小学生の頃、いつも使う通学路の近くで、新たに道を作って橋を架ける工事をしていた。

 

俺たちは学校の先生から「危ないから近付いちゃいけない」と言われていたが、ある日曜日に友達らとその工事現場に入り込んだ。

 

その場所はとても広い工事現場であちこち歩き回っていると、加藤(仮名)が「うわ!」という声と共に地面が落盤のように陥没して下に落ちた。

 

俺たちは「加藤、大丈夫か?」と慌てて駆け寄ると、加藤は無事なようで、「やっべぇ、穴開けちまった」と言っている。

 

どうやら怪我も無く元気らしい。

 

とりあえず加藤を引き上げないといけないので、何かハシゴかロープがないかと探していると、突然加藤が「下に何かいる!地面がもこもこ動いてる!!」と騒ぎ出した。

 

大騒ぎすると見つかってしまうと思った俺は、「静かにしろよ」と穴を覗き込みながら言った瞬間、上から見ていた全員が凍りついた。

 

加藤の踏みしめている地面一帯のあちこちに、加藤の顔が沢山あった。

 

その加藤の顔たちは全員が目を瞑っていて、まるで死んでいるようだった。

 

加藤も俺たちの反応を見て異常に気付き、自分の足元を見てパニックになっていた。

 

「なんだよこれ!」

「なんだよこれ!」

・・・・・・

 

加藤は叫び始め、その騒ぎで当然のように俺たちは見つかってしまった。

 

その後、加藤は近所の人に穴から助け出され、俺たち全員は親や学校の先生にこっ酷く叱られた。

 

それからだいぶ経った頃に工事は終わり、橋も掛かったのだが、俺たちが沢山の加藤の顔を見つけた場所は、不自然にそこを避けるように道路が迂回していた。

 

穴があった場所には大きな石が置かれ、周りは芝生で整備されていた。

 

結局、あれが何だったのかは誰も教えてくれなかったので今でも謎のままだ。

 

(終)

The post 陥没して出来た大きな穴の下に appeared first on 怖いもん通信.