浅利陽介

『コード・ブルー』映画化決定も…「脚本家を戻して!」の声が殺到

山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。

18日、3rdシーズンの最終話が放送され、あわせて映画化も発表されることに。しかし、ファンは無邪気に喜んではいないようだ。その理由とは?

 

■慌ただしい最終回に

すでに配信済みの記事でも、藤川の死亡フラグ回避について取り上げているが、最終回の終盤ではこの他にも、片手で足りないほどの伏線が慌ただしく回収されることに。箇条書きで記していくと……

・橘(椎名桔平)と三井(りょう)の子供・優輔がクララ的に立ち上がる(手術は終わっていた模様)

 

・ピアノ少女・奏(田鍋梨々花)と藍沢(山下)、新海(安藤政信)の関係性

 

・名取(有岡大貴)と父親の確執

 

・自殺未遂をおかしたと見られる灰谷の医師としての成長と、白石(新垣結衣)と対話

 

・緋山(戸田恵梨香)とイワナ男との恋愛

 

・雪村(馬場ふみか)と横峯(新木優子)の友情の行方

 

・藍沢がトロントに行く

 

……などなどだ。(ラスト15分ほどで一気に回収されたため、頭の悪い記者が見逃してしまった部分もあるかもしれないが、少なくともこれ以上は存在していたはず)

ゆえにひとつひとつを丁寧に描くというよりは、印象的なセリフを入れることで、短めにまとめあげた雰囲気に。

 

■映画化発表! 2018年公開に

本編終了後、2018年公開で映画化が発表された。シリーズ第一作から10年の節目を迎えるということで、3rdシーズンには登場しなかった懐かしのキャラも出てくるのだろうか?

映画化決定!

2018年公開

— 【公式】『コード・ブルー』 (@code_blue2017) September 18, 2017

その後、公式ツイッターでも映画化を報告。13RT(15時現在)と、物凄いことになっている。

『コード・ブルー』映画化決定も…「脚本家を戻して!」の声が殺到

山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。

18日、3rdシーズンの最終話が放送され、あわせて映画化も発表されることに。しかし、ファンは無邪気に喜んではいないようだ。その理由とは?

 

■慌ただしい最終回に

すでに配信済みの記事でも、藤川の死亡フラグ回避について取り上げているが、最終回の終盤ではこの他にも、片手で足りないほどの伏線が慌ただしく回収されることに。箇条書きで記していくと……

・橘(椎名桔平)と三井(りょう)の子供・優輔がクララ的に立ち上がる(手術は終わっていた模様)

 

・ピアノ少女・奏(田鍋梨々花)と藍沢(山下)、新海(安藤政信)の関係性

 

・名取(有岡大貴)と父親の確執

 

・自殺未遂をおかしたと見られる灰谷の医師としての成長と、白石(新垣結衣)と対話

 

・緋山(戸田恵梨香)とイワナ男との恋愛

 

・雪村(馬場ふみか)と横峯(新木優子)の友情の行方

 

・藍沢がトロントに行く

 

……などなどだ。(ラスト15分ほどで一気に回収されたため、頭の悪い記者が見逃してしまった部分もあるかもしれないが、少なくともこれ以上は存在していたはず)

ゆえにひとつひとつを丁寧に描くというよりは、印象的なセリフを入れることで、短めにまとめあげた雰囲気に。

 

■映画化発表! 2018年公開に

本編終了後、2018年公開で映画化が発表された。シリーズ第一作から10年の節目を迎えるということで、3rdシーズンには登場しなかった懐かしのキャラも出てくるのだろうか?

映画化決定!

2018年公開

— 【公式】『コード・ブルー』 (@code_blue2017) September 18, 2017

その後、公式ツイッターでも映画化を報告。13RT(15時現在)と、物凄いことになっている。

『コード・ブルー』藤川、一命を取り留める 死亡フラグ回避に安堵の声

山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。

18日、3rdシーズンの最終話が放送された。前回、「死亡フラグ」がびんびんに立っていた藤川(浅利陽介)だったが、幸いにもなんとか一命を取り留めることに。

 

