松本人志

頭を悩ませる「一口ちょうだい問題」 松本人志の持論が話題に

友人たちと料理を食べているとき、「一口ちょうだい」と言われた経験はないだろうか。どうぞ、とあげたはいいものの、どこかモヤモヤしたことがある人も多いはずだ。

この問題について、12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのダウンタウン・松本人志(54)の発言が話題になっている。

 

■基本的には拒否しない?

「一口ちょうだい」と言われた場合の対処法について、スタジオでは出演者たちがそれぞれが持論を展開した。

女優・佐藤仁美(38)は相手から言われれば料理をあげるとしたうえで、「『一口ちょうだい』って言いながら食べるヤツいるじゃないですか。そしたら(料理)を全部あげます」と回答。この意見にスタジオからは「怖い」「気性が荒い」といった感想があがった。

歌手・西川貴教(47)は分けられるものなら一口をあげるが、麺の場合は「束でいってほしい」と、麺を途中で噛み切って残す人に対して「アレはイヤ」と苦手なタイプを挙げた。

 

■松本が持論を展開

この問題について、松本は「あげるなら一口目にあげますよ。こっちが手をつける前に」とコメント。どうやら、自分が食べている途中をあげるのがイヤなのだという。

またアイスバーでの「一口ちょうだい」で、取っ手がある下部分を食べる人について「アレ、地獄やな」と振り返る。「コイツの残り香がずっと後まであるから。バーの安定感もなくなるし」と語った。

さらに「一口ちょうだい」からのお互いの料理をトレードすることについても、「オレ、それいらんねん。だからオレ損しかないねん!」と次々にボヤキが飛び出し、スタジオは笑いに包まれた。

女優・佐藤仁美「テメーこの野郎!」「受け入れる器ゼロだな」 安室引退を巡り古市憲寿に不快感

12日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で女優・佐藤仁美(38)が社会学者の古市憲寿(32)と、安室奈美恵(40)引退を巡りお互いの意見をぶつけあった。

思わず「テメーこの野郎」と声を荒げた佐藤と古市の関係性が話題となっている。

(画像は佐藤仁美Instagramからのスクリーンショット)

 

■安室ファンの佐藤と古市

2018年9月の引退を表明した安室の話題になると、ライブにも足を運んだ「アムラー世代」の佐藤に熱がこもり、「パワフルで凄い実力の持ち主」と絶賛。

同じく、子供のころから安室ファンで新曲も視聴済みの古市も安室を絶賛。ただ、「神格化されすぎている」と苦言を呈す。

さらに「皆が褒めすぎている。ベスト盤で歌い直している昔の曲の中には、昔のほうが良かったものもある。それもひっくるめて評価すべき」と持論を展開した。

 

■佐藤「テメーこの野郎!」

佐藤は古市の意見を受け入れつつ、「そう思われるのも踏んでの引退。こんな絶頂期に引退します?」と発言。そこで古市が「絶頂でもない。オリコンでもずっと1位ってわけじゃない」と冷静に反論すると佐藤に火がついた。

「こいつネガティブだから。人が好きっていうとすぐ上からくる。受け入れる器ゼロだな。好きなら好きでいいじゃない」と怒りを露わに。

紅白出場に関して、佐藤は「出てほしい」と熱望。「どっちでもいい。安室さんは別に紅白を重要視していない」という古市に、思わず「テメーこの野郎!」と悪態が口をついた。

『ワイドナ』松本人志が『27時間ホンネTV』に言及 腫れ物扱いにネットはドン引き

(©AbemaTV)

12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が、元SMAPメンバーの出演によって盛り上がりを見せた「72時間ホンネTV」(AbemaTV)に言及した。

 

■松本がツイートの真意を説明

番組ではまず、先日松本がツイートした内容について、東野幸治が「真意」を質問する。

バラエティはいよいよ大変だ。でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん。それが人志少年の夢やったからな。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) November 6, 2017

 

これについて松本は、

「いろんな意味合いがこもってますよ。子供時代テレビっ子でしたから、テレビで笑わしてもらったから、ご恩返しじゃないけど、テレビで面白いことしたいのだけど、なかなかやりにくい状況を人志少年が嘆いたとだけことなんですよ」

 

と真意を説明する。やはり、バラエティ番組を取り巻く現在の環境に、嘆いていたようだ。

 

■『72時間ホンネTV』に言及

続けて松本は、

「それとまあ、72時間AbemaTV(72時間ホンネTV)が盛り上がってたらしいんで、そういうの聞くと地上波番組も負けてられないなというか。

 

僕もアマゾンで番組さしてもらってますけどどそれはそれで楽しいし、地上波は地上波でダブルスタンダードで面白いことやっていきたい」

 

と、元SMAPの稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾が出演した『72時間ホンネTV』(AbemaTV)の存在を言及する。

