比較/どっち?・どれ?

自室を映画館に変える!コスパ最高のフルHDプロジェクターは“選べる2モデル”へ。エプソンから

プロジェクター入門には最高の選択肢。

ホームシアター向けプロジェクターを幅広く展開するエプソンが2017年モデルを発表しました。新製品は、レンズシフト対応のフルHDプロジェクター『EH-TW5650』(実勢価格:14万円)と、同社のフルHDモデルでは最も低価格となる『EH-TW650』(実勢価格:10万8000円)の2機種。

EH-TW5650

EH-TW650

一般的に、大画面で鑑賞するプロジェクターはフルHD以上の解像度が求められますが、価格が20万円を超えてしまうことがしばしば。エプソンではこれを10万円台で楽しめる機種を出し続けており、2015年には『EH-TW5350』を発売し好評を博しています。今回は2年ぶりの後継機にあたる『TW5650』に加え、より低価格な『TW650』が追加されたことで入門機のすそ野が広がりました。新製品の発売日はいずれも2017年8月30日。

“縦レンズシフト”ができるリッチな入門機『TW5650』

より付加機能を充実させた新モデルが『EH-TW5650』。液晶(3LCD方式)のフルHDパネルを搭載し、明るさは2500ルーメン、コントラスト比は最大60000:1と従来機以上の階調表現が可能になりました。

本機の大きな特長がレンズシフト。本体上部のダイヤルを操作することで、投写する画面をそのままタテ方向に15%動かすことができます。

レンズシフトを実際に試してみた様子がこちら。どのぐらい画面を動かせるのかの目安にご確認ください。(YouTube:31秒

わずか数十センチ程度の移動ではありますが、このように単純に画面を動かせるのは(特にプロジェクターを始めて使う人には)かなり便利。もともと最上位クラスの製品のみの特権的な機能だったので、10万円台のプロジェクターに搭載されたのはなかなか画期的です。

映像入力はHDMIが2系統(うち1系統はMHL対応)のほか、PC接続用端子(ミニD-sub15pin)を搭載。無線LANとBluetoothも搭載しているので、PCやスマホからワイヤレスで映像を投写したり、音声をBluetoothスピーカーから出力したりすることもできます。なお本体にも10Wのスピーカーを内蔵しているので、外部機器なしで音を聴くことも可能。

画質に関しては、比較的明るい部屋でもきれいに映る明るさが特長。シアター専用ルームでなくても、平らな白い壁さえあれば大画面がすぐに楽しめます。大きめに写しても100インチぐらいまでなら解像度も十分。

付加機能のカットで、さらに低価格になった『TW650』

いっぽう、フルHD解像度を保ちつつ付加機能はそこそこというエントリーモデルが『EH-TW650』。スペックは、明るさ3100ルーメン、コントラスト比が最大15000:1となっています。

こちらのモデルにはレンズシフトがありませんが、タテ・ヨコ台形歪み補正には対応します。

映像入力にHDMIを2系統(1系統はMHL対応)、そしてPC接続用端子を備えるのは『TW5650』と同じですが、こちらはより入門向けという意味からかRCA(アナログ映像・音声)端子も搭載。古いAV機器やゲーム機でも接続できる点には注目です。2Wスピーカーを内蔵しているのも便利。

お手軽なスクリーンセットモデルも

なおエプソンのプロジェクターには投写用のスクリーンを同梱したモデルが多く、新製品でもこれを踏襲しています。同梱されるスクリーンは折りたたみ式で、広げると80インチに。自宅に広い壁がない場合も、このセットを買えばすぐに使えるというわけです。

 

こちらは三脚・フレームを組み立てて、筒に入っているスクリーンを広げて設置するというもの。片付けも簡単です。

スクリーンセットモデルは型番の末尾に「S」がつき、上位機は『EH-TW5650S』(実勢価格:14万7000円)、エントリー機は『EH-TW650S』(実勢価格:11万4500円)となります。セットにした場合の価格差も6000円前後と比較的リーズナブルなので、スクリーンを別途検討するのが面倒な人にはおすすめ。

前世代機『TW5350』を手に入れたいならお早めに

レンズシフトがついた『TW5650』は“手の届くぜいたく”さがあり、『TW650』はとりあえずフルHDプロジェクターを安く手に入れたい……という人にはうれしい。なかなか悩ましい2製品になりました。

