毒親

内縁の妻の4歳次女を「70度の熱湯」へ 逮捕された男に非難殺到

(MIXA next/Thinkstock)

ことし5月、埼玉県戸田市の自宅で、同居する内縁の妻の4歳だった次女を、70度以上の熱湯が入ったお風呂に入れてやけどをさせたとして、埼玉県警は16日、詐欺罪で実刑判決を受けて服役中の無職の男性(37)を傷害容疑で逮捕した。

 

■70度の熱湯に「間違ってひとりで入った」

男性は次女の右腕や両足や背中などにやけどを負わせた疑い。幸いにも命に別状はなかったという。

報道によれば男性は、20代の内縁の妻、長女(5)、次女、妻との間に生まれた長男(0)との5人暮らしだが、犯行当時、女性は長男の出産のために入院中だったようだ。

その後、次女のやけどの治療をした病院から県警に連絡が入ったことで事件が発覚。男性は「間違って、ひとりで熱湯に入ってしまった」などと話していたという。容疑についても「やっていません」と否認しているとのこと。

また、長女にも顔や肩にアザがあったことから、県警は日常的に虐待があった可能性があるとして捜査していくという。

 

■「同じ目に遭わせてやりたい」

報道を受け、ネット上では「虐待だ」「父親失格」と男性に対する非難の声が相次いでいる。

・父親失格。子供を育てる資格なんてない

 

・鬼畜すぎる。怖くて痛かっただろうに…絶対許せない

 

・命に別条がないっていうけど、下手したら全身に痕が残るかもしれない。70度のお湯に入れるって殺意だよ

 

・この男を同じ目に遭わせてやりたい。ひどすぎる

娘の恋愛に「いやらしい」 『明日の約束』毒親描写が壮絶すぎる

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

24日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第2話が放送された。ネット上では仲間由紀恵、手塚理美が演じる「ゾッとする毒親」の姿に注目が集まっている。

 

■自殺した生徒は仲間はずれに?

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

スクールカウンセラーの藍沢日向(井上)が不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)に告白されるが、翌日に彼が不可解な死を遂げ、その原因を調べ始める…というストーリーの本作。

第2話では、生徒や教職員が圭吾の自殺に衝撃を受ける様子が描かれた。表向きには平穏に見えた学校生活に綻びが生じ、動揺する生徒の言動から「圭吾がクラスで仲間はずれにされていた」という事実が浮かび上がる。

 

■娘の恋愛に「いやらしい」 毒親っぷりがスゴい

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

前回の第1話では仲間の毒親演技に注目が集まったが、今回より視聴者を震撼させたのは手塚演じる尚子のほうだろう。

ある日、日向の恋人である本庄和彦(工藤阿須加)が家にやって来るが、日向は彼のことを尚子に伝えていなかった。

本庄の前では温和な雰囲気で、気に入った様子すら見せていた尚子。しかし、彼を送って来た日向が家に戻ってくると…

「あ~いやらしい。ママに隠れてこそこそ恋人作って」

 

「そんなことやってるから、偉そうにスクールカウンセラーなんて言ってて生徒を自殺させちゃうのよね」

 

と豹変。じつは彼女は、日向が幼い頃から彼女の行動を監視していたようで、ラストでは「明日の約束」と名付けられたノートの存在が明らかになる。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

それは日向の行動・態度改善のために、尚子が強制的につけさせていた交換日誌だ。その他、気に入らないことがあると感情的に罵る尚子の様子は、明らかに常軌を逸していた。

白石さおりの「子役を育てる子育て術」に批難殺到 「気持ち悪っ」との声も

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

『ゲゲゲの女房』(NHK)をはじめ、多くのドラマやCMに出演する人気子役を息子に持つタレント・白石さおりが、23日に放送された『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演。

番組内で紹介された、白石の「息子を人気子役にするための方法」に批判が殺到している。

 

■美容院へは月4回

白石は、「一年中、白くないと撮影に支障をきたす」という理由から、子供達が外出するときには必ず日焼け止めや虫よけスプレーを塗りたくり,プロフィール写真と同じ髪型を維持するため、多いときには月4回美容院へ通うなど、外見への細かい気遣いをする姿を見せた。

ドラマのオーディションに向かう最中も、車内で台本をちゃんと暗記してるか厳しくチェック。帰宅中も「自己PRつっかえたよね」とダメ出しする場面も。

その様子に、司会のフットボールアワー・後藤は「(人気子役になるためには)ここまでせなあかんのか」「いつか爆発しそうやで」と心配の声を上げた。

 

■ネット民は批判の声

白石の子供への接し方に、ツイッターでは「気持ち悪」「本当に楽しんでいるのか?」などなど、否定的な意見が多く寄せられている。

うちの子供こんなことも言えますよ!ってアピールするための台本なんじゃない?って思っちゃう #もしズレ

— lme (@hashi1863) October 23, 2017

ゲゲゲの女房に出てた時が0歳だった時点で、役者業が好きで子供本人がやりたいと言ってない。双子ちゃんのママなんて日本でも世界でも活躍出来るように可能性を広げてあげたいって言葉ステキだった… VTR終わってからの泣いてるババア気持ち悪…この子役可哀想だけど売れないだろうね。#もしズレ

— ちゃんぴょん子育て奮闘中 (@tago635_hp) October 23, 2017

子役ママのやつ、自分が賞とか取れなくなってフラストレーションが溜まったものを自分の子で満たしてる感じだなぁ。その内病むよあの子…。本人がやりたいって言ってるって、きっと大好きなママが喜ぶからだよ、その内心身共に疲れちゃうよ(。´・ω・`。) #もしズレ

— あいすてぃー@制作班 (@icetea6002) October 23, 2017

子役のやつ全部台本にしか見えなくてまみーとこわ、、きも、、ってなった🤗 #もしズレ

— ななちゃん (@_N__oO_) October 23, 2017

なんか子育てのTVやってて子役をビシバシ育ててるおかあさん出てるけどこどもは本当にそれを楽しんでいるのだろうか。。見ていて作り笑いになってるこどもみててなんともいえない気持ちになった(こどももいないあたしが言うなよってかんじだけど)

— あさみ@競輪用 (@pink_bugz) October 23, 2017

白石の子供達は「子役」なので、番組内での立ち振る舞いにも、台本があったのではないかと勘ぐる人も少なくない。