梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」

世界を旅した男の新たな挑戦。サンフランシスコのフュージョン中華「ミッション・チャイニーズ・フード」

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」

食にも精通するクリエイティブディレクター梶原由景が足で見つけた”間違いない名店”を毎月紹介する。

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」連載一覧ページ

 

今月の間違いない名店

Mission Chinese Food アメリカ/サンフランシスコ

住所:2234 Mission St, San Francisco, CA 94110-1812 電話:+1 415-863-2800

 

ニューヨークは最近ローワーイーストサイド、しかも今まで見向きもされなかったかなり下の地域が盛り上がっている。これは世界中のどこの都市でも言えることなのだが、そういった動きの中心には必ず「食」の存在がある。日々新しいレストランがオープンしているのではないかと思うほどの変貌ぶりだ。ある時、話題のチャイニーズレストランがあるということで連れて行ってもらった。その名は「ミッション・チャイニーズ・フード」。実はそのレストラン、以前から気になっているものだった。

サンフランシスコのミッション地区の「バー・タルティーン」。べーカリーの素晴らしさは、すでにこの連載でも報告済みだ。クロワッサンが抜群だが、焼き菓子も美味しく、毎回ここを訪れるとお土産に大量買いしてしまう。この創作料理のレストランで働いていたアンソニー・ミントはある時フードトラックを休みの日に借りて、サンドウィッチを売り始める。彼は世界中を旅して来た若者だった。その体験に基づいたユニークな味は評判となり行列までできるに至った。驚いたことにここでの収益は全て寄付していたそう。しかしあまりの人気振りにトラックの周りの住民から苦情が相次ぎ、このプロジェクトは終わりを迎える。

当然こういう男は次に何かやる。ミッション地区の中華料理屋に週に1日だけ店を貸してくれるよう交渉する。その店はすでに店内営業行っていなかったようだが、彼が借りる日もデリバリーやテイクアウトの営業は行なっており、厨房は異なる店の料理が同時並行する有様だったという。当然ここにも行列ができる。やがてこの店は彼だけが営業を行う「ミッション・チャイニーズ・フード」となった。内外装はその当時の間借りした店「龍山小舘(ラン・シャン・レストラン)」のままで。

以前その近くにはニューヨークのファッションブティック「フリーマンズ・スポーティング・クラブ」のサンフランシスコ支店があった。現在のアメカジは日本人によるアメリカン・カジュアルスタイルの整理と再解釈の結果であるが、それは当のアメリカ人にとっても新鮮かつ興味深いものだったようで、近年アメリカのメンズ・カジュアルシーンにおいて一大潮流となっている。この「フリーマンズ・スポーティング・クラブ」はその象徴的な存在かもしれない。今はセイコーのプロジェクトで僕も一緒に仕事をしているのも不思議な感じだが、以前彼らのYouTubeのチャンネルに「ミッション・チャイニーズ・フード」が出て来た。調理風景をかなりエグく、エキセントリックに描写したその映像は印象深かった。つまりニューヨークの店を訪れた時、その印象が蘇ったのだ。チャイニーズなのになぜかピザがあったり(実はシェフがイタリアン出身だったと知ったのはずいぶん後のことだが)、羽根突きの餃子がやたらと美味かったり。

そして今回本店を訪れた。ネットで予約も取っているようだが、基本店の前の表に書き込み呼ばれるのを待つスタイル。この時カクテルグラスのイラストを書き添えておくと、それは隣のバーで飲みながら待っているという意思表示となるらしい。

 

青島ビールで乾杯。手羽先の揚げ方の繊細さにまず驚いた。麻婆豆腐もいわゆる王道ではないが、美味しい。胡瓜の下に敷かれたソースは中華じゃない。嬉しいフュージョンだ。全て美味しいが全てが普通じゃない。こんな楽しい食事、それは待つわけだ。もっと色々食べてみたいのだが、この日は友人二人とのディナーであったので、麺を頼んでもうおしまい。また必ず来るだろう。

  

ちなみに、いまも食事をすると一皿あたり0.75ドル寄付されることになっているそうだ。初心忘れるべからず、だろうか。素敵なお店の素敵なエピソード。

文/梶原由景

梶原由景(かじわらよしかげ):幅広い業界にクライアントを持つクリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表。デジタルメディア『Ring of Colour』などでオリジナルな情報を発信中。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

青島(チンタオ) ビール 瓶 330ml

The post 世界を旅した男の新たな挑戦。サンフランシスコのフュージョン中華「ミッション・チャイニーズ・フード」 appeared first on デジノ杜.