プロジェクターデビューにはコスパ的にも『TW650』が注目ですが、価格がもう一声安くなるのを待ちたいところでもあります。もし今すぐに買いたいということであれば、前世代モデルの『TW5350』をチェックしてみるというのも手でしょう。型落ちにつき在庫限りになりますが、こちらはすでに10万円を切っているので依然コスパのいい一台です。

EH-TW5350

取材・文/柳 雄大

関連サイト

エプソン ホームプロジェクター製品情報

EPSON dreamio ホームプロジェクター 2500ルーメン 60000:1 1080P フルHD 無線LAN内臓 EH-TW5650 EPSON dreamio ホームプロジェクター 3100ルーメン 15000:1 1080P フルHD 無線LAN内臓 EH-TW650 EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350

The post 自室を映画館に変える!コスパ最高のフルHDプロジェクターは“選べる2モデル”へ。エプソンから appeared first on デジノ杜.

高速安定通信&充実機能が「Aterm」の強み。安心して使えるのはやっぱり老舗のWi-Fiホームルータだ

Wi-Fiホームルータを導入する意味ってなんだっけ? 実はスマホ時代だからこそ必須の機器なんです

ちょっと前だとインターネットに接続できる機器と言えばパソコンくらい。家庭内LANすら珍しかったものですが、今ではスマホ、タブレットはもちろん、NASやプリンターなどの周辺機器、さらにゲーム機、テレビ、HDDレコーダーといった家電まで、LANで接続するのが当たり前の時代となっています。こういった複数の機器をLANで接続し、インターネット接続を共有するのに必須とも言える機器がルータです。

ルータへの機器の接続は基本的にLANケーブルで行いますが、接続したい機器が1つの部屋にまとまっているはずはありませんよね。離れた部屋の機器を接続するにはLANケーブルを敷設しなくてはならず、これが非常に面倒。また、廊下を這うケーブルは見た目がよくありませんし、さらに、子供が足を引っ掛けてしまう危険まであります。複数の部屋でLANを使いたいのであれば、ケーブルが不要となるWi-Fiホームルータを導入するといいでしょう。

Wi-Fiホームルータを使うメリットはもうひとつあります。手軽にインターネットに接続できる機器としてスマホやタブレットが挙げられますが、月々使えるパケット量に上限が設定されており、これを超えてしまうと通信速度が128kbpsになってしまうなどの速度制限がかかってしまいます。Wi-Fiホームルータがあれば、家にいる間はパケットを消費しないで済むため、この速度制限に引っかかりにくくなるわけですね。上手に活用すれば今までよりパケット上限の低いプランへと変更できる可能性もあるので、スマホ利用料の削減にも役立ってくれるはずです。

このように大きなメリットのあるWi-Fiホームルータですが、問題がないわけではありません。まずは速度です。Wi-Fiが普及するにつれ電波が混み合うようになってきており、多くの人が利用する時間帯では極端に速度が低下したり、さらにひどくなると接続が途切れてしまったり、なんてこともあります。特にマンションなどの集合住宅では近隣からの電波の影響が強くなるため、すでに現時点で速度低下で悩んでいる人もいるでしょう。

もうひとつは、セキュリティです。Wi-Fiはケーブルと違って接続している機器が目で見えないため、いつの間にか知らない人が勝手に接続している……そんな危険もあり得ます。個人的なインターネット接続に使われるだけならまだマシですが、ウィルスを仕掛けられたり、NASからファイルや個人情報を盗まれたり、どこかのサーバーへ攻撃するための踏み台に使われたりしたら目も当てられません。

また、データ量を気にせずネットが使えることから心配になるのが、子供の利用です。Wi-Fiなら自分の部屋から利用できるため、1時間だけと約束しているのに隠れて使ったり、遅くまで動画を見て夜更かししてしまう……なんてこともあり得ます。

こういった問題を解決しながら、便利なWi-Fiを快適に使えるようにしてくれるのが、NECプラットフォームズのWi-Fiホームルータ「Aterm」シリーズ。最新のWi-Fiホームルータが備える機能と共に「Aterm」シリーズの強みをチェックしてみましょう。

NECのWi-Fiホームルータ「Aterm」シリーズ

 

