(liza5450/iStock/Thinkstock)

少しずつ気温が下がり、季節は夏から秋へ移り変わっている。外に出たら日焼けして、「暑い…」と愚痴をこぼし、不快な虫が発生する夏も、過ぎてみると名残惜しく感じるもの。

ここで究極の選択。もし、自分の住んでいる地域が一生同じ気候になってしまうとしたら、「夏」と「冬」のどちらを選ぶだろうか?

 

■一生同じ気候になるなら「夏」vs「冬」

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施した。

結果、「ずっと夏」を選んだのは49.0%に対し、「ずっと冬」は51.0%と僅差で冬を選んだ人が多かった。

大きな特徴が現れたのは、地域別の調査。北海道や北陸・甲信越は、夏を選んだ人が6割。冬寒そうな地域でも、雪深いイメージのあるエリアが目立っている。

一方、九州・沖縄は冬を選んだ人が6割と、自分の住んでいる地域で、短い季節を選ぶ傾向があるようだ。

 

■高所得者は冬が嫌い?

年収別では、700万以下では夏がわずかに冬を下回っているが、700~1,000万で夏と答えたのは65.7%、1,000万以上でも64.9%と、700万を境目に夏が優勢となる。

夏の魅力は、バーベキューや花火、お祭りなどのイベントや、海や山へ、アウトドアでわいわい楽しむことができること。また、服も厚着しなくていいので面倒くさくない。

一方で、外に出ればキーンと張りつめた空気が気持ちよく、家の中に入れば、ぽかぽかしながら鍋などの食べ物が美味しいのは、冬の魅力である。

四季のある日本で、夏派と冬派がほぼ互角だったのは、興味深い結果だ。

・合わせて読みたい→夏なんて大嫌い! でも終わると寂しいと思う人は約4割も

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)