村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」

ウェアラブル端末『fanband』が縁起モノに?カープ、ホークスに続きベイスターズVer.も!

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」連載一覧

まさかのファンバンドが 縁起物になるかもしれません

皆様、こんばんは。めっきり秋っぽくなってまいりました。アナログ野球に飽きたらデジタル野球。「プロ野球デジタルニュース」のお時間です。ええ。今月も続いております。

ペナントレースも残りわずかとなりました。今シーズンは中継にトラックマンが頻繁に顔を出すなど、様々な分野でデジタル化が進んでいるように見える野球界。そういえば、6月に紹介したシャープのウェアラブル端末が、カープに続いて7月には福岡ソフトバンクホークスバージョンも発売されました。限定1000本で発売されたカープヴァージョンは、あっという間に品切れとなった同商品。結果的に両リーグのペナント優勝チームから発売されたこともありますし、逆に「Vやねん」的なアナログ験担ぎ的な縁起モノのアイテムになっていくかもしれませんね。

……と、思っていたら9月には横浜DeNAベイスターズバージョンが発売されていました。これでCSに出場できたら、本気で買おうかと思っております。

さて、次の話題です。8月の月間MVPが発表になりました。セ・リーグは、投手がマイコラス選手(巨人)、打者が筒香嘉智選手(DeNA)、パ・リーグの投手はサファテ選手(ソフトバンク)、打者は山川穂高選手(埼玉西武)が受賞しました。注目したいのは初の受賞となった山川穂高選手。沖縄県出身の魅惑のパワーヒッターです。北東北大学リーグの富士大学の時から中村剛也選手に憧れを抱き、そのバッティングフォームをネットの動画で食い入る様に観察。体型的に似ていることもあり、西武入団当初は所作ひとつをとっても瓜二つの打撃フォーム。ついたあだ名は「おかわり二世」でした。

1年目から一軍で本塁打を放ち、ファームの本塁打王も獲得。3年目の昨年は中村選手の打撃フォームを諦めながらも、二度目のファーム本塁打王に加え、1軍では49試合で14本塁打、本塁打率9.92(本塁打1本に必要な打席数)は両リーグの本塁打王を抑え、12球団トップの数字。今季ブレイク必至と注目が集まりましたが、開幕から不調に陥り二軍落ち。再び1軍へ昇格したのは7月26日でした。しかし、そこからが鬼神の如き活躍。8月2日の楽天戦で3打席連続本塁打(そのうち2打席は則本投手から)をやってのけると、9日からは初の4番を任され、8月は27試合で打率・328、9本塁打28打点。さらに64塁打に20四球、長打率・696出塁率・451とリーグ六冠。さらに8月9日の「野球の日」には入籍と人生最良の1カ月となったようです。

注目はヘルメットも飛ばさんばかりのフルスイングから放たれるエゲツナイ打球はもちろん、ピアノが弾けて書道8段、バック転もできるという意外性。そしてコーラを愛し、オリオンビールを愛し、沖縄を愛する華のあるキャラクターも必見。デジタルな要素はそこそこですが、今、目が離せない大注目の選手です。

鳥を追い払うために 照明を真っ暗にする大事件

といったところで、今月も最後のコーナーに参りましょう。「今月のアナグラン!」

今月は「とり」です。8月30日、Koboパーク宮城で行われた埼玉西武対東北楽天戦。8回表終了後8―4で西武リードの場面に、雨で中断となったこの試合、雨が小降りになり、試合再開というタイミングで、ヒッチコックよろしく鳥の集団がグラウンドを低空飛行。

試合再開を急ぐ球場係員がこの鳥を追い払うために、最初はホイッスルを吹いて追い掛け回し、続いて花火を打ち上げ。それでも居座る鳥の軍団に困り果て、最後は照明を消して帰ってゆくのを待ちました。今季最大級の特大アナグランです。

ちなみに試合再開後、楽天が4点を挙げて同点に追いついたところで、雨足が強くなりコールド引き分け。西武としては痛い取りこぼしとなりました。

ちなみに鳥といえば、阪神の鳥谷敬内野手が9月8日に史上50人目となる2000本安打を達成しました。阪神ひとすじ14年、昨年は調子を崩し苦しいシーズンを過ごしましたが、今季は3割近くを残す活躍で復活。まだ36歳、どこまで記録が伸びるか楽しみです。

そんなところで行数という名のお時間がやって参りました。今月のPBDNはこのへんで。また来月お会いしましょう。サヨウナラ。

文/村瀬秀信

村瀬秀信(むらせひでのぶ):ライター、コラムニスト、プロ野球観客。セイバーメトリクスとかを武器にできたからいいなぁと憧れる40歳。数学2、血圧140。著書に「4522敗の記憶」(双葉社)、「プロ野球 最期の言葉」(イーストプレス)、「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」(交通新聞社)など著作多数。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史 (双葉文庫) プロ野球 最期の言葉 (文庫ぎんが堂)

The post ウェアラブル端末『fanband』が縁起モノに?カープ、ホークスに続きベイスターズVer.も! appeared first on デジノ杜.