■混雑していない周波数帯へ誘導してくれる「バンドステアリング」 Wi-Fiホームルータで使われる電波には、IEEE802.11n/g/bで使われる“2.4GHz帯”と、IEEE802.11ac/n/aで使われる“5GHz帯”の大きく分けると2つの周波数帯があります。2.4GHz帯は接続できる機器が多いものの、その分混雑しやすく、利用シーンによっては通信速度が遅くなったり、安定しなかったりする場合も。これに対し5GHz帯はWi-Fi専用の周波数帯域となるため、2.4GHz帯と比べて高速性に優れ、安定するケースが多いです。

Wi-Fiの設定をする時に困るのがこの2.4GHz帯と5GHz帯をどう使い分ければ良いのかがわかりにくいこと。Wi-Fiは同じ周波数帯を使う機器が増えるほど速度が遅くなっていきますので、いくら高速に通信したいからといって5GHz帯ばかりに偏ってしまうと、2.4GHz帯より遅くなることもあります。5GHz帯と2.4GHz帯に対応する機器であれば、その時々に合わせ手動で切り替えるというのもひとつの方法ですが、接続台数の状況や使用する場所を考えて切り替えるのは面倒でしょう。

こういった場合に活躍してくれるのが「バンドステアリング」。これは空いている周波数帯へと接続先を自動的に切り替えてくれる機能で、快適な通信をサポートしてくれます。2.4GHz帯と5GHz帯の両方を効率よく使えるようになるため、速度低下を最低限に抑えられます。もちろん、どちらの周波数帯で使えばいいのかという悩みもナシ。パソコン、スマホ、タブレット、携帯ゲーム機など、Wi-Fiで接続する機器が増えれば増えるほど、その真価が発揮される機能と言えるでしょう。

「バンドステアリング」機能のイメージ

■空いているチャネルへ自動的に切り替えてくれる「オートチャネルセレクト」 もう一つ、Wi-Fiの速度が低下する原因となりやすいのが、チャネルの混雑。いくら高速接続できるWi-Fiホームルータを用意しても、近隣のWi-Fiホームルータが同じチャネルを使用していると電波の干渉が起こり、速度が落ちてしまいます。例えるなら、時速300キロ出せる車に乗っていても、道路が他の車で混んでいたら速度が出せないようなものです。

実際どのくらいチャネルが混んでいるかの一例に、Androidアプリの「WiFi見える化ツール – WiFi Visualizer」を使って調べてみましょう。

「WiFi見える化ツール – WiFi Visualizer」でチャネル状況を確認した様子

閑静な住宅地でもここまで混雑しているのですから驚きです。特に集中しているのがチャネルの3で、なんと7台ものWi-Fiホームルータがここを利用しています。こういったチャネルの混雑を避け、利用者の少ないチャネルへと自動で切り替えてくれるのが「オートチャネルセレクト」。この機能に対応したWi-Fiホームルータであれば、2.4GHz帯で電波状況の良いチャネルを自動で見つけてくれ、快適な通信を実現できるのです。

「オートチャネルセレクト」機能のイメージ

通常ですと一度チャネルを設定すれば変更されることはなく、常にそこが使われるのですが、「オートチャネルセレクト」機能のあるWi-Fiホームルータであれば、そのチャネルが混雑してきたと認識した場合、空いているチャネルへと自動で移動してくれます。道路の混雑状況を見極め、空いている車線へと移動するようなイメージで、速度の低下を防いでいるわけです。ちなみに「Aterm」シリーズでは、ルータ起動時に自動でチャネルを変更してくれるものと、さらに動作中でも自動でチャネルを変更してくれるものとが用意されており、『Aterm WG2200HP』『Aterm WG1900HP』『Aterm WG1200HP2』の3モデルが動作中の「オートチャネルセレクト」機能に対応しています。

「オートチャネルセレクト」機能による効果の測定結果

先程の「バンドステアリング」がWi-Fiホームルータ内での通信効率を高める機能なのに対し、「オートチャネルセレクト」は外部からの影響を避けるための機能と言えるでしょう。最新のWi-Fiホームルータでは、こういった機能によって、快適にWi-Fiが使えるようになっているのです。

