泣ける

アマゾンに暮らす日本人の63年ぶり帰国に密着! 子供達との再会に涙

(画像提供:©テレビ東京)

20日、『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京系)の2時間SPが放送され、1954年に6歳でブラジルに移住して以来、一度も日本に帰ったことのない草野恒雄さんを日本に招待。

長年会っていない子供たちとの再会を果たした。

 

■アマゾンで広大な土地を守る日々

恒雄さんはアマゾンの森の中で、父と作った日本風家屋に暮らしている。東京ドーム6個分の広大な農場を守りながら生計を立てており、日本に帰ったことは1度もない。

恒雄さんには子供が4人おり、そのうち、長男・照雄さんと次女・リアさんは出稼ぎのために日本で暮らしている。

照雄さんとは8年、リアさんとは19年も顔を合わせていないため、子供達に会うことを旅の第一の目的としていた。

あんなに広大な農園をたった二人で管理しててもそんなに生活が厳しいのがショックだ #ニッポン行きたい人応援団

— よこちゃん (@yokoyokotyan) November 20, 2017

 

■子供たちとの再会

(画像提供:©テレビ東京)

6歳で移住して以来、はじめての日本で、恒雄さんは渋谷の交差点の人の多さに目を丸くする。しかも、当日は雨模様で、晴天ならもっと人が多いと聞くと、文字通り開いた口が塞がらない様子。

噂には聞くも、見たことのなかった東京タワーに登ってみると、長男・照雄さんがサプライズで登場。

経済的な理由で大学進学を諦めた照雄さんに、「親として何もしてやれなかったことを許してほしい」と涙ながらに語る恒雄さん。照雄さんは「そんなことない」と抱きしめた。

父親として何もしてない?

ぃゃ生まれて住み慣れたブラジルから単身日本へ出てきてたくましく生活する知恵をご子息に授けたのは貴殿ではないですか( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ ) #ニッポン行きたい人応援団

— ネコ8世 (@meow_miaou) November 20, 2017

父の帰国を知らせずに次女・リアさんに会いに行くと、驚きのあまりに大号泣。そこで恒雄さんは孫たちと初めて対面する。

子供と孫たちに囲まれて、団欒する恒雄さん。ブラジルでは食べられないフグも堪能し、幸せな時間に思わずほっこり。

『陸王』胸くそ銀行員・大橋のツンデレな言葉に驚愕 「今回のMVP!」の声も

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

19日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第5話が放送された。幾多の困難を乗り越えながら、開発がさらに進んでいくオリジナルランニングシューズ「陸王」。

この日の放送では、竹内涼真演じる茂木がついに公式試合で「陸王」に足を通すことがわかった。

 

■これまでの『陸王』

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じている。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいている。

 

■職人がふたりも倒れ…「こはぜ屋」ピンチ

理想の「陸王」を目指して開発を続ける「こはぜ屋」。しかし開発資金がかさみ、宮沢の個人預金を当面の運転資金に使っている有様だ。

そんな中、宮沢はランキングシューズ作りで得た知見を足袋作りに応用することを思いつく。そしてうまれたのが「シルクレイ」を活かした足袋「足軽大将」。この商品は大きな反響を得て、すぐにヒット商品へと成長する。

しかし、両製品の開発を続ける中で職人たちに負担が。最年長の西井富久子(正司照枝)が心臓の持病を悪化させ、倒れてしまったのだ。

おまけに飯山が自身の会社を倒産させた際に損害を与えた金融業者の人間に襲われ、骨を折るなどの重傷を負ってしまう。

『コウノドリ』死産に続く「母体死亡」 産科医療の辛い事例に感謝の声も

妊産婦を取り巻く環境をリアルに描き、様々なテーマにおいて「生命誕生の奇跡」を考えさせられる、TBS系ドラマ『コウノドリ』。

17日放送の第6話では、産科医療の現場で日々葛藤する医師たちにスポットが当てられた。今クールから1人前の産科医として活躍している下屋(松岡茉優)と、一人の妊婦をめぐる悲しい出来事に多くの反響が寄せられている。

