(画像はTwitterのスクリーンショット)

「ワンクールのレギュラーより一回の伝説」を求める芸人・江頭2:50(52)と、ひたすらハイテンションに叫び続けることでブレイクした芸人・サンシャイン池崎(35)。

新旧騒がしいふたりの芸人のうち、どちらかに寝かしつけを頼まなければならないとしたら…。しらべぇ編集部は、こんな究極の質問を調査した。

 

■寝かしつけを頼むなら…

全国20~60代男女1,348人に調査を実施。江頭を選んだのは36.6%、池崎は63.4%に選ばれており、圧倒的な差が出てしまった。

男女別の調査結果を見てみると、男性で江頭を選んだのは41.7%だが、女性は31.5%と、女性から江頭への強い拒絶が全体に反映したようだ。

江頭といえば、半裸に黒タイツ。イベントでは何度となく全裸になり、観客席に飛び込むこともある。女性からすれば、寝かしつけに来ることは恐怖しか感じない人も少なくないだろう。

年代別の調査で唯一、江頭がかろうじて51.8%と勝利していたのは30代男性。思春期に『めちゃイケ』の全盛期を過ごした世代だ。『ぷっすま』で、草なぎ剛との絡みを見ていた人もいる。

寝かしつけに来る江頭が何をしでかすかわからないものの、それを楽しんでみたい気持ちはわかる。

 

■エガちゃん支持者の持ち物に…

江頭を選んだ層について調査を進めると、「避妊具を常に持ち歩いている」人からの支持が多く、63%が江頭を選んだ。持たない人とほぼ真逆の結果である。

常に「避妊具を持ち歩く」から漂う中学生のような純粋さ。そんな中二心を持ち合わせている人間にとっては、江頭は魅力的に映るのかもしれない。

「パナウェーブ研究所本拠地潜入」や「北朝鮮に砲撃された延坪島で、タイガーマスクに扮してランドセルを配る」など数々の体当たり伝説に惹かれるのだろう。

全体的には勝利したが、一部の男性層などで敗北した池崎。テンションだけの一発屋で終わらないためには、江頭のような体当たり伝説を作り出す必要があるのかも。

先日『めちゃイケ』で放送された「2代目江頭2:50オーディション」に挑戦した池崎。30代男性から支持を得られるような「エガちゃん化」に期待したい。

・あわせて読みたい→『笑っていいとも』を復活させるべき? 過去の名場面5選から検証

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日 対象:20~60代男女1,348名(有効回答数)