■機器の接続確認だけでなく、管理までできる「見えて安心ネット」 「Aterm」シリーズをオススメする理由はもう一つあります。目に見えない電波を使うWi-Fi。どんな機器が接続されているのかの確認がしたくなりますが、多くのWi-Fiホームルータではこれができませんでした。そのため、隠れて接続してくる見知らぬ人に無線を利用されていたとしても気づきにくかったのです。しかし、「見えて安心ネット」に対応したWi-Fiホームルータなら、接続中の機器はもちろん、過去に接続したことがある機器までしっかりと記録され、後からでも簡単に確認できるのがメリットです。

便利なのが、設定で機器に名前を付けることができるため、ひと目でその機器が何なのかを見分けられること。さらに「端末区分」を設定することで、子供用の端末に利用時間制限を加えたり、見知らぬ機器の接続拒否まで簡単にできるようになっています。

「見えて安心ネット」で接続機器の状況を確認

これまで接続機器を制限するにはMACアドレスフィルターなどを使って設定するしかなかったので、そこまでは難しくてできないよという人も多かったでしょう。しかし、「見えて安心ネット」であれば、パソコンだけでなくスマホからのタッチ操作でも簡単に行えるので、安心して使うための設定が手軽にできるわけです。

さらにうれしいのが、初めて接続された機器があった場合にメールで通知してくれる「Wi-Fi接続通知」機能があること。始めて接続した端末があった時や、特定の端末が接続された際に通知を行ってくれるようにできるので、例えば子供用の端末に設定を施しておけば、帰宅確認などにも使えます。

「Wi-Fi接続通知」機能を使った実際の利用イメージ

■利用時間を設定し、子供の使いすぎを防げる「こども安心ネットタイマー」 セキュリティとは少し違いますが、お子さんを持つご家庭での心配事として、子供のインターネットの使いすぎが挙げられます。とはいえ、最近では学校の勉強などでもインターネットの必要性が求められることを考えれば、スマホやパソコンなどを完全に取り上げてしまうこともできませんし、利用時間を徹底させるのはなかなか難しいもの。そんな時に便利なのが「こども安心ネットタイマー」という機能。これは、Wi-Fiの利用できる時間を端末ごとに曜日別で指定できるもので、子供がインターネットを使いすぎるのを防げるのです。

「こども安心ネットタイマー」で機器ごとに通信許可を付与している様子

テンプレートからおおまかなスケジュールを呼び出せば、設定も簡単。もちろん家庭の事情に合わせてカスタマイズできるので、平日は16時~21時までの利用だけど、土日は朝9時から使えるようにする、なんてこともできます。また、一時許可設定も用意されているので、「今日だけ特別に夜遅くまで使っていいよ」といった例外設定も可能なんですよ。

 

高速接続&最新機能を備えたWi-Fiホームルータはどれ? 欲しい条件にピッタリ合う「Aterm」はこれだ!

それじゃ、どの「Aterm」を買えばいいの? と迷う方もいるかもしれませんが、Wi-Fiホームルータを選ぶ条件は、速度や機能、価格など人それぞれ。満場一致で満足できる1台というものはありません。でも、「Aterm」シリーズには数多くのモデルが用意されているので、条件にピッタリな1台であれば見つけることができるはず。

というわけで、ここでは「バンドステアリング」や「オートチャネルセレクト」による快適通信、「見えて安心ネット」や「こども安心ネットタイマー」によるセキュリティ機能を搭載する、特におすすめしたい3モデルをご紹介しましょう。

 

満足できる高速性と安定通信、そして便利な機能を多数備えた高速&高機能モデル

NECプラットフォームズ Aterm WG1900HP 実勢価格:1万880円

最大1300Mbpsの5GHz帯と、最大600Mbpsの2.4GHz帯を同時に利用できるのが『Aterm WG1900HP』。1階だけでなく2階まで電波が届き、通信速度が速く安定していることから、家族3〜4人くらいでの利用に最適と言えるモデルです。高速な通信が可能ながら、手のひら程度とコンパクトなのが魅力のひとつ。また、縦置き、横置き、壁掛けもできるので、設置場所に困りません。

本体は縦置き、横置きに対応。加えて壁掛けも

有線LANは4ポートで、その全てがギガビット対応。Wi-Fiだけでなく、有線LANも高速に接続できます。特にデスクトップパソコンや据え置きのゲーム機、インターネットを使ったテレビサービスなどで活躍してくれるでしょう。