 

■「母体死亡」に直面する下屋医師

下屋は、応援要請を受けて派遣された先のこはる産婦人科にて、切迫早産で入院中の妊婦・神谷カエ(福田麻由子)と出会う。同い年で同じ「かえ」という名前の彼女に、下屋は親近感を抱いていた。

下屋はカエの様子に少し違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に伝えるも「週明けに検査をしておく」と返され、ペルソナへと戻る。

しかし、下屋が戻ってから間もなく、カエは心肺停止の状態でペルソナへ緊急搬送される。下屋が睨んでいた「甲状腺」に異常が生じており、容態が急変したというのだ。

救命チームと連携し、「さくら」と名付けられた赤ちゃんは一命を取り留めたものの、カエの心拍は戻らず。我が子が産声をあげるその隣で、カエは息を引き取った。

 

■「救命へ」下屋の一大決心

後悔と無念さに苛まれる下屋は、仕事にも支障をきたしサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)から休暇をとるよう指示される。

様々な葛藤の中で、産科医として成長するために下屋は「救命」への移動を志願。異動が正式に決定すると、四宮が「ホイップクリーム入りジャムパン」を餞別として手渡すなど、温かく見送られた下屋だったが、救命部長からは早速厳しい言葉を突きつけられる。

下屋が去った産科には新たに、サクラや四宮の後輩・倉橋(松本若菜)が加わり新体制に。そんな矢先、ムードメーカーである助産師の小松(吉田羊)が腹痛を訴え倒れ込んでしまった……。

 

■医療現場の現状に反響、感謝の声も

第5話の死産に続き、2話連続で「死」を扱う内容となった同作。

「100%安全なお産はない」ということを改めて実感し、自分自身が無事に生まれてこられたことや、わが子を無事に出産できたことなど「感謝」の気持ちがつづられたツイートが、インターネット上に続出している。

コウノドリ見ると、本当に、何事もなく産まれて来てくれた奇跡に感謝…と思うよね。これはもう保健体育の授業で見せたほうがいいと思うよ。よく分からん当たり障りない映像見せるより。#コウノドリ

— あかり@170812 (@ken_gmm) November 17, 2017

私、大変幸運なことに母体死亡の経験は無いのですが、経験したドクターは一度は産科医をやめることを考えますね…。#コウノドリ

— 宋美玄 (@mihyonsong) November 17, 2017

命を預かる。命を助ける。命の終わりを見届ける。医者の仕事って…考えさせられる…。

命は、重い。尊い。けど、あっけないものでもある。

今夜は泣くと言うより、心にずーんときた。BABYのピアノが、今日はすごく心に響いたよね!#コウノドリ

— IKO (@GAG_film) November 17, 2017

昨日の放送で、甲状腺クリーゼで亡くなった妊婦さんの既往症(甲状腺機能亢進症)が身に覚えがありすぎて、「死んじゃうんだー」って震えながら観てた。今では出産を諦めるとかいうことは殆ど無いらしいんだけど、数十年前までは出産は厳しいとか言う先生、結構いたんだよね。(´・ω・`) #コウノドリ

— にのうらさとこヾ(○'∀'○)ノ (@ameayunon) November 18, 2017

時として患者の「死」とも向き合わなくてはならない、医療の現場。下屋の葛藤から、改めて医療現場で働く人々や、自らが無事に命を授かることができたことへの感謝の気持ちがつづられたツイートが続出している。

 

腹痛を訴えて倒れ込んでしまった小松。予告編の段階でも、彼女の病状はかなり深刻であることが伺え、心配の声も続出。次回もハンカチの用意が必須となりそうだ。

『コウノドリ』悲しすぎる「死産」 残酷な描写に涙と賞賛の声が殺到

命が誕生する尊い奇跡と、様々な問題に直面する妊産婦や医師たちの葛藤を描く、TBS系ドラマ『コウノドリ』。

10日放送の第5話では、お腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまう、あまりにも悲しい「死産」の現実が克明に描かれ、大きな反響を呼んでいる。