え、福岡で肉料理?わざわざ行きたい「タンテール富士」の絶品ひと皿

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」

食にも精通するクリエイティブディレクター梶原由景が足で見つけた”間違いない名店”を毎月紹介する。

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」連載一覧ページ

 

今月の間違いない名店

タンテール富士 福岡県/牛タン料理、テール料理、モツ鍋ほか

住所:福岡県福岡市中央区赤坂3-13-33 電話:092-752-0073 営業時間:18:00~ 定休日:毎週月曜日

 

福岡の食が熱い――。それは先月のこの連載でも既に報告済みだ。しかし、地方食=いわゆるその地方独特の料理以外でも、福岡の食はレベルが高い。

例えば地方に行って、よほどのことがない限りイタリアンやフレンチは食べない。東京の方が良い店が多いからわざわざ旅先で食べることもないだろう、と思ってしまう。どうせならこの地でしか味わえないものを。もちろん中にはわざわざ行く価値のある店もある。ここで言っているのはごくごく一般的な話だ。東京のレストランのレベルの高さは、どのジャンルでも層が厚く、結果激しい競争に晒された上で評価を得ているという点に根拠がある。日本で一番お店の多い地域で、一定の評価を得るには並大抵の努力では無理だ。結果、互いに切磋琢磨し、とんでもないレベルを形成しているのが、いまの東京の飲食業界事情でもある。そのせいで予約困難店が多く、まるでゲームのように席を巡っての戦いが起きている。できれば参戦したくないものだが。

閑話休題。さて、福岡だ。例えば皮焼き。鳥の皮を串に巻きつけ、約一週間もかけてじっくり焼く。表面はパリパリサクサクなのだけど、中はねっとり。食感も楽しく、ビールが進んでかなわない。最近は居酒屋として東京進出しているようだけど、やはり豚バラや山芋など福岡独特のネタを揃えた焼き鳥屋として展開してほしいところ。ということは、これも福岡でしか楽しめないものの一つである。なかでも「とりかわ粋恭」は白眉。毎回福岡に行くときに訪れるのを楽しみにしている店の一つである。

そして今回紹介したいのは肉料理の店だ。おいおい、それこそ日本全国どこでもあるじゃないかと言われるだろう。しかし、この「タンテール富士」はそんじょそこらの肉料理とは違う。出自は中洲にほど近い場所にある福岡を代表するモツ料理の名店。

名前の通り、タンやテールが名物。表面をカリッと炙られた尻尾にかぶりつく。旨み濃厚な肉は柔らかく、ほろほろと骨から剥がれる。福岡独特の料理とも言えるだろう「酢モツ」もここのは一味違う。牛一頭から数人前しか取れない希少なモツを使っているから当然だろう。また特筆すべきはサガリだ。ここまで完璧な火の通し方は他に見たことがない。焦げた部分はなく、一見生のようにも見えるけど均一に温かい。肉の旨みを最大限に引き出した状態だ。美味しんぼの山岡士郎ならその調理法を見破るだろうけど、まったく検討もつかない。以前新進気鋭のフレンチガストロノミー「SUGALABO」でハラミを頂いた時、ここのサガリを思い出したほどだ。モツ料理の店と侮ることなかれ。餃子も忘れることはできないが、何と言っても焼き飯。そのままでも〆に最適な存在感を発揮しているが、特製のタレをかけるのも良い。

   

肉料理の類は全国津々浦々どこにでもあるだろう。しかし、「タンテール富士」はあらゆる福岡の地元飯の誘惑を振り切ってまでも暖簾をくぐる価値がある。肉という素材はどこにでもある。でもこのスタイル、そして味は実は極めて福岡らしいものだ。ちなみに、隣には最近鮨マニアの間で話題の店がある。こちらについてはまた別の機会に……。

文/梶原由景

梶原由景(かじわらよしかげ):幅広い業界にクライアントを持つクリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表。デジタルメディア『Ring of Colour』などでオリジナルな情報を発信中。

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

大人の肉ドリル

The post え、福岡で肉料理?わざわざ行きたい「タンテール富士」の絶品ひと皿 appeared first on デジノ杜.

現地そのままの味を居酒屋価格で。福岡のうどん居酒屋「二◯加屋長介」が東京上陸!

