家族の宝物が、また一つ増えました」と感無量の様子。

ブログの最後には「嬉しいなぁ〜 早く、家に帰って見るのが楽しみだなぁ」と喜びをつづった。

 

■「幸せそうな家族…」と羨ましがる声も

投稿を受け、ファンからは仲が良い家族を羨ましがる声が見られた。

・仲が良くて羨ましい

 

・なんやかんや仲良しだよねぇ

 

・幸せそう

 

芸能界きってのおしどり夫婦の杉浦夫妻。3人の子どもを育てながらも、夫婦も愛を育んでいる様子が写真からも感じられたのかもしれない。

辻希美、杉浦太陽との衝撃デート方法を語るも「何回も聞いた」とツッコミが

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーで、現在はママタレントとして活躍している辻希美(30)。夫・杉浦太陽(36)との結婚は当時大きな話題になった。

2日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で明かした、ふたりデート方法がスゴすぎると話題になっている。

 

■「段ボール恋愛」で結ばれた辻

番組にVTR出演した辻は、杉浦と交際当時、デートするために「ちょっと変わった出会い方」をしていたとして、その方法をクイズ形式で出題した。

その答えは、「友達に自分を荷物として段ボールで運んでもらうこと」。辻は丸まった状態で段ボールの中に入り、杉浦の家へ行ったり、外食をしていたという。当時はすでに「モー娘。」を卒業していたため恋愛禁止ではなかったものの、「電撃結婚みたいなのがよくて」とその理由を語った。

VTR後、天の声である南海キャンディーズ・山里亮太(40)は「(辻は)バッグも試したけど、動いてるのがちょっと分かるから、余計注目されるからバッグはダメだったらしい」と補足。このエピソードにMCの加藤浩次(48)も「エスパーじゃん」とツッコミを入れて、笑いを誘った。

 

■「何度も聞いた」とツッコミが

まさに「THE・芸能人」という辻のエピソードに、ネット上では驚きの声があがっている。

しかし一方で、長年の辻ファンからは「またその話?」「何度も聞いた」との声も。過去にも辻はこのエピソードは披露しているため、ファンとしては聞き飽きたとの印象があるのだろう。

・何回もテレビで言ってるよね

 

・その話何度も聞いたけど、絶対ウソだと思う

 

・そのネタ何回も聞いたよ…新しい話はないのかしら

 

■「言ったことを忘れる派」は6割

新鮮なネタのつもりで話したつもりなのに「その話、前にも聞いたよ」と言われてしまい、恥ずかしくなった経験がある人も多いだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名に「言ったことを忘れた」経験について調査したところ、「よくする」「まあまあする」「たまにする」など、忘れがち派は6割であることが判明した。

また、忘れがち派を男女別にみたところ、男性57.1%に対し、女性は64.5%で女性が7ポイント以上高いことがわかった。

 

辻の鉄板エピソードである段ボールネタだが、長年のファンにとってはうんざりしているよう。それだけ、辻が注目されているともいえるが…。