 

■入院中に出会った2人の妊婦

産婦人科医のサクラ(綾野剛)が担当する妊婦・西山瑞希(篠原ゆき子)は、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。案内された病室には、同じく切迫早産の可能性があって入院している2児の母・七村ひかる(矢沢心)がいた。

気さくな人柄で経産婦のひかるは、瑞希にとって心強い存在となり、入院生活の中で2人は打ち解けあっていく。

そんなある日、瑞希のエコー検査をしていたサクラの表情が凍りつく。「あかり」と名づけられた瑞希の胎児が、何の前触れもなくお腹の中で亡くなっていたのだった。

四宮(星野源)も瑞希のエコーを確認するも、やはりあかりちゃんの心拍を確認できない。ひかるとは別室の個室に写された瑞希は、妊娠30週を超えての「死産」を告げられた。

 

■悲しすぎる死産

瑞希は現実を受け止めきれないまま、パティシエの夫(深水元基)立ち会いのもと、既に亡くなっているあかりちゃんの出産に挑む。

陣痛促進剤を用いて、通常のお産と同様に激しい陣痛に苦しむ瑞希。助産師の小松(吉田羊)からの叱咤激励を受け、あかりちゃんが取り上げられると、同じタイミングで別の部屋から産声が上がる描写が写された。

小松の計らいによりあかりちゃんの沐浴を行うなど、わが子との残された時間を噛みしめる中、大きなお腹を抱えたひかるに声をかけられる。瑞希はひかるに「元気な赤ちゃんを産んでね」と声を振り絞り、足早にその場を去った。

その後、瑞希が死産であったことを知ったひかるは病室でひとり泣き崩れ、瑞希たちがサクラたちに手厚く見送られた後、無事に元気な赤ちゃんを出産した。

有村藍里が自撮り詐欺を告白 「どうせブス」と飾らない姿に応援の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

自分の容姿に自信がなくとも、時間をかけて美しく変わる女性たちはたくさんいる。

タレントの有村藍里(27)が9日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、話題になっている。

 

■「どうせブスなんで」

有村架純(24)の姉としても知られている彼女。「国民的女優の妹」とくらべられることは日常茶飯事であり、その違いに多くの人から誹謗中傷を受けることもあるという。ネット上で自分の名前でエゴサーチすると「ブス」と書かれていることもしばしばあるようだ。

その影響もあってか、番組でも「残念な姉です」と自虐を添えて自己紹介。さらに、ネット上での批判を受け「ブス」と自覚したという藍里は「自分はブスなのでSNSに載せる写真は頭の形から爪の先まで、全部修正している」と告白し、周りを驚かせた。

そこへ、写真修正によって実物と比較されて「違う」と言われることはだいじょうぶなのか、との指摘が入るも、藍里は「それはもう全然いいです。どうせブスなんで」と開き直り、スタジオの笑いを誘った。

 

■素直な内面を支持する声

一連の流れを受け、ネット上では藍里の飾らないその素直さを評価した。

・整形 化粧 ダイエット etc…それで自分を磨こうとしてる姿が美しいんじゃないでしょうか?

 

・有村藍里ちゃんのダウンタウンデラックス観た。藍里ちゃん正直に修正してるって言ってるその勇気と謙虚さに、あらためて惚れ治した! これからも応援してます#有村藍里

 

・有村藍里さんは応援していきたい。この人はずっとこの人のままでいてほしい。あなたはあなたのままで充分綺麗で美しい人なんだと声を大にして言いたい。あなたの活躍を心から応援しています。

 