ゲン担ぎで勝利を目指せ!西武ライオンズ、大逆転Vのカギを握るモノとは?

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」連載一覧

「バーチャル高校野球」が高校野球を100倍盛り上げる

皆様、こんばんは。「プロ野球デジタルニュース」の時間です。ええ。今月も続いております。

世間では高校野球も終わっている頃だと思いますが、これを書いているのは開会式の日であります。えー……今年も様々なドラマが生まれたのでしょうか。どうでしょうか。

というわけで、今年の夏の高校野球。何が驚いたって、試合のライブ中継がスマホアプリで全試合観られてしまったこと。夏の選手権大会を主催する朝日新聞デジタルと朝日放送が共同で配信する「バーチャル高校野球」。今年から甲子園大会だけでなく、これまで地元局でしか見られなかった地方大会、49都道府県の決勝戦を中継してくれました。

このサイトがとにかくすごかった。単に映像が流れるだけでなく、例えばアングルも「中継映像」「ピッチャー視点」「バッター視点」「球場全景」などから選べるだけでなく、試合、選手、チームのデータも完備。さらにニュースやら高校野球コラムやら過去の名勝負シーンなどなど、高校野球のコンテンツが史上最強のレベルで満載。これにより、全国の高校野球ファンは歓喜すると共に、寝不足に陥る人が続出。毎年夏になると全国の地方大会を行脚していた知り合いの高校野球ファンも、今年の夏は家に籠り切りで、2週間ほど人と会話をしなかったそうです。なんといいますか、便利すぎる世の中になるのも考え物ですね。

さて、それでは本題のプロ野球に参りましょう。

まずはパ・リーグでこの夏の主役となった埼玉西武ライオンズ。7月21日から破竹の13連勝を挙げ、首位まで10ゲーム以上あったゲーム差を4ゲーム差まで縮めました。

この連勝で一躍注目を集めたのが毎年夏に行われるイベント「ライオンズフェスティバルズ」で、選手たちが着用する期間限定ユニフォーム。今季ははじめて赤を基調にした「炎獅子ユニフォーム」が採用されたのですが、これが着用されるやいなや13連勝がスタート。8月5日に敗れた試合も7対1から9回に追いついての惜敗。その翌日も勝利して通算14勝1敗と成績を残したことで、無茶苦茶縁起のいいユニフォームとなりました。

この「ライオンズフェスティバルズ2017」の応援大使に就任したのが、ももいろクローバーZの“赤”百田夏菜子さん。ライオンズフェスティバルズの紹介動画では、スタジアム内に設けられた「キリンビールpresents クールパーク」のアトラクションや飲食を、マネキンチャレンジで紹介していました。この夏、一番のかわいらしさです。マネキンチャレンジって去年流行したものだと思っていましたが、今もやってるようですね。

ちなみに百田さんは16日の始球式にも登場。「炎獅子ユニホーム」は17日までの24試合着用の予定でしたが、あまりにも縁起がいいとのことで9月以降も着用する可能性が高いとか。確か、2014年のソフトバンクも鷹の祭典で着用した「勝どきレッド」の成績が良く、シーズン終盤まで着用した例がありましたが、野球ではこういう縁起は大事にされる傾向にあるようですね。

絶対に越えられない記録を乗り越えた男・岩瀬仁紀投手

といったところで、参りましょう。「今月のアナグラン!」

今月はこの人。8月6日の巨人戦でプロ野球史上新記録となる950試合登板を達成した中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手です。

登板試合は1点リードの9回から登板して無得点に抑え今季2セーブ目。自身の持つNPB最多セーブ数を402に伸ばしました。

岩瀬投手は大学・社会人を経て24歳でプロ入り。投手をはじめたのが大学3年生からという遠回りをしながらのプロ19年目、42歳にして記録達成は圧巻の一言です。しかもこれまで記録を持っていた人らが、歴代2位金田正一(944登板・400勝)、歴代1位米田哲也(949登板・350勝)という伝説の大投手。投手分業制が確立された現代野球では絶対に越えられないであろう記録を塗り替えてしまったことは、今世紀最大のニュースと言ってもいいかもしれません。

昭和や平成、根性や効率、デジタルとかアナログなんてものを超越した唯一無二の投手であることは言うまでもありません。これから岩瀬投手がどこまで記録を伸ばしてくれるのか、期待するとともに、歴史の証人としてそのマウンド姿を見られることを幸せに感じます。

そんなところで今月のPBDNはこのへんで。サヨウナラ。

文/村瀬秀信

村瀬秀信(むらせひでのぶ):ライター、コラムニスト、プロ野球観客。セイバーメトリクスとかを武器にできたからいいなぁと憧れる40歳。数学2、血圧140。著書に「4522敗の記憶」(双葉社)、「プロ野球 最期の言葉」(イーストプレス)、「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」(交通新聞社)など著作多数。

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

プロ野球 最期の言葉 (文庫ぎんが堂)

The post ゲン担ぎで勝利を目指せ!西武ライオンズ、大逆転Vのカギを握るモノとは? appeared first on デジノ杜.

