泣く

ANAら「赤ちゃんが泣かない飛行機」実現へ 「子連れ禁止もつくれ」と厳しい声も

(Top Photo Corporation/iStock/Thinkstock)

電車やバス、飛行機などの公共の乗り物で、赤ちゃんが泣き出す事態に遭遇したことがある人もいるだろう。「赤ちゃんは泣くのが仕事」とわかっていても、雰囲気が悪くなってしまうことも…。

そのため、赤ちゃんがいる家庭では、公共の乗り物移動を避けることも少なくない。

この問題に関して、全日本空輸(ANA)が1日に行ったプロジェクトが話題になっている。

 

■赤ちゃんが泣かないように

ANAは「赤ちゃんが泣かない!? ヒコーキ」プロジェクトを立ち上げた。赤ちゃんグッズのメーカーなどと共同で立ち上げたものであり、1日には赤ちゃんをもつ社員らが実験フライトとして参加したとのこと。

実験フライトでは、赤ちゃんのストレス状態を見るために心拍数をスマートフォンでモニターし、気圧の変化による耳痛を和らげるため、飲み物やタブレットお菓子などを与えたりするなどが行われたという。

 

■「良い試みだと思う」の声

ANAによれば、国内線の0〜2歳までの赤ちゃんの搭乗率が1.6%にとどまっているようだ。やはり、周囲への迷惑を考えてか、飛行機を利用しないという家庭が多いことがうかがえるだろう。

報道を受け、ネット民からは「良い試みだと思う」との意見があがった。

・飛行機乗らないと実家帰れないからたすかる。0歳、2歳のママです

 

・0歳児を育てる身としては、どんな結果が公表されるのか楽しみです

 

・子供は泣くもんだと思っていても、やっぱりイライラしてしまうのが悲しいかな大人の性。今回の試みは良いことだと思う。継続して欲しいね

 

・良い試みだと思う。旅行だけじゃなく、必要があって仕方なく乗る家族もいるし。子連れに優しい雰囲気作りは大事

ANAら「赤ちゃんが泣かない飛行機」実現へ 「子連れ禁止もつくれ」と厳しい声も

(Top Photo Corporation/iStock/Thinkstock)

電車やバス、飛行機などの公共の乗り物で、赤ちゃんが泣き出す事態に遭遇したことがある人もいるだろう。「赤ちゃんは泣くのが仕事」とわかっていても、雰囲気が悪くなってしまうことも…。

そのため、赤ちゃんがいる家庭では、公共の乗り物移動を避けることも少なくない。

この問題に関して、全日本空輸(ANA)が1日に行ったプロジェクトが話題になっている。

 

■赤ちゃんが泣かないように

ANAは「赤ちゃんが泣かない!? ヒコーキ」プロジェクトを立ち上げた。赤ちゃんグッズのメーカーなどと共同で立ち上げたものであり、1日には赤ちゃんをもつ社員らが実験フライトとして参加したとのこと。

実験フライトでは、赤ちゃんのストレス状態を見るために心拍数をスマートフォンでモニターし、気圧の変化による耳痛を和らげるため、飲み物やタブレットお菓子などを与えたりするなどが行われたという。

 

■「良い試みだと思う」の声

ANAによれば、国内線の0〜2歳までの赤ちゃんの搭乗率が1.6%にとどまっているようだ。やはり、周囲への迷惑を考えてか、飛行機を利用しないという家庭が多いことがうかがえるだろう。

報道を受け、ネット民からは「良い試みだと思う」との意見があがった。

・飛行機乗らないと実家帰れないからたすかる。0歳、2歳のママです

 

・0歳児を育てる身としては、どんな結果が公表されるのか楽しみです

 

・子供は泣くもんだと思っていても、やっぱりイライラしてしまうのが悲しいかな大人の性。今回の試みは良いことだと思う。継続して欲しいね

 

・良い試みだと思う。旅行だけじゃなく、必要があって仕方なく乗る家族もいるし。子連れに優しい雰囲気作りは大事

人前での涙…職場はNG多いも「感動して泣く男性は好印象」の声も

(mykeyruna/iStock/Thinkstock)

秋というと、メランコリックな気持ちになって、理由もなく泣きたくなったりする――なんて話も。

しらべぇが行なった調査では、59.3%とほぼ6割が「人前では泣かないようにしている」と回答。一方で、「人前で泣く」かの意識調査では、「よくする」3.8 %、「たまにする」17.0%で、「人前で泣いてしまいがち」と回答したのは20.8%

では、「人前で泣く人」を周りはどう見ているのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「人前で泣く人をどう思う」か、意識調査を実施した。

 

■泣くのをがまんしている人ほど

全体では「自分もそうだ」3.5 %と「共感する」7.9%、「理解はできる」60.2%で「人前で泣く人に寛容」なのは71.6%。

「違和感がある」21.0%と「おかしいと思う」7.4%で、「人前で泣く人は、ちょっと…」というネガティブ派は28.4%だった。

男女別では大きな開きはないものの、わずかに女性の方が寛容な人が多く、「人前で泣く人に寛容」派を性別・年代別に見てみると、

30代と60代以外は、男性が上回る結果に。

「人前では泣かないようにしている」のは男性が女性を上回っており、泣くのをがまんしている分、他人が涙を見せることには寛容なのかも。

 