・お姉ちゃん頑張ってるよ。もっとバラエティとかに出て欲しいな。

藤子・F・不二雄、最後の『ドラえもん』原稿と弟子への手紙公開 晩年の逸話に感動

『ドラえもん』や『パーマン』、数々の名作を世に送り出し1996年に亡くなった藤子・F・不二雄先生(以下、藤本)。

この、日本を代表する漫画家の最後の弟子・むぎわらしんたろう(49)が2・9日深夜放送『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に出演。晩年の逸話を語りファンの感動を呼んでいる。

(画像は『ゴロウ・デラックス』公式TWtterからのスクリーンショット)

 

■大変なプレッシャー

藤子不二雄として学生時代からコンビを組んできた藤本弘と安孫子素雄(83)が袂を分かち、藤本は「藤子・F・不二雄プロ(藤子プロ)」を設立。むぎわらは1988年にアシスタントに。

藤本はキャラクターのペン入れを担当し、背景などはむぎわら達アシスタントに指示を出しペン入れを任せていた。

しかし、長編作品『のび太のねじまき都市冒険記』では体調を崩していた藤本から、下書き状態のラフ原稿を託される。中にはざっくりとした下書きもあり「大変なプレッシャーを感じた」と明かす。

 

■渡された手紙

ペン入れを終え、藤本に確認して貰った原稿はビッシリと添削済み。さらにむぎわら達アシスタントに向けて手紙が添えられていた。

「この機会に徹底的に僕の理想像を聞いてほしい。今後、少しずつでも理想像に近づいていければ」

 

「ベテランになるとコツがわかる。この時が一番の危機。ついつい楽に仕事をしようとする。漫画は1作1作初心に帰って苦しみ悩み書くもの」

 

「藤子本人が書かなくなってからグッと質が上がったと言われたら嬉しい」

 

受け取った時、「(自分が書けばいいのに)なぜこんなことを言うのか」疑問に思ったむぎわらの想いを、稲垣吾郎(43)が「でも、うれしい言葉ですよね。喝を入れてくれている」と代弁した。

「ここでしか生きてこなかった」 香取慎吾たちのアイドル論に感涙の声

(©AbemaTV)

元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が出演の『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)。その中で、堺正章と卓を囲みホンネでトークする企画が放送された。

そこで語られた3人のアイドル論が話題になっている。

 

■「いつまで経ってもその人のアイドル」

堺は3人に「アイドルという言葉に、今はどんな気持ちをもっていますか?」と問いかけた。

稲垣はアイドルについて「ごくわずかな人間にしか与えられない称号」としながらも、「人間味むき出しでやってきたことが支持されてきた」と自分たちの成功の理由を明かす。解散した現在でも「グループ名がないと考えると、アイドルと自分で言っていいのか」と悩みながら、「見てる方がアイドルと思ってくださるならば、いつまで経ってもその人のアイドルだと思う」と語った。

一方で草彅は、アイドルと呼ばれることに喜びを感じる反面、役者としての仕事に支障をきたすこともあると語る。視聴者の中には「どうせアイドルなんだから芝居なんてできないでしょ?」と烙印を押す人もいるようだ。

そういった声に草彅は「(テレビに)映った1秒でも0.1秒でも、そこに懸けている思いは役者さんにも負けてないぞ」という気持ちで臨んでいるという。アイドルでありながら、アイドルという肩書きと戦うこともあるようだ。

さらに、同番組をきっかけに「面と向かって自分はアイドルなのか問われると、いまの僕は違うのかなとちょっと思う」と自問自答していることも明かした。

 

■「ここでしか生きてこなかった」

「僕はアイドルです」と香取。続けて「僕は小学生の頃からここ(芸能界)にいるんで、ここでしか生きてこなかった」とこれまでの人生を振り返る。アイドルという言葉については「象徴」とし、そこに年齢は関係ないと持論を述べた。

「それってつらくない? いつまでもアイドルだって言われることは」と問いかける堺に、香取は「100人、10人、1人の応援してくれる人がいなかったら、僕は生きていけないですから。その人が1人でもアイドルだと思っている以上は、象徴でいつづけたい」と本音を明かした。