有線LANはギガビット対応の4ポートを装備

Wi-Fiの設定が簡単にできるWPSに対応しているのはもちろんですが、更に簡単なQRコードやNFCタグを使った設定にまで対応しています。専用アプリのインストールが必要となりますが、WPSで接続できない場合でも、これらを使うことで誰でも設定できるのがうれしいですね。

QRコードやNFCタグでスマホを簡単に接続可能

WPSを使った機能でもうひとつ便利なのが、Wi-Fiの設定を古いルータから引き継げることです。『Aterm WG1900HP』は「Wi-Fi設定引越し」機能を装備していますので、接続機器の設定を変更することなく、新しいルータへと切り替えられます。

「Wi-Fi設定引越し」機能のイメージ

『Aterm WG1900HP』製品紹介ページ

 

家族全員が高速通信可能!パソコンからもストレスなしに使えるハイエンドモデル

NECプラットフォームズ Aterm WG2600HP2 実勢価格:1万7880円

最大1733Mbpsの5GHz帯と、最大800Mbpsの2.4GHz帯、2つの高速な周波数帯が利用できる『Aterm WG2600HP2』。「Aterm」シリーズのハイエンドモデルで、通信速度が最速となるモデルです。木造家屋であれば3階へもしっかりと電波が届き、速度低下も少ないため、接続する機器が多い場合や、通信速度を重視したい方におすすめなモデルです。もちろん、複数のパソコンで使っても問題ありません。

ギガビット対応の有線LANを4ポート備えているほか、さらにUSB 3.0ポートを1つ装備しています。このUSBにHDDなどのストレージを接続すると、「簡易NAS」として利用できるのがメリット。高価なNASを購入しなくても、簡単にパソコンやスマホなどでファイルを共有できて便利です。

「簡易NAS」の利用イメージ

さらに便利なのはこの簡易NASがメディアサーバ機能を装備している点。そのため、DLNA対応のテレビから写真や音楽などの再生も行えます。パソコンで管理している家族旅行の写真をテレビの大画面へ映し、みんなで見たいといった時でも、簡単に再生できるわけです。

『Aterm WG2600HP2』製品紹介ページ

 

手頃な価格で充実した機能が手に入る!夫婦で使える高機能モデル

NECプラットフォームズ Aterm WG1200HP2 実勢価格:7960円

最大867Mbpsの5GHz帯と、最大300Mbpsの2.4GHz帯が同時利用できる2ストリームの高機能モデルが『Aterm WG1200HP2』。価格が抑えられたスタンダードなモデルながら、「バンドステアリング」や「オートチャネルセレクト」などの機能はしっかりと装備。コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。小さな子供のいる夫婦2人での利用や、接続機器が多い一人暮らしなどに向いているモデルと言えるでしょう。

上位2モデルと同じく、有線LANはギガビット対応。ポート数こそ3つに減ってしまいますが、パソコンや据え置きのゲーム機、NASなどを接続するには十分な数です。

また、将来上位モデルへと買い替えた際に活用したいのが、「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」。これはルータとして使うのではなく、子機として使うモードのこと。この中継機能を使えば、新しいWi-Fiホームルータでも電波の届かない場所へ、電波を飛ばすことができるようになります。買い替えたからといっても無駄にならず、活用できるというのがうれしいですね。

「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」の利用イメージ

『Aterm WG1200HP2』製品紹介ページ

 

さて、「Aterm」シリーズの中から、家族構成や利用者数を目安とした3モデルを紹介しましたが、これ以外にも、通信速度はそのままに機能を絞った標準モデルの『Aterm WG1200HS2』、より低価格で一人暮らしにピッタリな『Aterm WF800HP』など、多くのモデルがあります。色々なモデルをチェックして、自分の生活に合う製品を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

文/宮里圭介 撮影/松浦文生

Wi-Fiホームルータ「Aterm」シリーズ公式サイト「Aterm Station」

The post 高速安定通信&充実機能が「Aterm」の強み。安心して使えるのはやっぱり老舗のWi-Fiホームルータだ appeared first on デジノ杜.

賢く使ってお得に夏を乗り切る!エアコンの正しい取り扱い方と節電のコツをダイキンの人に聞いてみた

今年もエアコンが必須な季節が到来。猛暑日などは1日中冷房に頼りたいがやはり電気代が気になるところ。実は節電を意識した使い方が間違っている場合もある。そこでエアコンの正しい使い方と節電のコツを、ダイキン工業 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ 垣永大輔さんに聞きました!

エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安いのは本当?

環境によって異なりますがお得だという実験結果もあります。 エアコンは運転開始時の負荷が高く、特に暑い夏の昼間に急速に温度を下げる際に電気代が高くなります。つけっぱなしの場合、設定温度に達した後は省電力運転での微調整のみ。ダイキンがマンションで行った実験では日中30分程度の外出なら運転したままの方がお得でした。

冷房を使うときは部屋を閉め切るべき?

範囲を狭めることは大切ですが、屋外より温度が高い時は例外です。 範囲を狭くすれば、その分、短時間で涼しくできるので、ドアや間仕切りは閉めておくべきです。ただ、帰宅直後で室内に暑い空気が溜まり、屋外より温度が高い場合などは、一旦窓を開けて空気を入れ替えることも大切。その方が効率良く涼しくできます。

▲リビングなど広い部屋でも間仕切りで使う場所のみ区切っておけば、電気代を節約できる。

普段の冷房の設定は弱や微風がお得?

効率良く涼しくするなら「自動」がお勧めです。 最新のエアコンの自動モードは、最初に強い風で急速に涼しくして、設定温度に達すると少ない風量で運転します。実はこちらの運転パターンの方が効率良く涼しくでき、電気代も少なめ。学習機能を搭載したモデルなら、使うたびに効率が上がるので、さらにお得です。

冷房と暖房の電気代は同じなの?

屋内外の温度差の関係で暖房の方が高くなりやすいです。 エアコンのみで温度調節する場合は、冬場の暖房代が高くなる傾向にあります。それは暖房の方がやや電気代が高くなる構造なのに加えて、屋外の温度と室内の設定温度の差が大きくなりやすいから。屋外に近い温度から適温まで調節するなら、夏場の方が安く済むわけです。

▲外気温との差を大きく見積もっても、夏場は15度程度なのに対して、冬場は20度以上。その差が電気代に直結する。

掃除機能を搭載したエアコンならメンテナンスは不要?

基本的には不要ですが、シーズン前は試運転をしましょう。 フィルターの自動掃除機能があるモデルなら、掃除は不要。ダイキンのモデルなら10年間は大丈夫で、内部のカビ抑制機能も備えています。ただ、夏の本格使用前に、試運転はしておきましょう。真夏は不具合があった時の修理受付が混みますので、早めの確認がお勧めです。

▲試運転は、冷房で最低温度に設定し10分ほど運転。水漏れや異音、異臭などもチェックする。

夜間の就寝中はエアコンをつけないほうがいい?

就寝中も使う場合はタイマーを活用しましょう。 好みにもよりますが、暑くて寝苦しい場合は、タイマーを使う手もあります。就寝前後にやや高めの設定温度で冷房運転し、就寝時にタイマーでオフにする、もしくは除湿運転を続けて起床前にオフにするといった使い方があります。就寝中に使いたくない人は、就寝前に運転し、壁や寝具を冷やしておく方法もあります。

室外機は放ったらかしでも大丈夫?

周りに物を置かなければ特に問題ありません。 基本的にはメンテナンスは不要です。ただし、室外機の周り、特に前に物を置くと、空気の入れ替えが妨げられるので、空調効率が下がります。木製のカバーなどをつけるケースがありますが、お勧めできません。周囲はできるだけ風通しをよくしておいてください。

▲室外機は防水性も考慮されているのでカバーは不要。荷物やゴミなども置かないよう注意。

扇風機やサーキュレーターを使えば節電できる?

設定温度に達するまで使うことは有効ですね。 室内に風が届きにくい場所があると温度ムラができ、冷やしすぎや電気代の無駄につながります。サーキュレーターなどで空気を循環させると、この温度ムラを解消しやすくなります。また、気流があると体感温度が下がるので、設定温度を上げて節電につなげられます。

【もっとエアコンのことが知りたいなら「フーハ東京」へ!】 東京と大阪にあるショールーム「フーハ」では、空調機器の最新モデルを展示。週末にはイベントなどもあるので足を運んでみては。

文/高橋智 撮影/田口陽介

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋

The post 賢く使ってお得に夏を乗り切る!エアコンの正しい取り扱い方と節電のコツをダイキンの人に聞いてみた appeared first on デジノ杜.