栄枯盛衰……プロ野球オールスター戦の冠スポンサー&賞金額で時代が見える!?

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」

村瀬秀信の「スポーツワイド プロ野球デジタルニュース」連載一覧

冠スポンサーの撤退は 時の情勢で繰り返す

皆様、こんばんは。最近何かとデジタルに傾いているプロ野球の話題について、決して掘り下げることはせず、なんとなく触れてみるだけの時間「プロ野球デジタルニュース」が今月もやって参りました。

プロ野球も前半戦が終了いたしました。今月はオールスターゲームもありましたね。さて、オールスターの冠スポンサーと言えば、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか。1988年から2006年までは今は無きサンヨーが務めていましたね。商品の方は豪華デジタルグッズが揃い、MVPには賞金200万円+副賞で『ハイビジョン対応デジタルムービーカメラ&ホームシアターセット』(約50万円)。優秀選手賞には100万円+洗濯機の『AQUA』(約26万円)。そして、賞は逃しても出場記念として『エネループ』4個とそれなりに豪華。しかし、2006年の12月に冠スポンサーからの撤退を発表すると、3年後には社名がなくなりました。

翌年、中古車販売のガリバーが冠スポンサーになると『ガリバー賞』が新設。概要を見てみると「2試合を通じてガリバー級の活躍をした選手に、車が贈られる(中古車)」。とあります。(中古車)がざわつきます。さらに受賞したのが当時39歳の山崎武司(楽天)。世界限定100台の『ランボルギーニ アヴェンタドール(約7000万円!)』やらを所有する球界屈指のカーマニアであります。中古のステップワゴンとかが送られて、“ストⅡ”のボーナスステージ状態を目の当たりにするのではないかと肝を冷やしましたが、中古車1万台の中から山﨑選手が選択したのは『ポルシェ カイエン』。「運転が楽しみです!」とご満悦でした。

翌’08年からは“ワシらのシマで中古車屋に大きい顔はさせられんけぇの……”と、カープの大親分、マツダが冠スポンサーに名乗りを上げます。最優秀選手賞は賞金300万にUP。大会MVPにはマツダの 『ビアンテ』『アクセラ』『プレマシー』ら新車をプレゼント! この時代は9年間続きましたが、昨年を最後にマツダは撤退しました。

そして今年度からはマイナビであります。就職・転職・進学情報でお馴染みのマイナビ。マイナビオールスター。……なんだろう。出場選手が皆FAやメジャーに行ってしまいそうなこの字面。ちなみにマイナビ賞は賞金100万円。副賞なし。「有事のために貯金しとけ」というメッセージにも取れてしまう(『日産ノート e-POWER賞』というのはあるにはあるが)。今年のオールスター、結果が気になるところであります。

勝利の女神は連敗中の ロッテに微笑んだのか?

続いてのニュースです。7月4日、人気ゲームアイドルマスターシリーズとパ・リーグがコラボするイベントの第一弾が、東京ドームの北海道日本ハム対埼玉西武戦で行われました。アイマスの人気キャラクターの声を担当する佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)、杜野まこ(姫川友紀役)、松嵜麗(諸星きらり役)、五十嵐裕美(双葉杏役)さんらが、各球団を担当してグラウンドに登場。試合前にスタメン発表などの場内アナウンスをしたほか、始球式の一球勝負も行われました。ちなみにこのイベントはキャラクターを変え、8月、9月にも行われるそうです。アイマスは知らなくとも、若い娘はいるだけでグラウンドが華やかになっていいですね。

というわけで、そろそろ参りましょう。「今月のアナグラン!」。

今月はアイマスデーと同じ7月4日に、幕張で行われたアパホテルスペシャルデーです。東京では若い娘がきゃぴきゃぴと跳ね回っていましたが、幕張ではアパホテルの元谷芙美子社長が、アントキの猪木さんや元選手で現アパグループで働く川本良平さんたちと一緒にじゃんけん大会などで楽しみました。マリンから一番近いホテルでもあるアパホテルとマリーンズは実は縁深く、しかもアパホテルスペシャルデーは過去4年で全勝という実績を誇っています。開幕から絶不調、今を苦しむロッテには花よりも実。愛嬌よりも呪術。パラデスよりアパです。というわけで、今年もアパ社長が始球式を行いました。

が、試合結果は1対5。6回降雨コールドのおまけつきで負けてしまいました。マリーンズはアパ社長カレーとアパ社長水で元気になってほしいものです。

それではまた来月。PBDNで。サヨウナラ。

文/村瀬秀信

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

むらせひでのぶ/ライター、コラムニスト、プロ野球観客。セイバーメトリクスとかを武器にできたからいいなぁと憧れる40歳。数学2、血圧140。著書に「4522敗の記憶」(双葉社)、「プロ野球 最期の言葉」(イーストプレス)、「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」(交通新聞社)など著作多数。

 

アパ社長カレー プロ野球 最期の言葉 (文庫ぎんが堂)

The post 栄枯盛衰……プロ野球オールスター戦の冠スポンサー&賞金額で時代が見える!? appeared first on デジノ杜.