妊娠中にガン発覚…医師と患者と家族の「命の選択」に反響『コウノドリ』

初回から視聴者を感動の渦に巻き込んだ、TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』。

20日放送の第2話では妊娠中に進行性のガンが発覚し、究極の「命の選択」を迫られる医師と患者、その家族の葛藤が描かれた。

 

■子宮全摘出を要する「子宮頸部腺ガン」の発覚

サクラ(綾野剛)が担当する妊婦・久保佐和子(土村芳)に、子宮頸部腺ガンが見つかる。

ガンの進行はとても早く、早期の治療開始が求められるため「赤ちゃんを諦める」ことも視野に。

まだお腹の中で成長しきれていない赤ちゃんをどの段階で産むのか…非常に難しい判断を迫られる。

出産時期についてはサクラと、同じく産科医の四宮(星野源)で意見が対立。

サクラは「お母さんに赤ちゃんを育ててほしい」との強い思いから、四宮が提案した32週よりも4週間も早い28週での出産を検討していた。

 

■「一緒に頑張ろう」夫婦とサクラの決断

ガン治療のための手術では「子宮の全摘出が必要である」と告げられた佐和子。

様々な不安から、夫(福士誠治)に「離婚してもいいよ」や「自分より赤ちゃんを優先してほしい」などとこぼす場面も。

しかし、夫は妻のガン、未成熟児として生まれてくる我が子を全て受け止める覚悟を打ち明け、久保夫婦はサクラが提案した28週での出産を決断。

佐和子とペルソナチームの健闘により、帝王切開とガン手術は成功。小さな赤ちゃんにも異常は見られず、術後の佐和子の検査結果も良好だった。

周産期センター長の今橋(大森南朋)は久保夫婦に

「ちょっと早く生まれちゃったけど、赤ちゃんがご家族と一緒に生きていくために、この誕生日を選んだんです」

と、声をかけた。

 

■「命の決断」に反響

インターネット上では、サクラや久保夫婦の大きな決断や、そこに至るまでの、それぞれの立場での葛藤の様子に、大きな反響が寄せられている。

TBS『コウノドリ』第2話

命に関する選択問題は結果論でしかないのかもしれない。でもドラマを見ることで僕たちは改めて「自分だったらどうするか」と考えることができるし、希望を待つことができる。泣けた、ということは誰かの痛みを自分のこととして考えられたということ。素晴らしいドラマ。

— 歌広場 淳 (@junjunmjgirly) October 20, 2017

車椅子で保育器の中の我が子に触れるシーン。思い出すなあ。一緒に泣いてくれていい旦那だなあ。私なんでこのひと一緒に泣いてくれないんだろうって思っていたなあ。#コウノドリ

— どくこ (@dokuko_nemu) October 21, 2017

切迫早産で3ヶ月入院したのち34週で息子を出産。NICUに1ヶ月半通いました。2008gの息子の隣には888gと1500gの赤ちゃんが。14年経って偶然にも3人とも同じ部活をしていて、試合会場で顔を合わせています。みんな元気に成長している姿を見ると嬉しくなります#コウノドリ

— まゆ (@gen_genmayugen) October 20, 2017

おはよう。昨日のコウノドリも考えさせられた。うちの娘➀は、まさに子宮頸がんの予防接種を受ける世代。無料接種を受けさせようと思った矢先、ひどい副反応のニュース。私は受けさせないと決めた。昨日の小松さんの意見と同じ。ただ、検診だけはちゃんと受けさせる。我が家の場合。#コウノドリ

— のりぞう (@norizo1106) October 21, 2017

子宮頸ガンはワクチンの接種で予防できるガンであることから、改めて子宮頸がんワクチンについての感心が高まっているようだ。

一方で、重篤な副作用の症例も報告されているため、様々な意見があげられている。

第3話では、川栄李奈とゴールデンボンバーの喜屋武豊が夫婦役で登場。どんな仕上がりになっているのか、早くも話題となっている。

また、産後うつが懸念される佐野彩加(高橋メアリージュン)がどうなってしまうのか…次回、第3話の放送を心待ちにしたい。

《これまでに配信した『コウノドリ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→音のない出産、仕事と育児の葛藤… 『コウノドリ』初回から賞賛と涙