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」

食にも精通するクリエイティブディレクター梶原由景が足で見つけた”間違いない名店”を毎月紹介する。

梶原由景の「間違いだらけのアプリde飲食店選び」連載一覧ページ

 

今月の間違いない名店

二◯加屋長介(にわかやちょうすけ) 福岡県/うどん居酒屋

住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-1 電話:092-526-6500 営業時間:[月〜金]16:00〜翌1:00(L.O.24:00) [土・日・祝]13:00〜翌1:00(L.O.24:00)/火曜日定休

 

福岡の食が熱い――。

例えばバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」なんかを見ていると思うのだけど、もう“地方色”というのは、“地方食”に他ならないんだと。全国津々浦々に画一化されたモールが出現し、雑誌やテレビはもとより最近ではネットで東京と変わらない情報が手に入るようになった。当然生活様式も均一化して来てしまう。よって、気候風土に根ざした食文化のみが残ることとなったのだろう。その地で獲れるその地の味。これこそが地方の特色なのである。

とはいえ、実は僕はネットで手に入れた情報はそれだけのものでしかないと思っている。ネットやモールにある東京は、実はどこにもない。東京にもない。全国が東京化しているというよりは、あるようでない東京みたいな消費文化を共有している、まるで夢うつつのような状況にも感じる。食のようなリアルで根源的な体験がそれに優っていることで実証しているようにも思える。

さて、福岡だ。

まるで博多華丸大吉の成功に比例するかのように注目されている福岡の食文化。例えば焼き鳥も、主役は鳥ではなく豚バラ。皮だけを何日もかけて焼く皮焼きという一品もある。もつ鍋が全国を席巻したこともあった。讃岐うどんブームに流されず、独特の柔らかい麺で勝負し続けた。屋台に関してはもうここで改めて説明するまでもないだろう。目の前には豊かな漁場がある。最近ではわざわざ此の地に出向き、鮨を楽しむマニアも多いという。

そんな福岡の味を世の中が放っておくわけがない。多くの模倣も生み出したが、福岡から堂々東京にも進出するお店も多い。しかし、なんというか、福岡で楽しむ味とは違うのだ。どうも余所行きの顔をしている。東京に対して構え過ぎているのか。そんな気取りはダサいぜ。ここはひとつ福岡っ子の意地を見せて欲しいところだが、どれも一様に高級化しているのは戴けない。

そんな中、福岡でも予約困難の人気店『二◯加屋長介』が中目黒に出店して来た。当然東京で最も予約が取れない店となった。そして、そのメニューを見てみると、福岡とそう変わらない。その心意気が嬉しい。

さて、そもそも『二◯加屋長介』とはどんな店なのか。

高級居酒屋『田中田』で修行したご主人が始めた居酒屋。うどん居酒屋の元祖的存在とも言われる。その出自からわかるように味は本格派で値段はあくまで居酒屋価格。となればそりゃフラッと入れる店ではなくなる。

福岡の居酒屋ではマストの「ゴマ鯖(生の鯖を胡麻醤油タレで和えたもの)」や、近年品質の高い食材の生産地として注目されている糸島の名物「糸島揚げ」は最高。ただ炙っただけの厚揚げがなんでこんなに美味しいのか。筆者自身、感動のあまり翌日百貨店の地下で買い求め、自宅でも二日連続で味わったほどだ。

福岡ではこれも定番の「鯖みりん(鯖のみりん干し)」など散々此の地の味を楽しんだ後には〆のうどんだ。福岡といえば「ごぼう天うどん」。なんとも複雑で滋味溢れる出汁が堪らない。もちろん麺は柔らかく優しい腰がある。このレベルのうどんが〆メニューだけで済むわけがない。系列に「釜喜利うどん」といううどん専門店もある。

実は仕入れの関係からか、「ゴマ鯖」が中目黒はない。鮮度が保てないためか、「糸島揚げ」もない。できれば知る人ぞ知る福岡の味を広く紹介して欲しいのだが。しかし看板のうどんやハムカツなどは健在だ。安易に高級化させることのない味には、決して期待を裏切られることはない。今後も地方そのままの味で、我々に身近な存在となるお店がどんどん出て来て欲しいと願う。

文/梶原由景

梶原由景:幅広い業界にクライアントを持つクリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表。デジタルメディア『Ring of Colour』などでオリジナルな情報を発信中。

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 現地そのままの味を居酒屋価格で。福岡のうどん居酒屋「二◯加屋長介」が東京上陸! appeared first on デジノ杜.