■なんとか一命を取り留める藤川

前回に引き続き、開通間近の地下鉄崩落現場での救助にあたった救命の面々。しかし、地盤の問題なのか消防の安全確認の問題なのか、作業中に地下水が滴り落ちる事態に。

藍沢(山下)がそれに気付くもすでに遅く、次の瞬間には新たな崩落が起き、二次災害が発生。藍沢や、その近くにいた雪村(馬場ふみか)らはすぐに立ち上がるが、藤川が大きな瓦礫の下敷きになってしまう。彼は、事故現場にいた子供をかばって下敷きになったのだ。

自身が重傷を負いながらも、子供に対して明るく接する藤川。彼らしさが、思わず涙腺を刺激する。

その後、異変に気づいた藍沢、冴島(比嘉愛未)がその場所へ行くものの、瓦礫が大きいため出すことができない。レスキュー隊が対応するも、このままではリミットがきてしまい、病院に搬送している間に脚が壊死してしまう……

ここで、藍沢が決断。脚に流れた血液を心臓に戻さず、そのまま捨てることで、壊死を防ぐようにしたのだ。その分、心臓に負担をかける処置だったが藍沢の神の手により成功し、藤川は脚も命も無事に救命に帰れることに。

 

■安堵の声、広がる

「メインキャストが死ぬことはさすがにないだろう」……そんな風には思いながらも、これまで恩師・黒田先生(柳葉敏郎)の腕が切り落とされるなど、ときには非情で悲しい、そして現実的な描かれ方をしてきた本作。

それだけに藤川の命を心配していた人も多かったようで、ネット上では安堵の声が広がった。

藤川先生助かってよかったー!!

— ゆちまる。 (@821_0512) September 18, 2017

昨夜の藤川先生カッコよかったよ♪藍沢先生を筆頭にできる同期の中で、もがき苦しみ身体だけじゃなく心痛みの分かるドクターになったよね小柄だけど懐の深い器の大きな患者に寄り添ってくれるお医者様#コード・ブルー#ありがとうコードブルー#山下智久#浅利陽介

— ちーチャン (@ChikaMasha0206) September 18, 2017

藤川先生無事でほんとによかった・・・分かっててもつらかったわーーーーもーーーー

— _____nyh (@nyh_8) September 18, 2017

『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

山下智久主演ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)の第9話が11日に放送された。

来週放送の最終回を前に、今回も内容盛りだくさんだった本作。早速、レビューしていこう。

 

■順調な救命 しかし、新たな問題も…

かなり悲惨な状態で始まった今シーズンの救命。フェローたちは使えず、緋山(戸田恵梨香)が周産期医療センターから、藍沢(山下)が脳外科から戻ってくることで、なんとか成り立つ惨状だった。

しかし、ここに来てフェローたちも順調に成長し、救急搬送されてきた患者3人中3人を助けられるまでに。1人しか救えなかった以前と比べると、格段の進歩である。

だが、新たな問題も。橘(椎名桔平)の息子・優輔が心臓移植に突如反対し始めたのだ。心臓移植のことを考えるあまり、橘が変わってしまったというのがその理由だった。

一方、藍沢、緋山、そして名取(有岡大貴)の今後のキャリアの問題も浮上(再浮上)。また、イワナ男が「好きな女の夢の邪魔をしたくない」という理由で緋山との交際に後ろ向きになり、彼女の恋にも暗雲が立ち込めることに。

 

■藤川に危機が? フラグ乱立に視聴者動揺

そんな情報量の多い今回において、もっとも視聴者の注目を集めたのが藤川(浅利陽介)に立った死亡フラグだ。

まず、救命で白石との会話している際に、意味深な台詞が登場する。灰谷がPTSDで無線連絡ができなくなっているという話から、恋人・冴島(比嘉愛未)の話になり、

「はるかもさあ、俺になにかあったらって不安になってる。最近とくに、色々あったからさ……」

 

と藤川が語ったのだ。その後、開通間近の地下鉄の崩落事故が起き、現場へ行くと、重傷者は地上にあげられず、線路内にいることが判明。すると、冴島が藤川に

「行かなくていい。あなたは勇敢な医者になんかならないで。危ない現場は他の先生に任せればいい」

 

と、これまでの冴島からは考えられない台詞を放つことに。そして、次週予告では藤川が誰かを救おうと、走って倒れ込む様子も……。