■職場で泣くのはドン引きも

実際に「人前で泣く人」に、寛容な人と「ちょっと…」と思う人の両方に話を聞いた。

<人前で泣く人はOK>

「素直な気持ちを見せることは悪いことじゃないので、いいと思います。私自身は人前で泣けないタイプで、泣いてしまう子を見ると、ちょっと羨ましいというか。

 

男性に対しても、映画を観に行って、感動して泣いているのを見ると『感情が豊かなんだな』と思うし、後で泣いてしまったことに照れている姿とか見ると、ちょっとカワイイな…なんて思ったりして、好印象ですね」(30代・女性)

 

<人前で泣く人NG>

「職場で泣き出す女子がいて、ドン引きです。子供ならしょうがないけど、いい大人が仕事の場で泣くとか、あり得ないっていうか…。すごくがんばっている子が、『できなくて悔しい』とかで落ち込んで泣くなら、慰めたくなるかもしれないですよ。

 

でも、そういうタイプは泣かずに耐えていて、全然がんばらないタイプに限って『私って、かわいそう』みたいに泣くんで、冷たい人間と思われるだろうけど見ないフリして、内心では『一人で酔って、泣いてろよ』って、思っちゃいますね」(20代・男性)

 

ほかにも、「仕事関係の場で泣いていいのは、嬉し泣きくらい」「職場で泣くのは、やっぱりダメかな」といった声があり、人前で泣くこと自体には寛容でも、時と場合による――TPOは大事という意見が多かった。

とはいえ、全体では寛容な人が多数派。時には、心許せる人の前で、涙を流してもいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→『カホコ』最終章に突入 竹内涼真の号泣ほか「涙」で神回を振返ってみた

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

木下優樹菜、安室引退に自撮りの号泣動画を投稿 「悲しいアピール?」と批判殺到

(画像はInstagramのスクリーンショット)

20日、歌手・安室奈美恵(40)が引退表明した。ファンである多くの芸能人たちも、その思いをSNSなどに投稿している。

その中で、タレント・木下優樹菜(29)のとある動画が話題になっている。

 

■涙を流す動画を公開

木下は20日、自身のインスタグラムを更新。「絶望」「奈美恵様 引退」とのテロップとともに、涙を流す木下の自撮り動画を投稿した。安室の大ファンということもあり、突然の引退はやはり悲しいものだったのだろう。

奈美恵様のファンの皆さん ありがとうございます 同じきもちです。 わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、 友達たちに 送ったやつ。 いまは一旦冷静になりながら 複雑な感情で 夏休みの準備、してます。 みんなと同じきもち。 #安室奈美恵 さん#生き甲斐 #大好きだよ#fanspace

A post shared by yuuukiiinaaa (@yuuukiiinaaa) on Sep 20, 2017 at 5:05am PDT

涙がとにかく止まらず、言葉にならなかった木下。この動画は、友人たちへ送ったもののようだ。「いまは一旦冷静になりながら 複雑な感情で夏休みの準備、してます。みんなと同じきもち」と、気を落ち着かせているとのこと。

ハッシュタグには「#安室奈美恵さん #生き甲斐 #大好きだよ」とあり、大のアムラーだったことがうかがえる。

投稿を受け、ファンからは「私も悲しいです」「その気持ちわかります」と同情の声があがっている。

 

■自撮り動画に辛辣な意見も

しかし、中には「なんで自撮りで泣くの?」「悲しいアピール?」と厳しい指摘もみられた。

安室奈美恵が引退するニュース見てて、周りの芸能人の反応ってなって、木下優樹菜のショックで自分の泣いてる動画を公開ってわけわかんねぇってなった「悲しい、私泣いてるよ見て見て」って感じなのか

— にとりんだめあ (@notfattt) September 20, 2017

安室奈美恵引退でなぜか泣き顔さらして「ちょっと意味わからない」と言われる木下優樹菜と、何も言ってないのに皆に「大丈夫か!?」と心配されるイモトアヤコの差よ。

— うーやん (@usausauuyanxx) September 20, 2017

安室奈美恵の引退の件で木下優樹菜がインスタグラムで泣きながら語ってる動画見てて「泣きながら片手で動画自撮りするの笑えるよね」って言い放つ嫁のことを今日さらに好きになりました。

— 爽やか万次郎 (@moumuridatte) September 20, 2017

木下優樹菜がインスタに「安室ちゃん引退がショックで泣いてる自分」の動画を載せたの意味がわからなかった…泣いてる自分可愛いでしょアピールなのか?文章で「ショックで泣いてます」でいいじゃないか

— 福太郎(UC) (@164pispis) September 20, 2017

 

■6割は人前で泣かない

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「涙を流すタイミング」について調査したところ、ほぼ6割が「人前では泣かないようにしている」と回答。

6割の人は悲しいことがあってもそれを共有せず、ひとりでこっそりと泣くようだ。

 

物事への悲しみ方は人それぞれ。ただ、「悲しいアピール」と思われるのがイヤな人は、自撮り動画は避けたほうが良さそうだ。

・合わせて読みたい→安室奈美恵が引退表明 なぜかイモトアヤコを心配する声が続出

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)