(文/しらべぇドラマ班・もやこ イラスト/ミキシマ

和田アキ子「もう死にたい」 子宮全摘出で死ぬほど泣いた衝撃過去激白

芸能生活50年を迎えた歌手・和田アキ子(67)は、いつものパワフルな姿とかけ離れた弱々しい表情で、過去の辛い経験を思い出す。

最愛の夫と出会い結ばれ、幸せの絶頂だった再婚2カ月目に「子宮がん」が発覚。その当時の想いを18日放送『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で激白した。

(画像は和田アキ子Instagramからのスクリーンショット)

 

■夫との出会い

ゴッド姉ちゃん、芸能界のご意見番…和田を指す力強い異名は数あるが、実は「乙女」。近年は女性としての魅力もさらけ出し、新たにファン層を拡大している。

そんな和田は1981年、主演ドラマのスタッフだった3歳年上のカメラマンと結婚。主演の和田が「キレイに撮れる角度」をカメラマンとして研究していた夫に、和田が「私に惚れている」と勘違い。

和田からアプローチを重ねたのがなれそめだ。

■子宮がんの発覚

幸せな結婚から2か月後、体調を崩した和田が検査入院。そのとき「子宮がん」が発覚する。「アコ(和田)の命が大切で子供なんて考えもしなかった」夫は子宮全摘出の手術に同意。

しかし、幼稚園の先生を夢見たこともあり、結婚前から「大きくなった子供と一緒に歌いたい」と語っていた和田にとって、それはあまりに厳しい現実だった。

勝手に手術を決めた夫に「お前に私の気持ちが分かるのか」と当たり散らし、「もう死にたい」と夫の子供を産めない自分を責め、別れを切り出した和田。

それでも、自分を励ましてくれる夫の後押しで手術を決意。がんを公表せず、10日後には仕事に復帰した。

「死ぬほど泣いた」当時を振り返りながら和田は涙ぐむ。「和田アキ子をやれているのは、ファンやスタッフのお陰でもあるけど一番は旦那。いつもありがとう」と夫への感謝を語った。

「い草船」で急流下りに成功! 『鉄腕DASH』 山口達也と松岡昌宏の挑戦に神回の声

15日の『ザ!鉄腕DASH!』は、「DASHご当地PR課」を放送。山口達也と松岡昌宏が熊本県八代市を訪れ、地元の名産品「い草」をアピールすることに。

 

■「い草」製の船を造り球磨川の川を下ることに

2人は「い草」の特性について説明を受けたのち、熊本県の農業研究センターを訪れる。そこには地元の職人が作った「い草」製の草履やヘルメットが飾られていた。

そのなかから松岡が発見したのが、「い草」製の小さな船。およそ3万年前に日本人の祖先が草船でユーラシア大陸から日本に渡ってきたという伝説を聞き作ったという。

2人はその性能を確かめるため、水に浮かべてみることに。するとかなりの浮力持つうえ、排水性も良いことが判明。松岡はこれをみて「伝説を伝説で終わらせたら鉄腕DASHじゃないですよ」と怪気炎を上げる。

山口も「熊本のい草全部もってこい」と応じ、「い草船」を製造し、日本三大急流の1つ球磨川の激流に挑むことに。

 

■見事に船が完成

地元民の協力を得た山口と松岡は、総重量120キログラムの「い草船」を造り込む。激流に耐えることのできる高い耐久性を維持することに加え、並の抵抗を逃がすよう工夫しながら作業を進める。

結果、地元出身の演歌歌手・八代亜紀にあやかった「八代船歌」が完成。球磨川の上流から川を下り、4キロ先のゴール地点を目指す。