『72時間ホンネTV』(AbemaTV)は様々な事情からこれまで地上波では「スルー」されることが多かったが、松本はしっかりと存在を認識。そして地上波側からすると、驚異と考えている模様だ。

CHEMISTRY、活動休止と不仲説の真相激白 「ファン代表」ぶる菊地亜美に怒りの声も

デビューシングルがミリオンセラー、ファーストアルバムは300万枚を売り上げたツインボーカルユニット・CHEMISTRY(ケミストリー)の川畑要 (38)と堂珍嘉邦 (38)が、10日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に登場。

活動休止と再始動、不仲説の真相を激白し、話題となっている。

(画像は川畑要Instagramからのスクリーンショット)

 

■活動休止の理由

伝説のオーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)でデビュー。2012年に活動休止を発表、2017年2月から活動を再開したケミストリー。活動休止の背景は2人の独特の関係性があった。

「お互いソロでやりたかった」が、とくに堂珍がソロを熱望。「ケミストリーでできる、できないことがある。ソロだとケミストリーでできなかったことをやれる」と活動休止の理由を明かす。

 

■不仲説を否定

ここで菊地亜美(27)が「仲、悪かったんですよね? ファンは絶対そう思っている」と不仲説に切り込む。

「そんなマジマジ言われても…」と困惑する2人に、松本人志(54)も菊池に同調。ソロでデビューして途中からデュオになったケミストリー「だから、仲が悪い」とツッコむ。

川畑は「子供のころからの同級生ではなく、仕事のパートナー。ケンカもしたことがない」と適度な距離感を持っていると主張し、不仲説を否定した。

松本人志、テレビに対する熱い思いを激白 「感動した」と応援の声が相次ぐ

芸能界で第一線を走り続けるお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)。最近ではAmazonプライム・ビデオで『ドキュメンタル』など、地上波以外の番組にも出演しているが、メインの活躍はテレビ番組だ。

なにかとテレビ番組が問題視される昨今だが、松本が6日に更新したツイッターが話題になっている。

 

■「テレビで腹痛いぐらい笑わせたい」

フジテレビの名物番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃめちゃイケてるッ!』が終了するといわれることや、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が出演した『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)がヒットした状況を受けてだろうか、松本は「バラエティはいよいよ大変だ」とつぶやく。やはり松本といえどこの状況は笑っていられないようだ。

しかし、「でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん」とテレビの熱い思いを明かした松本。「それが人志少年の夢やったからな」と、やや照れを入れながらも、少年のころに抱いた夢だったと語った。

バラエティはいよいよ大変だ。でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん。それが人志少年の夢やったからな。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) November 6, 2017

 

■テレビの現状を嘆く場面も

松本といえば、5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「作り手側のテレビ離れ」を指摘した。テレビ番組でバラエティをするのは大変だとし、「いわゆる攻めた企画はほぼできなくて、やったらやったでお金もかかるし時間もかかるし、体力もいるし」と業界の現状を吐露していた。

さらに、MCの東野幸治(50)から地上波以外に人が集まることも仕方がないのか、などと聞かれると「どうしてもそうなるよ。僕はどっちもやっていきたいと思うんですが、なかなかテレビでバラエティっていうのはどんどん難しくなってくるのは、ほぼ間違いないでしょうね」とテレビの限界についても語っていた。

松本人志、テレビに対する熱い思いを激白 「感動した」と応援の声が相次ぐ

芸能界で第一線を走り続けるお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)。最近ではAmazonプライム・ビデオで『ドキュメンタル』など、地上波以外の番組にも出演しているが、メインの活躍はテレビ番組だ。

なにかとテレビ番組が問題視される昨今だが、松本が6日に更新したツイッターが話題になっている。

 

■「テレビで腹痛いぐらい笑わせたい」

フジテレビの名物番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃめちゃイケてるッ!』が終了するといわれることや、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が出演した『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)がヒットした状況を受けてだろうか、松本は「バラエティはいよいよ大変だ」とつぶやく。やはり松本といえどこの状況は笑っていられないようだ。

しかし、「でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん」とテレビの熱い思いを明かした松本。「それが人志少年の夢やったからな」と、やや照れを入れながらも、少年のころに抱いた夢だったと語った。

バラエティはいよいよ大変だ。でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん。それが人志少年の夢やったからな。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) November 6, 2017

 

■テレビの現状を嘆く場面も

松本といえば、5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「作り手側のテレビ離れ」を指摘した。テレビ番組でバラエティをするのは大変だとし、「いわゆる攻めた企画はほぼできなくて、やったらやったでお金もかかるし時間もかかるし、体力もいるし」と業界の現状を吐露していた。

