子供の頃、近所のお爺ちゃんに聞いた話です。

 

そのお爺ちゃんは若い頃に一度事業に失敗し、実家のある田舎へ帰ったそうです。

 

その家には持ち山があり、色々謂(いわ)れもあったらしいのですが、若い頃に学業のため上京した彼は、その謂れなるものを全く知らなかったそうです。

 

ある日、彼が山を歩いており、ふと茂みを覗くと“一羽の兎”がいたそうです。

もしあの時、捧げていれば・・・

しかし、「兎だ」と思ったのは単に耳が長かったからで、実のところ見慣れている兎とは大分違う生き物であったとの事。

 

毛も無く、目も開いておらず、簡単に言うと「生まれたての子兎」のようだったとか。

 

しかし、大きさは紛れもなく野兎のそれであったそうです。

 

しかもよく見ると、その兎は酷く怯えており、彼が近付いても動こうともしません。

 

どうやら後ろ脚が罠にかかっているようでした。

 

・・・が、罠と言っても細い草に引っかかっている様にしか見えません。

 

彼は何の気もなく罠を外してやったそうです。

 

そして、ふざけて「恩返しをしろよ」と兎を見ると、先に語った姿の醜悪さなものですから、突然腹の底からゾッとして逃げ帰ったそうです。

 

彼は帰宅後、これを家の人に話しました。

 

すると、家に来ていた分家筋の人達が一斉に厳しい顔になり、「すぐに出て行け!」と言い出し、彼は新妻諸共叩き出されたそうなのです。

 

彼は憤慨しましたが、それから年を経るにあたって、なんとなく理由を理解しました。

 

奥さんは三度流産し、結局子供が出来ませんでした。

 

「たぶん、あれは山の神様への生け贄で、自分が勝手に逃がしてしまったのだろう・・・」

 

お爺ちゃんは悲しそうに言いました。

 

重ねて、実は村から叩き出された直後、あんまり腹が立ったので、一度件の山に行ったのだと言いました。

 

兎のいた辺りで気配を感じ、ふと見上げると錆び付いた斧が自分めがけて落ちてくるところで、慌てて飛び退いたという。

 

「もしあの時、自分が腕なり脚なりを切って捧げていれば子供は助かったかも知れない」とも・・・。

 

(終)

The post 山のタブーを犯してしまったせいで appeared first on 怖いもん通信.