さらに、MCの東野幸治(50)から地上波以外に人が集まることも仕方がないのか、などと聞かれると「どうしてもそうなるよ。僕はどっちもやっていきたいと思うんですが、なかなかテレビでバラエティっていうのはどんどん難しくなってくるのは、ほぼ間違いないでしょうね」とテレビの限界についても語っていた。

松本人志、座間9遺体・白石容疑者を「大量生産の不良品」と論評 風刺に反響も

神奈川県座間市にある賃貸アパートの一室から、男女9人の切断された遺体が発見され、死体遺棄の疑いで白石隆浩容疑者(27)が逮捕された事件。

猟奇的で凄惨な事件の全貌が徐々に明らかとなる中、5日放送の『ワイドナショー』(日本テレビ系)にて、ダウンタウンの松本人志がこの事件について言及した。

 

■「自殺を手伝う」と被害者を自宅に誘い…

白石容疑者は、殺害した9人とはツイッターなどのSNSを通じて知り合い、「自殺を手伝う」などと話して接近していった、という犯行の流れが明らかとなってきた。

さらに、白石容疑者は「被害者は皆初めて会ったその日に殺した。3~4人目以降は殺すことに慣れてどんな人か覚えていない。内蔵や肉を削ぎ落とす作業も最初は3日かかったが、慣れていくうちに1日でできるようになった」などと供述。

また、事件現場となった部屋からは、血液のようなものが付着した刃物や結束バンドなどが発見されている。

 

■松本、白石容疑者に怒り

この報道を受けて、松本は白石容疑者について

「残念ながら教育とか、育て方とかを超えた存在。人間を工場で例えるなら、何千…何万個に1個出て来る不良品なんでしょうね。そいつがたまたま座間に住んでいた。」

 

とコメントし、今後の対策の難しさについても言及。また、「自殺専門家みたいに言っているのが腹立つ。お前死んだことないだろうって。『自殺手伝う』とか言うなら、おっさんの話も聞いてやれ」と、怒りを露わにした。

松本人志がバラエティ番組の現状に嘆き節 「今後テレビでは難しくなってくる」

5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志がバラエティ番組の現状について持論を展開し、賛否両論となっている。

 

■「攻めた企画はほぼできなくなった」と指摘

番組冒頭『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃめちゃイケてるッ!』が3月末で終了するという記事がスポーツ紙に掲載されたというニュースが紹介される。

これについて松本人志は、

「最近テレビ離れと言われますけど、作り手側もテレビ離れの意識が目覚めだすよね。本当に大変やわ、テレビでバラエティやるのは。いわゆる攻めた企画はほぼできなくて、やったらやったでお金もかかるし時間もかかるし、体力もいるし。

 

凄くコアなファンは『面白かった』と言ってくれるけど、大抵そういうときは視聴率も悪いんですよ。コアすぎて。で、クレームのリスクも高いでしょ。これだけの条件がありながらバラエティを『とんがった』物作り上げていくというのは、ほぼ不可能に近いよ」

 

と指摘する。

 

■テレビでバラエティは難しくなる?

東野幸治が「ってなってくると地上波じゃなくて…」と水を向けると松本は、

「どうしてもそうなるよ。僕はどっちもやっていきたいと思うんですが、なかなかテレビでバラエティっていうのはどんどん難しくなってくるのは、ほぼ間違いないでしょうね」

 

と断言した。

渡辺満里奈、名倉潤とのなれそめは「一目ぼれ」 松本人志「仕切り役は汚い」と浜田に激怒

伝説のアイドルグループ・おニャン子クラブで人気を獲得、その後もタレントとして活躍している渡辺満里奈(46)が、3日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に登場。

夫のネプチューン・名倉潤(48)とのなれそめを告白し、ダウンタウンを驚かせた。

(画像は渡辺満里奈Instagramからのスクリーンショット)

 

■名倉に一目ぼれ

2005年に交際9ヶ月で結婚、現在も芸能界屈指のおしどり夫婦と言われる名倉夫妻。名倉の収録現場に子供を連れて見学に行くなど、噂通り、仲の良い夫婦関係を明かした。

渡辺は、テレビで初めて共演した際、「すごくいい人だった。本当にフレンドリーで凄くカッコよかった」名倉に「一目ぼれした」のがきっかけと語る。

その後、名倉から「結婚を前提に付き合ってくれ」と告白され、本当に結婚まで至ったと当時を振り返った。

 

■松本は浜田に怒り

渡辺の告白に松本人志(54)は「仕切りの奴は汚ねえ」と怒りを爆発させる。

「MCはモテる。司令塔、灯台というか、この人が番組を仕切っている、そのイメージを叩きつける」と熱弁。

相方の浜田雅功(54)を引き合いに出し、「大して何もしてないのに、ちょっとしたことで好感を得る。浜田もそう。だまされたらいかんよ」と持論を展開した。